> 私鉄屋雑記帳 関東地方の鉄道
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



さよなら!?流馬号
流馬号が今月30日の運行を最後に引退する!?ということで、先日撮影に行ってきました。


某駅から小田急車の我孫子行きに乗車。
暫く乗って馬橋着、流鉄の小さなホームを確認すると…おぉ!タイミングよく、お目当ての流馬号が停まっていました。
偶然にも、お揃いの色をした小田急と(元)西武。
今はこんな組み合わせもありなんですよねぇ。


流馬も発車してしまったので、次の常磐線で新松戸へ。
まずは、いつもの幸谷~小金城趾で撮影しました。


前後でデザインの異なるヘッドマークが付いています。


今日(7月15日)の相方は、あかぎ号
こちらには「全国交通安全運動号」のヘッドマークが付いています。


それにしてもデビューから僅か7年で、もう引退!?

…いや実は、来月から行われる全検に合わせて、塗装愛称が変更されることになったので、引退は引退ですが車両自体は残りますそりゃそうだw
とはいえ、流山と馬橋の頭文字を取って「流馬」、凄くいい名前だったのでとても残念です…。



続いて、これまたいつもの鰭ヶ崎~平和台…ですが、なんだか前回来た時と様子が違いますね。
線路の向こう側に住宅地を造っているようで、藪が切り開かれて更地になっていました…。
まだ手前に辛うじて緑が残っていたので、後ろの重機なども上手いこと隠せましたが、こりゃあまり背の高い建物ができると残念な感じになってしまいそうですなぁ(-_-;



小金城趾に戻って交換シーン。
流鉄唯一の交換駅が島式なので並びを撮るのは難しいです。



そして前パン側も面縦で。
しかし日が傾いてくるにつれて、だんだんと薄い雲が掛り始めてしまいました…。
そろそろ撤収しますかね。



相変わらずレトロな流鉄。
ICカードなんてハイテクなものは使えません。


発車ベルもジリジリジリジリ…と鳴る懐かしいタイプ。
でもスイマセン、それを聴いて真っ先に台鉄を思い出してしまいましたw


久しぶりに、ぴょんぴょん跳ねまくるデンジャラスな走りっぷりを堪能して(笑)馬橋に戻ってきました。



流馬号は来年春頃に新塗色、新愛称で再デビューするとのことで、どんな姿になって帰ってくるのか楽しみですね。
スポンサーサイト
常総線ぼろキハ怒涛の5連!
こちらの続きです。
この日は関東鉄道でも臨時列車が走りました。
というか私的にはこちらがメインでしたw


一仕事を終えたDE10と、関鉄の車両たち。
右側に何やら見慣れない塗装をしたクルマが停まっていますが、こいつは今年2月にデビューしたばかりの最新型車両キハ5010形です。
このキハ5010形に乗って、まずは大田郷へ。



「乗り納め!?キハ314・313号満喫乗車会」という事前応募の団体列車として、久しぶりにリバイバル編成が水海道以北へ入線しました~。


折り返しは、公式ページの告知に載っていた「水海道駅での長編成への増結作業」が気になって、水海道へ行ってみると…ん!?



車庫からキハ318+317+007の3両編成が出庫してきました??



続いて下館から、急行つくばね号のヘッドマークを付けたキハ314+313が戻ってきました。
まさかまさか…





はい、そのまさかでしたーwww

アナウンスによると、水海道駅での「増結」作業は約20年ぶりなのだそうです。
そういえば去年こんなこともありましたが、あれは「分割」だけでしたもんね。



サボ風のシールも凝っていて、ちゃんと下館発水海道発で作り分けられていますw



急いで駅近くの踏切へ。
大迫力の旧型車5両編成!カッコいいですなー!!


折り返しは、駅で自転車を借りて水海道車庫南側の陸橋へ。
今回初めて気が付いたのですが、キハ0形とキハ310形では側窓の構造が違うんですな。
2段窓の上段が、キハ0形は115系などのように上昇させるタイプなのに対して、キハ310形は下降させるタイプになっています。
なので、併結していると何となーく側面の印象が違っているのが遠目にも分かりますね。


ラスト、いつもの場所で入庫回送を撮って〆

既に定期運用から離脱しているリバイバル編成。
引退フラグのようなツアー名も気になるところで、今後の動向に注目ですね。
1時間5分
5月27日は、小山→茂木間で片道運転された臨時列車「DL&SLもおか号」を撮影してきました。
普段は真岡鉄道線内で運転されている、同社の50系客車が水戸線へ入線する!ということで、まずは玉戸~下館へ。



うーん、やっぱり客レは良いですなぁ。
DE10に牽かれる短編成の50系客車は、まるでローカル線の普通列車のよう!
これで50系が朱色だったら完璧なんですがw


下館ではスイッチバックとSLへの付替えが必要な為、9:30着の10:35発という、これまた往年の客車鈍行みたいな長時間停車が設定されていました。
普段は直通列車がないJRと真岡鉄道。
さて、この1時間5分でどのような動きをするのか?気になったので駅近くの踏切へ行ってみると、JR側のホームに停車しているのが見えました。


9:55頃、真岡からC12-66がDE10-1535に牽かれてやって来ました。
このデーテンは真岡鉄道所属のカマなのですが、国鉄色かつ灰色Hゴムで、下手なJR車よりもオリジナルに近いですねw



10:00頃、50系客車が推進運転で小山方へ!


しかし、まだ10:17発の茂木行き普通列車が真岡鉄道線ホームを使う為、暫く水戸線上で待機。
水戸線の方は下館10:30着の勝田行きまで無いので、進路を塞いでしまっても平気なのです。


側線のC12も着々と準備が行われています。


茂木行きが到着。


10:17に普通列車が発車すると、すぐに50系が入線。



そしてC12が出てきて…


50系客車に繋いで準備完了!
いやー、こういうパズルのような入れ換え、見ていて楽しいですなぁ。

ここから先は、いつもの「SLもおか号」と同じスジで運転されました。

続きます(準備中)
さよなら新宿線の迷車10-300R形

10-300R形にシールが付いたということで、2月11日撮影してきました。


はい、なんと引退なんですよ…。
撮影した3日後の2月14日に営業運転を終了し、現在は若葉台へ廃回済みだそうです。
先頭車は登場から僅か12年、なんとも短い生涯でした。゜。゜(ノД`)゜。゜。


10-300R形最大の特徴であるデコボコ編成っぷりを強調させるため、あえて半逆光でw
中間車は1986年に10-000形の6→8連化が行われた際に製造されたクルマで、以前は10-000形のうち試作車~2次車までの初期グループの6、7号車に組み込まれていました。
2004年から10-000形の廃車が始まるのですが、編成単位で廃車にしてしまうと車齢の若い中間車が勿体ない!というわけで、先頭車だけ新造した結果、こんな編成美になってしまいました。
あまりにもヘンテコな姿だったので、デビュー当時のこともよく覚えていますよー、デビュー当時と言ったってつい最近ですから…。



試作車と1次車。
6、7号車(前から2、3両目に写っている車両)が、後に10-300R形へと転用されました。
私、以前は新宿線って縁がなくて、写真もあまり撮っていなかったのですが、この2枚は2004年11月4日に行われたデワ5000形の撮影会へ参加したついでに、京王線内で記録していました。
不思議な形をしたアンテナも懐かしいですね。


こちらは2013年9月3日撮影。
正面から見ると、通常の10-300形と見分けがつきません。
てっきり、よきタイミングで中間車を新造して、10-300形へ編入されるのだとばかり思っていたのですが…。


いやーホント凄い組み合わせ…。
徐々に編成を伸ばしていって、まるで”年輪”のようになっている地下鉄車両というのは割と見かけるのですが、これほど豪快なものはなかなかお目にかかれませんよ。
2013年9月3日撮影。



また10-000形自体も27年間にわたって製造されたので、時期によってバリエーションがあります。
写真は最後まで方向幕、スカート無しの姿を保っていた3次車です。
2013年に引退しました。
2013年9月3日撮影。


3次車の車内。
この黄色っぽい独特な内装は7次車でデザインが変わるため、既に過去帳入りしてしまいました。
2013年9月3日撮影。


4次車。
4、6次車は2009年に行われた更新工事で行先表示がLEDになりましたが、こちらも2016年までに引退済み。
2013年9月3日撮影。


更新工事が行われる前の6次車と、その隣には京王6000形!
今でも新宿線というと、この2形式を真っ先に思い浮かべますね。
2008年5月18日撮影。


7次車はスカート付きなのが特徴(見づらい写真ですいません(^-^;)
7次車以降は今も現役です。
2016年2月11日撮影。


そして大きくイメチェンした8次車。
1997年生まれ、今風な姿になりましたが、足回りは電機子チョッパなので10-000形の仲間です。
2013年9月3日撮影。

なお都営の公式発表によると、2017年度までに10-000形の8次車を含む全編成を置き換える予定だそうで…。
都営さん気前が良いのかケチなのかよくわかりませんなwww

青い登山電車を追って
暫く台湾ネタが続いていますが、ここで少し国内へと戻りまして、来年2月の引退を前にリバイバル塗装となった箱根登山鉄道モハ110号を先日撮影してきたので、アップしたいと思います。


まずは箱根湯本で運用をチェック!
数本待つと、無事お目当ての鮮やかな水色をした電車が姿を現しました…が、少し様子がヘンですぞ。
モハ110号が到着する前に、新型の3000形「アレグラ号」を併結した3連が出庫して来て、通常折り返しに使われている3番ホームへ入れ換え、モハ110号は奥の臨時ホームに入線してしまいました。
「アレグラ号」と並びが撮れたのはいいけど、これってモハ110号が入庫してしまう流れでは…(;´д`)


臨時ホームで待機するモハ110+モハ109コンビ。
「今度の登山電車は2両編成」の案内が登場して、お!?次はモハ110の出番か??と期待するも…


やって来たのは、モハ106+モハ104でした。

まぁとりあえず旧型電車が走っていることは確認できたのと、回送板になっていないことから再び出てきてくれると信じて、


有名どころの出山鉄橋へ行ってみました。
思えば箱根登山鉄道、ちゃんと撮影したのって、かなり久しぶりなんですよね。
普通に観光で乗る機会は何度かありましたが、過去のフォルダーを漁ってみると、沿線で撮影したのは小田原乗り入れ廃止のとき以来だったようで…。
なんとブログカテゴリーすら作ってませんでした(汗;


小一時間ほど待って…遂にモハ110が現れました~。
2つ扉の小型電車、赤と青の可愛らしい2両編成、どこかで見覚えがあるなぁと思ったら、銚子電鉄のデハ701+702ですなw






折り返しは大平台で撮影。
急勾配にスイッチバック、これぞ登山電車の醍醐味です♪


クモハ2001+クモハ2002+クモハ3002
2014年にデビューした3000形は、基本的に2000形2連と併結して3両編成で運用されています。
以前はスイスにある姉妹鉄道のレーティッシュ鉄道カラーを纏っていた2000形も、今では(3両固定の1編成を除いて)3000形に合わせた塗装になり印象が変わりました。


クモハ1003+モハ2202+クモハ1004
こちらもデビュー当時の塗装に戻ったリバイバルカラー編成です。
1000形は冷房化の際に電源スペースの関係で、中間車に2000形を組み込んで3連化した為、タイプになりますがw
箱根登山鉄道では、こうした細々とした改造や塗装変更が度々行われていて、同じ車両でも時期によって姿がまったく異なっていたりするので面白いですね。


そしてモハ110+モハ109!
欲を言えば、モハ110先頭で撮りたかったところですが…


まぁこうならなくてよかったかなと(笑)
ここ、タイミングが悪いと強羅から下ってきた電車と並走してしまいます(-_-;


モハ103+モハ107+モハ108
先頭のモハ103+モハ107コンビは、箱根登山で唯一釣りかけ駆動で残る大当たり編成です♪
見た目がほぼ同じ旧型車両ですが、他は全てカルダン化されてしまっているんですよね…。
足回りの他、ステップの車体裾が長いところも見分けるポイントです(カルダン化の際に交換された台車がステップに干渉する為、他の編成では短く改造されています)


また後ろのモハ108は、以前採用されていた金太郎塗り+客扉も塗装されたデザインに戻されています。



最後に塔ノ沢駅へ移動。
ここは前後をトンネルに挟まれていて、箱根湯本方面のホームへ渡るにはトンネルの上にある通路を経由する、という少し風変わりな構造の駅です。
駅自体も国道から歩行者専用の山道を5分ほど登った場所にひっそりと佇んでいて、ホームには小さな神社が祀ってある、そんなエキゾチックな風景と、ツートンカラーの旧型電車がよく似合います。


トンネル上の通路から俯瞰。
日も暮れた逢魔時、戦前生まれの旧型電車が並びました。

リバイバルカラーに釣られて、久々に訪ねた箱根登山鉄道でしたが、そうかこんなに渋カッコイイ車両たちが、まだまだ近場にたくさん残っていたんだよなぁと。
まさに灯台下暗しですね(^-^;
またモハ110号が引退するまでに、ふらっと沿線を散策してみようかと思います。