> 私鉄屋雑記帳 2017年09月
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



お隣さんへ渡った107系
急に涼しくなった今日この頃。
気が付けば夏もそろそろ終わり、18切符シーズンも残りあと1週間ほどで終了ですね。
私の手元には、あと1回分残った18切符があるのですが、スケジュールを見ると9月上旬はあまり遠出はできなそう…
というわけで8月28日、”ある車両”の様子を見に高崎へ行ってきましたー。


まずは今年10月に引退することが決まった107系
本当は駅撮りじゃなくて、ちゃんと沿線で撮りたかったのですが、山手線人身事故+埼京線踏切内人立ち入りのダブルパンチを食らってしまい、残念ながら間に合いませんでした(-_-;
ま、まぁこのあと何もなければ、これの折り返しを順光で撮れるはずなので…。


そして今回のメインは、こちら。

え?
何の変哲もない107系ではないかって??
いやいや、この場所は…


上信電鉄の側線なんですよ!!
なんと107系6編成12両が上信電鉄へ譲渡されることになり、その第一陣として8月23日に2編成4両(R13+R14)が上信入りしました。


しかし地方私鉄へ譲渡と言っても上信電鉄はご近所さん。
すぐ隣には、通い慣れたJR線の高崎駅が見えています。
これまで中古車は西武からしか買っていなかった上信が、いきなりJRの、それも足回りなどは165系の発生品を使った決して新しいとは言えない107系を選んだのも、この近さが決め手の一つになったのかもしれませんね。


ところでネットにアップされている107系搬入当日の様子に、高崎駅を南側から俯瞰で撮った写真がたくさんあったので、こんなところから撮れたっけか?と疑問に思ったのですが、行ってみて納得しました。
新しく「高崎アリーナ」というのができて、そこへ通じる跨線橋からいい感じに撮れるようになったのですね。


JRも撮れます!


シマウマ電車と107系。
107系の営業運転が始まれば、老朽化が進む元西武の150形や自社発注の200形あたりは一掃されてしまうでしょう…。


もう1編成(R14)は上信の本社社屋側の留置線にいました。
こっちの方がカラフルな電車やデキに囲まれていて「別の場所に来た」感がありますね(笑)


カラフルと言えば、なんと車庫の片隅で朽ち果てていたデハ203が、ぴかぴかの広告塗装になっていました!
あまりにも綺麗になったので、まさか世界遺産効果で乗客増→107系の整備が終わるまでの繋ぎで復活か!?と一瞬思ったのですが、どうやら待合室として整備され、ホーム側から車内へ入ることができるようになったようです。
斜めストライプが80年代チックで最高にダサかっこいいので、一度この姿で走っている姿を見たいものですねぇw



うーん、やっぱりこの位置に107系が止まっているのは違和感がありますねぇ…。



ん!?

ふと高崎駅の方を見るとEF64が停まっていました。
しかしビルの陰になっていて頭しか見えません。
配給?廃回??



E531の配給でしたー!!
いやーこれは全くノーマークでw
上州は交流電化と全く縁がないので不思議な光景ですね。

いいものが見れたところで、そろそろ107が戻ってくるので移動しましょう。


定番の井野~新前橋へ。
現在残っている107系はR7+R8の2編成4両のみ、常に4連を組んだ状態で211系の運用を代走するかたちで細々と走っています。
運用線区も両毛線方面に限られていて、水上や大前、横川への乗り入れは終了してしまいました。


一方の115系は今もそこそこ残っていて、こんなラッピング車も走っています。


6連も健在です。
また、最近になって正面の表示幕が埋められました。
今のところ115系に対してのみ行われているので、盗難防止ではないか?とか、いずれ211にも波及するのでは??といった噂を耳にしますが、真相は不明です…。

さてそろそろ撤収しよう…と思ったのですが、ちょっと気になる情報を見つけたので、少し位置を変えてもうちょっと粘ります。
すると、


はい、115系は115系でも長野色のL99編成が現れました!!
どうやら数日前に大宮入場があったらしく、その返却回送だったようです。
なんだか今日は怖いほど運がいいですなぁw



井野駅に戻ると、先ほどのラッピング車が戻ってきました。
「お前はまだグンマを知らない」という漫画の広告で、群馬が好意的にディスられていますwww
スポンサーサイト
103歳の古豪、屋外へ!
8月27日、小湊鉄道創立100周年を記念して、普段は五井機関区の奥で眠っているキハ5800形の一般公開が行われました。


9時開場ということで、あまり深く考えず10時頃に会場入り。
跨線橋から眺めてみた感じ、それほど混んでいるようには見えなかったのですが、機関区の入り口に向かうと長蛇の列が…。
なんと入場するのに50分もかかってしまいました(;´д`)


一時的に表へ出てきていたキハ5800も既に検修庫の中、狭い空間にテツが殺到している状態でしたので、とりあえず周りに止まっているキハ200形を撮影。
五井機関区の中に入れる機会も少ないですからね。
キハ5800が飛び抜けて古いので霞んで見えてしまうんですが、今の時代に国鉄キハ20系ベースの旧型気動車がごろごろ居るのも凄いことですよw


貫通路を開けた状態で止まっていたキハ210号。
キハ5800は自走できないので、こいつで牽引して移動させていました。


11時20分頃、再びキハ5800形が表へ出てきました!
恐らく2012年6月に行われた撮影会以来5年ぶりとなる空の下…なのですが、この日は曇りときどき晴れという感じで光線が安定せず、なかなかシャッターを切るタイミングが難しかったですね。
また残念ながら参加者のマナーも悪く、車両に近づくわ乱入するわ収拾がつかなくなっていました…。


曇ったところで反対側へ移動してみると、何やら古めかしいヘッドマークが付いているではありませんか!


1986年4月20日!?
キハ5800は予備車として1997年まで車籍は残されていましたが、1986年を最後に本線へ出たことはなく、これが最後に付けたヘッドマークなのだそうです。
1986年の時点で72歳なので、今年で103歳
小湊鉄道が開業する前から走っていたのですね。



20分ほどすると、また検修庫の中へ戻りました。


側面にはサボも付いています。


車内を見学することもできました。
5年前は物置になっている様子だったので、かなり荒れているんだろうな…と思いきや入ってびっくり、保存状態はかなり良く、座席モケットやつり革などもしっかり残っています。


80年代と言えば、まだ車内でタバコが吸えたんですよねぇ…。




まわりのアイテムもひとつひとつがレトロで堪りません♪
適当に写真をパシャパシャ撮るだけでも絵になります。




昼休憩を挟んで14時頃、再び屋外へ。


午後になっても相変わらず晴れたり曇ったり。
何十枚も撮りましたが、一番いいカットはこれですかねぇ…。


キハ210と2連を組んだときは、また薄曇りになってしまいました(-_-;


キハ5800入庫後、いい感じに日が出てきました。
ぶっちゃけ、この日一番条件が良かったのはキハ210号ですねw
保留車となっているキハ209号を除くとキハ200形で唯一の非冷房車で、冷房車ステッカーがなく、運転台側の窓下に四角い通風孔も残っています。
こちらは程よく注目を集めていて、撮影会状態になっても秩序がありました(^-^;