> 私鉄屋雑記帳 マレーシア
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



海外譲渡の話題


まず…。
明日予定されていた、203系の海外譲渡はウヤです(汗;
こんな零細ブログよりも、もっと速報性のある大手サイトさんを見て、既にご存知の方も多いかと思われますが…。
そもそも大多数の方は薬品臭い千鳥町よりも、今日行われるはずだったJR線内で狙っていたでしょうか(^-^;

そして、先週に市営埠頭へと送られた14系客車たち
前々回にフィリピンか!?ミョンマーか!?なんて記事をつらつら書きましたが…どうやらあの客車たちも、まとめてドタキャンされてしまった可能性が(汗;
こちらは、ちゃんとしたソースも無ければ、三条が実際に埠頭へ出向いて確認したワケでも無いので、ただの”風のウワサ”という類の話ですが。
もし本当だとすれば、以前にミャンマーから「やっぱ、や~めた~」で、駐車場に放置してある北斗星の客車やらカマたちと同じく、埠頭で足止め→行き場も無く放置…という仲間が増えてしまいますね。
ちなみに明日の203系甲種、普段お世話になっている方からの信頼できる情報で、それも複数の方から頂いた…ということから、もともとデマだった可能性は低く、土壇場でのキャンセルがあったというのは、ほぼ間違いないでしょう(汗;
このミステリアスな展開(実際は円高で…とか、そんな大人の事情が絡んでいるんでしょうけど)が海外譲渡の醍醐味だったりもしますが。
うん。ますます、市営埠頭の動きから目が離せなくなりますなwww

***

さて。これだけで終わるのも何か寂しいので…海外譲渡ネタのついでに、もう一つ。
インドネシアに続け!とばかり、東京メトロから228両もの電車を買い取ろうと名乗りを上げている鉄道をアップしましょう。

「228 Tokyo Metro subway trains for KL」
http://www.mmail.com.my/content/38264-228-tokyo-metro-subway-trains-kl

マレーシアはクアラ・ルンプールの「ラピドKL」です!!
こちらは現地の新聞社による記事なので、ちゃんとしたソースではあるんですが…いまひとつ目立った動きが無く、ブログにupしようか以前から迷っていたネタだったりします。
「へぇ~そんな構想があるんだ~」程度に受け止めて頂けるとありがたいです(^-^;



三条はマレーシアへ行ったことは無いんですが、父が98年頃に撮った写真があるので借りてきました。

現在2路線あるラピドKLのうち、当時は写真のアンパン(Ampang)線のみが開通していました。
ガイドブックなんかではLRTと書かれていたりしますが、富山みたく路面電車ではなく、サードレールから電気を取る地下鉄のような電車です。
気になる車種ですが、リンク先の記事にいきなし05系の写真がでーんと載っているので、05がマレーシアに!?と思ってしまいますが、本文で車種や路線の特定はされていません。
また他のサイトさんで、228両=01系の総数と一致するそうなので、そこそこ新しくて規格もほぼ同じ(?)01系が渡る可能性が高い…と言えそうです。







一方、クアラ・ルンプールには「KTMコミューター」と呼ばれる近郊電車も走っています。
高床ホームに小柄な車体は、どことなく日本の通勤電車っぽい香りがしなくもないですが、軌間はメーターゲージで、電化方式も交流だったりします。
日本語のウィキペにはKTMコミューターのページに「2012年までに東京メトロから6両編成38本228両の中古車両を導入する計画がある」として、例の現地新聞社の記事がリンクで貼ってあるんですが、これはウィキペを編集した人の勘違いかもしれません??

スポンサーサイト