>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ダブルデッカー王国Sydney Trains #5
こちらの続きです。


現役最古参のS set
1972年から1980年まで製造された車両で、最盛期には509両が活躍していましたが、現在では置き換えが進み192両にまで減っているそうです。


やはり南海か東急あたりをダブルデッカーにしたようなデザインをしていますねw
編成は2両、4両固定が基本で、支線向けに3両固定バージョンのL setという形式もいるようです。


S setはSydney Trainsで最後の非冷房車
T2、T3、T6、T7、T8で運用されているとのことですが、真夏の12月ということもあって、なるべく運用から外しているのか、稼働率はかなり低い感じでした。


このような額縁顔タイプの車両も見かけました。
ぱっと見た感じK setにそっくりですが、方向幕の上にヘッドライトがありません。


また額縁顔タイプはコルゲートの数も異なります。
過渡期に製造された車両ですかね?


車内。
基本的な造りはK setとほぼ同じですが、クーラーダクトがないので少し空間が広いですね。
またドアに換気用のルーバーも付いています。


K setと同じく、隣の車両へ移動することはできません。


でもってS set最大の特徴はこれ!


シドニーの夏は結構暑いのですが、日差しが強いだけで東京みたいに蒸し暑くはならないので、冷房がなくてもそれほど不快ではないです。


いい感じに駅撮りできる場所はないかなーとロケハンしていると…
Centralから5つ目の各停しか止まらないPetershamという小さな駅で、怪しいS setを発見!




高い金網の向こうに、側面や方向幕がグレーに塗り潰されたS setが2両、留置されていました。


隣にはバスも停まっています。
この場所はGoogleマップで確認すると「Transport for NSW Training Facility」とあるので、恐らく訓練車ではないかと思われます。

こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト
オーストラリア | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/19(月) 20:58 ]

ダブルデッカー王国Sydney Trains #4
こちらの続きです。


1981年にNSW州初の冷房付き近郊電車として登場したK set
1985年までに160両が製造されました。


額縁顔にギザギザコルゲート、どことなく南海電車を思い起こさせるデザインですねw


M車の屋根上には抵抗器が並んでいて古めかしい感じ。
これはK setに限ったことではありませんが、2階建て車両は床下にスペースがないため、走行機器の一部は屋根裏に載っています。
ちなみにパンタグラフが付いている車両はT車です。


運用線区はT2、T3、T8。
2017年11月26日のダイヤ改正まではT1でも活躍していたそうですが、タッチの差で間に合いませんでした…。
また土休日ダイヤのときにCity Circleで観察しているとC set以前の旧型車両は1本も見かけなかったので、基本的に平日限定で運用されているのではないかと思われます。


そんなわけで寝ている時間が長いせいか、心なしか新型よりも旧型の方が落書きの餌食になっている率が高い気がします。
行先が読めない…(´Д`;


こちらの車両は、正面向かって右側にある編成表記が脱着式になっていますね。
2階席の窓も車両によって少し高いタイプがあり、雨樋が平屋部分と2階建て部分で段差が出来ていたり、コルゲートが1本多くなっていたりと個体差が見られます。


また編成も多彩で、2両固定と4両固定を基本としている為、4+4、4+2+2という風に8連を組んでいます。
なかには運転台を撤去した車両もいるのですが、その改造メニューもまちまち。
写真の車両は、なぜかヘッドライトだけ残っていましたw


車内。
2階建て部分は上下とも転換クロスシート、平屋部分はロングシートです。
座席はビニールのような素材で、色も手触りも台鉄のEMU500そっくりw


貫通扉は非常用で、隣の車両へ通り抜けることはできません(これもC set以前の旧型車両共通の仕様です)


3+2の転クロが並んでいます。
この座席、転換方法が他の鉄道では見かけない面白い仕組みになっていまして、


座席の背面をこのように回転させることで向きを変えます。
これ、普通の転クロに比べて背面のモケットが片側だけで済む…というメリットくらいしか思いつきませんが、他に何か理由があるのでしょうかね??

こちらの記事に続きます。
オーストラリア | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/17(土) 20:57 ]

大阪ミナミの初詣臨 #2
こちらの続きです。


もう一つの初詣電車とは、近鉄南大阪線の開運号でしたー。
こちらも毎年3が日に運転される臨時急行で、円形のヘッドマークが付きます。


ド定番の河堀口駅あべの方で開運号を待ちます…が、


いきなり被られてしまいました(泣;;
しかも開運号同士…。
そういえばここ、5年前に来たときも結構シビアでしたねぇ。
ただ光線はいいし、タイミングよくすれ違えば絵になるので、一か八かに賭けてみることにしました。


KIPSポイントカードの広告が入った6020系6049F。


6020系6063F+新しい感じの何かw
この構図だと後ろの編成は形式すら特定できません…。


16600系2連×2。
狭軌の特急車にも新塗装化の波が。
この塗装、新型ならまだ似合っているんですけどねぇ…。


6020系6053F+何か。
「普通」ですが、今回撮った中では一番長い6両編成です。
南大阪線って2連の特急とかも走っていますし、速い種別になればなるほど編成が短くなるような気がwww


6200系6207F。
この形式から冷房付きで製造されたので、クーラーカバーの形状が6020系と異なっています。
実は撮影時、これ系の車両は全て6000系だと思っていたのはここだけの話w
ほんと近鉄の形式はWikipediaを参考にしないと、よく分かりません…。


そしてお待ちかね、6200系6217Fの開運号
なんとか被られずに済みましたー。


そのすぐ後にやって来た阿倍野橋駅行きの開運号は…ラビットカー塗装の6051F!!
※区間急行下市口行きになっていますが、これは幕回し中ですwww


そろそろ正面に影が回ってきたので、お隣の北田辺へ移動。
ラビットはここで撮りましょう!


南大阪線ではレアなシリーズ21、6820系6821F+6822F。
5年前は、こいつも開運号で運用されていましたねー。


後ろから新塗装の16010系が通過。


新塗装の16000系も通過…。
いや、もうねぇ…ホントこの塗装は絶望的に似合っていません…。・゚・(ノД`)・゚・。


ラビットカー開運号。
今年も特製方向板が付いて豪華2枚看板です♪

こちらの記事に続きます。
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/10(土) 23:28 ]

115系より大胡車庫!?
高崎の115系にありがとうシールが付いたということで、2月3日は友人の車に乗せてもらって群馬をうろうろしてきました。
まずはクモヤを使用した霜取り列車、通称「吾妻カッター」を撮りに祖母島へ…行く予定だったのですが、途中で事故渋滞に巻き込まれてしまい間に合いそうにありませんorz


吾妻カッターは渋川で20分ほど停車するので、ならばと群馬総社~八木原へ。
滑り込みセーフでした…。


クモヤの通過後、30分ほどすると…はい初っ端からシール付きが登場~!
シールが付いた編成はT1022とT1032の2本しかなく、運用も下調べしていなかったので、これはラッキーでした。


続いて安中~磯部へ移動して、SL&ELレトロ碓氷号を撮影。



碓氷号、横川に転車台がないのでD51とEF60のプッシュプルになるのですが、私的にはSLよりもロクマルの方に目が行きますw
この大きな菱形パンタ、かっこいいですよね。


再び上越線に戻って、津久田~岩本へ。
雪に埋もれた軽トラの廃車体と。
かぼちゃ色の車体は雪景色によく映えます。

あれほど走っていた115系も少なくなってしまい、今のダイヤでは日中3時間ほど1編成も走らない時間帯があるので、昼食の後、両毛線へ移動するついでに上毛電鉄の大胡車庫へ立ち寄ってみることにしました。


久しぶりに訪ねた上毛電鉄。
今日はちょうど良い位置にデハとデキが停まっているなぁ、なんて思いながらシャッターを切っていると…職員の方からこちらへどうぞ、と。

…え!?


なんと車庫の中を案内して頂けることになりました!!!


まずはデキ3021とテ241。
まるで模型のような、とても美しい編成ですね。
かつては東急長津田工場の主だったデキと、晩年は東武七光台車庫で倉庫になっていたテ241、ここへたどり着くまではお互い顔を合わせることもなかった車両同士なのですが、ずっと昔から上州の地を走っていた、と言われても全く違和感がないほど似合っています。



敷地内には鉄道部品がところ狭しと並べられた小さな資料室も。



車内もどうぞ、ということでパシャパシャ撮りまくり。
イベントだと、こんな風に誰も乗っていない写真はなかなか撮れません。



仮台車を履いた700形。
職員の方曰く、台車やパンタグラフ等のメンテナンスは京王の関連会社が引き受けているそうです。
京王の中古車両が全国各地で活躍している背景には、こうしたアフターケアが行き届いているおかげもあるのでしょうね。


そして車庫の最奥にはデハ104号が眠っていましたー。
こいつ、幌が付いてさらにイケメンになりましたね!


デハ104号の車内。
こちらは白系の化粧板に蛍光灯で、少しモダンな感じです。
そういえばデハ101号がニス塗りになる前も、こんな内装でした。


かつて運転士をされていたという案内役の職員さんはとても気さくな方で、115系のことも忘れて入り浸ってしまいましたwww
大胡車庫では、事前に予約をすれば個人でも見学が可能だそうです。


というわけで、すっかり本題から逸れてしまいましたが(笑)
最後に駒形~伊勢崎へ行って〆
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/07(水) 22:05 ]


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ