FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

過渡期の静鉄
電機急行が戻ってくるまで一旦、東海道線を逆戻りして東静岡駅で下車。
向かった先は…


静岡鉄道の長沼駅
静鉄って東海道線の車内から見ることはあっても、乗ったり撮ったりするのは結構ご無沙汰なんですよねー。
思えば、まだA3000形がデビューしてから一度も訪ねていませんでした(^-^;
大手に比べれば増備はゆっくりとしたペースですが、思い立ったが吉日です。


まずは先日搬入されたばかりの第3、4編成を撮影。


するとタイミングよく、これらと入れ替わりで引退する1003編成が通過~。
そうそう、このマークも撮りたかったんですよね。
まずは運用に入っていて一安心。


というわけで長沼~柚木間の護国神社前へ移動して待機。
沿線は住宅だらけな静鉄では、数少ない森バックです。
まずはオーソドックスな姿をした1001編成。


正面の斜めストライプがない1005編成。
こんなデザインもあるんですね。


青帯リバイバル塗装の1007編成。
これはかつて走っていた300形のデザインをイメージしたもの。
銀一色もいいですが、青帯もかっこいいですねー。


そしてヘッドマーク付きの1003編成が戻ってきました。


柚木駅。
この細いホームがザ静鉄!って感じですね。
折返しをここで撮ることも考えたのですが、今日の運用、青帯1007の次が銀1003…ということは、日吉町付近で並びが撮れるんじゃなかろうか!?と思い付いて、新静岡行きに乗車。


1007の車内にこんなものが。
おれんじ賞というのは初耳ですねw


でもって日吉町下車。
目と鼻の先にある新静岡から、すぐに1007が戻ってきて…


新清水方面からは1003編成が到着!
リバイバルカラー同士、いい感じに並んでくれましたー。



1007編成とダイハツの広告塗装車1006編成。


1006編成とA3002編成。


A3002編成と1001編成。
この辺でいい時間になってきたので、静岡駅から金谷へ戻りましたー。

スポンサーサイト
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/18(日) 20:34 ]

大代川橋梁で客レを撮る
昨年は蒸機以外も盛りだくさんだった大井川鉄道SLフェスタ。
今年も内容によっては参加しようかなぁ…と思っていた矢先、え?なに、急行すまた号??金谷に客レが入線!?


はい、というわけで気が付いたら金谷~新金谷間の大代川橋梁に居ましたw
まずは送り込み回送を。
金谷方からE101+オハ35-435+スハフ43-2+E34の豪華PP編成です!


続いて折返し千頭行き。
この区間を客車が走るのは、SL急行が新金谷発着になった7年前のダイヤ改正以来ではないでしょうか。
今回も電車急行の奥大井号として運転する予定だったのですが、公式ページによると車両運用の都合で客車になったそうです。


新金谷で15分程度停車時間があり、普通に歩いて追い付いてしまったので、駅先の踏切でもう1枚。
このヘッドマーク、デザインがアレ(笑)ということでツイッターで話題になっていましたが、どうやら昭和の時代に310系の側面に描かれていたイラストが元ネタなのだそうで(^-^;




さて、このあとはSL急行が2本(そのうち1本は重連!)発車するのですが、新金谷の周辺って綺麗に沿線撮りできる場所がなく、
かといって移動するにももう千頭方面へ行く電車がありません。
それなら無理して撮る必要もないなぁと、車庫のまわりをうろうろ。
相変わらずSLに対してはモチベーションが低いですw


お休み中の東急と南海。
南海の相方は検査中ですかね…?


E34に続いてE32、E33もぴかぴかになりましたー。
放置されていた頃の姿がまるで嘘のよう。


でもって…おや!?何やら見慣れない客車が停まっていますよ。


噂のJR西日本からやってきた、元SLやまぐち号用の12系客車です。
まだ陸送されて来たばかりなので、表記も方向幕もやまぐち号時代のまま!


SLが2本とも出発して、静かになったところでホームへ。
新金谷に留まったのはコイツをきちんと撮りたかったから、ということもありますw



いやぁーもうホント信じられない光景ですね。
14系もあるのでまだまだ時間はかかりそうですが、デビューが待ち遠しいです。


一通り撮り終えた頃に金谷行きが入線してきました。
今日この後のプランとしては、千頭行きに乗って上りSL急行2本と電機急行を上流の方で撮影するか、一旦大鉄から離れて近くの某線で暇を潰してから下流で電機急行だけを撮る、の2択だったのですが…悩んだ末、後者にしました。
”某線”については次回アップしますw
しました

***


そんなわけで、またまた大代川橋梁に戻ってきましたー。
嬉しいことに、ここへ来るまでに少しずつ天気が回復!
撮影地に辿り着くと、ご覧のとおりド順光になりました。
まだ山の方は雲がかかっているようなので、復路も金谷で正解ですね。


そして主役もド順光で頂きました~。
往路と同じくE101とE34のPPですが、電機の位置が逆になっていますね。
実は後ろのE101は、新金谷で増結したのだそうです。
そうか、これが「車両運用の都合」だったのですね。
このネタ編成、機回し線がない金谷対策の他、往路はC56-44を千頭で一晩留置させるため不足する補機の送り込みも兼ねていたのです。


返却回送は盛大にミスってしまったので、このカットだけアップします…(-_-;
西武罐と旧客、何とも不思議な組み合わせですが、これはこれでカッコイイですね。
今後は旧客が走る日も限られてくるでしょうから、良い記録になりました。
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/13(火) 20:12 ]

高崎と新潟の115系 #1
3月3~4日、18切符でのんびりと新潟まで行ってきました。


まずは今月17日のダイヤ改正で引退する高崎の115系に乗車。
もう何回乗ったか…という感じですが、やっぱり名残惜しいので最後にもう1回!と。
首都圏最後の115系、この路線図ともお別れです。


新前橋では、ありがとうシール付きの編成が休んでいました。


津久田で途中下車。


駅北側の鉄橋で撮影。
115系の運用は吾妻線や両毛線の桐生までが多く、水上に入線する列車はこの1往復しか残っていないのですが、東京からの接続や光線を考えると乗るにも撮るにも丁度いい時間帯ではありますw
そんなわけでいい感じに撮れたなーと写真を友人と確認していると、背後から列車の音が…
なんと下り線を四季島が颯爽と通過していきました
…ま、まぁクルーズトレインなんてあんまり興味ないし、どうでもいいよね(負け惜しみ)


水上からはE129系の長岡行き。


国境の長いトンネルを抜けると…そこには雪に埋もれた普快車が!?w


長岡で同じE129系の新潟行きに乗り換え、東光寺で下車。
ここの新津方で暫く駅撮りします。


すっかり増殖してしまったE129系。
前回新潟界隈をうろうろしたときは、まだまだ115系ばかりだったのですが。


115系快速新井行き。
かつては快速くびき野を名乗っていて、485系を使用した乗り得列車でしたね。
この快速もダイヤ改正以降、一部の便で運転区間が縮小されてしまうので、撮っておきたい列車の一つでした。


EH200牽引の貨物も来ました。
コンテナが揃っていて美しい編成です。


E653系特急しらゆき8号上越妙高行き。


そろそろ走行写真は露出が厳しくなってきたので、東三条へ移動。
快速新井行き2本目は70系色をイメージしたN40編成でした!



0番線、弥彦線のりばにも115系が到着。
夕方になると東三条~吉田間を機織りする運用にも115系が入ります。


吉田まで乗車。
この座席を見ると新潟に来たなぁと感じますねw


吉田では、弥彦行きのE127系と並びました。
新潟と言えばこの顔だったんですが、まさか2編成を残して、えちごトキめき鉄道へ行ってしまうとは…。


もう1本、柏崎方面から115系が到着。
これに乗って新潟へ…だったらよかったんですけど、この115系は吉田止まり、新潟行きは向こうのE129でした。


新潟では新井から来る快速をバルブ。
夕方、東光寺で撮った列車の折り返しなので、無難なリニューアル色…なのですが、こんなんでもホームは三脚の林ですw



来月15日から仮設ホームの8、9番線を残して高架化される予定の新潟駅。
独特な赤茶色のホームと、ザ国鉄という雰囲気の万代口駅舎ももうまもなく見納めですね。

こちらの記事に続きます。

JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/10(土) 08:35 ]

大阪ミナミの初詣臨 #3
こちらの続きです。
再び天王寺駅前へ戻ってくると…



午前中遭遇できなかったモ166号が、いいタイミングでやって来ましたー。
モ166号は2017年11月から3か月間、映画「オリエント急行殺人事件」の公開を記念したラッピング電車として走っていたので、とてもゴージャスな装いでしたw


すっかり綺麗になった阿倍野電停から乗車。
車両はモ351♪
モ501にそっくりですが、こいつは釣りかけ電車です。


住吉で下車。
2年前に住吉公園行きが廃止された為、3が日は住吉を通過していた我孫子道方面行きの電車も交差点南側の臨時ホームに停車するようになりました。


廃線跡は駐車場に。
ただ初詣シーズンの今日は駐車場としての営業はせず、天王寺駅前行きに乗るお客さんの待機スペースとして利用されていました。


ダイヤモンドクロスがなくなって、ちょっと寂しくなってしまった住吉交差点ですが、正月の活気は相変わらずですね。
賑やかな通りで暫く待つと、まずは青い雲のモ164号が登場!



続いてモスグリーンが渋いモ162号。


そしてオリエント急行も戻ってきました。
こいつ、窓辺の乗客に見える部分もラッピングの一部でして、なかなかインパクトがありますねwww
それにしても、普段はあまり稼働しないモ161形に車体広告というのも珍しいなぁーと思ったのですが、どうやらアガサ・クリスティが原作の小説を発表した年が、モ161形の生まれた年とほぼ同じだったことにちなんでいるようです。




天王寺駅前方面からモ501が3連続!


半世紀以上前から、ここで新年を迎えてきたモ501形。



鳥居前の方へ移動して少し撮影したあと、


これまた定番ですが、細井川でモ161形が来るまで待ちます。



3本ほどやり過ごして、やってきたのはモ164号でした。
落ち着く木造の車内、まわりの景色は色々と変わってしまいましたが、この電車だけは2018年になっても変わりません。
来年も、再来年も、そしてその次の年も、ずっとずっと走り続けていて欲しいですね。
近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/03/02(金) 23:22 ]


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ