> 私鉄屋雑記帳 2011年02月
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



雪上を行く田園都市線
ここのところ寒い日が続く関東地方。昨日の晩から、またも雪が降りました!!
それも先週金曜日のようなミゾレ混じりではなくて、かなりしっかりとした雪。今朝は都心でも、ずいぶん積ったようです。
毎度のことながら、雪の日はテンション上がりますね。昨日の帰りに乗ったバスは、チェーンを巻かずに走ったが為に坂道で立ち往生…というアクシデントもあったりしましたが。ゴメンなさい、その状況すらちょっと楽しんじゃってたりする三条です(笑)

今日もカメラを持って出かけて来ました~vv



まずは地元のグリーンラインから。ほぼ毎日乗っているものの、なかなか撮る機会が無いのでwww
昼間は本数の少ないグリーンラインも(もうこれ以上、減便しないでくれよ~orz)、朝ラッシュ時なら効率よく撮れますね。

何カットか撮った後は…田園都市線へ向かうことにしました。
これが去年ならば、迷わず京急1000形を撮りに大師線へ!ってなったのだけれど…いやモチロン、赤い車体は雪に映えるから、何も1000形にこだわる必要はないんですが(^-^;
京急や東横線は、過去に充分撮り溜めた感があるので、これまでで雪とのコラボを撮っていない路線…ということで、今回は田都に白羽の矢が立ちました。置き換え計画の遅れから大量に居座っている8500たちも、東横線関連が一段落すれば遅かれ早かれ再開するハズですし。
記録するなら今が旬!

というワケで、長津田でハマ線を降りると…



初っ端、8606編成に遭遇!!

慌てて、流し撮り。このとき下りホームには東武30000が在線、後続で東急2000の姿も見える…という珍車オンパレード!状態だったので、ひとまず中央林間からの返しを狙いにつくし野へ。



ノーマルな8500。あれ?いつから長電は10両編成になったのだろうwww



東武30000!



東急2000!!



伊豆のなつ!!!

短時間で当たりクジ引きまくり!

それにしても伊豆の”なつ”という名前は、季節的にモノ凄く抵抗があるのですが。
ホントは夏の海をイメージした青の濃淡帯も、このシチュエーションだと氷を連想してしまう(笑)



8606編成が戻ってくる頃を見計らって、田奈へ移動…。





56のメトロ8000に、93の東急8500。もう滅茶苦茶www



大井町線の回送。
コイツもじわじわと9000への置き換えが進んでいるので、小まめに記録しておきたいクルマですね。

一方、田都の8590も2編成見かけたんですが、なんと2回とも被られ終了ーorz



青い子!

で。肝心の8606編成はダイヤが乱れているからか、なかなか帰って来ず。日が昇るにつれて、せっかくの雪もみるみるうちに溶けていってしまい…



戻って来た頃には、ご覧のとおり…orz
上から順に写真を見比べてみると、溶け具合が分かるかと思います(^-^;

とはいえ、なんとか8606の記録もできたので。この辺で切り上げましたー。


***




。゜。゜(ノД`)゜。゜。

江ノ島線の車内から。小田急は、ずいぶん目に付く場所で解体するので生々しいですな…(汗;


※コメントの返信は暫くお待ちくださいm(_ _)m
スポンサーサイト
ケアンズ熱帯テツ紀行#3 キュランダ観光鉄道
お待たせしました~!ケアンズ熱帯テツ紀行の続きです!!
既に日本でも報道されているとおり、ここ1ヶ月間クイーンズランド州は記録的な豪雨に見舞われ、もともと降水量の多いケアンズでも、先日のサイクロン「YASHI」によって甚大な被害が出ている模様です。
被災された方々のご冥福をお祈りするとともに、もし現地へ行かれるさいには、なるべく最新の情報をご覧ください(この記事は、三条が訪問した2010年12月現在の情報です)

***



フレッシュウォーター駅に到着~。
駅ナカにバナナの木が植わっていたりして、南国ムード満点です。



近代的なケアンズ駅に対して、フレッシュウォーター駅は路面電車並みの超低床ホームwww
足元注意…!!



駅には古い客車を利用したレストランや、お土産屋さん、資料館もあります。
この資料館に寄り道したくって、一旦降りてみました。
キュランダ鉄道は指定席ですが、切符を買う時にお願いすると追加料金なしで途中下車することができます。



ゴールドクラス用に食糧を補給中…こんなところに隠し扉が!



先住民アボリジニのペインティングが施された機関車。



駅構内を出るとすぐに踏切があるんですが…これが手動で、発車の前に運転手さんがボタンを押して作動させていました。



切符売り場。

資料館はそれほど大きなものではないんですが、お土産屋さんでグッズを眺めていたり、駅周辺を散策したりしていると、あっという間に1時間が過ぎてしまい…



次の列車が来ました~。



フレッシュウォーターを過ぎると、急こう配、急カーブの続く山岳路線に豹変!さっきまで平野だったのに…。
この急激な車窓の変化っぷり、なんだか日本の鉄道みたいですね。
羽前椿から突然険しくなる米坂線を思い出しましたwww



最後尾が見えるwww

ループやスイッチバックこそないものの、大きく蛇行しながら山を登ります。



グイグイ高度を上げて…



滝出現!!

キュランダ鉄道一番のハイライトが、このストニークリーク(Stoney Creek)滝。よく旅行のパンフレットとかに載っている場所ですね。
景色のよいポイントでは列車も減速するので、思う存分写真が撮れます。



陽気な保線の皆さんw
これだけ沿線の地形が険しいと、維持も大変なんだろうなぁ…。



もう一つの絶景ポイント、バロン(Barron)滝では10分ほど停車。
ストニークリークは車内から…でしたが、ここは滝の見えるところにホームがあって、一旦下車することもできます。



お、腕木式信号機!!



バロン滝から5分ほど走ると、終点のキュランダ(Kuranda)に到着~。
向かいの列車は、ケアンズ→フレッシュウォーター間で乗った朝イチの便ですね。午後の下山に向けて、既に機回し済み。





島式ホームを1本持つ、中間駅スタイルのキュランダ駅。
ここから約400キロ先のフォーサイスという街まで、線路は続いています…が、列車は週1往復の「サバンナランダー」号しか無くwww
オマケに、三条が訪れた時期は雨季により運休中だったので、待てど暮らせど列車は来ません…orz

キュランダ村にはアボリジニーの民芸品やお土産を売る、ちょっとした商店街があるんですが、だんだん雲行きが怪しくなってきたので…ささっと見て回って「スカイレール」というロープウェイで下山することにしました。



ざーーーっwww

乗った瞬間、みるみるうちに雨足は強くなって…スコールに!!
このロープウェイ、建設当時は世界最長だったそうで途中に駅が2つあります。
途中駅は自然公園のド真中に位置していて、ここで降りるとバードウォッチングが楽しめたり…するんですが、この天気じゃ鳥も飛べねぇだろ(汗;
誰も降りない途中駅では、よほど暇なのか「(天然の)シャワーを浴びるかい?」なんて冗談を言う駅員さんもwww

…いや、あの。
ゴンドラの換気口から容赦なく雨水が入りこんでくるんで、既にずぶ濡れなんですが。

でもって下界に到着すると、さっきの大雨がウソのように止んでしまいました。
山の天気は気まぐれ過ぎる…。



スカイレールを降りて、駅前のバスターミナルから遠くの方を眺めると、踏切のバッテン印を発見!!
…ん?こんなところに鉄道なんて通ってたっけ??

はぃ、というところで。以下、とてつもなーく濃いぃ風景が展開されるので一旦区切ります。
次回に続く!
雪と都電
昨日は、東京都心でも雪が降りましたね~。すぐミゾレになってしまったので、あまり積ってはいないのですが、雪の日ってテンションあがる!
演劇をやっている友人の卒業公演を見に王子へ行く機会があったので、ちゃっかりカメラを持って出かけてきましたwww



というワケで都電です。定番、飛鳥山の歩道橋から小一時間撮影しました。



カラフルな最新型車両、8800形。全部で4色あるんですが、三条はオレンジ色がお気に入りvv



レトロ調電車。この角度から見ると、なんちゃってダブルルーフが余計ちゃちく見える…こんな中途半端なモノ、無い方が良いぞ。



今年3月中に引退する予定の7500形。
この日は休日で雪!ということもあって、カメラを構えている方をチラホラ見かけました。



おぉ!?



阪堺色様の御登場~!!

やっとですよ。やっと、こやつの動いてる姿を記録できましたー。前回は車庫で寝てたんですよね(^-^;



ラッピング無し、菱形パンタの正統派7000形。
ちょうど2月11日は建国記念日、そのシンプルな姿に”日の丸”が映えますね~vv

復活、湘南電車!
今週末は「懐かしの113系電車で行く東海道本線の旅」というツアーが行われ、久しぶりに東海道を湘南色の113系が走りました。



…って、短かっwww

東海道線の113…と言っても千葉から持って来たクルマなので、増結車もサロも付いていません。まるでトミックスの基本セットのよう(^-^;
「あんな1ユニットで走って、途中でぶっ壊れたらどーすんだ!?」とは中の人談。
せめて6連を…と思ったら、湘南色の6連(S62編成)は既に予備車なんだそうで。千葉でも危機的状況な今、ゼイタクは言えませんね。



あの頃の”お隣さん”は209でしたが…。



根府川の海バック。
多少の違和感はあるものの、天下の東海道を走る姿はカッコイイですね。
やっぱり東海道は113でなくっちゃ!



最後は平沼橋駅前の跨線橋から。通いなれた横浜を背景に、運が良ければ相鉄も入るなぁ…なんて思ったんですが、そこまで都合よくなりません(^-^;
相鉄も、いつの間にか塗装変更が進んでしまいましたね。新7000なんて、まるで別モンに化けてますがwww

…そんな横浜界隈に、113系は一時の懐かしい風を運んできました。


***


以下、113系が15両編成で行き交っていた頃の写真を、ピックアップしてみました。













うーん、やっぱり迫力の差が…orz

ちなみに。今回抜擢された幕張の117編成は、もともと国府津所属のS103編成で、最後はヘッドマークを付けて走ったクルマの一両でした。
1年ほど前にもスカ色を引き連れて東海道へやってきたので、さよなら運転以来…というワケではないんですが。さてさて、久々に眺めた東海道の景色は、彼にとってどんな風に映ったのでしょうか…。




オマケ。東海道で湘南色…と言ったら、こんなんも居ましたね。
今日の団臨では「東海道でホロ付きは違和感がある」なんて声がチラホラ聞こえてきましたが、「え!?むしろホロ付きのがカッコよくね?」と思ってしまった三条は、コイツの影響が少なからずあるのかも…しれないwww
競馬場線にヘッドマーク!#2


先月は小田急に、京王に…と、西東京を走る私鉄の一時代を築いた通勤電車が相次いで引退してしまいました。特に小田急5000の10連最終日だった30日は、京王でも若葉台への廃車回送が行われたようで、ほぼ同じ時間に、同じ年代のクルマが、同じ多摩丘陵を去って行った…と思うと、なんだかフシギな縁を感じますね。
まだ小田急には5000の4連口と8000が、京王には動物園線の6000(こちらも今月末まで…)とデワwwが残っているものの、気が付けばステンレスのクルマばっかりになってしまったなぁ…
やっぱステンレスと鋼製は半々やろ!新しいのは銀で、古いのは塗装してあるヤツやろ!!という時代から未だに抜け出せない三条です。

さてさて。そんなわけで、ここ最近の記事は東京の大手私鉄一色になっていますが…(^-^;
もう暫くお付き合いください。
※キュランダ鉄道の続きは、暫しお待ちをm(_ _)m



臙脂帯とヘッドマーク!
どうしてもこの組み合わせが見たくって。もう一度、引退する2日前に競馬場線を訪れたところ、最後の最後で臙脂に出会えました…!!
最後の3日間はコイツだったそうです。



6417編成と同じく、ヘッドマークの柄は前後2種類ありました。



6416&6417より…。゜。゜(ノД`)゜。゜。



車内から…。草の生えっぷりからも分かるとおり、去年の夏に乗った時の写真ですwww
全長900メートルの競馬場線、だいたい沿線歩いてるうちに行って帰って来れちゃうんで、意図的に乗ろうとしないと、撮るだけで終わってしまうんですよね(^-^;





一昔前の京王の内装って、色使いが独特だなぁ…と。
ホント競馬場線はお客さんが皆無なので、心置きなく車内を観察できますねwww
末期はヘッドマークも付いて、そこそこ沿線はテツで賑わっていましたが、車内は相変わらずガラーンとしていたのが印象的でした(笑)



沿線のお風呂屋さん。古風な造りが魅力的でしたが、6000系引退に合わせたかのように、こちらも今年に入って閉店してしまいました…。



高幡不動に佇む6417。運用の無い土休日ダイヤの日は、いつもここで寝ていました…。

…が。夕方になると、ちょっとだけ目を覚まします。実は、以前に競馬場線の記事でチラッと書いた”休日のお仕事”があるんですね。



錆び取り回送!!

その名の通り、土休日ダイヤでは使われない区間のレールを磨く為に設定されていて、高幡不動を17時ごろに出発→飛田給で折り返し→競馬場線を一往復して帰ってきます。定期列車の間を縫って走るので、普段は支線でのんびりまったり…の2連ワンマン車も、このときばかりは飛ばします(笑)
本線の大きな駅に、ちょこんと停まっている姿がカワイイですねwww

ちなみに、夏場の明るい時期なら走行写真もギリギリ撮れる時間帯なので、例のポスターに使われている写真は、恐らくこの錆び取り回送での一コマかと思われます。



現在、競馬場線では新たにワンマン化を施した7000系が運用されているそうです。
相変わらず2連、前パン、オールMで…オマケにVVVFという、非常に怪しい仕様となっておりますwww

そういえば7000系2連の八王子方(前パン側!!)の顔って、増結車はいつも新宿方が定位置なので、なかなかお目にかかれなかったんですよね。
土休日の都営車運用も、いつもLED車に当たってしまって、未だに幕車が撮れず…これからも暫くは競馬場通いが続きそうですvv