> 私鉄屋雑記帳 2017年01月
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



楽園の黄色い電車
干支マークといえば、今年はこんなところにも行ってきました。


伊豆箱根鉄道の駿豆線!
昨年末、西武時代のツートンカラーへ戻された1301編成に「謹賀新年」マークが付きました。
まだ黄色くなってから1度も撮影していないし、天気もヨシ、新年に富士山とは縁起がいいじゃない?
というわけで公式ページで運用を確認して(ありがたいことに1か月先まで予定が載っています)、まずは定番の三島二日町~大場で撮影~。


それにしても最高のコンディションですなぁ♪
富士山に雲一つかかっていません。
この日(1月6日)は18切符シーズンなこともあって、撮影ポイントでは同業者さんをちらほら見掛けましたよ。


暫くすると1本目の踊り子号が下ってきました。
ストライプ185系と富士山、この組み合わせもあと何年見られるか…。


1301が戻って来ました。
こちら側は逆光になるのですが、タイミング良く曇ってくれました。


そして、その折り返しは晴れ!
なんだか今日は怖いほど上手くいきますな。
幸運を呼ぶ黄色い電車…は、京急のイエローハッピートレインでしたね。
ちなみに駿豆線の黄色い電車はイエローパラダイストレイン、略してYPTというそうですwww




今度は縦アングルで。
このまま富士山が見えていたら、YPTも後追いで、この構図で撮ろうと思っていたのですが、踊り子号を最後に雲隠れしてしまいました…。


富士山にこだわる必要がなくなったので、少し大場寄りへ移動。


富士山を入れずに撮ると、武蔵野のどこかの支線を走っているようにも見えますなぁ。


踊り子号を撮ったら、今度は三島田町へ。


いずっぱこはステンレス車も西武っぽいカラーリングなので、並んでもあまり違和感がありませんねw
レトロな佇まいの駅も、どことなく一昔前の西武って雰囲気。
フォンフォンフォンフォン…という、あの独特の警報音が聞こえてきそうです。


ところでYPTのLED表示ですが、よーく見ると新年仕様になってまして、行先の左右に酉と門松のイラストが入っていたりします。
せっかく凝った表示なのに、コイツはシャッタースピードを1/40秒くらいまで下げないと綺麗に写らないんですよね…(-_-;


さらに踊り子号と交換~。
リバイバルカラー同士の並びです。
あまりピンと来ない組み合わせですが、西武時代には新宿や池袋あたりで、顔を合わせる機会があったでしょうかね。

スポンサーサイト
干支マークと…2017編成!?


恒例の大師線干支マーク、今年も撮って来ました。



いつもの港町カーブ…なんですが、どうもケーブルの影が気になりますな(-_-;
去年の写真を確認すると、ほぼ同じ時間に撮影していて写り込んでいなかったので、この1年の間に追加されたようですorz
広角、望遠と2パターン撮ってみたりしましたが、どうにもならず。


今年のマークは、1800番台をデフォルメしたものと、ほのぼのとした手描き風の2種類が掲出されています。
せっかくなので、このマークを1800番台に取り付けて大師線で走って欲しいなぁ…なんて思ったんですが、1800番台にはマークステーがありませんね(^-^;


また、今年は1017編成のワイパーカバーに2017の文字が!
これ合成じゃないですよw
こういったサプライズは、2011年に2011編成の前面にステッカーが付いたことがありましたね。
2011年以降は「2012」から「2017」まで、2011編成の中間車になってしまうので出来ないなぁ、なんて思っていたんですが、そうか、この手があったか(笑)
京急さん相変わらずユーモアがありますなぁ。
115系「懐かしの新潟色」出場

今日は「懐かしの新潟色」に塗り替えられた115系N3編成が大宮を出場するとのことで、さくっと撮影に行ってきましたー。



少し早めに様子を見に行くと、信州色のL99編成にサンドイッチされた状態で待機していました!
これはATS-Pやデジタル無線を持たない115系が、大宮へ入場する際に見られる編成です。
面白い組み合わせなので、前々から撮ってみたいなぁと思っていたのですが、まさか初撮影がリバイバル塗装車になるとはw


この赤と黄色の派手な塗装は、かつて新潟地区を走っていた旧型国電が纏っていたものです。
115系は今回が初めてですが、なんだか167系みたいな印象で、それほど違和感はありませんね。
最初115系で懐かしの新潟色をやる…というので、てっきり白地に紺の縞々が入ったあれをやるのかと思ってました(笑)


負けず劣らず派手なニューシャトルとツーショット。


沿線撮りは、先月の客レで味を占めた岡部~本庄へwww
ほぼ同じスジ、あれから日の入りが30分ほど遅くなっていることから、今回なら日も当たるだろうと。
結果はご覧の通り、思い描いていた写真が撮れました~。



連結部流し。
この変則的な編成も急行型の増結みたいで、ますます167系に見えてきますなw


115通過の数分後に太陽終了~。
安中貨物が来る頃にはもうこんな感じだったので、ほんとギリギリでした(^-^;

桜井線正月ダイヤ
こちらの続きです。


やっと本題ですw
普段、昼間は2両編成のワンマン電車が毎時1~2本程度走るだけの桜井線。
正月三が日は特別ダイヤで運行されるので、毎時3本!4両編成!!車掌も乗務しています。


天理駅から北へ、徒歩15分ほどの場所で撮影。
まず初めに現れたのは神出鬼没の221系でした。
国鉄型を狙っていたのでコイツは残念賞ですが、まぁ221も通常はラッシュ時にしか入って来ないそうですから、撮って損はないです(^-^;


次は105系の2+2編成♪
高田方が黒サッシ戸袋窓なしのN40車、奈良方が戸袋窓付きダブルパンタ車です。
105系の重連は、朝ラッシュ時に奈良行き1本のみ設定されているとのこと。


続いて103系4連!!
こちらも朝ラッシュ時に1往復設定があるものの、6両編成かつ201系と共通運用なのだそうで、通常ダイヤで撮るのは博打ですね。

この2本以外は221系ばかり、天気もだんだんと悪くなってきたので、


帯解へ移動しました。
この駅はホームから奈良行きを綺麗に撮ることができるんですが、晴れると逆光なんですよね。
丁度いいや、と思ったら、


晴れてしまいました…orz
とは言え、逆光の先頭ダブルパンタもカッコいいもんですw
この戸袋窓が残っている編成のクハは103系顔だったのですが、今日は重連なので顔を拝めないという贅沢な悩み(^-^;

さて次はウグイス色の103系がやって来ますが、空を見上げると暫く晴れていそうな気配。
しかし駅撮りでは順光側も影落ちまくりでダメ。
そこで少しググってみると、駅の南側に順光側で撮れる良い撮影ポイントがあるようです。
移動時間を考えると、次の103系を捨てて折り返しを沿線で撮るか、103系も撮れるが光線状態の悪い駅撮りで済ませるか…ここは思い切って前者を選びました。
すると、


はい、順光いただきましたー!!!!
はぐれ雲が流れてきてヒヤヒヤしましたが、なんとかセーフ。


しかし、そう何度も上手くはいかず。


順光タイム終了ーorz
でもまぁ、天理で撮った分がドン曇りだったことを思えば、多少マシですかね。


さぁ今度は日没時間との闘いです。
少しでも早い方がいいので、103系の後を追って長柄へ。
単色塗りで戸袋窓付き(しかも非ユニット窓!)…こいつ105系を名乗っているけれど、今残っているどの103系たちよりも一番103系らしいサイドビューをしていますよね。


そして103系!
よく見ると運用番号のところに”臨”の文字が。
昼に撮った写真を見返してみると、どうやら奈良方のクハのみ”臨”表示になっていたようです(高田方は”C”表示)



長柄から桜井へ出て近鉄大阪線に乗車、鶴橋で大阪環状線に乗り換えると…なんと323系がやって来ましたー。
デビューから1週間ちょっと、まだまだ車内は新車の香りがしていましたよ。


天王寺で下車して、阪堺電車を軽くバルブ。
こちらも正月ダイヤ、カメラを構えるとすぐにモ166号が現れました。
12月3日に切り替えられたばかりの真新しい軌道を行く、もうすぐ90歳になる古豪電車です。


しかし、このラッピング…おじいちゃん電車にとっては、ちょっと恥ずかしいのではないでしょうか(笑)


1001形「堺トラム」には、こういう風景がよく似合いますね。
じっくり香港鉄#3 ~地下鉄観塘線を撮る~
#2の続きです。
多くの駅でフルスクリーン式のホームドアが設置されている香港の地下鉄。
なんとか車両を撮れるところは無いかなぁと、いろいろググっていると、ありがたいことに(?)地上駅のホームドアは背が低いタイプになっているとのこと。
特に観塘線の九龍湾駅と、その周辺に良い感じの撮影ポイントが点在しているようなので行ってみました。


まずは九龍湾駅ホームから。
やっとこさ御尊顔を拝むことができましたー。
観塘線には2形式の車両が走っていて、こいつは開業当初から走っているメトロキャメル製電車(M-Train)、VVVF車が大半を占める香港の地下鉄で、唯一の電機子チョッパ車です。
車体は更新工事が行われたので近代的な姿ですが、どこか落ち着いた雰囲気がありますね。


でもって、こちらが新型車両の中国北車製電車(C-Train)
パっと見は綺麗なんですけど、よくよく見ると造りが安っぽいです…(-_-;


2016年10月23日に油麻地~黄埔間が開通したので、以前の油麻地行きはなくなり、黄埔行きと、その一つ手前の何文田行きが交互にやって来るようになりました。
これは新しくできた黄埔駅が1面1線しかない為、本数が多い平日のラッシュ時と土休日の日中は、約半数の列車が何文田駅で折り返しているそうです。


また2016年12月28日には、これまで鉄道が無かった香港島南部へ行く南港島線も開業しました。
が、こちらはタッチの差で間に合わず、今回は乗れず仕舞い…orz


改札を出て、今度は駅北側の歩道橋から撮影。
ここの写真は中文版ウィキペディアの観塘線の記事に載っていたんですが…あれ?ちょっと微妙だぞ。
以前は手前の木が植えられていなくて、もう少しすっきりと撮れたようです。


さらに先へ進んで、彩徳ショッピングセンターの上階から俯瞰撮影!
九龍湾駅と、その西側に広がる車庫が一望できます。
車庫の上には巨大な団地、香港版高島平って感じですねw


望遠でC-Train。
立体的な街並みが、香港らしくてカッコイイですなぁ。


九龍湾駅を発車するM-Train。

#4へ続きます。(準備中)
塗り替え進む汎用特急車
こちらの続きです。


新大阪から御堂筋線、なんばで近鉄奈良線に乗り換え大和西大寺へ。
ちょうど向かいのホームから「しまかぜ」が志摩方面へ発車して行きました。
せっかくなので、乗り換えついでに少し駅撮りしましょうか。


相変わらず凄まじい配線ですなぁw
調布や京急蒲田など軒並み立体交差化されてしまったので、こういうダイナミックな平面交差駅は、関東ではなかなかお目にかかれなくなりましたね。



お!さっそく面白い編成が来ましたー。
旧塗装ACEが新塗装Aceをサンドイッチ、過渡期ならではの姿です。


続いて阪神9000系。
大和国で見る阪神車、分かっちゃいるけど未だに違和感が…(^-^;


留置線から出てきたサニーカー、こちらも旧塗装です♪


大和西大寺でスイッチバック、奈良方面へ去って行きました。
恐らく奈良始発の特急になるのでしょう。


京都市営のクルマも乗り入れて来ます。


さて、そろそろ本題の桜井線、まずは乗り換え駅の天理へ向かいます。
天理線直通の電車もありますが、どうやら先に出る急行に乗ると、平端で1本前の天理行きに接続するようです。


というわけで、先の急行で平端へ。
近鉄に乗って初詣へ向かうお客さんも多く、ここで半数強が下車、天理線のりばへと流れていました。
天理線の車両は線内折り返しの2+2編成、形式は…写真に写り込んでいた1258、1335という数字からググると、1252系+1233系と言うらしいです、はいw



天理に到着。
さすが宗教都市の中心駅、祭事などの為に、余裕のある造りになっています。

こちらの記事に続きます。
103系大ミハ疎開
1月3日、恒例の阪堺電車の正月輸送…も気になったのですが、今年は少し遠出をして、桜井線の正月ダイヤを撮りに行くことにしました。


と、その前に少し寄り道~。
昨年の暮れに運用を離脱した103系たちが疎開しているということで、新大阪駅から程近い旧宮原総合運転所、大ミハへ行ってみました。


223系や207系の回送が慌ただしく出入りするすぐ隣、この静かな一画だけは国鉄!
アーバンネットワークだなんて横文字は似合いません。



ただ、この日は快晴で、悩ましいことにビル影が盛大に落ちまくり…。
初めのうちは全滅でしたが、一番手前に止まっていたこの編成は、15分ほど待つといい感じに影が抜けてくれました。


埋められた戸袋窓、今風なフォントの車番…言い出したらきりがないですが、それでもまだ40Nに比べりゃ原型に近い方w
西に行けば、当たり前のように走っていた103系も、遂に終焉を迎えようとしています…。


14系客車の方もド順光なので、ついでに撮っておきましょう。


それにしても凄い編成…せっかくの展望車が台無しではないですかwww
これで営業運転に入ったら大ブーイングでしょうね(笑)

こちらの記事に続きます。

撮り初めは恒例の初詣マーク

今年も能勢電の初詣マークを撮ってきました。



この日(1月2日)マークを付けていたのは、3170編成と1754編成の2本。
そのうち1754は山下の留置線で寝ていたので、稼働車は僅か1本だけでした…orz


それならば1754と絡めて撮る作戦に変更w


5100系にとっては、能勢電に来て初めて迎える新年ですね。
せっかくだから5100に初詣マークを付けて欲しかったなぁ…。




久しぶりに復活したマルーンツートン。
創設100周年記念で塗り替えられた1550編成が、元に戻されて以来なので6年ぶりですね。
歴代の数あるオリジナル塗装のなかでもシンプルかつ一番上手くまとまっていて、個人的にすごく好きなデザインだったので嬉しいです。



梅田へ出たついでに阪急の初詣マークも撮影。
こちらも例年どおり、能勢電と同じ柄です。というかこっちが本家w
鳩と雷鳥の並びを撮り(とり)鉄なう

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
日頃の趣味活動を、なんとなーくネットでまとめられたらいいなぁ…程度の軽い気持ちで始めた当ブログも、早いもので開設から10周年を迎えましたー。
ありがとうごさいますm(_ _)m
これからも興味の赴くままに、いろんなところへ行っては適当に写真を撮って来る所存ですので、お付き合い頂けたら幸いですw

さて、毎年恒例の干支にちなんだ鉄道ネタ年賀状シリーズ、今回は年の瀬に↑こんなものを作ってました(笑)
また変に凝ったことするから、田舎へ帰るぎりぎりまで掛かってしまって。
印刷するだけ印刷して、データを家に起きっぱなしにしてしまい、こちらへ上げるのが遅れましたスイマセン…。
写真は以前にもアップしましたが、この時に撮影した奇跡の並びです。

それでは皆さん、今年もよい一年でありますように!