FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

岡山の国鉄型キハ2題
こちらの続きです。

高松から瀬戸大橋線で本州へ渡り、岡山でマルヨ。
翌朝は水島臨海鉄道へ行ってきました。



まずは倉敷市~球場前で平日朝夕のみ運行の旧型キハを撮影。
この日はキハ37-101、102コンビでした。
本命はキハ30…なんですが、非冷房につき秋冬以外は基本的に走らないそうです。
まぁ水島臨海鉄道はキハ20が走っていたとき以来なので、何が来ても当たりではありますがw


折り返しは球場前で駅撮りした後、そのまま乗車。


車掌さんから切符を買うと、こんな切り取り式の軟券が出てきました。

下り列車ですが、水島方面には工場や学校もあるので結構な乗車率。
久留里線時代と殆ど変わらない車内に、スーツ姿のお客さんが多く乗っていて違和感を覚えますwww


弥生で下車。
どうも天気がイマイチなので、2往復目はここで駅撮りすることにしました。


貨物列車用に有効長がかなり長く設計されているので、倉敷方は複線のように見えますね。
この設備を活かして、三菱自工前行きが停車する前に倉敷市行きが発車して行きました。



続いてキハ37。
軽快気動車に比べて足が遅いからか?20分毎のパターンダイヤなのですが、こちらはタイミングが少しずれて並びました。


立派な高架に単行のディーゼルカー、どっかで見たことある光景だなぁ…と思ったら城北線ですねwww



この三菱自工前行きでキハ37は入庫、夕方の運用まで昼寝となります。

さて、今日は夕方までに東京へ戻ればよいので、まだ時間が余っています。
天気が良ければ水島に残って貨物を撮ることも考えていたのですが、雨は止みそうにないので…


倉敷から伯備線に乗車。


総社で下車。
近い将来LRTになる?とかで、気になっていた吉備線まわりで岡山へ行くことにしました。
正式名称は吉備線ですが、旅客案内は徹底して「桃太郎線」なのですね…。
英字表記までMomotaro Lineというのは、旅行者に対してあまり親切ではないなぁと思います。


切欠きホームにキハ47の2連が入線してきました。
ザ、ローカル線って感じですね。


日中は1時間に概ね1本程度の吉備線ですが、各方面からの接続は良く、まずは新見から伯備線が到着。


続いて井原鉄道も到着しました。
井原鉄道、まさかこの2ヶ月ちょっと後に集中豪雨であんなことになるとは…。
現在も総社~三谷間は運休となっているようです。


総社を発車すると暫くこんな感じの景色が続きます。



備中高松で何やらド派手なラッピング車両とすれ違いましたwww
この辺りから、だんだんと住宅が増えてきて岡山のベットタウンっぽくなってきます。
吉備線の総延長は20.4km、LRT化された富山港線に比べると2倍以上あり、ここを低床型の路面電車が走るようになったら面白いでしょうね。


40分ほどで岡山に到着ー。
ちなみに運賃ですが、この辺のエリアは大都市近郊区間ではないもののICカードは利用できるので、今回のようなルートで大回りする場合、最短経路で計算されるICカードで乗車するとお得になります。

スポンサーサイト
中国地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/22(日) 20:57 ]

世代交代進む一畑電車 #2
こちらの続きです。


一駅乗って高浜で下車。
大社線といえばここ、稲生神社の鳥居です。


そして高浜でもう一つ撮っておきたかったのが、線路際の保育園に保存されているデハ3号デハ6号
以前は2両ともオレンジ色だったのですが、今回訪ねてみるとデハ6号が2102編成と同じクリーム+青帯に塗り替えられていて、ラッキーなことに同じ色同士の並びが見られました♪


デハ3号はオレンジ色のまま。
かつては自動扉の車両がクリーム+青帯、手動扉の車両はオレンジ+白帯だったそうで、デハ3、6はどちらも自動扉でしたからデハ6の方が正しい塗装ということになります。

…ん?つまりオレンジ色の1000系は手動扉ということに??www


再び大社線に乗って、出雲大社前駅近くの鉄橋へ。
すると時刻表にないタイミングで踏切が鳴り出したので、何事かと思いきや…さっき平田で見かけた、幕が故障している楯縫号がやってきました!?



どうやら貸切列車のようです。


続いて2102編成が発車!
この電車は川跡折返しではなく松江温泉行きなので、


入れ替わりで7000系がやってきました。


構内で保存されている1928年生まれのデハニ52と、現時点で一番新しい2017年生まれのデハ7003。
そう、前回の記事で7000系は86年ぶりの新造車と書きましたが、実はデハニ50形以来1両も自社発注車両がなかったのですw


デハニ52は車内に入ることもできます。


おお、ちゃんとロングシートになってるwww
私が乗った当時は「お座敷電車」に改装されていて、一面畳敷きになっていたんですが、引退後に映画の撮影で使うことになり、ちゃんとした座席に復元されました。
ただ吊革は、例の保育園に保存されているデハ3、6から借りていたそうで今はありません。


手動扉から押ボタン式へ、時代は変わりました。


7003号に乗って川跡へ戻ってきました。
ここで松江温泉行きに乗り換えて…


湖遊館新駅で下車。
なんだか福鉄の福井新、武生新みたいな名前ですが、実は末尾の駅を含めた「湖遊館新」までが正式な駅名として登録されているという超変り種の駅だったりします。
なので乗り換え案内などでは「湖遊館新駅駅」と表示されてしまいますw


駅の近くで撮影。
まずは”手動扉塗装”の1002編成から。
まぁこいつも半自動扱いができるので、あながち間違いっちゃ間違いではないですねw


夕焼けをバックに京王色の2101編成。


大社線ループから脱出した2102編成。
日中は同じ編成が行ったり来たりしているだけかと思っていたんですが、運用表を見ていると何度か交代がありますね。


そして1002編成。
この辺で露出が厳しくなってきたので撤収しました。


帰りは安定のサンライズ出雲で帰宅の途へ。


今回はどの車両も空いていたので、初めてノビノビ座席に乗ってみました。
出雲市発車時点では半分も乗っておらず、松江→米子で”ヒルネ利用”という方までいましたが(笑)
徐々に埋まってきて、大阪を出た頃には満席になっていました。
これならサンライズ銀河…とか妄想してしまうわけですが、このご時世いろいろと難しいのでしょうね…。

中国地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/01/07(日) 23:20 ]

世代交代進む一畑電車 #1
こちらの続きです。
江津から山陰本線のアクアライナーで松江へ移動しマルヨ、翌朝は一畑電鉄を撮影しました。


まずは朝ラッシュ時に出雲市→松江しんじ湖温泉で片道1本だけ運転されている「特急スーパーライナー」を撮る為、松江イングリッシュガーデン前駅の近くでスタンバイ。
1本前の普通電車は、派手な「しまねっこ」のラッピングをした1000系がやってきました。



続いて特急スーパーライナー!
京王リバイバルカラー2101編成+楯縫号2103編成の4連でした!!
いやー京王色に特急幕、最高にかっこいいですなぁ。
ばたでんの公式サイトに全編成の運用予定表が載っているんですが、それによるとスーパーライナーはほぼ毎日この組み合わせで走っているようですね。
恐らく松江温泉駅の改札口が一番前なので、混雑する松江方は3扉車の方がよいのでしょう。


実に86年ぶり(!)の新造車7000系。
ばたでんにもこんな綺麗な電車が走るようになるとは…しみじみ…
デハニのさよなら運転が行われた2009年3月以来すっかりご無沙汰していたので、車両の顔ぶれも当時とは大きく変わりました。


標準色の1000系。
はい、ご存知デハニが纏っていた塗装をアレンジしたものです。
ばたでんといえば、一時期は黄色にドアまわりが紺の塗装が標準でしたが、いつの間にか原点回帰しましたね。




松江イングリッシュガーデン前で交換する2103編成「楯縫号」と5009編成「しまねの木」
どちらも元は同じ京王5000系なんですが、いろいろと改造されているので印象が異なります。
特に5009編成、この折り返しに乗ったんですが、


車内もなかなか凄いことになっていましたwww
日本各地へ散った京王5000たち、普通に地方私鉄で通勤通学輸送に徹している(コトデン、伊予鉄→銚電)だけではなく、観光列車に改造されたり(ばたでん、富士急)、果てにはトロッコ客車なったり(わた渓)と波乱万丈ですよね…。


車庫がある雲州平田で下車。
奥のデハニも気になりますが、もうすぐ京王色が戻ってくるので、



反対側のホームから撮影。
この塗装、よく見るとデハ2111号(奥)には側面の帯に”ヒゲ”がありますが、デハ2101号(手前)には付いていません。
これは時期による違いを再現したもので、5000系登場時は”ヒゲ”付きだったのですが、面倒になったのか数年後に省略されてしまいます。
京王ってこういう地味な塗装変更が頻繁に行われていて、6000系なんかも何パターンかあり、GMのカタログに細かく塗装指南が載っていたことを思い出しましたw


駅の裏手へまわってデハニ53号に近付いてみました。
そうそう、8年前はこいつに乗ったんですよねぇ…懐かしいなぁ。
もう本線上を走ることはできませんが、今も動態で保存されていて、週末には運転体験も行われています。


デハニを撮っていると、一旦入庫していた楯縫号が再びホームへ出てきました。
こいつ今朝から気になっていたんですが、前面の方向幕は故障中なのですかね?w


さて午後は大社線へ移動しましょう。
こちらは一畑電鉄のリバイバルカラーを纏った2102編成が運用に入っていました。


車内には昔の路線図も。
今ではキラキラネームが多いばたでんの駅ですが、さすがに当時は普通な名前ばかりですね(笑)

こちらの記事に続きます。
中国地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/12/24(日) 22:38 ]

広島で能勢電に乗る!?
11月5日は、広島県三原市にある三菱重工和田沖工場の一般公開イベント「AGT鉄道ふれあい祭り」に参加してきました。
和田沖工場には、私にとって馴染み深い”ある電車”が試験用として活躍していて、なんと今回のイベントでは乗車体験ができる!というのです。
先着順なので早めに着いたのですが、さすがに開場2時間前では早過ぎたので(笑)


近くで呉線を撮って暇つぶし。


広島地区初のJR型近郊電車227系。
このエリアへ来たのはかなり久しぶりでして、こいつを撮ったのも今回が初めて。
国鉄広島だなんてネタにされていたのも今は昔ですね。

さて、そろそろいい時間になってきたので工場へ向かうと、門の前にバスが停車していました。
敷地が広いので、このバスに乗ってメイン会場のグランドまで移動するとのこと。
途中、帯がない205系6扉車や広電555号の廃車体(?)、澳門軽軌鉄路向けの新型車両がざっと2~30両並んでいるのが見えましたが、リリースに書かれていたとおり工場内の撮影は指定エリアを除いて禁止とのことで、カメラは向けられません…。


開場後すぐに乗車体験のブースへ行き、無事に整理券をゲットできましたー!!
先着500名とのことでしたが、いかんせん今回が第1回目の開催だったので予測がつかず…とりあえず三原駅からのシャトルバスが動き始める前に到着すれば大丈夫だろうということで、徒歩で向かったのですw
どうやら一番の便ならシャトルバスに乗っても間に合ったようですね。


そして、こちらが試験車両のMIHARA-Liner…って能勢電やないかーいwww


はい、ここ和田沖工場では2016年に引退した能勢電1500系のうち、1554号と1504号の先頭車2両が試験車両「MIHARA-Liner」として活躍しています。
能勢電1500系は、私が生まれる前から地元を走っていた思い入れのある車両なだけに、今回何としてでも乗りたかったんです!


外観はロゴマークが入った以外、ほぼ能勢電時代そのまま。
目立つ変化としては、1554号のクーラーカバーが1台だけ違う形状のものに取り換えられていることくらいでしょうか。


車内もほぼそのままですねー。
こちらは1504号。


1554号。


1554号ではドアエンジンの試験を行っているようで、一番連結面寄りのドアの駆動部分がスケルトンになっていました。
海側が空気式、工場側が電気式と書かれています。
ちなみにドア開閉時のブザーは、いつものアレでしたw


乗車体験では、まずエンドレスになっている試験線をゆっくりと解説を交えながら1周、その後最速の80kmで1周の計2周走行しました。
1500系は既に車齢50歳を超えているのですが、きびきびとした走りで相変わらず元気です。


工場内の試験線とは思えないほど風光明媚な車窓。
能勢電時代には、海辺を走るなど絶対にあり得えなかった光景ですね。




乗車体験は1回100名ずつに分けて行われていて、上記2周を5セット、合計10周した為、走行写真も撮り放題でした。
それにしても1554編成が三菱重工へ渡ったと聞いたときは嬉しかった反面、工場内ですから一般人はそう簡単に近づくことができないだろうなぁ…と思っていたのですが、まさかこうして再び乗ったり撮ったりできる日が来ようとは!


また午後からはAGTという新交通システムの乗車体験も行われていましたが、こちらは残念ながら能勢電に乗っているときに整理券が配られていたので乗れませんでした。




三原駅前と和田沖工場の間を結んでいたシャトルバス。
トモテツバスのクルマでしたが、もちろん(!?)三菱車w
それもかなりの年代物でした。

こちらの記事に続きます。

中国地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/11/13(月) 20:10 ]

柵原の保存鉄道、再び
てっぱくに続き、博物館シリーズ第2弾!
と言いますか、お待たせしましたこちらの続きです(^-^;


岡山でマルヨし、翌朝(5月5日)は柵原へ。
遠い遠いと言いながら、今年もまた来てしまいましたw



今年は開園前に現地入りし、吉ヶ原9:30発の試運転から撮影開始。
本日の編成は、吉ヶ原方からキハ702+キハ303、待望の2連です!
去年のGWは終日キハ702の単行だったんですよねー。

そして、この小さな踏切を渡る何気ない写真も、1年前は絶対に撮れないカットでした。
何故かというと、


2014年11月2日に延伸した区間だからです!
以前は、踏切の手前にあった”柵原口”という臨時駅まででしたが、展示線が旧柵原駅方向へ約130m延長され、踏切を渡った先に新しく開業した「黄福柵原駅」まで、入線できるようになりました。


吉ヶ原へ戻る試運転列車。
さて本運転と何が違うでしょう!?正解は後ほどw


一旦車庫へ引き上げて、10:00発の一番列車まで小休止。



動態保存なので、今日は走っていない車両たちも、当然去年とは配置が異なっています。
前回は撮れなかったアングルで撮れたり、新たな発見があって、やっぱり”生きている”鉄道はいいなぁーと思いますね。


それにしても今日は、雲一つ無い絶好の撮影日和!
午前中は、順光になるキハ702側を撮りまくります。


公式ページの展示運転リポートによると、キハ303号が柵原方に連結されるのは、ジャンパ栓の具合の関係で稀なのだそうです。


吉ヶ原11:42発、黄福柵原行きに乗り鉄しましょう。
もちろん、前回は走っていなかったキハ303の方をチョイスw
このキハ303は昭和9年に国鉄キハ41071としてデビュー、動態としては国内最古の気動車です。
大宮の鉄道博物館に保存されているキハ41307と同型ですが、こちらは車内がロングシートになっています。


現役当時のものと思しき広告。
一体、何年前の夏でしょうかwww



黄福柵原駅の改札口には、平成3年4月1日改正の時刻表が。
末期の片上鉄道は、一日たったの3往復しか走っていなかったのですね。
ちなみに現在の展示運転も、基本は従来通り途中の”柵原口”で折り返す便がメインなので、黄福柵原まで運転される列車は、試運転を含めると同じ一日3往復だったりします(笑)


吉ヶ原駅にそっくりな三角屋根の駅舎。
これは片鉄の他の駅でも見られた、標準的なデザインなのだそうです。


昼休憩中に現れたクラシックカーたち!
キハと並べて即席の撮影会をされていたので、三条も混じって撮らせて頂きました。





午後はキハ303側を撮りまくり。
新駅が出来てダイヤが複雑になった為か、今年は臨時増発は行われず、ほぼ時刻表通りに運行されていました。


気が付けば、本日の展示運転も終了の時間に。
キハ702が切り離されて…


並びました!
営業運転時には必ず取り付けられているヘッドマークも外されて、まるで現役時代のようです。
というワケで、試運転と本運転の違いはマークの有無でしたw

最後、入庫まで見届けたいところですが、残念ながら津山行き最終バス(早ぇよw)の発車時間が迫って来たので、これにて退散しました。
中国地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/07/06(月) 23:33 ]

次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ