FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

最後の都会派103系
7月17日は京都へ行ったついでに、もうじき引退するだろうと思われる奈良線の103系を撮って来ました。


まずは京都駅東側、高倉通りの陸橋から撮影。
この日103系は3本稼働していて、カメラを構えるとすぐに撮ることができました。
4両編成は少し物足りない感じですが、やっぱり103系は都会を行く姿が似合いますね。



そしてこちらが新顔、阪和線から転属してきた205系1000番台
緑帯の205系が復活か!?と思いきや、青帯のまま今年3月のダイヤ改正から営業運転を始めました。
まだまだ違和感はあるものの、京都駅に止まっている姿は、東海道線に205系0番台が走っていた頃のようで懐かしいですね。


お隣は湖西線から来た抹茶色な113系。
いろいろ改造されちゃってますが、国鉄型の8両編成というのも今の時代なかなか貴重ですよね。


そして、こんな珍客にも遭遇。
広い構内をコトコト走って来た125系、なんでお前がここに!?と思ったのですが、どうやら吹田への入場回送だったようです。


撮影時点で最古参だったNS401編成
ブタ鼻ライトに非ユニット窓が残る貴重な編成でしたが、今年の10月頃に運用を離脱したようです。


ところで高倉通り、さっきから見た目もエンジン音も明らかに普通じゃないバスが頻繁に走っているのですがw



コイツは京都の京急こと京都急行が導入した中国の比亜迪自動車(BYD)製電気バスで、国内ではここでしかお目にかかれない超レアな車両です。
電気バスは2015年から運行を開始、京都女子大学前を中心に系統が複数あり、京都駅は八条口から発着しています。



NS401編成は内装も個性的で、奈良方のクハ103-168はドアが化粧板仕上げになっていました。


宇治で下車。
定番撮影地の宇治川橋梁へ…行く前に、そろそろ奈良方面へ向かった103系が戻ってくるので、駅南側の小さな踏切で1枚。





宇治川橋梁。
前日の大雨で増水しまくっていました。



黄檗で並んだ103系と205系。
複線化が進められている奈良線ですが、まだこの付近は単線のままなので、日中は黄檗で普通列車同士が交換するダイヤが組まれています。


東福寺で〆
最後の牙城だった大阪環状線や阪和線から103系が消えた今、まわりを見渡してみるとローカル線の播但&加古川線、朝晩しか走らない和田岬線、あれは殆ど201系な筑肥線…。
103系が、一番103系らしい活躍をしている最後の路線は奈良線!と言っても過言ではないと思いますw
スポンサーサイト
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/11/12(月) 20:19 ]

まるで国鉄型博物館!JR七尾線
こちらの続きです。


向かいのホームに止まっていた城端線…ぼろっぼろなんですがwww
これが俗にいう”焼きタラコ”ですね。


津幡で下車。
今まであまり本腰を入れて撮っていなかった七尾線へ行こう、と思ったんですが接続がイマイチで40分ほど津幡駅で待ちぼうけ。
屋根の影で涼んでいたら、金沢方面からキハ40を改造した豪華列車「花嫁のれん」号が通過して行きました。



七尾線からヘッドマーク付きの415系がやって来ました。
前後で絵柄が2種類あり、それぞれ「能登立国1300年」と「七尾線開業120周年」記念だそうです。
どちらもタウントレインみたいな野球ベース型でカッコイイですね。


413系に乗って一つ隣の中津幡へw
実は津幡から全然歩いて行ける距離なんですが、この炎天下のなか外を歩きたくなかったんですwww
久しぶりに室内灯が消える交直セクションも体験しておきたかったですしね。


津幡~中津幡で金沢行きを撮影。


続いて中津幡~本津幡の陸橋へ移動して、七尾行き。
先ほどのヘッドマーク付き編成が戻って来ました。


ド逆光ですが、金沢行き。
クハ455形を組み込んだゲテモノ編成が来ましたw
ずらりと並んだ2段窓に片開き扉、かつては全国各地を走り回っていた急行型電車も、この七尾線に残るクハ455-701と702の2両が最後になってしまいました。
とはいえ、もう北陸新幹線が開通した時点で見納めだろうと思っていたので、まさかこんなかたちでしぶとく生き残るとは…って感じですwww


今度はマーク無しの415系。
クハ455のことをゲテモノゲテモノ言ってますが、この415系800番台も、113系に485系の発生品を載せて交直化したとか大概ですよね(笑)
非ユニット窓の国鉄型電車が見られるのも、恐らく七尾線が最後なのではないでしょうか(まだ下関に残ってましたっけ…?)


今日は大阪の実家に寄って帰るので、まだ少し早いですがそろそろ撤収しましょう。
帰りも413系でした。


金沢でサンダーバードに乗り換え。
だいぶ先の話になりますが、新幹線が敦賀まで延伸すると、この光景も過去のものになりますね。
もうその頃には、さすがに七尾線の国鉄型電車たちも置き換えられている…と思いますがwww
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/10/31(水) 23:26 ]

新潟の115系が水上へ
新潟の115系が上越国境を越えて水上へ。
ちょっと前までは当たり前だった運用が、今日久しぶりに臨時列車として、しかも70系色の115系(N40編成)で復活しました。


まずは定番撮影地、湯檜曽~水上の鉄橋にて。
生憎の天気でしたが、大勢のファンで賑わっていてベストポジションは満員御礼!
というわけで、坂道を少し下った”下段”から撮影しました。


側面には「指定席」サボも。


新潟~水上間で運転されたこの列車、行き帰りで列車名が異なっていて、往路は快速「土木遺産9702M」号、復路は快速「土木遺産13490M」号といいますw
ずいぶん風変わりな名前ですが、これは昨年「JR上越線清水トンネル関連施設群」が土木遺産に登録されたことを記念したもので、数字は往路に通過する清水トンネルの全長9702mと、復路に通過する新清水トンネルの全長13490mから来ています。




また今日は高崎からジョイフルトレイン「華」を使用した臨時列車もあり、電留線では115系と並んで休む姿も見ることができました。
華も485系、一応国鉄型ですwww


この色の115系と211系の並びもレアですね。




4時間半ほどで目を覚まして、再び新潟へと戻ります。


転車台と絡めて〆。
天気がよければ新潟側で俯瞰とかもしてみたかったんですけどねぇ…。
とは言え、思いの外いろんなカットが撮れたので、水上駅周辺をうろうろしただけでしたが満足度は高かったです。

JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/09/29(土) 23:59 ]

雨の四日市

5月2日は西武カラーになった三岐鉄道805編成を撮りに行こう…と思いFBで公開されている運用に合わせて来たのですが、なんと車両不具合により急遽差し替えの情報が(;´д`)
天気も朝から雨でテンションだだ下がりのなか向かった先は富田浜でした。
GW中につき貨物も軒並み運休していましたが、もうすぐ上って来る5282レはどうやら運転があるらしく、しかも旋回窓の1146号機が先頭!ということで、軒下で雨宿りしながら待つこと数分…


はい、来ましたー!!
北海道の鷲別から転属して来たDD51-1146、私はこのカマと相性が良いようで、去年の暮れに養老鉄道へ行くついでに撮影したときもコイツに当たりました。


続いて2089レはDF200の単機とのこと…ちょっと迷ったのですが、愛知所属になってからは一度も撮ったことがないので、電車を撮りながら待つことにしました。
前パンの313系もカッコいいですよね。


快速みえ。
よれよれの駅舎に2両編成の快速というところに、関西本線の実情が表れていますw



1時間ほどしてDF200-220が通過!
うーん違和感しかないですなぁ…。


四日市へ移動。



構内にはDFが2台。
どこか北海道の貨物駅に迷い込んだような気分です。


DDも1台待機していました。


ちょっと強引ですがDDとDF、世代交代の図。




しばらくすると入換えが始まりました。
これからはこの光景が当たり前になるのでしょうね。
そういえば末広橋梁を渡るシーンもまだ撮れてないですし、また天気の良い日にリベンジしたいところです。

こちらの記事に続きます。

JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/05/25(金) 20:20 ]

高崎と新潟の115系 #2
こちらの続きです。
新潟でマルヨ、翌朝も115系を撮りまくります。
まずはダイヤ改正で白新線、羽越本線から撤退すると聞いて、有名撮影地佐々木のカーブへ行ってきました。


初めて降りた佐々木駅でしたが、同じ列車に乗っていた”同士”の後をついて行って、難なく撮影ポイントに到着www
でもって朝の1発目、1925M普通村上行きは…なんと70系色のN3編成先頭でした♪
ダイ改まで残り2週間、天気がいいこともあって大勢のテツが集まったのだろうと思っていたのですが、どうやらこれ目当てだった方も多かったようで。
私はとにかく115系を撮れれば、という感じで編成までは追っていなかったので、これはラッキーでした。



続いて反対方向から、1928M普通内野行き。
ここを115系が通るのは1日3往復だけなのですが、ちょうど朝の8時頃は一つ先の西新発田で115系同士が交換する為、効率よく撮ることができました。


E129系も撮っておきましょう、って短っ!?www
この撮影ポイントは、ある程度長い編成でないと絵にならないですね。


1928Mの折り返し1529Mを撮る為、越後線の関屋駅付近へ移動。


ちょっと前まではたくさん居た緑帯の2次新潟色も、今ではこのN33編成たった1本だけになってしまいました…。


そして、これまた有名な白山鉄橋へ。
1925Mの折り返し1932M普通吉田行きです。
後ろの70系色が撮りたい&順光なので、迷わず後追いを選びましたw


E129系も撮っておきましょう、その2。


143M普通新潟行きは…おお初代新潟色!!


この塗装、歴代新潟色の中で一番好きなんですよねー。
後ろ側なのが残念ですが、これでなんとか新潟で走っている115系を全色撮ることができました(あ、L99は営業運転していないので除外でw)


寺泊139M→新潟1530M→内野1535M→新潟という流れの為、この1時間ほどの間に3回も撮れてしまったN17編成www
3枚とも殆ど同じアングルなので、一番光線がいい1535Mの写真を代表で貼ります。


さて、そろそろ東京に帰らなければなりませんw
鈍行ぶっ通しではしんどいので、寄り道しつつ信越本線を南下していきます。
まずは新津で途中下車、新型の電気式気動車GV-E400が居たりしないかなーと思ったんですが…


残念ながら屋内に隠れていて撮れず。
よーく見ると15番、キハ110の後ろに潜んでますw


しかししかし!東口のロータリーを覗いてみると、前後ドアのキュービックが1台休んでいましたー。
このクルマ、車体表記によると新潟交通”観光”バスという新潟交通の地域子会社に所属しているようです。



長岡では乗り換え時間があったので、ちらっと駅前に出て越後交通を撮影。
東急ユーザーには懐かしい、けどちょっと変なクルマたちがたくさん停まっていました。



さらに越後湯沢でも途中下車。
スキーシーズンの日曜日、ごった返す駅構内を抜けると、これまたいい具合にくたびれた南越後観光バスが停まっていました。
同じ越後交通系ですが、側面にE.K.K.マークがなく、窓サッシも黒で、より東急バスっぽいですねw



おおお!このキュービックなんて、まんま東急バスだ!!と思ってググってみたら、本当に東急バスの弦巻営業所に所属していたクルマでした。
渋谷や目黒といった煌めく大都会を走っていたキュービックくん、今ではスキー場のシャトルバスとして余生を過ごしています。

…というワケで後半は撮りバス三昧になってしまいましたが、帰りの電車はE129ばかりで面白くないので割愛しましたー(^-^;
本当に数を減らしてしまった115系、とは言え改正後も越後線を中心に細々と残っているようなので、また近いうち再訪したいですね。
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/01(日) 23:13 ]

次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ