> 私鉄屋雑記帳 2009年09月
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上州の野武士、走る。


行ってきましたー!!
上毛のデハ101君、レストアされてからは初乗車です。
以前は、次の検査通らないかも、なんてウワサが流れていましたが…なんとなんと。その後、県の近代化遺産に登録されて無事に検査を通っただけでなく、内装をリニューアル…ならぬレストアが行われて、今も上毛のマスコットとして臨時電車に貸切に、と大活躍しております!



というワケで。まずは車内を見たくって、西桐生から乗ってみました。



おぉ!



おぉ…!!



おぉ…!!!

す、すっげぇ…っっ!!ウワサには聞いてましたが、外も中もピッカピカやぞ!!白熱灯に照らし出された車内が美しいったらもう…堪らんですねvvv
ここまで綺麗に整備された木造車ってのもなかなか見かけないんで、新鮮な感じすらします。80年前の電車も大切に使ってやれば、まだまだ動くんですよねぇ。デハ君、幸せですなー。



こちらがビフォー。2006年の写真。
当時の内装は真っ白だったんですね。こう、鋼製車みたく明るい車内…ってのを目指したかったんでしょうけど、今の姿を見てしまうと、ちょっと寒い印象でしたねぇ。





んでもって、走行中の車内なんですが…人少ないですwww
今回は上毛のお隣、わたらせ渓谷鐵道のイベントに便乗したカタチで走ったので、デハ君がメインではないこと、来月18日にも上毛電鉄企画のイベントが予定されていて、しかも大胡車庫ではウワサのアイツがお披露目…ということもあって、今回は参加者がかなり少なかったようです。
来月のイベント、三条は都合悪くて参加できないんで、それもあって今日にしたんですが、おかげでのんびりと堪能できましたし、沿線へ目を向けても、それほどテツの姿を見かけませんでしたし…なんかもうイベント列車じゃないみたいですね。これが日常、みたいな…って言ったら大袈裟かもしれませんが、ほんとデハに乗っている時間は夢だったんじゃないかな…って思ったり。

ちなみに今回の臨時列車は各駅停車、普通乗車券だけでも乗れるんで、一般のお客さんも乗ってくるワケですが…まぁ乗るのを躊躇うワケですよ(笑) 普通に考えて、いきなりこんな電車現れたらびっくりするよな…と。時刻表にも載ってないし。というワケで車掌さん、駅着く度にお客さんがいたら「○○行きで~す」と声掛けてましたwww





折り返しは富士山山頂から。”ふじさん”ぢゃないですよ、”ふじやま”の山頂ですwwww
かの有名な渡良瀬橋梁が駅前にあるからか、ここから撮った写真って見たこと無いですね。上毛では数少ない俯瞰スポットなんですケド、やっぱり曇り限定だからかなぁ…それとも、他にもっと見晴らしのいい高台があるのか…
そういえば三条が上毛行くと、毎回天気がイマイチな件について(^-^; 今回も上毛三山は顔を出してくれなかったですよ…orz



富士山からはJRも撮れます。
わたらせ渓谷も同じ線路を走ってますが、車体の色がアレなんで目立たないですwww

ちなみに富士山下の隣駅には、丸山下という似た響の駅がありますが、こちらもその名のとおり駅前に丸山という小高い山がそびえていて、地図見た感じだと頂上から渡良瀬川橋梁を俯瞰できそうですね。



ラストの大胡行きは定番、渡良瀬川橋梁で。ここはテツな皆さん多数でした(^-^; 曇りなので線路を挟んで両側に分散していましたが、ざっと10人ほど。
三条は、車内に煌めく”白熱灯”を映し込みたくて(笑) 鉄橋を見上げるポジションで一枚。これも車内が空いてるときでないと狙えないですもんねvv



非貫通側。ナゼか行き先表示がめっちゃ小さいですwww



で、ですね。三条的に一番気になっていたのが、来月18日にお披露目されるというウワサのアイツの行方。もう既に搬入されたそうですが…



いたーー…!!!

東急は長津田工場から購入したデキ3021…!!あの、いつもデワ、EDと一緒にいた恩田の主、カラス君は、なんと上毛電鉄に買い取られたのでした。
今回は、とにかく大胡車庫へとやってきたコイツの姿を確認したかったんですよね。来月のイベント行けないから尚更www

…それにしても。一体全体、どーいった経緯があったのかナゾですが、今後の話題づくりに…ということでしょうか。かなり面白い展開になってきてますwww





こんなん走ってました。
ハロウィン電車だそうで…上毛さんは、電車に飾り付けするのがお好きなようで、以前は車内がてるてる坊主だらけだったこともありますwww



おまけ。いままで気付かなかったんですが、なぜか711+721編成には、こんなサボが付いてるんですね。ご丁寧に”Tc”まで書いてあるんですがwww

スポンサーサイト
お知らせです。


シルバーウィーク。
うちの大学は、授業運営科が何を血迷ったか連休ど真ん中の月曜日に授業をブチ込みやがったため…(おかげサマで、月曜の授業サボり多数wwww)せいぜい京成行って3色揃ったリバイバルカラーの3300を見物に行った程度で。まぁこちらは、写真がもう少し撮り溜まったらまとめてupするとして…本題。暇を見てこんなん作ってました。

ホームページです。
このブログと同じFC2さんのホームページスペースをお借りしました。
かなり前から作ろう作ろう思ってたんですが、やっとこさ完成しましたですよ。時間かかったわりに適当仕様ですがwww いや、実のところ久々にHTMLいじってて、色々と忘れててですね…思いのほか時間がかかりました。ウェブデザインの授業かじった程度なんで、そんなもんです。ぶっちゃけテンプレは課題のボツネタを流用してたりし(ry

というワケで。このブログは、ホームページ内の一コンテンツ…というカタチになりますが、日頃の更新は今まで通りブログメインになるかと思います、面倒なんでwww
遠征とかで同じ鉄道や形式を大量に撮ったり、過去の写真でまとまったテーマがあるときは、ブログで大きな写真を大量に載せると見づらいんで、ホームページの方に編集してまとめて載せる…という感じで使い分ける予定です。あと模型とか、創作したブツも追々ホームページへupできればなぁと。
まずは第一弾として、この夏休み中、御坊に2泊3日滞在してじっくりと撮り溜めた紀州鉄道の写真をupしていますので、ゼヒご覧ください…!!


※写真と本文は特に関係ありません。
忍びの里の小さな電車 #2


午後は上野口でマルーンを狙いました。
…マルーンいいですよねぇ!!阪急よりも若干明るめな感じですが、それをグッと引き締める細い銀帯がゴージャスな感じvvv 一段降下の大きな窓に丸っこい優雅なデザインも、全然古さを感じさせないですよね。奈良電時代の高性能車は、どれも独特な丸みがあってカッコイイです。

が。伊賀鉄道って沿線で撮るトコが無い…(汗; 特に上野口。いや、ロケーションは良いんですよ、ロケーションは。
ここ↑服部川橋梁も、電車乗ってて撮れそうだなーと思ったんですが、土手に上がる道が無い(季節柄、土手に雑草が大繁殖してて道がヤツらに侵略されてしまった…?)ので、下から。これ、晴れてたら絵になったんだろうなぁー…



架線柱が…orz

服部川へのアプローチ部分。線形はすっごく良いんですが…どーして近鉄系の路線って、こうも架線柱が立派なんだろうか(汗; 三重のナローとかもそうですよね。軌道はヘロヘロなのに、架線柱だけは門型だし間隔短いし…確かに、電気で動く電車にとって架線は大事大事な設備ですが。そこまで金掛けなくてもいいのにorz



新居駅にて。結局、駅撮りが一番絵になったり…(^-^;



茅町で交換する忍者編成。
忍者、ブルー!忍者、ピンク!! …あと3人(編成)足りないなぁwww



茅町駅。
窓口の上には近鉄時代の写真が飾ってありました。例の厄介な架線柱も上手いこと処理されてて、あぁ~こう撮れば良いよね、って勉強になりますね(笑)

ちょうど宿の最寄が茅町だったんで、一旦荷物を置きにチェックインしたんですが…この宿がまた物凄く庶民的で(笑) これほど”宿屋”って単語が似合う宿屋もイマドキ珍しいんではなかろうかってぐらいwww 1階は食堂になってるんですが、金曜の晩ということもあって地元(?)の方と思しきお客さんで賑わってました。食堂と兼業とか、なんだか小説の一節みたい…!!
また860と東急1000が半々ぐらいになった頃に伊賀行ったら、ここに泊まりたいですねvv

んでもって、夜は2つ先の猪田道へ行って交換風景を撮りに行きました。



こ、怖えぇぇぇwww

昼でも十分存在感あるのに、夜とか軽くホラー(笑)



リバイバル編成…!!この並びを撮りたかったんですね。夜になると上野市の分断ダイヤが解かれて、伊賀上野封じ込めだったマルーン銀帯編成も神戸までやってきます。
伊賀鉄道、最近ダイヤ改正をしたらしく、せっかく持ってきたダイヤグラムが全く役に立たなかったというヘマやらかしてしまい(汗; 今日この2編成がどっかしらで並ばないか?駅で貰った時刻表と睨めっこしてましたwww

***





おまけ。昨日ちらっと見に行ってきました長津田工場。
ずーっと放置されていたデハ1310+クハ1011ですが、クハだけ屋外に出ていました。快速表示は以前のままwww 相方は恐らく倉の中。コイツらが伊賀送りの第一陣になるんでしょうかね。
この貫通型ツイン's、目蒲線の分断で組み替えが発生して以来、ずーっと眠ったままだったはずで、実質10年ちょっとしか走って無いんですよね…東急時代には満足に活躍できなかった分、伊賀で元気になった姿を見たいですね。

秋葉原で名鉄
こないだ、mnさんとアキバのポポンデッタという模型屋に行ってきました~。久々の模型ネタです。



はぃ、ものの見事に名鉄だらけですwww まわりE231やNEXが走る中、名鉄です。木曽川でやれって言われそうwww
まずは前半2時間、下段の高架2線借りました。





HLの一部以外は全てTNカプラーに改造済み。mnさんトコのと三条のを、お互い貸し出して増結したりしてましたwww
方向板を使うクルマは、行先、種別の差し替えも出来ます。







名鉄のクルマは、とりあえず何を増結しても違和感無いんで楽しいですねvv 2~4両単位なので模型的にも手ごろでおいしいです。一応、実際の営業列車ではSR車ならSR車同士…といった風な縛りはあるんですが。回送表示にしとけば何でもアリなので(ry

回送でSR+1800とか平気でやっちゃうもんな、あの会社www



後半1時間は上段の地上2線を借りましたー。この上段の駅、真ん中に通過線を挟んだ相対式ホームで…二ツ杁配線www

で。5300を横目に颯爽と通過するは…



高速 玉ノ井!!

スンマセン、ネタに走りましたwww



上段は、駅手前に単線風の区間があって短編成が似合う感じ。
単線でも線路際にはグレー系の建物が立て込んでいるので、広見や三河の末端ローカルというよりか築港線とか…そんなイメージ。





上段のハイライト区間。
ただ悲しいかな上段の運転席からはだいぶ離れていて、運転してると遠めにしか見えないという…(^-^; 下段の運転席からは、ちょうど見上げる位置にあるんで、他の方が走らせているとカッコイイなぁ~ってついつい眺めてしまいます。

ここの貸レイアウト、今回が初めてだったんですが、なかなか密度が高くて面白いですね。夜景ヤバい…!!それでいて平日は料金半額。近場の大井町や登戸よりも安いです。おまけにココの近所は模型屋が密集してて、ついでに買い物もできるし。
ただ土地柄、運転スペースがちょっと窮屈なのは残念かなぁと(汗; 動き回れないんで、走らせながら写真も撮る人には辛いかも。せっかくストラクチャーとか作り込んであんのになぁ…



あ、名鉄以外も走らせましたよ(笑) mnさんの京阪軍団~。



和歌山電鉄”たま電車”





うちのコトデン。



伊賀鉄道…!!
相変わらず濃いぃ私鉄で固めてました(^-^; mnさんの”たま”と、三条の伊賀鉄は今回夏の遠征中に現地でGETしたもの。またその辺のことは、こんど実車の写真と併せて記事書きます。

***



おまけ。電気街口で待ち合わせをしたんですが、mnさんが現れる数分前に、こんなん来ました。
京浜東北ホームから通過列車のアナウンスが聞こえてきたんで、回送か、それとも…!?えぇ、いてもたってもいられず電車の見えるトコへ移動しましたよwww
忍びの里の小さな電車 #1


伊賀神戸から乗り換えて、伊賀鉄道です。ものすごく忍者してます(笑)
某バラエティー番組なんかでも紹介されて、今ではすっかり有名に(?)なってしまった超ド派手な忍者塗装。予備知識があるから未だしも、もしもなーんも知らずに伊賀神戸駅を降り立ったら…wwww



側面はこんな感じ。まぁ”視線”が無い分、インパクトは薄いですがwww ピンク色が眩しいです。



車内。やっぱり、ちょっと狭いですね。パーツ一つ一つが近鉄っぽいので(元近鉄だから当たり前か…)本線の大型車とナローのクルマを足して2で割った感じ(笑)





一方、こちらは今年の8月から走り始めたリバイバル塗装編成…ですが。超地味です(笑)
昭和30年代の旧型車がダークグリーン一色塗りだったそうで、それを860に塗ってみた、とのことで。忍者ラッピングとのギャップがなんともwww



とにかく落ち着いたカラーリングは、沿線風景によく馴染みますね。あまりにも馴染み過ぎるので、山をバックに撮ったら背景と同化して一瞬電車がドコ走ってるのかわからない写真が出来上がってしまったり…



上野市に近づいてくると駅間距離がグっと短くなります。でもってカーブだらけ…!!古い民家(忍者屋敷!?)の間をすり抜けるように走ってます。こりゃあ20m車入らんわ(汗;
特に広小路ら辺とか、微妙にS字カーブ描いてたりして苦労の跡が…昔っから土地無かったんでしょうね…



上野市にて。強引に4編成入れてみました。塗装が三者(車?)三様みんな違うwww





おぉ~これまた渋カッコイイ…!!
この日の伊賀上野行きは、今年の2月から走り始めたマルーン+銀帯のリバイバル編成でした。
伊賀鉄道は上野市駅を起点として伊賀神戸で近鉄特急に、伊賀上野でJR線に、それぞれ接続できるようダイヤが組まれているので、昼間は殆どの列車が上野市で分断されていて伊賀上野口1編成、神戸口2編成で遣り繰りしています。そんなワケで、伊賀鉄道を全線乗り通そうとすると、だいたい上野市で待たされます(^-^;



駅のいたるトコロに忍者がいます。…ほらそこ不気味とか言わないwww



一方、こんなレトロなアイテムも。リバイバル編成が似合いますね。



忍者、入れ替え中。



構内踏切を駆け抜ける忍者www

このクルマのラッピングは、いろんな角度で撮ると面白いです。



上野市に留置中の近鉄カラー編成。他は忍者になってたり、リバイバルだったり、広告だったりして、この色を身に纏うのは現在コイツだけのようです。が、残念ながら翌朝もここに居座っていて、2日間滞在して一度も動いている姿は拝めませんでした…。

いずっぱこのコデと鋼製車!!


沿線に検査設備の無い伊豆箱根鉄道大雄山線は、毎回検査の時期になると貨物列車(ワム!)の後に引っ付いて、駿豆線の大場にある工場へと輸送される…というのは、JR線を経由するのでダイヤ情報の巻末にも載っていて、三条のような地味鉄以外にも広く知られているかと思います(^-^;
数ヶ月に1回、定期列車を運休させて平日に3日がかりで行き来するんですが、授業被ってたり忘れてたり(ぇ して、行こう行こうと思いつつ、未だに一度も撮ってなくて。同じ県内なのになぁ~、いつか行けるだろう…って思うと行かなくなるのが近場のコワいところ(笑)
が。今回は、出場したクルマが大雄山で1編成しかいない鋼製車(5000形の第一編成)で…ようは、このチャンスを逃すとコイツが再び重検を迎える4年後まで待つことに…!!今回ばかりは外せなかったですよ(笑) 



まずは営業列車を2番→1番ホームへ入れ替えさせて…コデ君登場ー!!





黄色い車体に稲妻マークがチャームポイント(?)のコデ君。工事用電車でコデ。なんて安易な(笑)
昭和3年、鉄道省生まれ、一旦相鉄に渡って伊豆箱根へとやって来たコデ君は、元を辿れば旧型国電、すぐ隣の東海道線を行き来するE231からすれば大先輩にあたります。可愛らしい姿をしていてコデ君なんて勝手に呼んでますが、もういい歳したジィさんです。



続いて、JRの機関車もやって来ました。



後には…おぉいたいた、ぴっかぴかになって帰ってきたトップナンバー!!
まるで貨客混合列車www





ちょうど小田原行きが到着して、ごった返すホーム。コデ君の回送で定期列車を1本運休したが為に、ここだけ24分空いちゃったんですよねwww 線路容量ギリギリの大雄山線。
んでコデ君を見て、なんじゃありゃー!?と振り向く人、あぁいつもの黄色いヤツ…と改札に向かう人、リアクションは半々に分かれる感じ。この時間、検査のほか工臨なんかでもそこそこ頻繁に運休させては、その度に”運休します…!!”というポスターが駅や車内のあちこちに貼られているので、割と大雄山線ユーザーの間では有名なのかもしれません。













JR→いずっぱこ引き渡しシーン。
JRは何故にワムの後に引っ付けて運んでくるのか…というと、実はココの渡り線に架線張ってないから、だそうで。JRもいずっぱこも電気機関車(コデ君は果して”機関車”なのか…!?)で運んでいるので、直接入れられないんですね。それなら間にワムを噛ませて押し込めばいいんじゃね?ってコトで…なんという原始的な発想wwww



後方確認…!!



E231から見たコデ。

JRホームから撮ってたんで、当然JRの電車が時々前を遮るワケですが…並ぶと余計にコデ君だけがタイムスリップしてきたように見える(笑) なんかもうJRの電車がモノ凄く未来的な乗り物に見えますねwww そんな未来の電車の窓から、コデを眺める老人の姿が印象的でした。





定番の穴部~飯田岡で。
コデ君、メチャクチャ元気です。これ、5000は電源落ちてるので1M3Tなワケですが、定期列車のスジを借りて走っているので、普通の営業列車と同じ速度で走らないとスジに乗らないという…まぁ途中駅は通過するんで、ちょっとは余裕あるんでしょうけど。吊り掛けの音を唸らせてモノ凄い勢いで爆走しとりましたwww



というワケで。今回も、無事お家へ帰ってきましたとさ。めでたし、めでたし。
また4年後も、コデ君に牽引されて入場する姿が見られるといいですね…!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。