> 私鉄屋雑記帳 首都圏の専用線
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



武蔵白岩鉱山、閉山へ
埼玉県は飯能市の山奥で走っていた”小さな鉄道”が、3月31日をもって、ひっそりと姿を消しました。



廃止前日の3月30日、まずは飯能駅のバスターミナルへ。
すると、1台しかない国際興業の旧塗装復刻車が止まっていました。
国際興業といえばキュービックでしたが、どうやら今では旧塗装のコイツが最後の一台になってしまったようです。


湯の沢行きのバスに揺られること約1時間(!)名郷というバス停で下車。
ここから、さらに山道を歩くこと40分ほどで…



到着ー!!!

こちらが今回の目的地、JFEミネラル武蔵野鉱業所です。
同鉱業所では、1kmほど離れた場所にある武蔵白岩鉱山で採掘された石灰石を運搬する為に、鉱山鉄道が活躍しているのですが、電車、バスを乗り継いで、最後は徒歩という、まぁホント絵に描いたような辺境の地であります。
久しぶりに心地よい達成感を味わいました、まだレールすら拝んでいないのに(笑)

とりあえず事務所で撮影許可を…と思ったら、ちょうど3名の同業者さんが事務所から出てきました。
そのうちの2人は、行きのバスからずっと一緒だった方ですwww
スマホの電波すら通じない場所なだけに、同志が居ると心強いですね。


さて、無事に撮影許可を頂いたので登頂開始!
え?ここって工場の敷地内なんじゃ…??
いえいえ、これでも「立入り禁止」のバリケードより手前はハイキングコース。
今は廃村になってしまったそうですが、山上の集落へと続いている立派な生活道路でもあるのです。


つづら折りになっている作業員通路ハイキングコースを上って行くと、いきなり軌道が現れました。


そしてトロッコも発見!


凸型のバッテリーロコに、グランビー鉱車と呼ばれる貨車が9両繋がっています。
石灰石で白く染まった車体は、観光用ではない現役の鉱山鉄道の証です。



奥には、予備機?部品取り用??の怪しげな機関車も…。
手前に見えているのが本線で、分岐を右手へ進むと、採掘場へと続くトンネルに繋がっています。



道なりに進んで行くと、工場全体を見渡せる俯瞰ポイントへ辿り着きました。
斜面の僅かなスペースに敷かれたレールは、まるでHOナローのレイアウトのようです!

さきほどの同業者さん曰く、土日は運休、31日は閉山式で動かない、可能性があるのは今日だけ、とのこと。
もう閉山間際でしたから、車両が止まっているところでも撮れたら万々歳!という気持ちで訪ねたのですが、これは期待できそう…?というワケで暫く様子を見ていると、時折工場の方が姿を現しますが、どうやら閉山式の準備をしているだけで機関車には乗りません。
走るかどうかわからないトロッコを待つこと10分…


背後からモノレールが出現www
このモノレールは、採掘場近くの詰所へと繋がっています。

さらに30分ほど待つと、またしても動きが。
工場の方が1名出て来て、なんと機関車にヒョイと乗車するではありませんか!
パトランプが光り始めるとすぐに走り出して、トンネルへと吸い込まれて行きました!!
遂に動いたのです!!!



折り返しを撮る為に工場近くまで下ると、いつの間にか同業者さんが増えていました。
いやぁ、こんな山奥まで撮影に来られるとは…皆さんバイタリティがありますね(お前が言うなw)
10名ほど待機するなか、トロッコはちょうど1時間で帰って来ました。
閉山式を前に、整えられた祠のそばを通過して、ラストスパートです。



原始的だけど凄いなぁと感心したのが、この装置。
鉱車の側面に付いている車輪が、レール横に設置されたジェットコースターの様なガイドに当たることで傾いて、積荷を落とす仕組みになっています。
しかし何故か空車のまま帰って来たので、ただ傾くだけ。
一体何のために採掘場まで往復したのかナゾですが、お陰さまで一連の流れを見ることができました。



上屋がある部分を通過して、鉱車が切り離されました。
とにかく平地が少ないので、この区間はアメリカの高架鉄道みたいになっています。



身軽になったバテロコ君、コトコトと構内を走り…


名残を惜しむかのように再びトンネルの前まで移動。
小休止した後、屋根の下まで戻って来て、二度と覚めることはないであろう深い眠りに就きました…。
スポンサーサイト
貨車の王様を追って 後編




暫くすると、小山駅の方からお迎えがやってきました。
国鉄色のDE10-1685!!





荒れ放題www

線路際は、沿線住民の皆さんによって耕作されまくり。
小山駅へ近づくにつれて住宅が増えてくるんですが、それでも殆どの個所には柵すらありません。
1年に数えるほどしか運行されないので、こんなユルい感じでも平気なのでしょう。



もういっちょ追っかけて、東北本線との分岐付近へ。
ここは光線が良いので既に数十名のテツが待機していましたが、さらに追っかけ組が自転車部隊、自動車部隊の順で増えてゆきます。

…なぜ、自転車が自動車よりも早いのか。
それは専用線の踏切が、並行する道路の信号と連動していて、踏切が閉まると全方向が赤になってしまうからなんですね。
つまり、自転車ならば赤信号を(以下、自主規制)。



最後に広角で一枚。
すぐ前に踏切があるので、例によって一時停車しています。

小山駅到着後は、側線へ入れ替えて深夜まで待機です。
巨大なシキはスピードが出せないので、他の列車の邪魔をしないようムーンライト芝浦(笑)となって鶴見線沿いの某社工場へと輸送されます。

***




シキは午前中で終ってしまうので、午後は115系目当てで両毛線へ。
まずは有名どころの思川付近ですが、ここは昼を過ぎると顔に光がまわらなくなるのと、この日は横風が半端なく、機材ごと吹っ飛ばされそうになったので1本撮って退散。
それにしてもその1本というのが、まさかのちょんまげWパンタで驚きましたw
これなら211でも許せちゃう。





自転車パワーを使って点々と移動しまくってみました。
小山~思川の一駅間だけで、これだけ良いスポットが転がっています。
そこそこ本数あって、何気に車種も豊富な両毛線、今度はもう少し暖かい時期にリベンジしたいなと思いました(^-^;



ところで小山の側線と聞いて思い出すのが、長らくこの地で眠っていた東武の長老モニ1471号です。
同じ場所を訪ねてみたところ、今はただの駐車場になっていました。

…って、解体されたのは結構前の話なのですが←

貨車の王様を追って 前編
今月のDJ誌は巻末の甲種欄が盛りだくさんなのですが、なかでも目立つのが特大貨物の記事。
ここ最近シキ車の動きが活発でして、ちょうど日曜日には小山の高岳製作所専用線で変圧器が出荷されるとのことで、行ってみることにしました。



今回の撮影のお供は…小山市観光協会の13号君!
小山駅から高岳製作所までの距離は5.6kmもあり、さすがに徒歩での撮影はキツいので自転車を借りて来ました。
すると受付のおじさん「機関車ですか?」と、いきなり図星(笑)
皆さん考えることは同じで、普段なら2~3台あれば十分なところ、この日は既に10台以上も出払っていたのだとかwww
ストックは多数用意してあるそうですが、万が一のことを考えると、専用線の運行日は早めに借りに行った方が良さげですね(^-^;



まずは専用線の最深部、工場の前まで一気に走らせます。
既に変圧器を積んだスイッチャーが出発を待っていました。



工場前には機関庫と、何やら錆びた茶ワムやカバーを掛けられたナゾの台車(?)など、怪しいクルマたちがたむろしています。



この水色をした貨車のようなものは「変圧器タンク静荷重試験専用車両」(名前長っ!)という、変圧器の重さを量る装置だそうで、車体にはシキ610、370、800と目盛りが振ってあります。
コイツを使って、輸送に使用するシキ車の大きさを決めるんでしょうね。

ちなみに、今回のは特大貨物のなかでも小振りなシキ180でした。
小さいとは言っても、80トン積み、4台車10軸という化物スペックなのですがwww



なんと!ご丁寧に、自家用車で来たテツ向けに駐車場の案内までありました。
ただ追っかけて何発も撮るとなると、ここの場合は自転車の方が圧倒的に有利だったりします。
その理由は後編で…



工場から少し南下したところにある撮影ポイントへ。
暫くすると、シキ御一行様がそろりそろりとやって来ました。

それにしても、今日は見事な青空です!
ムカデのように車輪がいくつも付いたシキですが、澄んだ空とお揃いの青い機関車と変圧器のおかげで軽快な感じすらします。



遮断機の無い踏切。
こんな感じの踏切が途中に数ヶ所あって、その都度一旦停止→係員がスイッチャーから降りてきて手動で警報機を作動させるので、とにかく遅いです。



さらに追っかけて、もう一発。
古河スカイという工場の前にある機回し線へ到着しました。



実はこの古河スカイ前から先、小山駅までの区間は古河スカイの専用線だったりします。
それだからかスイッチャーの役目もここまでで、到着次第すぐにシキから切り離されてしまいました。

首都圏の車扱貨物2011 #3 ~さよなら東亜石油専用線~
今回は、先月末で過去帳入りしてしまった東亜石油専用線をupします。
現役の車扱貨物をリストアップ…と言いながらスイマセン、ネタを準備しておきながら廃線までに間に合いませんでした(泣;;



東亜石油専用線は、鶴見線の昭和駅手前から分岐していた500メートルほどの専用線で、1日に最大6往復運転されていました。
この手の路線としては本数も多く手軽に撮影できるスポットだったんですが、既に今年3月のダイヤ改正から廃止を見越した臨時列車化が行われていたようです。



雑草をかき分けながら、ゆーっくりと通過するタキ。
夏場は特に凄まじく、レール面が光っていることに気が付かなければ、廃線跡と見紛う程ですね(笑)
ちなみに浜川崎から推進運転でタキを押し込んでいた為、機関車の顔がこちら側を向くことはありません。



でもって一番の見せ場はここ!
鶴見線から分岐してすぐのところに、県道を渡る大きな踏切がありました。
千鳥町のそれとは違い、ちゃんと遮断機があってデンジャラス度は少し低いのですが、扇町へ通じる道がこの県道一本だけなので交通量も多く(しかもその大半がでっかいタンクローリー)通過シーンは見応え充分vv



専用線内では、こんな黄色いスイッチャーも活躍していました。
コイツ普段は工場のなかで引きこもっているんですが、タキを入れ替えるときに一旦敷地外へ出る必要があるので、タイミングさえ合えば公道から撮影できることも。タキの両数が多ければ多いほど、手前まで来てくれます!





今回の廃止で、浜川崎駅の貨物取扱も無くなってしまいました。
もう残りの貨物列車は浜川崎駅を素通りするだけ。タキがたくさん止まっている風景も過去のものに…。



倉賀野から浜川崎へ向かう4047レ。数ヶ月前、何気なくカメラを構えていたらEF64の原色釜がやって来ました。
このスジは、10月以降も行先を川崎貨物へ変更して健在です。


春うらら 王子界隈を撮り歩き


タイトルの背景写真を春バージョンに変更しました~。
今回は北王子駅の桜です!今日ちょっと近くに用事があったんで、ついでに寄ってきました。撮れ立ての写真だったりしますwww



北王子は、田端操車場からひょろっと伸びた貨物線で、その名のとおり王子駅の北側、東十条駅と王子神谷駅の間にひっそりと佇んでいます。一応、東北本線の支線という扱いだそうで、通称”北王子線”と呼ばれていますが、実質は日本製紙への専用線状態です。平日のみ一日4往復、DE10牽引の貨物列車が入ってきます。
そんなワケで、知る人ぞ知る的な濃いぃスポット…ではあるんですが、これほど素晴らしいロケーションはそうそう無く、しかも都内!という場所柄、今日は同業者さんも大勢居られました(^-^;
地元でも、ちょっと有名な桜スポットになっているようで、通りすがりにケータイで…はもちろん、ここの桜を撮るためにカメラを持ってきた、という方も。
踏み切りが鳴っていなくても、思わず足を止めて見入ってしまう見事な桜並木です。





構内の入れ換えには、白いスイッチャーが大活躍!!この他に黄色いスイッチャーが3台いますが、片隅に留置してある2台は使われていないようで、車体には錆が浮いています。





はらはらはら~っと。ときどき小風が吹いて、綺麗な桜吹雪が…!!
ホント、今日は最高のお花見日和ですね。こういうのを見ると、日本に生まれてよかったな~と、しみじみ思いますwww

桜と入れ換え…といえば、鶴見の大川支線にも似たような場所がありました。桜並木をバックに、タンク車を手押し(!)で入れ換えする、というなんとも長閑な光景が見られましたが、数年前の改正で無くなってしまいました。こうした貨物線は、なんの前触れも無く突然消えてしまうもの。桜のごとく、儚い存在です。
都内の閑静な住宅街に残された小さな支線、北王子。いつまでも、散らずに残っていて欲しい風景ですね。


で。王子で桜…といえば飛鳥山!北王子からは徒歩20分ほどの距離なので、帰りに寄ってみたんですが…



人多ッ(汗;




 
やっぱり有名ドコロはケタが違うなぁ…と(-_-; 公園内はもちろん、陸橋にもギャラリー多数…それと、最近出来たリフトみたいなモノレールにも、長~い順番待ちの列が(汗;

ただ30分程度で、7500や黄色いヤツなど、狙ってた一通りの車両が来たのはラッキーでしたvv