> 私鉄屋雑記帳 2010年01月
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



「新」


2009年を表す漢字は「新」でしたが…今年に入って、ちょっと残念な(?)ニュース。福井鉄道の「武生新」、「福井新」が改名で消えるそうです。



今年3月のダイヤ改正で、武生新→越前武生、西武生→北府(”きたご”と読むそうです)、上鯖江→サンドーム西、福井新→赤十字前、裁判所前→仁愛女子高校の計5駅を一挙改名することに!!あと、新しく「スポーツ公園」駅が出来ます。
ちょっと前までの福鉄といえば、何かと冒険はせず、サービスも旧来然としたイメージがありましたが…ここ最近はアテンダントを乗せてたお隣りさんの影響もあって(!?)土休日にフリーきっぷを売ったり、パークライドを作ったり、ちょっとお洒落なロゴマークを入れてみたり…低床車を入れて以来、イメージアップに目覚めた感じ。
でも今回の改名は、ちょっと残念かも…特に終点の「武生新」は行先表示でもお馴染み、福鉄といえば"ナントカ新"という感じで、耳に残る、ユニークな響きのネーミングだったんですが…(^-^;



というワケで、今までに撮った福鉄のうち、まだアップしていなかった「武生新」行き表示の写真を何枚か…。低床車への置き換えが完了した直後に1回行ったっきりなんで、高床車の写真ばっかりですwww



行き先、読めないぞwwww




低床車の「武生新」表示は短命に終わりますね。





この古風な路線図も、そろそろ交換時期でしょう。
テープでところどころ修正されてますが、”準急”が隠しきれていないのはご愛嬌www



西武生駅。この春から北府駅になります。
この北府という駅名、かつて福武線から見て北陸本線を挟んだ反対側を走っていた福鉄南越線にも同じ名前の駅があったそうです。北府駅でググるとヒットします。
でもって、この南越線もまた福鉄的ネーミングセンス全開だったりして。「岡本新」やら「社武生」やら…調べてくと面白いです(笑) 確かに国鉄線に対して私鉄線を”社線”って言いますが、駅名に起用した例はココぐらいかとwww

また福井行きたいなぁ~。
今では、すっかりライトレールもどきに化けてしまった福鉄ですが、まだまだ連接のスター200形も活躍してますし。600形も、高床時代はあんなモン…と言ってハズレ扱いしてたので、未だに乗ったことなく(汗;
スポンサーサイト
終焉を迎えたプレハブ電車
そういえば、こないだの週末はコイツも引退しましたねー



209系!!

えぇ゛ー!?コイツまだまだ新車だろー、ってwwww いやそれがもう、今年に入って残り2本体制になってたとかで…JREのパワーって相変わらずスゲェなぁと。ホント、いつの間に増殖したんだE233よ…(汗;
ちなみに銚電702は昭和16年生まれ(近江出身なので、例によって書類上はもっと古かったりしますwww)、一方の209は平成5年…歳の差、なんと50歳!! やっぱ新車やん(笑)



横浜に住む三条にとって、青いコイツは大都市貫く京浜東北線…というよりも、ハマの高架線を行く「根岸線」のイメージが強いですね。山手線や列車線と併走してるよりも、タンク車に埋もれてる感じがしっくりきますwww

ぶっちゃけると209って、あんまし好きにはなれないクルマだったりして(ファンの方ゴメンなさい;) どうも、そのちゃちくて軽い、いかにも”使い捨て”な感じの造りには好感が持てず…路線自体は便利なところを通ってるんで、何かとお世話になる機会が多かったんですが…。
そんな209系でも、いざなくなる…と思うと寂しくなるもの。勝手ですね(^-^; 最後くらい…あくまでもヘッドマークが付いたんだよ、短い間だったけれど京浜東北線という大動脈で、一大勢力を築き上げた形式がいたんだよ…!という時代の記録として。ちょっとくらい写真を撮っておくか…というワケで。人も少ないだろうと平日の午前中、ちゃちゃっと↑の2カットだけ撮ってきました。
先週は忙しすぎて、あんましじっくりと写真を撮る時間が作れなかった、というのもありますが…こう、なんというか高架で相対式ホームの、いかにも根岸線!ってトコで見送りたかったんですvv
あ、あと、なんとしてでも課題片付けて銚電だよな、とwww


でもって、209の写真って殆ど手元に無いんですが…HDDを漁っていると、ちょっと面白い写真が出てきました。



ガラーン…

早朝の大宮、始発電車だったと思います。まだ座席の使えない6扉車で乗り合わせたお客さんは”新聞”でした…





次々と運び込まれてゆく新聞たち…ラッシュの始まる前、まだ街が眠りから醒めていない時間の京浜東北線は、9両の客車と1両の貨車を繋いだ貨客混合列車が走っていたのです(笑)
ちなみに列車線の荷物室みたいな仕切りはなく、”貨車”への立入は特に禁止されている…ワケでもなさそうでしたが、なんとなく居心地が悪かったので(^-^; 写真を何枚か撮ったあと、ちゃんとした座席のある”客車”の方へ、すごすごと乗り移ったのでした。まぁどっちみち人間は殆ど乗っていませんでしたがwww
”半鋼製電車”最後の砦、落城へ…


在籍車両、全5両。冷房なし。半数が釣り掛け電車…そんな銚子電鉄に”新型車両”が搬入されて早数ヶ月。ついに、そのときはやって来ました。
公式ページでの発表は無かったものの、電鉄倶楽部さんのサイト(いつもお世話になっていますm(_ _)m)に”銚子電鉄702サヨナラ運転”の文字…こ、これは∑ なんとしてでもスケジュール調整しなくては…!!と、前日まで必死こいて課題やらレポートやら終わらせた三条です。人間やれば出来る(笑)銚子電鉄は三条にとって最強の燃料ですwww
とりあえず、当日にどうしても外せない用事がなかったのがホント幸いでした(^-^;

※話が前後してしまって申し訳無いんですが、元旦に行ってきた「初日の出輸送」の様子は、また後日upします。



地元の駅を初電…の次くらいの電車に乗って、道中は連日の疲れからほぼ爆睡(笑)眼が覚めたら銚子でしたvv
いつもの”風車小屋”をくぐって銚子電鉄のホームへ向かうと、801が入線してきました。去年から貼ってあった「LAST RUN デハ801」のシールの他に、今日はもう一つ小さなマークも付いています。



車内で買った一日乗車券は…なんとデハ301柄!!

コイツ、一応末期も車籍があった(?)ようで、事業用としてヘンなやぐらをつけて活躍していましたが、とてもお客さんを乗せられるようなシロモノではなくなっており(某省的には800や700ですらギリギリなんだから、どう考えても300はアウトだろうなぁwww)当然さよなら運転も行われず、去年10月にひっそりと解体されてしまったんですが…301のコトも忘れないでね、ということでしょうかwww 銚電さん、グッジョブです…!!



2000系の整備も着々と。仲ノ町では、笠上黒生で年を越したもう1本が工場内へ取り込まれ、笠上の側線はもぬけの殻…はて、緑になった2000はドコ行った!?と思ったら、こんなところに押し込まれてましたwww

それしても同じ湘南2枚窓同士。近江出身の700と京王出身の2000、生まれも育ちも違うので全くの偶然なんですが、デザインが似てますね。



しかしまぁ、よくぞこんなトコに止めたな、とwwwww
ここ、ただの機械回し線なんで、せいぜいトロッコのユ1両放置するくらいの有効長しかなく。コイツみたく”超大型車”(銚電基準でwww)だと、かなり窮屈な感じ。車止めまで数10センチしかないぞ(笑)











側線発車→801に増結!!までの流れを並べてみました。
いつもは大半のお客さんが犬吠で降りてしまうので、閑散としている外川駅ですが…今日は人だらけwww
 
でも、これはまだまだ序の口で… 



なんぞこれwwww

君ヶ浜のホームから、定番撮影地のキャベツ畑を望む…の図。カメラの砲台が…!!
こんなに人集まったのって、銚電史上初なんぢゃないか…なんて、その場に居合わせた方と話してました(^-^;
ここ最近は一連の”濡れ煎餅効果”で、テツな皆さんからもだいぶ注目されるようになった気がしますね。お陰サマ(?)で、702号もリバイバルカラーになったしなぁ~。



ちょいと群集にお邪魔して、定番のカットを1枚…



天気が良いので絵になりますね(^-^)



遠く広がる蒼海と、淡い空色のツートンカラー。702号には海が似合いますvv



でもって、いよいよ本日のメインイベント…奇跡の3連!!!やっべーよ、これは萌える…!!
通常ダイヤにムリヤリ仲ノ町での増結を組み込んだので、5分ほど遅れてやってきました。
3連自体は、正月の初日の出輸送でも毎年見られたんですが、あれは夜明け前の闇の中、ホンの一時しか拝めない夢幻のような存在!走行写真はおろか、停車中に編成の全貌を記録するのが精一杯なんですよね…それが今日は堂々の真昼間ですよ!もう、これこそデイドリームなんじゃないかと…!!!



しっかしまぁ老朽化で車体の水平すら保てず、3両とも見事に車高がばらっばらですね(^-^; 錆びに錆びまくったベンチレーターやら、傾いたパンタグラフやら…よくぞ今日という今日まで持ち堪えてくれたなぁ、と思わずにはいられません。
どのクルマも負けず劣らずボロボロですが、これで今回引退するのは真ん中の702号だけ、前後ろの2両ももうじき引退と言えど、まだまだ走るって言うんだから、これまた凄い。

…そういえば。本日のメインだった702が中間にサンドイッチされてしまったので、なんで先頭じゃないんだー!!という声もちらほら聞こえてきましたが…もう二度と、半鋼製釣り掛け電車だけの3連は拝めないワケで。真ん中でも、いいじゃない!!



あと、もう一つ三条的にツボったのがこれ。ちゃんと日除けのヨロイが活躍してる…!!
いや、あの…これ閉めた人、よく引きずり出したなぁ、と(笑) 以前、三条も試しに閉めてみよう…としたんですが、ものスゴく建て付け悪くてwww 力ずくで動かそうとすると、木クズやらペンキやらがぼろぼろと剥がれ落ちてきて怖ぇし(汗; 結局、壊すのもアレなんで、そっとしておいた思い出が。



ラストは仲ノ町で2連に減車→さらに外川で702を開放して本日のイベント終了…かと思いきや、実はトンでもない隠し玉が…!!



えぇ゛ー!?701増結してるし…!!

いやーマジで、コンビニ行ってこんなに後悔したの初めてだわ…抜かったorz
恐らく撮影を終えたテツで混雑するので、急遽増結したんでしょう。昼間も、702+801は沿線で撮る人が多いので程よい混み具合だったんですが、逆に単行の1002の方が移動するテツで、めっちゃ混んでたという(汗;
あぁ…こんなんだったら、もうちょっと編成入るポジションで狙ったのに(泣;;



狙ってたのは、こっち。
光線状態もバッチリなんですが、702の増結の方がショックでテンション低く…(^-^; 1000+700の組み合わせは滅多に無いからなぁ(汗;
…次回に期待しよう。



そんなワケで、次は801、701のカウントダウンが始まりました…。まだ、ちゃんとした日程は決まっていないようですが、車内掲示のポスターによると3月下旬頃を予定しているそうです。またサプライズに期待してますよー、銚電さんvv
8090、新天地へ。
超多忙続きの三条です、こんばんは…orz
すっかり更新してませんでしたねぇー、前回の更新は10日前、か…(汗; とにかく記事書く暇が無いんだ!!終電がデフォな日々を送っとります…って去年も今の時期に同じようなこと書いてた気がする。自分、進歩ねぇーwww もう課題溜め込む性格は、いい加減どうにかせにゃならんですね(-_-;
そんなこんなで自分の終電はもちろん、最近は他の制作メンバーの終電もムダに覚えてしまってます(笑) 終電、地域柄が出て面白いですよ。相鉄は意外と終電早いんですね。まぁ上り方面だから仕方ないんですが…一方、都心を越えた総武線の平井が地味に遅かったり。距離あるのになぁ…あと八高線が論外過ぎて涙がwwww 八高さんは、だいたい上京組みにタカって夜を明かしてます。

でもって。なかなか鉄分補給する余裕は無いんですが、今朝は通学途中にちょっとだけテツしてきました。





8090系、秩父鉄道へ!!どうしても外せない授業があったんで、昼の”儀式”までは見届けられませんでしたが…。授受線に停まってる姿を何枚か。
それにしても秩父…8500の原型顔とゲテモノ顔、それに今回の8090!3編成とも三車三様状態ですねwwww 本来なら統一したいところなんでしょうが、それもこれも置き換え計画が上手いこと行かない今の東急。なかなか8500に廃車が出なくて、秩父としても使える車両は買っておけ状態なんでしょう。ホント、数年前までノリノリだった東急さんですが…。趣味的には面白いんですが、これも元を辿れば不況の煽り…なんて考えるとリアル過ぎて、ぞっとします(汗;



ハマ線に新車が…!?って、このネタ何度目だwww


※コメントの方はゴメンなさい、後日返信しますm(_ _)m
京急大師線恒例行事


今年も、この季節がやって来ましたー。大師線の干支ヘッドマークです。
近所なので、これを撮るのが毎年恒例になってますwww



シンプルなデザインですね。今年の絵柄は、この1種類のみだったようです。





定番、港町カーブでさくっと。ここ、どうしても時期的にケーブルの影が落ちてしまうんで、なるべく曇りの日が狙い目なんですが…年始の東京は例年晴れの日が多くて、なかなか上手いこといかない(^-^;
今日は曇り気味な感じで、特に夕方~日没にかけて低い雲に太陽が隠れたので撮りやすかったです。



一瞬の晴れ間…!!これは上手いこといった方←こんな感じで、本日は失敗コマも多数(汗;



1000形ばっか載せてると詐欺だ…!!って言われそうなので(笑) ↑これが今日の実態です。大師線6運用中、1000形はたったの1本だけ、残りは全て1500形天下となっていました…orz
それもそのハズ。1000形の4連は僅か2本まで減ってしまい、本線で活躍する6連も残り3本、あわせてもたったの26両…全盛期は京急の半分は1000形!なんて時代もありましたが、今や10分の一以下…。つい最近まで、ごく当たり前のように見かける電車だったのになぁ。
こう、大所帯の形式は「またお前かよっ!?」って感じで、大勢走っている頃はイマイチ好かれなかったりしますが、1000形は昔っから好きでしたねぇ。あ、あとダルマも。コイツのおかげで、関東の私鉄電車といえば片開きで3ツ扉がスタンダード、というイメージが未だにまとわり付いてます(古いですね…^-^;

来年の今頃も、兎の干支マークを掲げた1000形の姿が見られたらいいなぁ…と、願っています。
行ってきました台北…!! 巴士編
台湾シリーズ、最後は巴士(バス)!! 路線バスは”公車”とも呼ばれていて、地下鉄が増えた今でも、まだまだ台北の中心部では大量のバスたちが洪水のようにやってきます。
高速道路を経由した長距離路線もあるようで、いろんな地域のバス会社が乗り入れてきていてバラエティー豊か。ざっと観察しただけでも、台北客運、大都客運、首都客運、基隆客運、新店客運、三重客運、大南汽車…etc 
しかし…そんなカラフルなバス以上に街中を歩いていて目に付くのが…



バイク軍団wwww

捷運編でも、ちらっと書きましたが。台北の道路交通事情はかなり悪く、渋滞を避けるためにバイク利用者がめっちゃくちゃ多いんですね。路駐も大半がバイクだったりして、道端もえらいことになってますwww この辺のノリは、どんなに街中が日本語で溢れていようとも、やっぱり中国なんだなーと(^-^;
あと台北における信号は、あくまでも”目安”です(笑)どっかのお笑い芸人が「赤は気をつけて進め」とか言ってましたが、最近の大阪は、だいぶ交通ルールを守るようになって来てます(と、関西人の三条がフォローしてみる)…ところが台北。ここでは、例え青信号であっても左右よく見て”気をつけて進む”必要がありますwww
そんなワケで、街中でのバス撮影には相当神経使います。



それから、台北市内の幹線道路には「公車専用道」という、バスレーンがあります。写真は工事中なんでちょっとわかり辛いんですが…(^-^; 名古屋の基幹バスのように道路の一番中央の車線を設けて、路面電車のような安全島のついたバス停が設置された大掛かりなタイプを採用しています。そのため路線バスは道路の真ん中を走るワケで、歩道から写真を撮る場合、被られる率が非常に高く…orz 台北のバスは難易度高いぞ!!



白に深緑のラインが入ったこのバス会社、その名も三重客運といいます。三重交通のグループではありません(笑)
ホント、四日市駅前に居るヤツと姿カタチ、名前もそっくりですwww オマケに車両は日本製、いすゞのエンブレムが輝いています。



ノンステップバスは、まだまだ日本ほど普及していません。ステップのある大柄なバスが多く、車高も日本より高い気がしますね。ちょっと造りが雑な感じ。
あと台北のバスはラッピング広告がデフォのようです(汗; 写真のバスは、九州の観光をPRするラッピングで「冬季 九州美」なんて、ひらがなが書かれています(^-^; 中国語の”之”を”の”に置き換えるのは流行りのようですね。漢字だらけの文中に、いきなりひらがなが現れたりして面白いです(笑)



瑞芳駅前に停まる基隆客運のバス。ここから観光地で有名な九[イ+分]までは数キロ離れていて、バス使ってみようかな…と思ったんですが、タクシー使っちゃいました。だって、めっちゃ混んでんだもんwww ガイドブックにも休日の九[イ+分]は混むよ~って書いてあったんですが、これほどとは(汗;
台湾はタクシーも(日本人からすれば)安いし、行き先を紙に書けば通じることもあって、ついつい使ってしまいますね。



バス停。その停留所に停まる系統の路線図が書かれていて、大雑把ですがどの辺を走るのかがわかるようになっています。このシステムだけは、基本的に終点と経由地しか書かれてなくって、土地カンのない人にはどこへ連れて行かれるのかわからない日本のバスよりも便利…!!停まる系統が多いバス停でも、ちゃんと大きな板に数分の地図が、ずらーっと貼り出されているんですよ!
が…問題は、時刻表。何時から何時まで何分おきに来るか、という情報しか載っていません(というか、バス停に細かく時刻が書かれている国なんて日本くらいですが^-^;)

あと、バスの不安要素の一つに、どっから乗るか?いつ運賃を支払うか?というのがありますよね。こないだ大学の友人が「神奈中バス、わけわからんし…」とか言ってました。”前乗り前降り方式”に戸惑ったんだとか(^-^;
日本なら会社とか路線によってある程度決まっていますが、ガイドブックやネットでググった感じだと、台湾の場合は、それすら決まっていない…というか極端な場合、運転手さんによって対応がまちまちだとか。こりゃあハードルが高そうだ…orz



坂の町、九[イ+分]を行くバス。
タクシーもバスとほぼ同じルートを通ったんですが…モノ凄く狭いwww こんなとこをバスが通るんか…という感じの狭ーい山道を、大型バスが10分おきくらいにすり抜けて行きます。しかも台湾の運ちゃんはみんな粗くて(笑)下手なジェットコースターよりも怖いです。



気軽に路線バスを体験(?)してみたい…!!そんなあなたにオススメなのが、免費バス。”免費”は日本語で”無料”という意味。ショッピングセンターが運行している無料のシャトルバスです。これなら途中に停留所も無く、乗って降りればいいだけなので、あたふたする必要も無く(^-^;
特に、台北観光に欠かせないスポットながら駅から離れていて、どうしてもタクシーを使ってしまいがちな故宮博物院から、剣南路駅近くの美麗華(ミラマ)ショッピングセンターまで行く”故宮線”は利用価値あり。本数は10:50~17:40までの間、ほぼ40分ヘッド11往復。土曜日は20:50までプラス3往復増発されるようです。



シャトルバスの車内。座席が日本の路線バスよりも大きくて座り心地がいいです。
降車ボタンや運賃箱やICカードリーダーも付いてますね。一般の路線バス用の車両を借りて来てるのかもしれません。

***



おまけ。桃園空港で新交通システムを発見!!ターミナル間の移動用だそうで…。関空にも、こんなヤツ居ましたよね。なんだかクーラーとベンチレーターの形が日本の私鉄電車っぽいですwww

謹賀新年 2010!!


あけおめです!!
今年はトラですよ、トラ。発音的にはト↓ラ↑ではなくト↑ラ↓<どうでもいい
09年は相鉄5000や井川線DBのさよなら運転に始まり、長電には新たなゲテモノ車両が誕生し、秩父では遂に自社のリバイバルカラー2色を復活させ、長津田工場の老兵機関車と伊予鉄800は奇跡の転属を果たし、紀鉄キハの引退で終わる…という1年でしたねぇ。何かチョイスに偏りがあるのは気のせいですよ(笑)
阪神なんば線開通というタイムリーネタもあり、虎=タイガース=阪神7861、7961形柄とかも考えたんですが…ちょっと捻りが無いので。ネタが通じる友人限定で、十鉄トラ301柄の年賀状をばら撒きましたwww
例の手書きのように見えて実はプリンターでコピって増殖させただけ、というがっかり仕様なのは相変わらずです。

ではでは。今年も私鉄屋をどうぞヨロシクお願いしますm(_ _)m