>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

移り行く札幌の地下鉄
北国の秋は陽が短い。
というワケで、今回の札幌ではJR(というか札沼線)ばかり撮っていた三条ですが、陽が暮れたら地下に潜ってうろうろしてきました。
それで、久々に乗ってみて気になったのが、



ホームドア

東西線の全ての駅に設置されていました。

あと何か物足りない!
と思ったら、車掌さんが居なくなったんですね…。



南北線にもホームドアが。
これがあるだけで、ずいぶん駅の印象が変わりました。

そういえば、これまで南北線には乗車位置の違うアイツがいたので、ホームドアの設置は不可能だったのです。




乗車位置の違うアイツ



麻生駅から順番に設置している最中でして、ちょうど三条が訪れたときはすすきの駅まで稼働済み。
なので、その次の中島公園駅では、こんな中途半端なことになっていましたw



防雪シェルターな地上部分の各駅も、まだ下準備(?)だけ。

今では必要の無い”緑色の乗車位置”も、何れ撤去されてしまうでしょうか…。



そして安定の東豊線。



初期のクルマは、STマークではなくて札幌市章が車体に描かれていたり、走り出せばブーンと鳴るチョッパ制御など、今となるとちょっと懐かしい感じ。
東豊線、住んでいた頃は「新しい路線」というイメージだったのにな…。

札幌市交の新車は重厚感があって嫌いではないのですが、やっぱり1路線に1車種しか居ないとなると寂しいもんです。



そんな寂しさを紛らわせてくれるのが、駅のピクトグラムたち。
ちゃんと東西線=6000形、東豊線=7000形、南北線=2000形なんですよv
それぞれの特徴をよく捉えてるなぁ~と、前々から好きだったデザインです。



しかし新型バージョンは手抜きというwww
いや、確かに実車も似たり寄ったりなので、デフォルメするのは難しいんでしょうけども…(^-^;
それだけ昔の電車たちが個性的だったんです。

個性的といえば、南北線と東西線のクルマにピンク色のステッカーが貼ってあったので、あぁ札幌にも女性専用車が出来たんだっけ…と思ったら、こちらでは「女性と子どもの安心車両」と言うんですね。
「専用席」といい、何かと札幌市交は我が道を行ってますw



地下街で見つけた、かつての車両たち。

これを見ていると、久々に自衛隊前の交通資料館へ行ってみたくなりました。
(注:今の季節は休館しています)
スポンサーサイト
北海道・東北地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/11/24(土) 00:25 ]

東上線で7年ぶりの旧塗装
東上線へ帰って来た8111F。
本番の団臨は朝早いわ、区間短いわで撮らないつもりで居たんですが、一昨日の秩鉄回送を見たら撮りたい気持ちが沸々と…



あら不思議、気が付けば早朝の霞ヶ関~川越市に居ましたよ(笑)
有名どころの直線ではなくて、バックの紅葉が綺麗だったので築堤の方をチョイス。
この時間帯、今の季節でまともに撮れるスポットは、この前後の区間しかなかったかと思われますが、同業者さんは数人程度でした。

これの返しはドコで撮っても逆光なので捨てて、今朝ここへ来るまでに偶然乗り合わせた8000が帰って来るのを待ってみたんですが、ものの見事に空気を読まないA○レに被られてしまいました…orz
列車密度が低めな区間なのに、被られるってどういうことよ!?

まぁ、8111で運を使い果たしたということでヨシとしましょう…。



続いて森林公園のイベント会場へ。
おぉ、虹が出てるよ!とカメラを向けると、大きな転落防止幌が目に入って来ました。
こんなの前から付いてましたっけ…?



撮影会のラインナップは、こんな感じ。
綺麗に並んでいる側は逆光なのが痛いところ…。



本日の主役とゲスト!
まーた菊名とか微妙な行先をwww

行先表示やヘッドマークは、時間帯によってバリエーションがありました。



個人的に嬉しかったのが、11634(いいムサシ)号のヘッドマーク。
語呂合わせが素敵だなと思ったんですが、この時期は撮りに行く暇がなくって、結局撮らず仕舞いだったんですよね。



8111は順光側でも撮ることができました~!
幌付き堪らん←



ところがネタ表示を出し始めた途端、架線柱の影が落ち始めました…orz
だいたい閉場1時間前だったので、たぶん影が抜け切る前に終わってしまうだろうなと。

そこで、この場所に見切りを付けて、



外野で粘ってみることにしましたw
これは終了約10分前の写真ですが、ガッツリ碍子の影が落ちてますね…。



終わるのを待っている間、展示組の皆さんを後ろから。
ちょ、新線池袋www



さて、お客さんが出て行ったので撤収作業を…する前に、身内で撮影会が始まりました。
しかも方向幕を回したり、ヘッドマークを交換したりと、皆さん遊びまくりw
三条もおこぼれを頂戴します。



ヤバいカッコイイ///

隣の東急4000がいい仕事をしていて、ギラギラした側面がレフ板の替わりになっていたというvv

それから種別幕の部分にも注目です。
今でこそ種別を表示しているあの窓、デビュー当初は運用番号表示だったそうで。
幕に直接番号を印刷した”なんちゃって”なのですが、少しズレているところまで再現されているとか芸が細けぇwww



その、さり気なく8111の美しさを引き立ててくれた東急との並び。
ホント未だに信じ難い光景ですな…。

思えばあと半年もしないうちに、うちの最寄り駅から森林公園へ乗り換えナシで行けるようになるんですよね。



回| ||転  杉 戸!?

杉戸は今の東武動物公園駅、では”回 転”って何ぞ?
…どうやら昔は運番幕に「回送」や「試運転」が収録されていたらしく、その回している途中を再現したっぽいです。
東武さん、ネタが濃いぃなぁ…



快速 東武日光

後ろの方では翌朝(?)の返却回送に備えて、先導の8505Fを増結中…
※11月19日、無事に本線へ戻ったようです。



80 寄 居

寄居発着の特急が消えたとき、最終日にリバイバルカラーの8108Fが付けたヘッドマークです。



陽が落ちたところで二次会も御開き。
この手のイベントは、終了後の動きがアツかったりするのですが、まさに今回のアフターは大当たりでした~!

東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/11/19(月) 22:55 ]

8111Fが東上線へ里帰り


ここのところ大宮~スカイツリーの間で毎週末に一往復している8111Fですが、今度の週末は森林公園のイベントに参加するため、一旦東上線へ里帰りすることになりました。



羽生の留置線で待機する8111F。



地元の皆さんも興味津々。

東上線は東武の飛び地ですから、羽生から寄居まで秩父鉄道へお邪魔しないと帰れません。
ところが8111Fには秩鉄用のATSが付いていないので、自走できないんですね。
30000が転属するときはデキ牽引でしたが、8000の場合は…



東上線からお迎えが!!
秩鉄線内も自走できる8505Fが先導することで、デキに頼らず回送することが出来ます。

しかしまぁ、これは東武のどこかの支線で撮ったと言っても違和感の無い画ですな。
ぶっちゃけ秩鉄の各停は昼間2両でも十分な気がす(ry







というワケで、羽生から森林公園までは新旧混色の8連になります。

三条はツートン時代を知らないゆとりなので、新旧混色というと東上線の8108Fを思い出しますねー。
あ、でも確かツートンから現在の塗装になる間にセイジクリーム時代を挟むので、この組み合わせは平成の世でしか有り得ないんでしたっけ。



数日だけですが、暫し東武本線からお別れ~。



走行シーンは、定番ですが新郷~武州荒木の養豚場前で。
いやぁーまさか8108Fでまともに撮れなかった混色編成が、こういう形でリベンジできるとは。
それも秩鉄を行くという贅沢なシーンで、会心の一枚ですっ!!



最後に、8000の続行でやって来たゲテモノ編成で〆

何はともあれ、写真は臭いまで伝わらないのでいいですね。
この付近一帯は家畜臭ハンパ無いので、とっとと退散しました(^-^;

東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/11/16(金) 23:59 ]

真新しい高架を快特で爆走するボロ。
旧型電車が真新しい高架を走る…
と言えば、同じく先月ダイヤ改正を行った京急も面白いことになっています。



北総7260形が快特で爆走中!!!

「どんどん来る来る」をキャッチフレーズに、昼間の都心方面~羽田直通便は全部快特(orエア快)にしちまえ!と、北総系統の急行も快特に格上げしたら、こんなことになりました。
まさか、コイツの快特幕が陽の目を見ることになろうとはw



種別ごとに最高時速が決まっている京急ですが、さすがにこれは年齢を考慮してランカーブを引いてる…ハズ(^-^;

そういえば、ちょっと前までスカイアクセス開業がxデーなんじゃないかと冷や冷やしたもんですが、そんなの余計な心配でしたねwww
関東最古の地下鉄直通用電車は、まだまだ元気です。



”蒲田飛ばし”のエアポート快特は、誤乗防止の観点から種別色がオレンジ色になりました。
また途中で化けるアクセス特急と同じ色なので、一体感もあります。



でも、やっぱりどこかで足並みが揃わないというwww
わざわざ「快特」と「快速特急」両方の幕を用意するのも面倒なのは分かりますが…。



横浜方面のエアポート急行は、これまでの20分ヘッドから10分ヘッドに倍増!
ダイヤ改正前はレアだった6連エア急も、ごく当たり前の存在に…。

平日朝方の横浜付近では、30分程度の間に3A(4+4+4の快特!)→83D(6連エア急の文庫行き!)→曜日によってはデトが下る!というフィーバータイムがあって、よく狙って撮ったんですけどね(^-^;



これまたサプライズだったのが横浜エア急の運用!!
真昼間に都営車が蒲田以南へ入る運用なんて、何年ぶりでしょうか…。





高架を駆け上がるダルマ。
持ち前の瞬発力で軽々と登っていきますが、コイツも若番車は結構な歳だったりします。





これが完成した”蒲田要塞”
地上のままだった下り線が高架化、一夜にして28ヶ所もの踏切が解消されたそうです。
第一京浜の踏切跡では、今までのクセでブレーキを踏むクルマもちらほら見かけました。





近代的で広々とした駅に生まれ変わった京急蒲田ですが、ちょっと不便だなと感じたのが今回の改正から使用開始した切り欠きホーム(3、5番線)。
とにかく乗り場が無茶苦茶遠いんですよね(汗;
何も知らずに快特から降りてしまい、遥か彼方に停まっている普通車を見てダッシュする人多数…。
「お客様を動かさず電車を動かす」京急が、お客様を走らせてはいけませんw
文庫の増結車みたく一旦ホーム中央(6番線)へ移動して、もう一度客扱いすれば万事解決なのですが。



役目を終えたレール。
京急の高架化は完成しましたが、この地上線の撤去や第一京浜の拡張工事などなど…まだ暫くは落ち着かない感じですね。

京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/11/15(木) 22:34 ]

JR北海道ダイヤ改正ビフォー&アフター #3
最後はアフターの巻きです。
今回のダイヤ改正、テツから見て一番の目玉は何と言っても…



711系の札沼線入線でしょう!

新しい高架を行く赤いボロ電車の画は、違和感を通り越してCGなんじゃないかとw
三条の知ってる札沼線と違う…。

室蘭方面から撤退したのは残念ですが、その分新しい活躍の場が出来たことは喜ばしい限りですね。



沿線も随分と背の高いマンションが増えました。
今から10年ちょっと前、ここがまだ非電化の単線で、おまけに地上だった頃は、まさか711系が走るなんて思いもしませんでしたよ…。



これまた違和感バリバリな「北海道医療大学」行き。
ちなみに711系は下記の運用で走っています。

回送 札幌→石狩当別
526M 石狩当別6:45発→札幌7:30着
543M 札幌7:42発→北海道医療大学8:36着
544M 北海道医療大学8:50発→札幌9:44着

すべて3連を2本つないだ6両編成です。
基本的に冷房車限定なのですが、改正した初っ端から非冷房車(しかも国鉄色!)が入ったそうで、冷房を使わない季節は、その限りでは無いのかもしれません。





こちらは6月の改正から運用入りしている電車たち。
何だろう、この妙に落ち着いた感じはwww

これまでの札沼線がカオスで趣味的に面白過ぎたので、一気に普通の都市鉄道になってしまった感がありますね。









一方、函館本線の711はダイヤ改正後も相変わらず。
旭川方面をメインに、ちょいちょい札幌駅にも顔を出します。





でもって、改正前は千歳線唯一の711系による運用で、早朝の室蘭方面への送り込みを兼ねた営業列車だった2726Mは、番号そのまま2726Dに大変身!
この顔が札沼線から消えた…と思ったら、今度は千歳線で出現したというw





その他、久々に札幌へ行って気が付いたこと諸々。

・735系が営業運転していた。
試運転ばかりしているというイメージが強かったので、しれっと731、733に混じって営業入りているところを見掛けて衝撃的でした。
つるっつるの側面はシンプルでカッコイイのですが、デザインが733とほぼ同じなので、ただ単に帯を貼り忘れただけに見えるという…。

・車内の自動放送が男声になった。
特急から普通まで全て男声タイプに更新されていました。
自動放送で男声って、他社ではあまり聞かない気がして新鮮な感じです。
一方で英語放送は女性だったりして、中国語は女声、英語は男声で使い分けている台鉄を思い出しましたw

・朝ラッシュ時の桑園でも列車別改札。
これは今まで意識していなかっただけなんですが、函館本線だけでもピーク時最大9本/hの列車が発着する桑園駅に列車別改札の案内があるんですね。
と言っても案内が流れているだけで、お客さんは乗る列車など気にせず自動改札を通り抜けて行きます。
それでも淡々と改札時刻を読み上げる自動放送が不憫過ぎて同情するレベルwww

JR北海道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/11/12(月) 22:57 ]

JR北海道ダイヤ改正ビフォー&アフター #2


札沼線が電化された一方で、室蘭方面の普通列車は、何と今回の改正から電車がディーゼルカーに置き換えられるという珍事が発生しましたwww
この地区は711系の独壇場だったんですが…。



まずは、早朝の2726M札幌発→東室蘭行きを新札幌で撮影。
送り込みの兼ね合いで、1日1往復だけ設定されていた711系による千歳線運用でした。





苫小牧では、すでに札沼線から来たキハ143がスタンバイ。
JR北海道の普通電車は全て3両1ユニットなので、お客さんの少ない室蘭本線では輸送力過剰…でもって、逆に札幌圏では札沼線電化で電車が不足しているワケです。
そこで、もういっそ室蘭方面は電車である必要無いんじゃね?と開き直ったのか、電車と気動車をトレードすることに。
この写真を撮影した翌日には、苫小牧以西の(特急車の化け鈍行を除く)全ての鈍行列車がディーゼルカーになりました。



青葉駅の時刻表(画像をクリックすると拡大できます)
朝ラッシュ時の1往復を除いて、2両または1両へ減車されたことが分かりますね。

それにしても、15:40発の下り列車が突如夕張行きになったのはナゼなんでしょう(^-^;



苫小牧の製紙工場をバックに走る711系。
この辺りは約28kmほどカーブが無く、日本で最も長い直線区間なんだそうです。おぉ…東横線(24.2km)がすっぽり入ってしまうwww
沿線風景が市街地なので雄大なイメージではないんですが、地平線までひたすら真っ直ぐ続くレールを見ると北海道だなぁと感じますね。



この日は国鉄色の編成が行ったり来たりしていたので、撮り放題でしたwww
これは嬉しい誤算で、実は711系の動きをこちらの掲示板を参考にさせて頂いて、ある程度予測していたのですが、順当に流れれば旭川方面へ行ってしまうな…と読んでいたところ、どうやらダイヤ改正前後に運用の差し替えがあったようです。



富浦という小さな漁村の駅で途中下車。
小舟と絡めてみました。



富浦の大俯瞰。
大した下調べもせずに行ったら、草木が伸び放題で大変でしたw
作例ではもっと広角寄りだったと思うのですが、枝を交わすため望遠で切り取ってみました。



キハ150+キハ40の普通列車。
ダイヤ改正前も、電車に混じってディーゼルカーの運用が数本ありました。



貨物列車も当然ディーゼル機関車で…



今や室蘭まで走る電車は1日5往復の特急すずらんだけというwww
交流電化は閑散区間向け…とはいえ、ちょっとこれは勿体無い気がしますね(^-^;
JR北海道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2012/11/06(火) 22:01 ]


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ