FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

和歌山線4連を撮る
こちらの続きです。
和歌山でマルヨ、翌朝は和歌山線へ行ってきました。



まだ夜明け前の和歌山駅から430Mに乗車。
さっそく、日中は走らない117系に乗ることができました。
和歌山線では今年の春から227系1000番台が導入され、日根野所属の105系、117系全車両を1年かけて置き換える予定です。
※寝ぼけて外の写真を撮りそびれたので、1枚目は前日の夜に撮った写真で代用してますw



まずは西笠田駅近くのコンクリート橋で撮影開始。
辺りは霜が降りまくり、むちゃくちゃ寒かったのですが、この分だと今日はよく晴れるのでは!?と期待しつつ、日の出を待ちます。


4431M快速和歌山行き。
和歌山線では朝に和歌山方面へ2本、夕方に王寺方面へ2本、快速列車が運転されています。
この構図だと幕が見えないので、昼間と変わらない、ただの2両編成ですが(^-^;


432Mは、お待ちかねの105系4連!なのですが、山が近いので光は当たらず、4両目も入りきらず…なんとも中途半端な結果にorz
せっかく常磐顔先頭で来たのになぁ。


1433Mでやっと太陽が顔を出しました。

さて次の434Mで朝の105系4連はラスト、ここだと4両目が微妙に入らないし、同じ場所で撮るのも芸がない…ということで、フェンスと検障ポールができて撮り辛くなったと聞いていたのですが、西笠田~笠田のインカーブに行ってみることにしました。


はい、なんとか立ち位置を工夫して一枚。
この常磐顔はマジでカッコいいですなぁ。
というか、この顔で戸袋窓無し&集中クーラーなんて組み合わせのクルマも居たんですねw
実は、今朝430Mに乗っていたときに粉河で交換した4427Mの折り返しが434Mなので、側面だけ見て、あー王寺方は戸袋窓がないからパンダ顔か…と早とちりしていたんですが、常磐顔が見えたときはびっくりしましたwww
日根野の105系は奥が深いですね。



少し移動して437T、1439Mを撮影。
この時間は30分に1本程度走っているので効率よく撮れます。


西笠田駅に戻って、奈良行きに乗車。
すると分散クーラーを積んだ車両がやってきました。
このクハ104-551は、踏切事故で側面を損傷したクハ105-7の前面を、廃車予定だったモハ102-385と接合して復旧させた1両だけの珍車だそうです。
改造時期が他の車両よりも新しいので、冷房はバスクーラーではなく分散クーラーになったとのこと。
日根野の105系は本当に奥が深いですねwww


さらに途中ですれ違った車両は、幕が故障しているのか、行先ではなく「普通」とだけ表示されていました。
普通のくせに、めちゃくちゃ速そうなフォントですね(笑)


五条では定番の長時間停車。


毎回毎回毎回言ってますが、このオリジナルに限りなく近い側面が堪りませんw


吉野口で列車交換。
タイミングよく近鉄と並走してきました。


そのまま乗っていると桜井線に行ってしまうので、高田で快速JR難波行きに乗り換え。


王寺で下車。
117系が昼寝をしていました。

こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/26(土) 23:08 ]

阪堺電車、平成最後もフル稼働
こちらの続きです。

サクッと阪急の初詣マークを撮ったら、これまた毎年ワンパターンですが阪堺電車へ。
この1年でモ161形にも色々と変化があったので、フル稼働となる正月に効率よく記録しちゃおうという魂胆ですw


天王寺駅から松虫電停近くのハルカスバックへ向かっていると、モ162、166が続けて天王寺駅前へと走って行きました。
この辺りはクルマが多く、モ162はがっつり被られてしまったんですが、モ166は流して何とか捕獲。


撮影ポイントに到着すると今度はモ161がやって来ました。
今日はタイミングがいいですね。


モ162が戻って来ました。
遠くでモ161とすれ違ったので、ちょっと強引ですが望遠で並びを撮影。


続いてモ166。
この金太郎塗装、2017年9月に塗り替えられたのですが、その後11月から翌1月末まで「オリエント急行殺人事件」のラッピング電車になっていたので、まだ撮れていなかったんですよね。


さらにモ161が通過。
これでフィーバータイムは一段落か…と思って松虫電停に移動すると、


モ164が登場!!
昨年12月23日から車番の色を銀→水色に変更、側面にキャッチコピー、南海電鉄の社章が追加され、昭和50年代の「青雲塗装」登場時により近い姿へと復元されました。


というわけでハルカスバックに戻って折り返しを撮影。
どうも今日は雲が多く、電車に日が当たっても後ろがドン曇りだったので、ハルカスは盛大に無視た構図でお送りしていましたが(笑)、やっとハルカス入りの縦構図で撮れました。


モ505の金太郎塗装。
こいつも結構前からベースは金太郎塗装だったんですが、去年は緑色部分に旅行会社の広告が入っていたり、それ以前も「直通運転開始」の文字入りだったりで、なんだかんだノーマルな姿(?)を撮れたのは、今日が初です。



適当に線路端の路地を歩いていると、モ166、161が戻って来ました。
この辺りは街も電車も昭和な感じで、今年が平成最後の正月だということを忘れてしまいそうですw


せっかくなのでモ161に乗ってみましょうか。


車内は超満員でしたが、もちろん皆さん住吉で降りるので、あびこ道までは数人の同士が残るのみ(笑)
のんびりと乗り鉄できました。


2011年に昭和40年代の姿へと徹底的にレストアされたモ161号車。
車内はペンキを剥がしニス塗りに、真鍮製の飾りなど細かい部分もちゃんと復元されています。



あびこ道で下車。
暫くすると、途中ですれ違ったモ164が戻って来ました。
数珠繋ぎで来たので駅の手前で機外停車して、復元されたキャッチコピーなどを撮るのにちょうど良かったですw


さて、帰りは前みたいに住之江駅まで歩いて南海電車で帰ろうかなーと思って、地図を見ると…高野線の我孫子前も意外と近いことが判明したので、今回はそちらに行ってみました。
あびこ道商店街を抜けて徒歩15分くらいで到着。
駅前の踏切から、いい感じに編成写真が撮れますね。


おお6000系!
堂々の8連かつ急行ですよ!!
ずらりと並んだ1枚扉がカッコいいですなぁ。


なんか顔が真っ黒な泉北7000系。
フロンティア号というラッピング電車で、あのハッピーベアル号の後継車だそうです。
まぁ随分とスタイリッシュになりましたね…。


6300系。


6250系。
たくさんのコルゲートに、アンチクライマーに、なんか高野線の車両はどれもこれも強そうですなwww

こちらの記事に続きます。
近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/25(金) 21:24 ]

Special DL大樹
こちらの続きです。


まずは新鹿沼で駅撮り。
今回はトップツアーズ主催の団体列車として「Special DL大樹」の名で運転され、ヘッドマークも特別仕様となっています。


さてサクッと撮影したら、改札を出て駅前からリーバスの2系統、小来川森崎線に乗車しましょう。
はい、新鹿沼の停車時間を利用してバスで先回りしちゃいますwww
降車ボタンもないのんびりとしたバスに揺られること30分ほどで、最寄りの下遠部バス停に到着。




先回り成功!
同業者さんが誰一人いなかったので若干不安でしたが、無事に”東武日光線を走る客レ”の図が撮影できました~。
それにしても、まさか一日僅か3往復しかない路線バスが使えるとは…。
調べてみるもんですね。




天気も良いので、そのまま居残って撮影。
客レだけではどこのJR?という感じですが、ここはちゃんと東武ですよw


今日は臨時のきりふりも走っていました。



この辺りは良い撮影ポイントが点在していますね。
前パン6050のカッコいいこと!

だんだん影落ちが気になるようになってきたので、20分ほど歩いたところにある板荷駅から帰りました。
東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/21(月) 23:00 ]

かなりんを行く大江戸線
今朝は本牧線で、都営12-600形12-701Fの甲種輸送が行われました。



まずは定番、横浜本牧駅の歩道橋から。
ここから撮ったのは5年前のグリーンライン甲種以来だったのですが、湾岸線の高架が増えて構図がかなり制限されるようになりました…。
以前はベイブリッジも見えたんですけどねぇ。



景色は変わってしまっても、作業順序は以前と同じ。
機回しの後、推進運転で入線します。



ただ一つだけ異なっていたのが、こちらの”ヨ”です。
こいつを切り離す作業が増えました。
ググってみると、ここ最近本牧へやって来る甲種には必ず(?)ヨが繋がっているので、何故なのか理由が気になります。


一仕事終えたヨ太郎をデーデーが回収して、


ヤード奥で留置中のコキと連結。
貨櫃を載せた平車に守車も付いているので、これは7504次ですね…!?!?


外観は昨年増備された12-691Fとほぼ同じ模様。
このデザイン、どことなく関西っぽい感じがしません?w


クレーンで宙を舞う姿も見物したかったのですが、このあと用事があるので撤収しました。
神奈川臨海鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/20(日) 23:46 ]

2年ぶりの宇都宮駅前
東武といえば、去年の暮れ(12月27日)にDL大樹が南栗橋発で運転されるということで北鹿沼~板荷で撮影したんですが、まだ記事にしていませんでしたね。
ついでに宇都宮駅前でバスも撮影、引きがかなり強かったので、まずはそちらをアップします。


というわけで2年ぶりの宇都宮駅前
今日はどんなバスが撮れるかな…って、ん?いきなりJRバス関東の国鉄カラー車が!
ここでは圧倒的多数の関東自動車に対して地味なJRバス、初めはどこのクルマだろう?と思ってしまいましたw


前回は遭遇できなかった、関東自動車のスーパーワイドドアも初っ端から出現。
これも撮りたかったんですよ。
貴重なクルマですが、残念ながら宇都宮では前乗り前降りなので宝の持ち腐れです…。


元東野交通のU-代エアロスター。
東野交通は昨年10月1日に関東自動車と経営統合が行われ、車体後部の裾に「関東自動車」の文字が追加されました。
塗装や「東野バス」の表記はそのままです。


なので、この2台はどちらも関東自動車ということになりますwww
まさか東武系の塗装を纏った関東自動車のクルマが出現することになるとは…。





でました「競輪ファン専用無料バス」!
相変わらず幕車のボロ寄せ集めって感じで大変よろしいですねw



通常の路線バスも幕車が多め。
今日の”バスガチャ”は引きがかなりいいですw


新旧キュービック。
手前のクルマは元横浜市交通局のワンステ車ですが、スロープ付きなので新塗装です。


KC-代のブルリ。
自社発注車は基本的に前後扉かつ折戸だと思っていたのですが、これでも自社発注なのですね。
しかも、このタイプのクルマはこれ1台しかいないそうです。


中引戸の富士重7Eも来ました。
こちらは川崎市交通局からの移籍車です。


旧塗装車が3台揃いました!
古めのクルマばかりピックアップして掲載しているのでアレですが(笑)、実際は新塗装車も多く、なかなかこんな風に並ぶことはありません。


さて、そろそろ東武の撮影に向かいましょう。
東武宇都宮…ではなくJR日光線で鹿沼へ。
特に下調べもせずに乗ったら、まさかの「いろは」でしたw
あの205系が頑張って観光列車に化けてますが、どうしても座席の横に窓が無かったりして、かなり無理している感が。

こちらの記事に続きます。
バス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/17(木) 22:07 ]

8111Fをローカル区間で撮る
1月14日、8111Fによる団臨が北春日部→北千住→佐野→春日部→東武日光→北千住→北春日部の行程で運転されました。
8111Fは去年の8月に複々線区間や野田線など街の方で撮影したので、今回は思い切って佐野線へ。
ところが…初っ端、切り位置をミスって撃沈orz
気を取り直して次の撮影ポイントへ移動していると、今度は強めの地震が発生…。



嫌な予感が過りましたが、団臨は数分遅れで無事通過。
よかったよかった…。
雲ひとつない青空の下、単線の築堤をセイジクリームが駆け抜けて行きました。



徐行運転の為、15分ほど遅れてやって来た館林行き。
850系も前パンでカッコいいですね。
佐野線って、なかなかこういう機会がないと行くことがないんですが、また850メインで撮りに来たいところ。


続いて両毛線でショートカットし、日光線の静和~新大平下へ。
この辺りも前々から気になっていた撮影ポイントでした。


10000系+10030系のブツ4。
コルゲートの違いが際立ちますね。


スペーシア。


反対方向からもスペーシア。
そういえば台鉄の日光詣塗装は、結局撮れず終いでしたねぇ…。



そして8111F。
夕陽が雲隠れしそうで心配でしたが、ぎりぎりセーフでした。


先ほどの10000系+10030系が戻ってきました。


ここで夕陽がドボンしたので撤収~。


最後に春日部でバルブ。
レトロな佇まいの跨線橋と「カフェと~ぶ」がセイジクリームに良く似合います。
まだ着手に至っていないものの、春日部駅では高架化の計画があり、この平成を生き抜いた昭和な風景も新元号には大変貌を遂げるかもしれませんw


東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/16(水) 00:05 ]

新旧混結3連
1月12日、びゅうトラベルによるツアー開催に伴い、湊線で定期列車の一部に団体専用車両を増結、3両編成で運転されました。
告知ではミナトサンド(キハ3710-02+キハ205+キハ37100-03)の予定で、あまり乗り気ではなかったんですが…ここ最近、キハ205は走る機会が殆どないので、とりあえず行ってみることにしました。


まずは那珂湊で下車。
増結は14:56発の阿字ヶ浦行きから行われる予定なので、まだミキと仲良くお昼寝中でした。



部品取り用の元城北線、キハ11形201と202号。
ケハと並ぶ光景は未だに信じられませんw



湊線を訪ねたのは3年ぶりなので、こちらでキハ11に乗るのは今回が初めて。
顔はキハ3710と似ていますが、さすが元東海のクルマだけあって、内装などはキハ11の方がしっかりしているなぁと感じました。




磯崎で降りて沿線撮り。
緑帯がないキハ11、これはこれでシンプルでカッコいいですね(キハ3710-02は広告が…)





続いて阿字ヶ浦へ。
北国生まれの2台が留置されていました。
ここに来てしまったということは、もう近いうちに…。゜。゜(ノД`)゜。゜。

さて、そろそろ増結の時間ですね。
増結は変則1.5往復(那珂湊→阿字ヶ浦→勝田→阿字ヶ浦→那珂湊)なので、効率がよく撮れるのは那珂湊~阿字ヶ浦間、というわけで1本目は平磯駅南の築堤カーブで撮ることにしました。


…え!?
キハ205が先頭ではないですか!!!!
なんと土壇場で位置が変更されたのか、阿字ヶ浦方がキハ205、しかもヘッドライトも点灯!
これは来た甲斐がありました。


この構図なら後ろのラッピング車も気になりませんw


2発目は平磯駅北の切り通しで。


3発目は磯崎に戻ってきました。
さすがに、これの折り返しは露出がカツカツなので、磯崎から3連に乗車(と言ってもキハ205には乗れませんが(^-^;)、那珂湊で解結作業を見物することにしました。


定期列車のキハ3710-02と切り放し、キハ205+キハ37100-03が構内に残ります。


暫くするとキハ205とキハ37100-03も分割、キハ205が中線へ入り、キハ37100-03は車庫の方へ。


キハ205は中線で眠りに就きました。
それにしても塗装がガッサガサですな…。
もともと純正の国鉄色より色が淡いってこともありますが、それでも昔はもうちょっと濃かったですよw


湊線だけでなく、国内でも最後のキハ20系となってしまったキハ205。
少しでも長く活躍して欲しいですね。
湊線 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/13(日) 21:43 ]

静鉄甲種と国鉄色祭り
こちらの続きです。


午後は静岡鉄道A3000形の甲種を撮りに小倉陸橋へ。
すると直前に通過する6794レ(配給)にEF65-2076がぶら下がっていました。
牽引機はEF66-119、貨物更新色で揃っていて美しい編成ですね。




2015年から始まり、4回目となる静鉄甲種。
今回増備されたのはA3005編成とA3006編成の2本で、そのうちA3006は静鉄創立100周年を記念した特別ラッピング車を纏っており、他の編成とは印象が異なっています。

甲種は新鶴見で機関車を付け替え、1時間ほどすると折り返し再びここを通過するので、今度は反対側へ移動しましょうか。
って、あれ?居残って撮影を続けている方が多いですね。
後追い狙い??
いや、もしかして…と思い貨物の運用を調べると、この後の流れがとんでもなく神がかっていることが判明しました。


まず5783レ(石炭ホキ)が国鉄色のEF65-2066!


続いて火曜日なので8079レ(米タン)の運転もあり、こちらも国鉄色のEF65-2068が牽引!!
皆さん、これを狙っていたんですねw


急いで新鶴見へ移動、国鉄色同士(+A3000形)の並びも押さえました。


再び小倉陸橋へ戻って静鉄甲種。
こちらも国鉄色のEF65-2092牽引、怒涛のロクゴ国鉄色祭りでした。
JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/11(金) 00:37 ]

大師線の干支マーク
新年のヘッドマークといえば、こちらも欠かせません。





京急大師線の干支マーク!
1月8日の運用は、
83:1513F
85:654F
87:1504F
89:1521F(京急120年の歩み号)
の4本でした。
今年はヘッドマークが4種類、ラッピング車も走っていて賑やかですね。


600形と京急120年の歩み号。
1524号の白太帯がハマり過ぎてて、「白太帯が京急の標準塗装になった世界線」を見ている感がw


1521号側には白帯がなく、赤札号を彷彿とさせますね。


600形にはマークが掲出できないので、また別の日に来ないと全4種類撮ることはできないのか…と思ったら、今年は前後で異なるマークを付けていて、両側合わせることでコンプリート出来ました。

こちらの記事に続きます。
京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/09(水) 23:55 ]

撮り初めは初詣マークから
新年あけまして…と言いたいところなのですが、なんと今年も喪中となってしまいました…。
そんなわけで、干支にちなんだ鉄道ネタ年賀状シリーズも、またまたお休みさせていただきますm(_ _)m


さて2019年の撮り初め、今年も例によって能勢電の初詣マークからスタートとなりました。



オールドルーキー5100系も能勢電入りして今年で4年目。
だいぶ見慣れてきた感じです。


3100系には日生線開業40周年記念のヘッドマークが付いていました。


絵柄は前後2種類。
開業時の祝賀マーク付き500形と、40周年記念マーク付き3100系、40年の時を越えた定点写真になっています。

またマルーンツートンの5142Fには、開業時の祝賀マークを模したデザインのヘッドマークも付いているそうです(しまった撮り損ねた…(-_-;)



阪急の方もサクッと撮影。

こちらの記事に続きます。
近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/07(月) 22:25 ]


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ