>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

JR北海道ダイヤ改正ビフォー&アフター #1


予てより電化が進められていた札沼線の札幌口ですが、いよいよ10月27日のダイヤ改正をもって石狩当別までの全列車が電車化されました。
と言うワケで、ちょっくらダイヤ改正前後を見計らって札幌へ行ってきましたよ!
まずは改正前の様子から…



早朝の太平~百合ヶ原で沿線撮り。
石狩当別への送り込み回送で、札沼線名物客車改造気動車キハ141系以下6連がやって来ました。
似たような改造例は他の地域にもあるにはあったんですが、どれも少数派かつ短命に終わっているのに対して、コイツは最大44両の大所帯に成長した、このジャンル唯一の成功例となっています。
客車自体が国内から消滅寸前な今、この先こんな気動車はもう二度と現れないでしょうね。



続いて上り札幌行きは、キハ40を先頭にキハ141を中間に混結した5連!
車体断面が違うので、見事にデッコボコですね(笑)
この一見まともそうなキハ40も、実は宗谷方面の急行用改造車キハ400を格下した珍車が混じっていたりして侮れませんw



陸橋から手稲山をバックに。
本当はもう少し線路側へ寄りたいところでしたが、何やら陸橋の補修工事が行われていて、この立ち位置からでしか撮影できませんでした…orz
ここで電化後の札沼線を撮ろうと検討している方は、ご注意を!



731系電車とすれ違うキハ40軍団w
既に今年6月の改正から7割の列車が電車に置き換えられていて、旧型キハ達は主に朝ラッシュ時の助っ人として運用されていました。



それにしても、これだけキハ40が揃うと壮景ですね。
1編成中に運転台が10ヶ所もありますよwww

以前の札沼線では、こんな風に揃った編成の方が珍しかった気がするのですが、このキハ40×5といい、キハ141×6といい、6月の改正以降ある程度同じ形式同士でまとめたのかもしれません。
キハ143が室蘭本線へ転属することになって、ごっそり出払ってしまったことも関係しているのかな、と。



これは1日1本(片道)だけあった新十津川→札幌直通列車。
と言っても、前の3両は石狩当別からの増結車です。



最後尾にぶら下がっている、扉が緑色に塗られたワンマン仕様のキハ40形400番台が直通車両でした。

ちなみに、この末端区間用のキハ40は、以前なら苗穂運転所から早朝にまとめて回送されていたのですが、今年6月の改正から送り込み列車が電車化されてしまったので…



別列車を仕立てて、単行で回送されるようになりましたwww

この回送は完全電車化した今も健在で、石狩当別以南では唯一のディーゼル列車となっています。



朝の運用を終えて、ねぐらの苗穂運転所へ帰って行くキハ141以下6連。



夕方は札幌~あいの里公園の区間列車一ヤマだけ、旧型キハの運用がありました。
朝と違って3連のコンパクトな編成ですが、やっぱり凸凹(笑)



車内にも特徴があった札沼線のキハたち。
キハ141は混雑対策で2+1列のボックスシートが並んでいました。



キハ40も混雑対策で…究極の超ロングシートにwww
シートは711系の廃車発生品だそうで。
北海道なのにデッキすらなく、お世辞にも快適とは言い難いクルマでした…。



そしてそして、見てくれが限りなく電車っぽいので忘れてしまいがちですが(笑)
キハ201も当然ディーゼルカーなので、今回の改正で札沼線から撤退しました。



いくら電車のような顔をしていても、白煙を吐いて走り去る姿はやっぱりディーゼルカーですなぁvv

スポンサーサイト
JR北海道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/31(水) 22:33 ]

幻の神栖行きに乗る。
毎年、この時期になると臨時の旅客列車が走る鹿島臨海鉄道鹿島臨港線
以前から行ってみたかったのですが、毎回他のイベントと被ったり、都合悪かったりで参加できず…今年やっとこさ乗ることができました。



今回は東京駅から高速バスを使ってみました。
臨港線の臨時列車は10:50発、13:22発の2往復、撮影地の光線の関係上どうしても”撮り”を午後に回したいので、第一便に乗る必要があります。
果たしてどれだけ人が集まるのか見当もつかないので、なるべく早めに行って切符を確保しなきゃならないワケですが、これが鉄道では接続がクソ過ぎて使い物にならないのです…。
というか、特急が1日1往復という時点で都市間輸送を完全に放棄してますね(-_-;
まぁJRの鈍行よりも運賃が安くて、20~30分ヘッドで走る高速バスなどと勝負する気は端からないのでしょうけども…。



この日は「鹿嶋まつり」というイベントも行われていて(いや一般的には、そっちのがメインなんですけどね(^-^;)臨時の鹿島サッカースタジアム駅も営業していました。



出発時刻の1時間以上前ですが、既に駅前の跨線橋は臨港線の切符を買い求めるテツで長蛇の列が!
うわー乗り切れるのかこれ…というか臨時列車って何両編成なんだろうと考えていると、鹿島神宮行きが3連でやって来て、後ろ2両を切り離して行きました。
どうやら、この2両が神栖行きになるようです。



神栖までの往復乗車券、気になる通し番号は0417でした…400人超えてたのかΣ(゜д゜;
臨時の改札口では、地図式の補充券を売っているのが見えたので、これも買ってみたり。
駅員さんに「記念に欲しいので隣駅まで」とお願いすると、一番安い子供料金で発券して頂けましたw

当たり前ですが、補充券には旅客輸送の無い鹿島臨港線は描かれていません。
歴史は大洗鹿島線よりも古く、かつては旅客輸送も行われていたんですが、街から離れていたので使い勝手が悪かったらしく、途中駅は「利用実績が無い」として年々フェードアウトw
旅客列車自体も、僅か10年ちょっとで廃止されてしまいました。



さて、そんなワケで今は1に2往復程度しか運行されない(笑)臨港線の旅客列車に乗り込みます。



滅多に無い機会なもんで”かぶりつき”どころか座席も満席で、大した写真は撮れてません。
この写真は神栖駅なんですが、まぁ辛うじて貨物駅の構内に居るのが分かるかなーという程度ですね(^-^;

ちなみに、この反対側には「マリンライナーはまなす」こと7000形が、無残な姿で放置されていました。
あれはカネの出所が原ぱt(ry だったりするので、このご時世、所有者の茨城県としても大っぴらに走らせられないんでしょうねぇ…。
とてもバブリーなクルマだけに、ホント勿体無いです。



偶然踏切に引っかかった運ちゃんもビックリ!?

鹿島サッカースタジアム~神栖の所要時間は、往復で40分ほど。
地元の皆さんは「景色が違って見える!」とか「(普段乗れないから)ヘンな感じがするねー」と盛り上がるなか、車掌さんは終始いつものノリで「本日は大洗鹿島線をご利用頂き…」から始まり「次は鹿しm…神栖です」とツッコミどころ満載でしたw





鹿島サッカースタジアムに戻るとKRD64形の姿が。
コキの先頭に付いたと思ったら、すぐに神栖へ向けて出発して行きました。
臨港線は途中に交換設備が無いので、臨時列車を挟むと結構タイトだったりします。



午後は臨港線沿いを歩いてロケハン。
鉢形東という交差点の近くに、よさ気なアングルを見つけたので神栖行きを撮影しました。





そして臨港線といえばココ!
臨時列車のチラシにも使われた、宇宙通信センターのパラボラバックです。
撮影を午後に回したのも、この場所が午後順光だからでしたー。

ちょうど列車が来る前後に、秋の鱗雲がぷかぷか流れてきて影を落として始めたので、嫌ぁーな予感がしたのですが、結果はご覧の通り。
旅客、貨物ともに、見事列車が来るときだけ絶妙なタイミングで晴れてくれました!!



最後に貨物をもう一本撮って〆。

以上の撮影地は列車で行くと駅からかなり歩くのですが、実は今朝乗った高速バスの停留所が近くにあって、東京駅からダイレクトにアクセスできちゃったりします。
辺りは郊外のロードサイド店が並ぶ地域で、買物にも困りません。
こうなると、わざわざ駅へ出る必要もなく、ますます鉄道を利用しなくなってしまいますね…。
鹿島臨海鉄道 | トラックバック:0 | コメント:3
[ 2012/10/24(水) 16:31 ]

マイクロ電子サービス製「Nゲージ踏切キット」を仕込んでみる #1
超久々に模型ネタです。
覚えている方は皆無かと思われますが、随分前にこんな記事を書きました。

地鉄の寺田みたいな”ハの字形”をした私鉄駅を作ろう!と意気込んでいたものの、その後なんやかんやで作業は停滞…。
いや止まるだけなら未だしも、とある展示会でストラクチャの一部を提供(流用とも言うw)したが為に、空き地が増加するという体たらくwww
しかしそんな開発進まぬ我がレイアウトも、今回マイクロ電子サービスさんの製品をレビューすることになり転機(?)が訪れました。



今回使用したのは「Nゲージ踏切キット」です。
このキットをトミーテック製のジオコレなどに組み込むことで、警報機の点滅や踏切音を再現することができます。
マイクロ電子サービスさんはプリント基板を手掛けている会社でして、基本的にはハンダ付けが必要なキットタイプがメインですが、三条のような電子工作が苦手な人向けに、ハンダ付け済の完成品もありますよ!



ひとまず仮組の状態。
この踏切は駅前の幹線道路を横切る規模の大きなもので、電源やスピーカーなどは手前の細長い空き地に設置してみました。
このままでは見てくれが悪いので、ここに目隠しのビルを建てて、中へ忍ばせる予定です。





点灯させると、こんな感じになります。
実物と同じように警報機の点滅と音のズレが再現されている他、何と言っても打鐘式の音色がリアルで堪りません!!

キットをオーダーするときに「JRタイプ電子音」、「電鈴式風」、「私鉄タイプ電子音」の3種類から選べるようになっていて、それぞれ設置するシーンに合わせることができます。





ただ少し光量が強いので、まるで「全方位踏切」みたいになってしまいます(笑)
買ってきたばかりの模型を近付けると、車体がてかてか光るのも気になるところ。
光の漏れをいかに少なくできるか、が完成度を左右しますね。





電車やバスを置いてそれっぽく撮ってますが、まだまだ未塗装のパーツがあったり、小物も揃っていませんので、完成までもう少し時間がかかりそうです。
とりあえず手前のアプローチ部分にも渡り板を敷いて、遮断機を…

あ、この踏切に遮断機は必要ないですね。
読者の皆さんなら三条が何を企んでいるか、お解りになるかと思いますw
鉄道模型 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/22(月) 23:28 ]

消えゆく東京城南地区のドアカット


ここのところ仕事で大井町線を使う機会が多いのですが、車窓を眺めていると戸越公園の”車掌お立ち台”が仮設の台になっていることに気が付きました。
それで、ふと踏切の方へ目をやると…



踏切が閉鎖されてる…!?



戸越公園駅では、この踏切があることでホームが3両分しか確保できず、ドアカットが行われていたのですが…







どうやら踏切自体を約40メートルほど大井町寄りに移設、ホームを延伸してドアカットを解消することになったようで。
ここの場合、二つ先にある大井町の改札口が一番前(1号車寄り)にしか無かったので、1、2号車締め切りの戸越公園との相性がバツグンに悪かったのです。
改札を抜けて1号車に飛び乗ったはいいが、混んでると降りれなくね?というのが最悪のシナリオ(^-^;



そんなワケで「戸越公園の悲劇」を少しでも減らそうと、大井町には注意を促すデカい看板があったりします。
ちなみに、同じ大井町線の九品仏駅でもドアカットが行われていますが、あちらは5両中1両だけなので、今のところ現状維持のままです。


***




そして戸越公園の近場でもう一つ、ドアカットが解消されようとしているのが京急の梅屋敷駅です。
平和島~六郷土手、京急蒲田~大鳥居付近の連続高架化に伴い、既に上り線が高架線へ切り替わっているのですが、今月20日の終電をもって下り線も高架化され、遂にドアカットは過去のものに…。





ここ最近は写真が撮り辛くなってしまったので、工事が本格化する前の写真を。
まだホームが高架で覆われる前の様子です。

梅屋敷ではホームが4両分しか無く、6両編成の場合は浦賀方2両のドアが開きません
この2両分のドアを閉め切るADL(自動戸閉切放装置)というものが車両側に必要で、今でこそ6連には必ず付いているので運用の縛りはありませんが、かつては旧1000形の一部にADLが付いていない6両編成も居ました。
それに4+2や2+2+2という組み合わせも当然ダメで、よく川崎~文庫の間を機織りする普通運用にぶち込まれていたのを思い出します。
そういえば、その普通運用も今は節電ダイヤのドサクサで消(ry



ドアにもホームにも注意書きだらけの東急に対して、ドアカットの案内なんて一切無いのが京急クオリティw

…ちょっと前まではそんな感じだったのですが、さすがに公共の乗り物が玄人向けではマズいので(笑)こんなシールが付きました。
ご丁寧に、上り線が高架になったときは「下り方面」の追加シールまで貼ったのに、今度は一夜にして全て剥がさなければなりませんね。

東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/19(金) 23:58 ]

大鐡SLフェスタ”裏メニュー”を愉しむ #2
大井川の元京阪3000系ですが…





なんと鳩マークが復活していました!!

地鉄に続き、まさか大井川でも鳩マークが見られるとは…。
公式の告知は一切なかったと思うのですが、本家の引退に合わせた連動企画でしょうかね。

しかし出庫する気配が無かったので、とりあえず電機牽引の客レを撮るため沿線へ出ることにしました。





抜里の茶畑カーブへ。
午後はSLのプッシュプルも走るとのことで、まさにアウトカーブは”首尾よく”撮れると、既に30~40人ほどのテツで農道は埋め尽くされていましたが、ここはキャパも広いので何とかなります。

で、暫くすると背後から電車の音が聞こえて来ました。
時刻表に無い列車なので、まさかと思いきや…



鳩飛来!!!

夕方、イベント帰り用(千頭ではSLの撮影会をやっていました)の上り臨時電車が1本走ると時刻表に書いてあったので、もしかしたらと思ったらドンピシャでした!



後追いも…アレ?金谷方は普段通りなんですね。



続いて電機牽引の1002レ…また、ずいぶんと可愛らしい編成ですなぁ(^-^;
もうちょい長さがあるもんだろうと、思いっきし広角で構えてしまいましたよ。
トリミング、トリミング(笑)

次はお待ちかね、1004レSLプッシュプルですが…



ゲリラ豪雨きたぁぁぁぁ…orz

カメラマン一同びしょ濡れwww
5分前から降り出す→ピーク時にプッシュプル通過→5分後に止むとかもうね…SLが雨雲を連れて走っているのではないかと(汗;



そしてSL2本目の102レは、なんとか曇りキープ。
ここ、晴れれば順光なんですけどね。

さて、初めは30~40人ほど集まった同志の皆さんですが、1004レが通過して半分に減り、102レ通過後には見事誰も居なくなってしまいました。
自家用車組は駐車場へ、電車組は後続の普通電車に乗って、すっかり静けさを取り戻した抜里駅。



でも三条は、これを撮るまで帰れませんw



振り返ると鳩が飛び去って…いや、走り去って行きました。

それにしても千頭方だけ復活というのは、何か惜しいですね。
仮に臨時列車へ入れることを想定していたとしたら、ナゼ先頭車側(金谷方)にしなかったのか不思議ですし、やっつけ臭漂う「金谷←→千頭」の行先シールも中途半端な感が拭えず、これなら地鉄の方が…と思ってしまいます。
あともう一工夫!と言っても、鳩マークは地鉄の早いモン勝ちだったり、今や本家も”クラシックタイプ”をやっちゃったので難しいところですが…。
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/17(水) 01:02 ]

大鐡SLフェスタ”裏メニュー”を愉しむ #1
もうかれこれ1週間経ってしまいましたが…
10月7日は大井川鐡道のSLフェスタに参加してきました~。



新金谷に到着すると、早速向かい側ホームにSLの重連!が入線していたので、構内がカオスw
やっぱりSLは人気者ですね。
三条もSLの重連を見たのは初めてで、その迫力に思わずかっけぇーと見惚れてしまったのですが、今日のメインはコイツではないので、ちゃちゃっと撮ったら人混みを掻き分け、駅の裏手へ…



すると居ました居ましたよ、本日の(裏)メイン!側線運行&乗車体験!!
この日の為に千頭から山を下りてきた井川線のちっちゃな客レが、あの新金谷の怪しい側線でお客さんを乗せて走行する!というイベントでして、こちらも2両の客車が満員御礼になるほどの大盛況っぷり…

と言いたいところですが、その割には並んでいません。
まぁ1両当たり20人くらいしか乗れないことを考えると、推して知るべしですw
臨時駐車場から駅へ向かう途中、というポジションだったので目立ってはいたものの、すぐ後ろでSLが煙り上げてスタンバってるもんだから、大半スルーされてしまう感じでした(^-^;



乗り場も、こんな感じで。
自社の敷地へ通じる踏切上に木製の踏み台があるだけで、有効長はドア一つ分しかありません(笑)
1両目のお客さんが降り終えたら、ちょっと停車位置を移動して2両目のお客さんが降りるという案配でしたが、乗るときは「先頭車がいい」というお客さんも居て、結局ホームの無いところからも乗せてしまうというw
もともと小さな井川線にはホームがあって無いような駅が殆どなので、これくらいユルくても平気なのです。



そんなワケで、撮影もまったりと。
この子たちは将来有望だw





陸橋から俯瞰。
こう、本線からひょろっと脇道に逸れる感じが堪らなく好きで、去年の夏に訪れて以来気になっていた場所でした。





そして何と言ってもハイライトは、この大袈裟な踏切www
へろへろの側線に対して妙に立派な設備ですが、滅多に閉まることは無いハズです。
係員さんの動きを観察していると、どうやらこの踏切は手動で操作してるっぽいですし。
たまたま居合わせた風のお婆ちゃんも「列車が通っているのを初めて見た」と言って、物珍しそうに眺めていました。



乗車体験は踏切を渡ってすぐのところまで。
ここから先が廃車体の巣になってたりして面白いのですが、それと同時に軌道がヤバくなるので、これ以上お客さんを乗せて進むのは危険という判断なのかもしれません…。
でも距離にして僅か200m程度では、ちょっと物足りない感じもします。
来年に期待!



井川線を一通り撮り終えたら、今度は車庫見学へ。
去年完成した転車台では「手回し体験」が行われていました。



遠くで並んでいた近鉄特急たち。
並んでいて気付いたのですが、編成によって幌枠の有無で表情が微妙に違うんですね。



こんな怪しい黒貨車が…
名前はCワフ4形と言って、井川線用と本線用の2種類の高さの連結器を持ったアダプターのような代物です。
たぶん側線体験用の車両は自走ではなくて、コイツを挟んで電機で牽引してきたのでしょうね。
写真で見ると遠近法で大きく見えますが、実際は井川線サイズなので、本線車両と並ぶとおもちゃのようですw



奥の方にはE101の姿も。
前回訪れた時は車庫の最奥に放置されていたので、このまま西武から来た電機に置き換えられてしまうのかな…と心配したんですが、整備中のようで何よりです。

…というか西武のカマはどうしたwww



SLの検車場には見学コースが設けられていて、少し高い位置から整備中のSLを眺められるようになっていました。
手押しの転車台といい、工夫を凝らした仕掛けがあって面白いですね。



でもって車庫内をうろうろしていると、C56がSL第2便に備えて動き始めました…。
が、三条的にサプライズだったのはSLではなくその後ろ!!!


※写真文章ごっそり抜けたままアップしていました、スイマセン…。
10/15追記済みですm(_ _)m

東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/14(日) 22:55 ]

一日限りの”真”クラシックスタイル!


東急池上線開業90周年を記念した特別列車。
事前告知されていた「当日限りの特別装飾」の正体は、前面窓のグレーゴム化や方向幕化、そして車番の復元まで!出来る限りのこだわりを尽くした真のクラシックスタイルでした!!
まさに、あのときの妄想が正夢にw



特別列車は雪が谷を起終点に、五反田~蒲田間を合計2往復しました。
午前中、明治公園の戦いが予想以上に長引いたので、雪が谷→五反田の出庫回送に何とか間に合った次第です。 正直、朝から並んで12時超えるとは思わなんだ…恐るべし京阪。



側面には「日比谷線直通」を模した記念サボも。



やっぱり東急電車はシンプル過ぎるくらいがちょうどいいですね。
このあっさりしたフォントが堪らん。





今や伝説のリバイバル8000のときと同じく、今回も列車ごとにヘッドマークの有無や運番表示にバリエーションがあり、東急さん相変わらず芸が細かい!
告知では内容を”ぼかして”いたのに、それでも沿線は今までに見たことも無いような賑わいっぷりで、とにかく撮影地選びに苦労しました…(特に雪が谷~石川台は修羅場w)
なるべくキャパの広い場所で、かつ先手を打とうと1本見送ってみたりしたので、黒地幕や急行灯点灯バージョンを撮り逃したのは心残りだったりするのですが、区間によっても装飾が違ったそうで、いずれにせよ一人でコンプリートするのは不可能だったようです(^-^;



このあと久々に会ったmnさんと、雪が谷駅前のバー○ヤンへ遅めの昼食を食べに行ったんですが、すると隣の席に何やら見覚えのある買い物袋が…
みなさん考えることは同じですね(笑)

東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/09(火) 23:08 ]

東横線のメトロ車先行営業まとめ


ある程度撮り溜めたので、そろそろアップしようかなと思います。







地上の渋谷駅に現れた万系!

今回の先行営業で一番のハイライトと言えば、これでしょう!!
この乗り場にメトロ車が入線したのは初…と言いたいところですが、そういえば日比谷線直通が途中で打ち切りになったときの”逃げ場”として、何度か03系が来たことがありますね(^-^;



その日比直も副都心線直通と引き替えに廃止されてしまうので、こんな並びが見られるのも今だけ。
この画が撮りたくて、どっかで日比直と並ばないかなぁー…と、久々に東横線の時刻表と睨めっこしましたw



そしてそして…
先月28日から”自宅”へ戻った10000系と入れ替わりで営業運転を始めたのがメトロ7000系!!
ホントこの組み合わせは、将来東横線へ直通することを見越して生まれてきた万系よりも衝撃的です。
もし7000系デビュー当時に「コイツは将来、みなとみらい線の元町中華街まで乗り入れるんだ」と言っても、誰にも信じてもらえなかったでしょう。
その頃の横浜には、みなとみらいの”み”の字も無かったワケですから…むしろ中華街へは関内から市営地下鉄が伸びてくると(ry





渋谷付近で沿線撮りしてみました。
いつもは新木場で顔を合わせる埼京線も、思い掛けない場所で出会ってビックリ!?



東急8000系以来の詰め込みっぷりwww
車内では扇風機が回っていたりと、東横民にとっては懐かしいアイテムが盛りだくさんですね。



ホーム延伸工事中の菊名駅と、



副都心線直通前に東横から撤退すると言われている9000系と。

どうせ、あと半年もすれば嫌というほど見られるだろう!
という沿線民の余裕(笑)から形式写真など後回しにして、過渡期の様子だということが分かるような撮り方を心掛けてみましたw


***




最後に、元住吉車庫で佇む西武と東急たちで〆
こう、直通開始前夜的なイメージを狙…

ったワケではなくて、ただ単に昼間の西武試運転が未だに撮れていないと言うだけですorz
用事があるときに限ってすれ違ったりします(-_-;
西武&東武組は10連のままなので、きっと営業入りは来年までお預けになるでしょうね…。

どうでもいいですが、この辺りは夕方から夜にかけて焼き肉臭が半端無いので、撮影のさいには注意が必要です。
仕事帰りで空腹の身にはまさに拷問レベルですよ!
東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/06(土) 00:14 ]


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ