FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

富士山の向こうからやって来た新型車両
11月17日は岳南電車に新型車両9000形がデビューするということで撮影に行ってきました。


試乗会に合わせて吉原9時半頃に着くように東海道線を下って行くと、なんと熱海では373系の普通列車に当たりました!
沼津までの短い区間ですが、まだ残っていたんですねぇ…。


吉原着。
暫くすると岳南富士岡から9000形が回送されてきました。
今日は吉原~岳南江尾間を臨時列車として2往復運転する予定。
乗降は吉原のみで、1日乗車券を購入すると先着80名が試乗できるというものでしたが、既に1往復目は満員御礼、2往復目は並べば乗れるとのこと…ただ、この列に並んでしまうと走行写真は撮れません。
また乗車機会はあるだろうと思い、せっかくマークもついているので撮りの方に回ることにしました。


先発の岳南江尾行きで先回り。


岳南を訪ねたのは貨物列車の運行が無くなって以来でした。
ワムだらけだった比奈駅構内は大部分が更地に…もう、あの頃の賑わいは戻って来ないのですね。




須津、ジヤトコ前付近で撮影。
富士山の向こう側からやってきた9000形、元は富士急の1000系1206Fでした。
富士急では元JR205系の6000系6502Fが入線したため廃車になったのですが、その205系というのは埼京線で一度さよならマークを付けて走った後も、ATACS導入に伴う予備車として粘り強く残っていたハエ28編成を改造したもの。
風が吹けばなんとやらではないですが、埼京線がATACSを導入することになったおかげで、遠く岳南電車では新車を買うことができたのですw


試乗会を終え、車庫のある岳南富士岡に戻ってきました。
ぼろぼろのワムと並ぶ9000形は、華やかだった”岳南鉄道”時代を知らない初めての世代ですね。


2度スイッチバックして入庫。


岳南では元東急5000系以来の鋼製車。
新型車両とはいえ昭和生まれ、塗装も渋い感じなので、レトロな車庫がよく似合います。


外されたヘッドマークは記念撮影にどうぞ、と駅舎の前に展示されました。
これ、近くで見て気づいたんですが手描きだったのですね。




岳南富士岡駅の構内には、かつて貨物輸送で活躍した電機たちも保存されています。




カラフルな元京王3000系たち。
9000形にとっては京王時代の同僚と感動の再会…ですが、京王線と井の頭線なので同じ線路を走ることはなかったんですよね。


帰りは三島で降りると、駿豆線ホームに西武ツートンの1300系が停まっていました。



さらにソウルメトロ軌道線塗装の3000系も入線w

スポンサーサイト
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/11/28(水) 20:37 ]

梅雨入りハワイアンブルー
4月から月イチで計3回に渡って運転されている伊豆急100系を使用した貸切列車。
そういえば復活した直後に伊豆北川でド順光カットを撮れて満足してしまって以来、すっかりご無沙汰でしたねぇ。
というわけでラストの6月10日、梅雨入りに台風の影響も加わって天気は下り坂でしたが撮影に行ってきました。


まずは下田海中水族館とコラボした「水族館電車」として伊豆急下田~片瀬白田間を1往復するということで片瀬白田で下車。
駅から徒歩10分ほどのところにある海沿いの撮影ポイントへ。


幌付き!前パン!!
いやぁ相変わらずカッコイイですなぁ。
鉛色の海を背にして走る姿もまたいいもんです。


20分程度で折り返してくるので、復路もすぐ近くでスタンバイ。
こちらの方が有名なアングルですね。


ボロり子
少し前まではストライプが来たらラッキー!なんて言ってましたが、気付けばストライプだらけになってしまいましたwww
もう長いこと伊豆の顔だった185系も、既に新型車両E261系を導入することが発表されており、今後251系を含め大きな変化があるものと思われます。


そして100系。
驚いたことに、今回ここで撮影していたのは往復とも私一人だけでしたw
多少天気が悪くても、100系が走るとなれば同業者さんの一人や二人は居るだろう…と思っていたのですが。



後続の普通電車で伊豆急下田へ移動。
側線で1時間ほど小休止した後、




今度は蓮台寺までの僅か1駅間(!)をちょこまかと2往復しました。


これは午前中の「水族館電車」とは別ものでして、気軽に100系を貸切ってもらおうと伊豆急が所要1時間で完結するコースを企画、費用は3万円!と破格の設定で希望者を募るという少々変り種の貸切列車でした。


所要1時間といっても蓮台寺までは5分もかかりませんから、実際は停車時間の方が長いですw


再び伊豆急下田へ戻ると、側線で251系と651系が仲良く並んで休んでいました。
どちらもバブル期に生まれた兄弟のような形式ですね。


雨足が強くなってきました。
最後の便は近くの鉄橋から撮影…したんですが、大粒の雨を拾ってしまい盛大にピンボケ(-_-;
駆け足で伊豆急下田に戻ると、昼間と同じ側線に停車していました。


暫くするとパンタを下して、おやすみなさい。


保安装置の関係で、すぐには伊豆高原へ帰れない100系。
こうして走る機会も年々減っており、今後が心配ですね。
個人的には、もう一度乗ってみたいのですが…。
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/06/16(土) 12:14 ]

Y159と大場車庫
毎年、引退間際の車両が充当されることで名高い(?)横浜セントラルフェスティバルY159記念列車
今年は189系最後の1本となったN102編成が、貨物線を駆使して神奈川県内のあちこちに出没しました。



まずは安定の大船駅撮り。
ここなら手前は副本線なので被られないだろう…と思いきや、通過直前に待避列車が塞いでしまい久々に冷や汗をかいた撮影でした(;´д`)



後続列車で根府川へ。
沿線撮りも考えたのですが、このあと気になるイベントがあるので、軽く撮ったら東海道線をさらに下って…


いずっぱこの大場車庫へとやってきましたw
この日(5月26日)は伊豆箱根鉄道創立100周年を記念したイベントが開催されていて、「機関車EDと貨車の連結留置」が行われると告知されていたんですが…あれ?貨車が居ない…。


スタッフの方に伺ってみると、なんと貨車ではなくEDの重連に変更されたとのこと!?


ま、まぁ重連も珍しい…ですけどねorz

とりあえず大場車庫に入ったのは初めてなので、気を取り直して他も見ていきましょう。


この大きなドーム型の車庫、味があっていいですね~。

…おや?
何やら見慣れない緑色の車両が止まっていますよ。


これは江ノ電とコラボした100周年を記念して、かつて沼津と三島の間を走っていた軌道線カラーに塗り替えている途中なのだそうです。



割と似合ってるんですが、どう見ても江ノ電なんですよねw
というか、そもそも伊豆っぱこに軌道線が存在していただなんて今日まで知りませんでしたよwww


沿線が舞台のアニメ、ラブライブのラッピング車も展示されていました。
いずっぱこさん、このラッピング車がお気に入りなのか、サイドから流し撮りした写真が公式ページのトップを飾っていたりしますw

でもって、奥の方には今日のお目当てだった貨車と1000系の廃車体も止まっているではありませんか!!
…が、ここからだとちょっと遠いですなぁ。
なんとか近くまで行けないだろうか、


あ、隣の洗車体験に乗れば、窓越しに撮れるのでは?と思い付きました。


乗ってびっくり、車内に誰もいませんwww
地獄絵図だった先週の某久里浜工場とはえらい違いですな(笑)
発車時刻が近付いてくると数組の家族連れが乗り込んできましたが、それでもガラガラ。
これなら思う存分写真が撮れますね。


現存する唯一の1000系、モハ1008号。
引退したのは2005年3月と比較的最近なのですが、末期は殆ど走ることがなく、最後もさよなら運転ではなく”撮影会”のみ行われました。
そうそう、その撮影会に私も参加する予定だったんですけど、インフルエンザにかかってしまって行けなかったんですよねー(-_-;


反対側は伊豆箱根鉄道バスの三島営業所。
ライオンズカラーの7Eが休んでいました。


さてイベントは一通り見終えたので、近くの撮影地へ移動。


イエローパラダイストレインw
水鏡を狙ってみましたが、ドン曇りかつ若干風も吹いていて、あまり綺麗に写ってくれませんでした。


最近になって謎の塗装変更が行われた7000系第2編成。
ラッピングの前兆か?と噂されていましたが、色が変わった以外に変化はなく…ただのイメチェン??


踊り子を撮って〆。

あの江ノ電が走り始めたら、また来たいですね。
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/05/27(日) 23:29 ]

ぶどう色になったコデ
伊豆箱根鉄道創立100周年を記念して、大雄山線の主コデ165が「ぶどう色」になったということで、3月21日のお披露目イベントに参加してきました。


大雄山駅2番線に、その見慣れない茶色い電車は止まっていました。
いやぁ渋いですねぇ。
大雄山←→小田原のサボがいい感じで、正面から撮ると旧型国電がお客さんを待っているように見えます。


車内を見学することもできました。


コデの車内へお邪魔したのは初めてなのですが、こんな風になっていたんですね。


小田原方に少しだけ座席や網棚も残されています。
窓に貼られた広告には「海の王者シャチ登場」の文字。
恐らく同じ伊豆箱根鉄道が運営している三津シーパラダイスの宣伝ではないでしょうか。


ひととおり見学を終えたら、改札を出て近くの踏切へ。
2番線は狭くて形式写真が撮れないので、ここでイベント終了後の入換を撮ろうという魂胆ですw


暫くすると入換が始まりましたー。
ぶどう色に前パン!堪りませんね。


一旦本線上へ出て、


折返し西側の側線へ。


停車後にヘッドライトが点灯!
しまったー、これはホームから撮った方が絵になりますなぁ(^-^;
てっきり私は車庫の奥か、白いモーターカーが止まっている方に入るのかと思っていたのです…。
しかし、もうすぐ赤電塗装の5501Fが戻って来るので、ここで移動するのは得策ではありません。


というわけで同じ場所から撮影。
今度はこちら側がテールライトになっていますw


ではではライトが消えないうちにホームへ入りましょう。


うーん、いい!


凄くいい!!


特にこの部分。
シル・ヘッダー、プレスドアにぶどう色の似合うこと!
実はコデくん、ぶどう色を纏ったのは今回が初めてなので、これは「なんちゃってリバイバル」ということになるんですが、そんなことは全て吹き飛ぶくらいカッコいいですよね。



最後にホームから並びを撮って〆

***

お披露目から9日後、3月30日に5506Fの出場回送があり、塗装変更後の初仕事となりました。



まずは大雄山→小田原の回送を飯田岡で。
黄色いときに何度も撮っているので、分かっちゃいるけど違和感がw


出場車を牽引して戻ってきました。
みぞれまで降っていたイベントの時とは打って変わって、春の陽気に包まれた初仕事でしたー。
東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/06(金) 21:11 ]

過渡期の静鉄
電機急行が戻ってくるまで一旦、東海道線を逆戻りして東静岡駅で下車。
向かった先は…


静岡鉄道の長沼駅
静鉄って東海道線の車内から見ることはあっても、乗ったり撮ったりするのは結構ご無沙汰なんですよねー。
思えば、まだA3000形がデビューしてから一度も訪ねていませんでした(^-^;
大手に比べれば増備はゆっくりとしたペースですが、思い立ったが吉日です。


まずは先日搬入されたばかりの第3、4編成を撮影。


するとタイミングよく、これらと入れ替わりで引退する1003編成が通過~。
そうそう、このマークも撮りたかったんですよね。
まずは運用に入っていて一安心。


というわけで長沼~柚木間の護国神社前へ移動して待機。
沿線は住宅だらけな静鉄では、数少ない森バックです。
まずはオーソドックスな姿をした1001編成。


正面の斜めストライプがない1005編成。
こんなデザインもあるんですね。


青帯リバイバル塗装の1007編成。
これはかつて走っていた300形のデザインをイメージしたもの。
銀一色もいいですが、青帯もかっこいいですねー。


そしてヘッドマーク付きの1003編成が戻ってきました。


柚木駅。
この細いホームがザ静鉄!って感じですね。
折返しをここで撮ることも考えたのですが、今日の運用、青帯1007の次が銀1003…ということは、日吉町付近で並びが撮れるんじゃなかろうか!?と思い付いて、新静岡行きに乗車。


1007の車内にこんなものが。
おれんじ賞というのは初耳ですねw


でもって日吉町下車。
目と鼻の先にある新静岡から、すぐに1007が戻ってきて…


新清水方面からは1003編成が到着!
リバイバルカラー同士、いい感じに並んでくれましたー。



1007編成とダイハツの広告塗装車1006編成。


1006編成とA3002編成。


A3002編成と1001編成。
この辺でいい時間になってきたので、静岡駅から金谷へ戻りましたー。

東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/18(日) 20:34 ]

次のページ

copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ