>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

台湾で鉄路迷2017 #1 ~桃園MRTと行包専車~
お久しぶりです。
1ヶ月ほど更新が滞っておりましたスイマセンm(_ _)m
三条は相変わらず元気です、鉄活動も続けています…というか、先週は台湾へ行ってましたw
そんなわけで、ネタも貯まっているので順次アップしたいと思います。

***

半年ぶりの台湾。
今回も羽田から早朝のピーチ便で桃園空港へ。
そして半年前ならターミナルからバスに乗って…という流れだったのですが、今年はここからが違うんですよ。



桃園メトロ空港線!

あの延々と完成しなかった台湾のサグラダファミリアが、今年3月ついに開業しました~。


種別は急行タイプの「直達車」と各駅停車の「普通車」の2種類。
それぞれ専用の車両が用意されていて、直達車はモケット張りの固定クロスシート車、普通車はプラスチック製のロングシート車になっています。
運賃はどちらに乗っても同じですが、一定の距離から値段が跳ね上がるので、特別料金が運賃に上乗せされているような感じですね。
途中下車した方が通しで買うよりも安くなる区間もあるんですよw


走行位置を示すLED表示。
これ、香港の機場快線とそっくりですね。
「保留未来使用」になっている部分は、恐らく将来中レキまで延伸したときに使用するのでしょう。


空港駅を出発して暫くすると地上に出て高架になります。
それも尋常じゃないほど高いところを走りますwww
そのせいかあまりスピードは速く感じられず、香港みたいにカッ飛ばす印象ではありません。

途中に駅撮りできそうな場所をいくつか見つけましたが、このまま行けば台鉄の行包専車6901次に間に合いそうなので、先を急ぎます。


台北駅もすごくお洒落。
なんだか違う街に来たような感じです。


連絡通路を10分ほど歩くと、いつもの台鉄台北駅に到着。
キョ光号のボロ客車を見て、あぁ”帰ってきたな”という気分になりますね(笑)


安定の汐止駅撮り。
時刻は11時、まだ行包は通過していないようです。


お、あいつはEMU800の増備車ですね。
従来車とはラインカラーの配色が反転しているので、よく目立ちます。



反対方向からもキョ光号が入線。
汐止は2面4線なのですが、例によって台鉄は双単線を採用しているので、逆走などお手の物です。


そして行包専車!
今日は荷物車の他に新型キョ光客車が2両繋がっていますね。
かなりゆっくりと通過したので、後追いも撮ろうとホームの反対側(台北方)へ移動すると…



今度はこちら側のホームに、貨物列車が逆方向から入線!
自強号を退避する区間車を退避するというパズルのようなことをやっていました(笑)
電車、客車、貨物…カオスを極める台鉄のダイヤは、こうした柔軟な対応に支えられているんですね。



後続の区間車で行包を追っかけると萬華で追い抜いたので、山佳まで行って撮影。
トンネルを抜けた先にある大きくカーブした山佳駅、どことなく京急の横須賀あたりにある駅に似てるなぁ…と思って、以前から気になっていた駅です。
京急色のEMU700をここで撮りたかったのですが、残念ながら今月10日の運用を最後にラッピングが剥がされてしまいました。



そして続行で貨物列車も通過しました。

この日は行包を追っかけつつ高雄へ向かう予定だったのですが、ここで何気なくスマホをぽちぽちやっていると…なんと宜蘭線でCT273使用の臨時列車が走っていること知りました。
宜蘭線…逆方向やん…でも行きたい!というわけで時刻表を調べてみると、この後の普悠瑪号に乗れれば間に合うことが判明。
すぐに窓口へ向かい切符を確保しました。


普悠瑪号は指定券が取り辛い列車として有名なのですが、さすがに平日の昼間なら直前予約でも空席がありました。

#2に続きます。
スポンサーサイト
台湾 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/04/30(日) 23:11 ]


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ