FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

西武カラー805Fを撮る
こちらの続きです。
宿を出ると、快晴だった昨日とは打って変わって小雨が降っていました…(;´д`)
しかし昼頃から回復するという予報を信じて、まずは三岐鉄道へ。



大矢知駅近くの踏切でスタンバイしていると、さっそくセメント列車が入ってきました。
先頭のカマは、大きな窓と乗務員扉が電車用のものに交換されているのが特徴のED456号です。


でもって西武カラーの805F!
一応、去年の暮れに近鉄富田で偶然撮れたっちゃ撮れたのですが、駅撮りで影落ちも酷く、ちゃんとした編成写真も押さえておきたかったんですよね。
ここは交換設備の有効長が貨物列車用に長く取られていて、編成こそ短いものの、まるで西武のどこか複線の区間を走っているように見えていい感じです。


折り返し西藤原行き。
あまり時間がないので、後追いになってしまいますが大矢知~平津間の俯瞰ポイントで撮影。



お!?こいつは西藤原方のクハが元西武N101系な851Fではないですか。
2012年11月に発生した踏切事故で廃車となってしまったクハ1851号の代替として、部品取り用だった元西武N101系のクハ1238号を整備して復旧させた異端編成です。
西武701系とN101系、ぱっと見の印象は似ているのですが、こうして混ざると全然違いますね。
少しでも凹凸をなくそうと、クハ1238は雨どい部分をグレーに塗る(751系は車体と同じ黄色)という涙ぐましい努力をしていますw


さらに暁学園前駅近くのカーブへ移動。
やっと晴れてくれました!!


振り返ってもう一枚。
この日805Fは終日運用だったのですが、とりあえず晴れカットが撮れたので四日市に戻ることにしました。

こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/02/20(水) 20:42 ]

三重県は実質都内
記事が前後してしまいますが、去年の暮れに養老鉄道への譲渡に向けて改造中だった東急7700系7903Fが、近鉄塩浜駅のホームから見える位置に留置されているという情報を見つけて、実家へ帰る途中に寄り道してきました。
帰省ラッシュもピークを迎えた12月30日、超満員の新幹線を名古屋で降りて近鉄に乗り換え、急行で塩浜へ向かっていると…。



!?


近鉄富田で西武カラーの805Fが停まっていたので、慌てて下車w
富田に着く直前、あーそういえば805Fまだ撮ってなかったなぁー、偶然停まってたりしないかなぁー…なんて考えていたら、本当に停まっていたという…。
5月に運用を下調べして行ったら車両不具合で差し替えられちゃいましたし、こういうのは狙わない方が当たるんですよね(^-^;


いい感じに順光だったので、少し残って駅撮りすることにしました。


三岐101系と近鉄2800系。
この3線区間は西と東の昭和な通勤電車が当たり前のように並走していて、まるで鉄道模型のようですね。


2800系、見た目は昭和テイストですが、これでもL/Cカーだったりしますw


なぜか前パンだけ下枠交差式な2800系。
調べてみると、2800系のうち2種類のパンタが混在している編成は、この2802F(AX02編成)のみだそうです。
近鉄は本当に沼ですな…。


5200系。
これが一番オーソドックスな名古屋線の急行という感じ。


新塗装Aceと伊勢志摩ライナー。
いよいよ汎用特急の旧塗装車も残り僅かですな…。


続行でアーバンライナーplusも通過。


1010系。
現在は名古屋線系統でしか走っていない形式ですが、もともと京都生まれなので車体幅が広いのが特徴です。

さて、そろそろ本題の塩浜へ移動しましょう。


おお、本当に東急7700系が停まってますよ。
西武に東急に…もはや三重県は実質都内なのでは?www



東急マークが撤去されていたり、スカートが付いていたりと細かい変化はあるものの…なんだか、よくできたCGを見ているみたい。


あと転落防止幌が近鉄式のイライラ棒タイプ(笑)に交換されていました。
その後7903Fは、年明け1月4日の終電後にモト94、96牽引で養老鉄道入りしたそうです。
デビューが待ち遠しいですね。
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/02/15(金) 22:56 ]

二度目の引退
今年7月をもって”二度目の引退”が決まった伊豆急100系。
引退記念イベント第1弾として、1月31日~2月4日に伊豆急下田~片瀬白田間で貸切列車が運転されました。
ダイヤは日によって微妙に変化があり、撮影した2月2日は伊豆急下田10:26発でスタート、片瀬白田~伊豆稲取間を1往復し、伊豆急下田13:01着、小休止のあと再び伊豆急下田を13:52に発車、今度は単純に片瀬白田まで行って戻って来るという行程でした。


というわけで、まずは稲梓へ。
伊豆急と言えば、このトリコロールカラーですね。
電車の塗装からは消えてしまいましたが、駅名標ではまだまだ現役です。



駅近くの落合橋梁を渡るクモハ103号。
雲一つない青空をハワイアンブルーの電車が駆け抜けて行きました。





続いて伊豆稲取へ移動。
稲取漁港の俯瞰に登ってみましたが、思っていた以上に電線などの障害物が多いわ、路地が複雑に入り組んでいて迷うわで、悪戦苦闘しながらの撮影でした。



折返し伊豆急下田行きは無難な構図で。
方向板と種別板は借り手が自由に掲出できるようで、こちらの便はイラストが入ったようなキラキラしたものではなく、あくまでも現役時代のデザインをベースにしつつネタに走っていて、凄くいい感じですねw



再び稲梓へ。
ここは、伊豆急にしては珍しく観光地っぽさが一切ないローカルな駅で、駅員さんも終日不在です。


今度は稲梓~蓮台寺のちょうど中間くらいにあるカーブでスタンバイ。
この時間の伊豆急下田→片瀬白田は、どう足掻いても順光にならないので、後追いメインに撮ろうと思ったら…



なんと後ろもヘッドライトが点灯していましたw
これは嬉しいですね。


ラストは蓮台寺~伊豆急下田の築堤へ。
去年ここで撮影したときは、大粒の雨を拾って盛大にピンボケしてしまった苦い思い出があるのですが、無事にリベンジできました。



伊豆急下田到着後、側線に入換えて終了~。


クモハ103の隣で休んでいた185系。
夕日に輝く金色の窓枠が最高にカッコよかったですw
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/02/04(月) 23:53 ]

富士山の向こうからやって来た新型車両
11月17日は岳南電車に新型車両9000形がデビューするということで撮影に行ってきました。


試乗会に合わせて吉原9時半頃に着くように東海道線を下って行くと、なんと熱海では373系の普通列車に当たりました!
沼津までの短い区間ですが、まだ残っていたんですねぇ…。


吉原着。
暫くすると岳南富士岡から9000形が回送されてきました。
今日は吉原~岳南江尾間を臨時列車として2往復運転する予定。
乗降は吉原のみで、1日乗車券を購入すると先着80名が試乗できるというものでしたが、既に1往復目は満員御礼、2往復目は並べば乗れるとのこと…ただ、この列に並んでしまうと走行写真は撮れません。
また乗車機会はあるだろうと思い、せっかくマークもついているので撮りの方に回ることにしました。


先発の岳南江尾行きで先回り。


岳南を訪ねたのは貨物列車の運行が無くなって以来でした。
ワムだらけだった比奈駅構内は大部分が更地に…もう、あの頃の賑わいは戻って来ないのですね。




須津、ジヤトコ前付近で撮影。
富士山の向こう側からやってきた9000形、元は富士急の1000系1206Fでした。
富士急では元JR205系の6000系6502Fが入線したため廃車になったのですが、その205系というのは埼京線で一度さよならマークを付けて走った後も、ATACS導入に伴う予備車として粘り強く残っていたハエ28編成を改造したもの。
風が吹けばなんとやらではないですが、埼京線がATACSを導入することになったおかげで、遠く岳南電車では新車を買うことができたのですw


試乗会を終え、車庫のある岳南富士岡に戻ってきました。
ぼろぼろのワムと並ぶ9000形は、華やかだった”岳南鉄道”時代を知らない初めての世代ですね。


2度スイッチバックして入庫。


岳南では元東急5000系以来の鋼製車。
新型車両とはいえ昭和生まれ、塗装も渋い感じなので、レトロな車庫がよく似合います。


外されたヘッドマークは記念撮影にどうぞ、と駅舎の前に展示されました。
これ、近くで見て気づいたんですが手描きだったのですね。




岳南富士岡駅の構内には、かつて貨物輸送で活躍した電機たちも保存されています。




カラフルな元京王3000系たち。
9000形にとっては京王時代の同僚と感動の再会…ですが、京王線と井の頭線なので同じ線路を走ることはなかったんですよね。


帰りは三島で降りると、駿豆線ホームに西武ツートンの1300系が停まっていました。



さらにソウルメトロ軌道線塗装の3000系も入線w

東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/11/28(水) 20:37 ]

梅雨入りハワイアンブルー
4月から月イチで計3回に渡って運転されている伊豆急100系を使用した貸切列車。
そういえば復活した直後に伊豆北川でド順光カットを撮れて満足してしまって以来、すっかりご無沙汰でしたねぇ。
というわけでラストの6月10日、梅雨入りに台風の影響も加わって天気は下り坂でしたが撮影に行ってきました。


まずは下田海中水族館とコラボした「水族館電車」として伊豆急下田~片瀬白田間を1往復するということで片瀬白田で下車。
駅から徒歩10分ほどのところにある海沿いの撮影ポイントへ。


幌付き!前パン!!
いやぁ相変わらずカッコイイですなぁ。
鉛色の海を背にして走る姿もまたいいもんです。


20分程度で折り返してくるので、復路もすぐ近くでスタンバイ。
こちらの方が有名なアングルですね。


ボロり子
少し前まではストライプが来たらラッキー!なんて言ってましたが、気付けばストライプだらけになってしまいましたwww
もう長いこと伊豆の顔だった185系も、既に新型車両E261系を導入することが発表されており、今後251系を含め大きな変化があるものと思われます。


そして100系。
驚いたことに、今回ここで撮影していたのは往復とも私一人だけでしたw
多少天気が悪くても、100系が走るとなれば同業者さんの一人や二人は居るだろう…と思っていたのですが。



後続の普通電車で伊豆急下田へ移動。
側線で1時間ほど小休止した後、




今度は蓮台寺までの僅か1駅間(!)をちょこまかと2往復しました。


これは午前中の「水族館電車」とは別ものでして、気軽に100系を貸切ってもらおうと伊豆急が所要1時間で完結するコースを企画、費用は3万円!と破格の設定で希望者を募るという少々変り種の貸切列車でした。


所要1時間といっても蓮台寺までは5分もかかりませんから、実際は停車時間の方が長いですw


再び伊豆急下田へ戻ると、側線で251系と651系が仲良く並んで休んでいました。
どちらもバブル期に生まれた兄弟のような形式ですね。


雨足が強くなってきました。
最後の便は近くの鉄橋から撮影…したんですが、大粒の雨を拾ってしまい盛大にピンボケ(-_-;
駆け足で伊豆急下田に戻ると、昼間と同じ側線に停車していました。


暫くするとパンタを下して、おやすみなさい。


保安装置の関係で、すぐには伊豆高原へ帰れない100系。
こうして走る機会も年々減っており、今後が心配ですね。
個人的には、もう一度乗ってみたいのですが…。
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/06/16(土) 12:14 ]

次のページ

copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ