>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

1000形の為に行ったといっても過言ではない。
毎年恒例の京急ファミリー鉄道フェスタへ行ってきました~。
このイベント、梅雨入りするかしないかという瀬戸際の時期にやるので、天気が悪いのも毎年恒例なんですが、今回は台風接近という最悪のコンディションにつき…(汗;
ぎりぎりまで参加するか悩みましたが、やっぱり1000形を拝みたい。公式pageには「雨天決行、荒天中止」とだけで、どうやら予定通り行う様子…京急さん、台風は荒天ちゃうんですかwww



会いたかったぞ1000形ー!!

引退してから、かれこれ1年ですよ。こうして営業用のクルマと分け隔たりなく、ごく当たり前のように並んでいる姿を見ると、ますます本線から居なくなったのがウソみたい。



デビューしたばかりの1301編成と並んでいました。
いつの間にか、新1000も300番の大台に達したんですね…もうじき1351に追いつくなぁ。

それにしても1000形、せっかくの快特表示なのに急行灯が…と思ったら、コイツだけ通電していませんでした。思えば掃除機音もしてないwww
伺った話では「節電の為」だそうですが、他のクルマはちゃんと電源が入っているところを見ると、ひょっとすると静態保存(電気系統は撤去済み?)なのかもしれません…。



向かって左側は、若者の皆さん。今年の主役ゾーンは2本とも銀1000!



撮影コーナーの一番右端には、さりげなく先日引退した801編成の姿が…!!
それも「急行 新逗子」表示とは、粋な計らいですね。エアポート急行ではなくて、純粋な無印のD急行!この頃の800が一番輝いていたように思います。゜。゜(ノД`)゜。゜。



毎度お馴染み、方向幕実演コーナーにも800形が抜擢されましたwww



そして、てっかてかの2000形も!
今や800が運用を離脱する時代、2000も充分”古豪”の部類に…こうして全検明けの姿を見ると安心しますね。



…終わり。

去年なんか記事2回に分けたというのに、何この温度差ハンパ無いwww
今年は主工場の公開も無かったので、ちょっと寂しい感じが否めなかったですね。天気が天気なので、人出も例年より少なめ。いや、去年が多過ぎたのか(笑)
そういえば某社への譲渡車両が居る!?というウワサも耳にしましたが、それらしきクルマは見付けることができず、他のサイトさんを徘徊しても目撃情報が上がって来ないので、上手いこと隠してあったみたいです(^-^;



閉場後、定位置に戻るデト君。
1000形の入換えをホンのちょっとだけ期待したんですが、まぁパン下げで展示してあるぐらいだから、動くハズがないですよね…。
このあと滝のような雨が降ってきたので、深追いせずに引き上げました(が、若干手遅れだった感も…北久里浜駅まで歩いて、ずぶ濡れに;)
スポンサーサイト
京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/30(月) 16:50 ]

大多喜駅前のキュービックバス
キハ52に乗って北陸へ!?の続き…というかオマケです。

いすみ鉄道ではGW中の2日間限定で、キハ52とボンネットバスを並走させて昭和の風景を再現するイベントが行われました。しかし、こうしたお祭りには混雑がつきもの。せっかくだからキハ52をじっくり味わいたいよね、というワケでイベントの日を外して訪れたところ…
ボンネットバスほど古くはないものの、なかなか年季の入ったいすゞキュービックが大多喜駅前に停まっていました。



見慣れないカラーリングに、HMCトーキョー…??聞いたことない会社だなぁ…。
「大多喜行」ということは、ちょうど終点に到着したところでしょうか。



幕が回って「茂原行」に…




あれ?こんどは「長南行」になったぞ!




いや、やっぱり「御宿高校行」か…




し、新宿行き!?

…アクアラインでも経由するのかと思ったら、 これは”にいじゅく”と読むんだそうで。



実は、運転手さんがカメラを構えている私たちに気付いて、手回し式の方向幕を一回転して下さったんですね!本当は「茂原行」ですvv
運転手さん曰く「もうじき青バスが動き始めるから、コイツは無くなるよ」とのこと…。

このHMC東京という会社、千葉の路線バスなのに東京と名乗るなんて、なんだかディズ○ーランドみたいですがwww メインは東京の葛西を拠点とした観光バス事業で、今年の3月31日まで都自動車(これも東京の会社だったり…^-^;)が運行していた茂原、大多喜地区の路線バスをHMC東京が継承したんだそうです。
どうやら”青バス”というのは、この移管を機に新しく入った青い車体をしたワンステップバスのことで、都自動車から引き継いだ年式の高いキュービックバスは、今月末までに全て新型へ置き換えられてしまうんだとか。確かに今の赤いバスは、側面に書かれたHMC東京の社名がシールですし、前面はMIYAKOのロゴが付いたまま…。思いがけず過渡期の貴重な姿に出会えた、というワケです。
ちなみに青バスの方向幕は、当然のようにLED。もう、こんな光景が見られなくなると思うと寂しいですね…。

最後に、こんな物好きに(笑)ファンサービスして下さった運転手さん、ありがとうございました!!



それにしても今回のHMC東京といい、以前訪れた日東交通といい…房総半島のバス会社は、どこものんびりとしていて魅力的ですね。
写真は2006年の夏に東金駅前で見かけた九十九里鉄道の6E。かれこれ5年も前のことですが、今も元気にしているでしょうか…。

バス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/23(月) 21:34 ]

台湾で鉄路迷! #13 ~烏樹林のSL列車~


ちょっと間があいてしまいましたが、台湾で鉄路迷!シリーズ、今回は烏樹林製糖の乗り鉄編。SLに乗っちゃいます。



どこの国でもSLは人気者!
土日は9:30~16:30までの間、毎時1本走っている観光列車のうち、10:30発のみSLで運行されています。窓口で「”蒸汽火車”に乗りたい」という旨を伝えて切符を買ったんですが、どうやら切符に列車の指定は無く、SLでもDLでも100元(約300円)のようです。
DL牽引に比べて人気の高いSLは、この日もほぼ満員。混雑しそうな場合は、早めに行った方が良いかもしれません。もし満員になった場合は続行便を出すこともあるようですが、SLは一台しかないので必然的にDL牽引になってしまうのでご注意を(汗;



烏樹林の駅長さんが出てきて、出発進行!

…した直後に緊急停止!!
駅を出てすぐの踏切で止まってしまいました。まさかの事故か!?と思いきや、なんとここへ来る予定だったツアーバスが渋滞で遅れていたようで、踏切へ横付けしたバスから団体さん御一行が「ふぅー間に合った、間に合った…」とばかり、わらわらとSLに乗ってくるという…いや全っ然、間に合ってないからwww
烏樹林は不便なところにあるので、ツアーで来るのが一般的なようですが…(^-^;



さて。気を取り直して、もう一度…出発進行!!



烏樹林で一番のハイライト区間はココ。幹線道路と交差する前後の区間、数100メートルが併用軌道のようになっています。SLが路面をゴロゴロと走る姿は圧巻!



幹線道路を横断中~。
線路と直角に交わる側の道路には遮断機も付いているので、巨大な踏切(?)という扱いなのかもしれません。



30分ほど走って、終点の新頂ヒ(土へんに卑)駅に到着。
まわりは何もないところなんですが、列車で来るお客さんのために駅ナカの屋台村が!



折り返しの時間は屋台で暇潰してねー、というシステムらしい。ほんと、台湾の屋台好きは異常(笑)
ちょっとランチには早いですが、三条も軽食を…

買おうとして、ふと気付く。ここが終点ということは、





機回し作業があるので、テツは呑気にメシを食っている暇も無いというwww

ところで、この観光列車。初めは1列車でやり繰りしてるのかなーと思ったんですが、新頂ヒ→烏樹林は(アクシデントにより数分遅延しましたが^-^;)約30分、折り返しに約10分ほどかかっている…ということは、このままのペースで帰ると、どんなに頑張っても1時間ヘッドの運行は出来ません。しかも新頂ヒまでは基本的に単線、途中に信号所のような設備をいくつか見付けましたが、一度も列車とすれ違っていない…。
ヘンだなー…9:30発の列車はドコへ行った!?と思っていたら、復路でナゾが解けました。帰りは併用軌道のところまで往路と同じ区間を走りますが、



途中から別のルートへ分岐!
烏樹林側は機回しの手間を省くため、大きなループ線になっているんですね。ちょうどユーカリが丘線みたいな感じvv



往路と、ちょっと違った車窓が眺められますね。



烏樹林へ戻ってきましたー。
降車ホームは乗り場からずいぶん離れたところにあって、博物館や美術館みたく、帰りにお土産屋さんを経由するようになっています。商売熱心だなぁvv
お客さんを降ろし終えた列車は、また最初の乗り場まで回送されて行きました。





降車ホームの近くには台枠だけのトロッコ数台と、キハの廃車体が2両転がっていました。
勝利號と同型と思しき一段降下窓タイプに、日車標準型のようなバス窓のキハ…なんだか日本の地方私鉄を見ているようですねvv
台湾 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/21(土) 20:14 ]

流鉄、全列車ワンマンへ。


先日、流鉄で最後の3連、ツーマン車だった「若葉」号が引退しました。
2007年11月に「流馬」号が、2009年4月に「明星」号が、そして2010年8月に「流星」号が消え…じわーじわーと進められてきた流鉄の”減量作戦”。もうTXが出来て、2連の新101が投入された時点で、遅かれ早かれ全列車2連化、ワンマン化は行われるだろうというのは明らかだったワケですが…。
遂に来る時が来たな、という感じ。



この日は午前中に用事があって、行っても2~3ヤマ程度しか撮れないし、どーしようかなー…迷う気持ちもあったんですが、ちゃんと前日のうちにカメラの充電を済ませていたりするので、ここは本能の赴くまま出掛けることに(笑)
時間が惜しいので、新松戸駅から程近い幸谷~小金城趾に絞って撮影しました。



もう1運用は、新101系の「流星」号でした。
流山に渡った新101は初めて見たので、どうもブラックフェイスに違和感が…(^-^;



毎度お馴染み、最後の1ヤマは特別仕様にてvv
種別プレートに西武風デザインをした「若葉 最終」の表示がありました。



最後の流山行きは、小金城趾から乗り鉄で〆





流鉄としては最後まで残った3連、ツーマン車というところが目立つ「若葉」号ですが…実は西武旧101系最後の1編成だったりもします。
え?じゃあ同じ流鉄の「なの花」号や三岐、上信とかを走ってるアレは何なの!?というと、ヤツらは元701や801系なんだそうで。”この顔”をしたクルマは地方各地で活躍していますが、101系ではないんですね。既に本家からも多摩川線を最後に消えてしまったので、コイツが唯一現役の旧101系でした。
…どうもこの頃の西武車は、形式が違っても姿かたち瓜二つなので、西武に疎い三条は同じに見えてしまうんですが(笑)



異様な熱気に包まれたホームから、さっさとラッチ外へ…。外は至って平和です(^-^;
しばらく切り通しの上で入換えを待っていると、ホームのただならぬ光景を見て(笑)買い物帰りと思しきおばちゃんから「何かあるんですか!?」と尋ねてきました。流山の皆さんは和やかな方が多くって、以前も流鉄の沿線で撮影していると「さっき流馬号が走ってったよー」という風に、地元の方が声を掛けてくださったりしたんですが、驚くのは流鉄の電車を”名前”で呼ぶ習慣があること。今回も「緑の電車が今日で最後なんですよ…」というと「あぁ!若葉ね」という返事が返ってきました。ちょっとしたことなんですが、流鉄は愛されてるなぁーとvv
これは例えどんなに速くて便利だったとしても、TXでは絶対に真似できないだろうな…なんて思いますね。セントラルパークとか横文字の名前付けちゃったりして、なんだか田んぼに突如現れたショッピングセンターみたい。





明星のときは、すぐに側線へと引き上げてサプライズの撮影会が行われましたが…
今回は1時間ほどホームで待機した後、そそくさと入換えて車庫の中へ入ってしまいました。



この日、「若葉」が入庫した代わりに動き出したのは「なの花」でした。
左から「なの花」号、「青空」号と、引退した「若葉」号、その隣に「流馬」号。稼働中なので、この場に居ない「流星」号を併せると、流鉄に在籍する全てのクルマが揃うことになります。
3連4本、2連2本の計18両だったものが、わずか5年足らずで2連4本の計8両、半分以下に…ずいぶん切り詰めたなぁーと思う反面、この5年間で大してダイヤは変わっていないワケで、これまでが過剰だったという感じもします。



車掌さんが居なくなる…ということは、これの出番も今日限り!
穴をあけながら「余程のことがない限り、もう売らないでしょうね」と仰っていました…。
流鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/19(木) 21:06 ]

キハ52に乗って北陸へ!? #2


大多喜から隣の城見ヶ丘へ。雨も止んだので、午後の一ヤマは沿線で撮りに徹します。
ここ、大多喜城が見える…には見えるポイントなんですが、絡めて撮ると余計な建物が入って煩くなるので、望遠でカットしてしまいました。やっぱり大多喜~小谷松のがいいなぁ。大多喜より向こう側なので、普段は入線しないのが残念(汗;



ついでにレールバス。助手席には、さりげなくスナフキンのぬいぐるみがwww
キハ52に比べると目立たないクルマですが、このタイプのレールバスも他所では置き換えが進んで、あまり見かけなくなりましたね。



折り返しは上総中川へ。
午後便のヘッドマークは、大原方が”準急 清澄”大多喜方が”急行 夷隅”になっていました。どっちやねん!とツッコミたくなりますが、社長さんのブログには「末期の準急は100km程度の距離を走る列車で、料金も急行と同じだった」というフォローが…。でもって、いすみ鉄道の急行券をよーく見ると、急行の他に「準急行列車1回に限り有効」の文字も書かれています。
遊んでいるようで、しっかりとした裏付け設定があって…面白すぎるぞ、いすみ鉄道!!

***

さてキハ52を見ていると、あちらの電車が恋しくなったので…ちょっくら北陸へ行って来たんですわ。



まずは、高岡から出ている万葉線へ。
おぉ!これは、かつての加越能鉄道カラーですな。いま流行りのリバイバルカラーが高岡にも…!?



レアな片原町行きwww
高岡駅前の次…でしたが、最近は新しく「末広町」電停が出来て、2つ先になったんですね。



隣の北陸鉄道石川線にも行ってきましたー。いまは準急も加賀一の宮も無くなって寂しくなりましたね。

…あれ?奥の黄色い車両は、どこかで見覚えが!?






というワケで、そろそろネタばらしすると…これ、全部夷隅で撮った写真でしたーwww
上総中川から徒歩30分ほど。今年5月に開業したばかりの「ポッポの丘」という観光牧場に、その名の通り丘の上へ電車がドーンと置かれています。



車内は、夷隅でとれた野菜や卵、いすみ鉄道グッズの販売所になっています。



ポッポの丘へやってきた車両は、北陸鉄道石川線のモハ3752号と、万葉線のデ7052、そして地元いすみ鉄道のいすみ207号の計3両。偶然にもリトル北陸と化した夷隅www
お店の方へ話を伺ったところ、まだまだスペースがあるのでもう1両は増備したい、とのこと。



いすみと北鉄は車内で行き来が出来ます。出身も動力も違うクルマ同士、よく繋げたなぁ(笑)



この日は生憎の天気で人影もまばら…でしたが、まだまだ出来たばかりの観光スポットということで、これからが楽しみですねvv
いすみ鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/17(火) 20:44 ]

紅い電機、現る。
※多忙につき、写真だけ貼っつけて逃げます。




































先日、塗り替えが発表された秩父鉄道のデキ103号。何色になるのか秘密のベールに包まれたままでしたが、蓋を開けてみたら、こんななって出てきました。
見事に真っ赤です。
これは何かのリバイバル…ではなくて、オリジナルだそうで。なんだか岳南の電機みたい。

それにしても、秩父のイベントは毎回ド派手!マルタイが動いたり、スイッチャーが電車を牽引したり…もはや閉場後がメインですよねwww

秩父鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/14(土) 22:43 ]

キハ52に乗って北陸へ!? #1
上信のデキに続き、GWテツ第二弾は…こちら!



いすみ鉄道!!

去年の暮れに衝撃の転属が実現したキハ52-125。いよいよ、このGWから営業運転を開始したので、中学時代からの鉄仲間M君(一緒にテツするのは銚電以来ですね、ご無沙汰でした~)とA君の3人で夷隅へ行ってきましたー。



ぴかぴかに磨き上げられたキハ52!!
搬入当初は、ところどころ錆びが浮いていたりして疲れが見えていましたが…
整備前に行われた、撮影会のときの彼と見比べてみてください。方向幕の撤去やHゴムの灰色化、台車、スノープラウの色などなど…ただ塗り替えました!ではなくて、ちゃんとマニア心をとらえているところが素晴らしいです。



でもって車内は…あれ?ガラガラwww
走り始めた頃はずいぶん混んでいたようですが、GW中は毎日走っていること、特にスペシャルイベントも無いこと(4、5日は、国吉駅でボンネットバスやオート三輪とキハ52を共演させたりしていました)そして、これは偶然なんですが天気が悪いことも手伝って、この日なら多少は空いているだろう…という読みが見事的中!
一応、念のため急行券が発売される発車1時間前までに大原へ着くようにしましたが、列に並ぶこともなく、いともあっさり買えてしまって逆に拍子抜けです(^-^;
いすみ鉄道さんの社長ブログによると、この日は特に空いていたそうで…乗り鉄するには、大当たりの日でした。



頼れる奴

国鉄の文字が輝く中つり広告!これは社長さんのコレクションなんだとか。他にも特急白根号やソニーのブラウン管テレビの広告も…こういう細かい演出がグっときますね。



一方、車内の路線図や運賃表は大糸線時代のまま!
”1号車”のステッカーも、大糸線で3連のラストランをやったときのヤツでしょうかvv
まだ置き換えが発表される前、ちょうど今回のメンバーで大糸線のキハ52へ乗りに行ったことがあるので、思い出話に花が咲きます。



一日乗車券&急行券。
キハ52に乗車すると、記念ポストカードと冊子も貰えます。



上総東で上りのレールバスと交換~。
一応、ここが最初の停車駅ということになっていますが、通過扱いの駅も安全確認のために一旦停車するので、所要時間は普通と大して変わらない…というか、



国吉でも運転停車があるので、むしろ急行のが遅かったり(笑)
長閑な急行列車ですvv

ただどんなにゆっくり走っても、大多喜までの距離はそう大したことないので…あっという間に終点に着いてしまいました。



大多喜到着後は、すぐに車庫へ…。



…おや?



おぉー。



何が出るかな、何が出るかな、



準急 清澄!!

かつて外房線を走っていた臨時準急だそうですが…スイマセン、三条の世代だと元ネタが分からないので、つい準急 清澄白河とか言ってみたくなりますwww



以前、大多喜へ訪れたときに立ち寄った駅前食堂「番所」。今回もお邪魔してみたら…なんと!店内にキハ52の写真とナンバープレートが追加されていましたーvv
古いけれど新入りのキハ52、こうして地域に馴染んで行くと良いですね。

いすみ鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/13(金) 21:20 ]

復興を支える小さな貨物線。
あれから、今日で2ヶ月…。
東京で暮らしていると一時期の自粛ムードは少しづつ収まり、スーパーの品物も揃うようになって、だいぶ元の生活が戻りつつありますが。それでも節電対策で消えたネオンや、止まったままのエスカレーターを見ると、あの日を境に変わってしまったなぁ…と感じてしまいます。

さてGW前には東北新幹線も全線復旧して、念願の青森~鹿児島縦断ルートは49日遅れで(開通の一日前だったんですよね…)完成へと漕ぎ付けましたが。
そんな被災地の鉄道復興に向けて、自らも被災した身であるにも関わらず健気に、そして力強く物資を運んでいる小さな貨物線が東京にあります。



江東区を縦断する越中島貨物線!
すでに貨物輸送は行われておらず、とても地味ぃ~な路線なんですが…越中島貨物駅に併設された東京レールセンターから新しいレールを運ぶ、という重要な役割を持っています。地震で使用不能となった分の新しいレールを、ここから供給しているというワケです。

本数は平日に一日3往復。震災直後は土日も休まず運転されていたそうですが、ここ最近は落ち着いてきたようで、輸送量によって運休もあるようです。
三条が訪れた日も、昼間の1往復はウヤでした…(汗;



敷き直されたバラストと、傾いたフェンス。倒れたのか、電柱を切断したあとも…。沿線は液状化現象が激しかった地域で、地震の爪痕が至るところに残っています。
一日たった3往復だけの路線ですが、真っ先に復旧作業が行われたところをみると、ここがいかに重要な設備であるか、ということが分かりますね。

…ちょうど貨物が通過した直後に雨がパラついてきたので、これの返しは諦めてそそくさと切り上げました。

***





写真2枚だけでは寂しいので…おまけです。
ネットでインドネシアへ渡った05系の劇的ビフォーアフターを見て(笑)そういえば東西線って、5000系が消えて以来まともに記録してなかったなぁーということに気付き…帰り掛け、南砂町から西葛西へ寄り道してきました。
ところが、いつの間にか超ワイドドアの15000が大増殖していて…小一時間撮って、現れた05系チョッパ車はたったの1本だけでした(汗;
初期のVVVF車ですら殆ど見かけないという…。
JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/11(水) 19:54 ]

デキ復活! #2
折り返しは千平の撮影地へ…。
千平は下仁田から一駅、ちょうど良い時間に電車がなかったので、歩いて行けないかな…なんて考えたんですが、ここだけ駅間距離が異様に長く、素直に電車で向かいます(笑)



山のなかの小さな信号所。
平坦な区間が多い上信電鉄ですが、この付近だけは車窓がガラっと変わります。



千平駅前から。
高架ではないんですが、レールが少し高い位置にあって、集落の合間をすり抜けるようなロケーションになっています。デキを撮るなら、ここも風情があって良いですね。
高崎行きだと後追いになってしまうんで、またの機会に…。



千平駅から徒歩5分ほど、鏑川に架かる橋から撮影しました。
ここも有名なポイントなので既に大勢の同業者さんがスタンバイしていたんですが、そのなかに同じく撮影に来ていた車長さんと偶然遭遇!このあとは電車で追っかける予定でしたが、撮影地までクルマに乗せて頂きました~。



2発目は南高崎~根小屋のカーブです。
本番の前に、自社発注の1000系がやってきました。軽快な1枚窓にバンパーを持つ独特のデザイン!もともと上信は自社発注車の導入に積極的でしたが、なかでもコイツは革命児ですよね~。ローレル賞受賞も頷けます。



暫くしてデキがやってきました~。
2両目のデキ、車内からカメラを構えている方が写っていますが…なんと今回のイベント列車、走行中のデキに乗れる!というサプライズ企画だったんですね。2~3駅交代で、デキに”試乗”できたそうです。次位とは言え、営業線上を走る機関車に乗れるって凄くないですか…(^-^; 
今回は撮りにまわってしまったんですが、機会があったら乗ってみたいですね。



せっかく根小屋まで来たので、車長さんと別れて、有名な木の橋へ行ってみました。
大阪の赤川仮橋みたいで、味がありますねー。デキと絡めて撮れたら最高なんですが…デキが来るときは、この橋の上にもテツがたくさん集まるので、なかなかこういう長閑な絵は撮れません(^-^;

このときはデキが通過した後だったので、嵐は去っていましたが…三条の他にもう一人、この橋の上で撮影されている方が居ました。どうやらデキの時刻を勘違いしていたらしく、通過したあとに着いてしまったんだとか…(汗;
ただ地元の方だそうで、またイベントで走れば気軽に撮影できますね。今日の午前は一ノ宮で撮って来たんですよ。ここの撮影ポイントなんてどうでしょう?…なんて情報交換をしつつ、小一時間ご一緒させて頂いたところ、「ウチの近くに良い撮影地がある」と、山名駅付近の撮影地までクルマで送って頂きました~。
なんだか、この日はいろんな方のクルマに居候させてもらってますねvv
ありがたいです。



というワケで山名の撮影地まで来ました。ちょうどド順光!!
サファリパーク号のシマウマ柄が映えます。



続いてデハ252+クハ1301。
この250系というのも、視野が広くなるように前面の窓が斜めになっていたりして、なかなか斬新なクルマなんですが。いかんせん広告が…なぁ(汗;
上信電鉄のお財布事情を考えるとゼイタクは言えませんが…1000系にしろ250系にしろ、もともとのデザインが良過ぎるので残念ですね。



根小屋で出会った方と別れを告げて、山名駅まで戻りました。

***




オマケに、ちょっと前の写真もひっぱり出してみました。
10年前は、こんな顔をした200系も居たんですねー。なんだか静鉄っぽいwww
超絶地味な印象の200系ですが(笑)前期形と後期形で形態が全く違ったり、両運転台へ改造するときに東武の顔を接合したり…実は、半端無くバリエーション豊かなんですよ。特に、前期形の一段降下窓と水切りを持つスタイルは、三条的に物凄くツボですvv
ただ今も残っているのはデハ203号たったの1両のみ。残念ながら前期形で揃った編成は、もう見られません…。



デハ203+デハ205の強力2M編成!
唯一の前期型デハ203は予備車なので、なかなか走っている姿を見かけないんですよね…。



150系の第一編成。撮影当時(2009年)はオリジナル塗装でしたが、今回確認したところコイツにも広告が入っていましたorz

上信電鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/10(火) 23:26 ]

デキ復活! #1
4年前の脱線事故以来、老朽化や資金不足がたたって車庫から出られなかった上信電鉄のデキ。
静態保存のような状態が続いていましたが、めでたく自治体から費用が下りて再度整備が行われ、ついに復活しましたー!
ここ最近、お隣の上毛では東急からカラスが転属してきたりして、群馬の私鉄は電気機関車がアツイですねvv



久々に訪れた上信電鉄。以前ならJRとラッチ内でつながっていたのですが、今ではフェンスが出来てしまって一旦駅舎を経由しないと乗り換えが出来なくなっていました。もともとJRの駅舎から離れた位置にあるので、モノ凄く遠い…(汗;
でもって上信電鉄のホームへ入ると、イベントだというのに人影がまばら…おかしいな、と思ったら「デキは本社前から出るよ」と駅員さん。マジですかorz
二度手間になってしまいましたが、なんとか駅南側の上信電鉄本社へ辿り着くと、まずは予備車のデハ203が出迎えてくれました。



上信の車庫へお邪魔したのは今回が初。
例によって地方私鉄らしいニオイがぷんぷんしますが、ところどころ手作りと思しき看板や装飾が施されていて、上信のセンスを感じます。





そして本日のメインは、こちら~。見事に復活したデキ!!



三条は乗車組ではないので、さくっと見学を終わらせたら一本前の電車で沿線へ向かいます。



上信電鉄は線路の南側に架線柱が立っている区間が殆どで、かなりの”撮り鉄泣かせ”。今日みたいに天気が良いと、撮影場所が限られてしまいます…。
有名どころの根小屋付近はテツだらけだったので、人気の少ない上州一ノ宮へ。



ど、どーんと。
編成はデキ3+デキ1+デハ205+クハ304。最後尾なので広角で撮ると目立たないんですが、ゼイタクを言うとクハ304は広告のないクルマが良かったかなーと…。まぁ無地の300系は居ないんですけどね(^-^;



下仁田に到着したデキ。
ここで機回しが行われるんですが…



これも4年ぶりのことなので、上信電鉄の皆さんで確認しながら…という感じ。のんびりしています。



一旦デキを側線へ入れて…



デハ205+クハ304がホームへ移動。
客車と違って、牽引しているクルマも自走できるので便利ですwww



先頭にデキを繋いで…準備完了!



こうして眺めると、紫帯の入ったデハ205もカッコイイですね~。
去年9月のイベントでリバイバルカラー化、お披露目走行(貨客混合!)が行われたんですが、三条は行けず仕舞いだったので、この姿のデハ205を見たのは今回が初。



元西武新101系から見たデハ205。200系グループのうち、後期形の側面は西武のクルマと瓜二つです。この地味ーなデザインが物凄く好きなんですが、いかんせん冷房が無いので稼働率は低くく、なかなか普段は走行シーンを拝めなかったり…。
いま暫くはデキ熱が冷めないでしょうが、いずれは電車だけの臨時列車も走らせて欲しいですね。定期列車をコイツで走らせば、多少の節電にもなるのではwww

上信電鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/08(日) 17:50 ]

相鉄の節電ダイヤを観察する。
先週の木曜、修理に出していたカメラが無事に返ってきました。
問題だったピントの不自然なズレは直り、ズーミングもスムーズに!なんだか、自転車に油を差したあとのような感じです。買った当初はこんなだったんですね…。
なんにしても、ぎりぎりGWまでに間に合って良かったな、と(^-^;

というワケで。まずは、カメラを預けていたが為にパソコンへupできなかった、4月21日の収穫から…



相鉄では予てからの電力不足により、日中の快速をまるまる運休させて、各停大和行きを湘南台へ回す超減量ダイヤとする反面、ラッシュ時は据え置きとすることで、一日平均9割の運転本数を確保しています。
この副産物で、ほぼ平常ダイヤの朝ラッシュから節電ダイヤへと移行する9時台に8連の快速が出現!あわよくば唯1本だけの7000系10連(7005編成)も、朝ラッシュなら出て来てくれるんじゃないだろうか…と目論んで、朝の相鉄へ出かけてみました。



上星川の横浜方でスタンバイ。駅撮りでアウトカーブというと鶴ヶ峰が有名ですが、上星川なら8連であれば尻切れにならず、編成全体がピッタリ収まります。
まずは7000の青各停。



次の各停も7000。ラッシュ時は稼働率が高いですね~。
あれ?でも編成が収まりきってないぞ。同じ位置で止めたのに…

って、コイツ10連!しかも所定8連の代走!?

まさか、初っ端7005が現れるとは…。優等運用を期待していたので、少し残念な感じも拭えないですが、これはこれでレアなのでヨシとしましょう。
とりあえず終日運用に入っていることが判明したので、追いかけずに8連快速を待ちます。



8連快速1本目…うわー一番残念なの来たorz
全部で2運用3本あるので、もう1運用に賭けです。



次の8連快速は横浜行きなので、下り方へ移動。
暫くすると、菱形パンタで揃った7709編成がやってきました。美しい編成なのですが、まだ新しいアンテナが取り付けられていないので先行き不安…。



でもって期待の8連快速2本目は…大当たりー!!!
しかも前4両は検査明けのようで、足回りもパンタもピッカピカ!



10連代走も帰ってきました~。



季節モノと絡めて。

星川駅周辺の高架化工事が、ちょっと見ないうちに随分と進んでいたので、沿線を歩いて記録してみました。



帷子小学校前の踏切から。この辺りは既に仮線へ切り替えられていて、天王町駅を出てすぐに不自然なS字カーブが出来ています。
地上線の記録はもちろんですが、旧塗装と新アンテナの組み合わせも、後々レアになるかもしれません。





もういっちょ10連代走。
7005は7000系唯一の10連というところが一番目立ちますが、実は先頭がモーター車なのもコイツだけ。先頭車に設置された菱形パンタも凛々しいですね!



ぴかぴかの7707も帰ってきました。
広角レンズのピントが合わないので、MFで無理やり撮った一枚www



星川駅は、こんななっていました。

ここの他にも、西谷では連絡線用の土地を捻出するために待避線が潰されていたり、瀬谷では2面4線化が行われていたりと、あちこちで工事している相鉄。都心直通なんてまだまだ先のこと…なんて思っていましたが、着々と準備が進んでいるようです。
相鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/06(金) 23:47 ]


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ