> 私鉄屋雑記帳 神奈川臨海鉄道
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりんを行くグリーンライン
開業から早くも6年を迎える横浜市営地下鉄グリーンライン。
この春に行われる予定のダイヤ改正へ向けて、増備車として10000形4両×2本が神奈川臨海鉄道の横浜本牧駅に今朝到着しました。

というワケで定番の跨線橋へ向かうと…



赤ガマでした!!

さっすが、かなりんさんですwww
去年10月に検査の関係で塩浜から本牧へと移ったDD5516号。
いつも甲種のときはネタガマを仕込んで下さるので、今日ももしかしたら…と踏んでいたら大当たりでした。

コイツが本牧埠頭へ入る所も撮りたいんですが、走っているかどうかは1/2という微妙な確率なのと、他に浮気してしまうこともあって、なかなか撮影に行けてません(^-^;


遥々神戸の川崎重工からやって来た10000形。
かなりんを横浜市営地下鉄の車両が走るのは久しぶりのことです。



例によって一旦機回しが行われます。
晴れたり曇ったりで安定しないなか、一瞬の晴れ間を狙ってベイブリッジ入りで撮影しました。


それにしてもこの場所、手前の駐車場に仮設フェンスが出来て、見栄えが悪くなりましたね。
何やら資材のようなものも置かれていて残念なことになっていましたが、ここ以外まともに撮れる場所が無いだけに、今日も大勢のファンが集まっていましたよ。


推進運転で…


ヤードに到着!


最終増備から年数が経過している10000形、テールライトの形状が変わったり、正面にもラインカラーが入ったりと細かな違いが見受けられます。
これまでにも先行車と量産車に微妙な違いがありましたが(地味に違いがあるんですよ!)、またバリエーションが増えて楽しくなりますね。


いま履いているのは仮台車なので、本物の台車は別送ですw


暫くすると先頭車が切り離されて…


離陸!



車体を90度回転させてクレーンの間を通過!!
ファインダー越しにはらはらしながら見ていましたが、見事な連係プレーでした。


無事に着地した車体と、役目を終えた仮台車。
どうでもいいことですが、窓に貼られた川崎重工のマークが、遠目に台鉄マークの色違いに見えてきます(眼科行けwww)

ビニールカバーの掛っていない4両目の顔を拝みたかったのですが、午後用事があったので1両分見物したら撤収しました。
また営業運転を開始したら、買い物がてらにでも撮りに行きましょう(笑)


本牧駅の片隅で、見覚えのあるものを見つけました。
「がんばろう!東北」の文字が入った真っ白なコンテナ…紛れもなく瓦礫輸送用コンテナです!
運転終了後は、こんなところに集められていたのですね。
スポンサーサイト
祝!かなりん開業50周年 塩浜編
ここのところ凸型DLばかりで、なんだか似たり寄ったりな写真が並んでますが…今回も懲りずにかなりんの記事です、はい(笑)

甲種のときにもチラっと書きましたが、50周年を迎えたかなりんではDD5516が紅白+ゼブラ警戒色のリバイバル塗装になって、塩浜地区で活躍しています。
というワケで定番の跨線橋からヤードを見渡すと、



いたー!!

とにかく派手なもんで、遠目にも良く目立ちますねwww
もう少し近付いてみようと川崎車両所前まで行ってみたのですが、ここで見失ってしまいました。
どうやら311レ浮島町行きがDD5516だったようで、それならばと返し狙いで殿町カーブへ。


タキを連ねて、定刻より20分も早く帰ってきました!
浮島線は他の路線と比べて時間にルーズなところがあり、±10分の誤差は割とあるんですが、今回はまた随分と早い…
危うく撮り逃すところでしたよ(^-^;


今度は、唯一旧塗装で残るDD5517が入換えを始めました。
空コキ+タキ+積車コキかと思いきや…



前4両は、なんとチキ!!!

足回りがキレイなので、検査明けでしょうかねー。

この隣では千鳥町行きのエチレンコキが出発準備中でしたが、カマは新塗装のDD5514…


一応、西群線まで行って一枚。
まぁキレイに揃った4両編成だったのでヨシとしましょうか…。


続いて、浮島線の313レはDD5517でした!

後ろにはリバイバルDD5516と、新塗装DD601の姿も見えて、歴代3種類のカラーが揃っています。
DD5517は去年の暮れに旧塗装のまま出場したので、ヘンだなーと思っていたのですが、こういう意図があったワケです!


さらにDD5516が後を追うように近付いてきました~!!
313レの方に気を取られていて、構図がかつっかつ…(汗;

それにしても見慣れない積荷ですが、これはどうやらメタノールという薬品を運んでいるそうな。
輸送区間は川崎貨物~倉賀野ということで、かなりん線内では見ることが出来ない、入換えならではの組み合わせです。


単機ですが、戻って来る時はド順光!


今回は、定刻より10分ほど早く帰ってきました。
こちらもド順光で撮れたところで、この日は〆
祝!かなりん開業50周年 銀座線甲種編
岩手開発の後半が残っていますが、旬のネタを先にアップしますm(_ _)m

今日は、神奈川臨海鉄道千鳥線で東京メトロ1000系(第3編成)の甲種輸送が行われました。


牽引機は旧塗装DD5517+ヘッドマーク付き!!!
50周年を迎えたかなりん、2週間前には横浜本牧駅で記念イベントが行われましたが、こちら塩浜地区でもヘッドマークが付いたり、赤+ゼブラ塗装のリバイバル塗装機(ちょっと前に軽く撮影したので、近いうちアップします(^-^;)がお目見えしたりとアツい展開が繰り広げられています。
きっとかなりんさんなら、今日の甲種は旧塗装か、リバイバル塗装のどちらかで牽引させるだろう、と踏んでいたらドンピシャでした~。


構内をスイッチバックしている間に、大踏み切りへ先回り。


続いて、すぐ隣の小踏み切り(笑)で後ろから。


西群線に到着~。
ここ、フェンスが出来てホント撮影し辛くなりましたね…orz

年々かなりん沿線で撮影するファンは増えていますし、乱入するテツも居たのかもしれませんが、ここの場合は特に”ダイヤを知らない層”が危険だったのでしょう。
西群線周辺の非日常空間は、例えテツや工場萌えなどディープな皆さんでなくても魅力的で、公道から手軽に撮れるスポットとして訪れては、使ってないっぽい線路だからと勝手に侵入する輩がいるんですよ。
残念ながら、危険個所はフェンスでガードするのが一番確実ですから…。

これは余談ですが、カラオケでジョ○サウンドを選ぶと、こことか昭和駅のあたりで撮ったと思しき映像が背景に流れて、歌どころではなくなったりしますw
ちゃんと公道から撮っていると信じたい…(^-^;



最後尾のヨは一旦切り離して、


何かコワイヨー…
確認用の小さな窓が、これまた不気味さに拍車を掛けていますねwww


準備完了!
ここからは毎度お馴染、推進運転で市営埠頭へと押し込みます。



のろのろ~っと最徐行。
工場しかないモノトーンな空間に、ぴっかぴかの新車…まるで異世界から来た乗り物みたいw

1000系は、暗い地下駅でも映えるようデザインされているそうで、ちょっと太陽の下ではビビッド過ぎますね。



これまた定番の千鳥公園から。
埠頭の最奥には、何やら”先客”がいらっしゃいました。


DD5517+ヨの返却を撮って〆
これまで返しも撮る方って殆ど見かけなかったんですが、今日は灯台オブジェのところまでテツでびっしりでした…。
祝!かなりん開業50周年 本牧編#2
大盛況…過ぎてカオスを極めた横浜本牧駅一般公開ですが、イベント閉場後もまだまだ余韻が続きます。
翌日には通常どおり貨物列車が運転されますから、後片付けをしなければなりません。
ネタ物の貨車たちは借り物ですしw


そんなワケで、余韻どころか一番のハイライトと言っても過言ではない、お待ちかねの入換えが始まりました~!



まずは蒸機を切り離し、DD60+ヨ+シキ+コキ×2+トラのトンデモ編成!!
電車からマルタイまで、いろんなクルマを牽引するかなりんの機関車たちですが、大物車や2軸貨車を牽引する機会はなかなかないでしょう。
そういえばグッズ売り場に、インドネシアへ渡った東葉1000形や、船から陸揚げされた輸入マルタイの甲種、さらには塩浜に居る某専用線のDD501などなど…超々濃いぃ写真を使ったクリアファイルが売られていて、3枚1000円と少し高かったのですが、ものの見事に釣られて買ってしまいましたwww






続いてトラ、コキ、シキの順で、所定の位置へ運んで切り離しては、また行ったり来たりを繰り返します。
この、プログラムには載っていない”裏メニュー”の入換えこそ、まさに貨物列車の魅力がぎゅっと詰まった内容でしたねw




注目の蒸機は、根岸方にある機関庫へ入れるので、一旦DD60を機回ししてから推進運転で押し込まれました。


最後にDD55の入換え。
この一回り大きな海コンを積んだ姿も懐かしいですね。
今はもう見られない組み合わせなんですが、DD60&蒸機プッシュプル編成に比べてネタが地味過ぎるので、大半は見向きもされずスルーされていたようです(笑)


そして誰もいなくなった…と。

それしても今回は、大手私鉄のイベント顔負けなくらいの混みっぷりでしたね。
あの広大なコンテナヤードが、人で埋め尽くされてしまうとは…((((;゚Д゚)))
SL効果か、ファミリー率が高かったのも印象的でした。
思えば蒸機の保存運転を行っている路線って、秩父や横川、真岡などなど北関東に集中しているんですよ。
ハマっ子にとって蒸機は身近なところで見られないので、余計に人気が集中したのかもしれません。

祝!かなりん開業50周年 本牧編#1
昨日まで東北の方へ遠征していたのですが、まずは熱が冷めないうちに今日のかなりんのイベントをアップしたいと思います。


このほど開業50周年を迎えた神奈川臨海鉄道では、史上初となる横浜本牧駅の一般公開が行われました。

普段は人影も疎らで、例えテツであっても余程の好事家or地元民でもない限り、まず行く機会は無いであろう、あの本牧駅が、



こんななってましたwww

いや、あの…今日は京急のイベントとも被ってましたし、わざわざ陸の孤島な本牧をチョイスする人も少ないだろうな、なんて思っていたら見事に裏切られましたよ(^-^;
行きは、いつものルートで横浜駅東口から急行バスに乗って本牧へ向かったところ、こちらも三渓園へ行くお客さんで結構混んでいたんですが、根岸からの無料送迎バスに比べりゃ屁でもなかったようで…



まずは、本牧線で活躍しているDD5518とDD602です。
一時期こちらはDD55だけだったときもありましたが、また2形式2台体制に戻ったのですね。


貨車も、今日の為にレアなクルマをかき集めてきたそうで、シキやヨ、銀タキの姿も!
銀タキは、この世にたった1両しかいない、幻の貨車です。


そして、かなりんが誇る秘蔵のお宝、C56-139!!
以前、何も知らずに機関庫を覗いてみたら、奥にコイツの姿がちらっと見えてビックリした覚えがw





静態保存なので自走はできないんですが、今日はDD602が牽引して構内を動き回っていました。
演出で煙も焚かれていて、まるで生きているかのよう!

かなりんのロゴマークと「濱」の区名札がカッコイイですね。


え!?三条は蒸気機関車には興味無いんじゃねーの??
蒸機にはあまり興味が湧かない…なんてことをよく言っているので、そんな声が聞こえてきそうですが、それは牽引する客車が新しいもので似非レトロだったり、ジョイフルトレイン的な感じだったりするからで、どうも列車として見たときに食指が動かないだけ。
きっと蒸機が現役だった時代を知らず、現代の綺麗なSLしか見たことが無いから、あまり魅力的に映らないのかもしれません。


しかし、今回は次位にトラですよ、トラ!
コイツは現役時代を知ってます、というか、ついこないだも配給の最後尾にぶら下がってましたwww
この小さな2軸貨車が、またいい味を出しているんですよ。

せっかくですから、かき集めてきたトラ+銀タキ+ヨで小運転風とかもやって欲しかったですねぇー。


さて、このあとは閉場後の入換えという豪華な”二次会”が行われたんですが、一先ず今日はここまでで。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。