>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

115系より大胡車庫!?
高崎の115系にありがとうシールが付いたということで、2月3日は友人の車に乗せてもらって群馬をうろうろしてきました。
まずはクモヤを使用した霜取り列車、通称「吾妻カッター」を撮りに祖母島へ…行く予定だったのですが、途中で事故渋滞に巻き込まれてしまい間に合いそうにありませんorz


吾妻カッターは渋川で20分ほど停車するので、ならばと群馬総社~八木原へ。
滑り込みセーフでした…。


クモヤの通過後、30分ほどすると…はい初っ端からシール付きが登場~!
シールが付いた編成はT1022とT1032の2本しかなく、運用も下調べしていなかったので、これはラッキーでした。


続いて安中~磯部へ移動して、SL&ELレトロ碓氷号を撮影。



碓氷号、横川に転車台がないのでD51とEF60のプッシュプルになるのですが、私的にはSLよりもロクマルの方に目が行きますw
この大きな菱形パンタ、かっこいいですよね。


再び上越線に戻って、津久田~岩本へ。
雪に埋もれた軽トラの廃車体と。
かぼちゃ色の車体は雪景色によく映えます。

あれほど走っていた115系も少なくなってしまい、今のダイヤでは日中3時間ほど1編成も走らない時間帯があるので、昼食の後、両毛線へ移動するついでに上毛電鉄の大胡車庫へ立ち寄ってみることにしました。


久しぶりに訪ねた上毛電鉄。
今日はちょうど良い位置にデハとデキが停まっているなぁ、なんて思いながらシャッターを切っていると…職員の方からこちらへどうぞ、と。

…え!?


なんと車庫の中を案内して頂けることになりました!!!


まずはデキ3021とテ241。
まるで模型のような、とても美しい編成ですね。
かつては東急長津田工場の主だったデキと、晩年は東武七光台車庫で倉庫になっていたテ241、ここへたどり着くまではお互い顔を合わせることもなかった車両同士なのですが、ずっと昔から上州の地を走っていた、と言われても全く違和感がないほど似合っています。



敷地内には鉄道部品がところ狭しと並べられた小さな資料室も。



車内もどうぞ、ということでパシャパシャ撮りまくり。
イベントだと、こんな風に誰も乗っていない写真はなかなか撮れません。



仮台車を履いた700形。
職員の方曰く、台車やパンタグラフ等のメンテナンスは京王の関連会社が引き受けているそうです。
京王の中古車両が全国各地で活躍している背景には、こうしたアフターケアが行き届いているおかげもあるのでしょうね。


そして車庫の最奥にはデハ104号が眠っていましたー。
こいつ、幌が付いてさらにイケメンになりましたね!


デハ104号の車内。
こちらは白系の化粧板に蛍光灯で、少しモダンな感じです。
そういえばデハ101号がニス塗りになる前も、こんな内装でした。


かつて運転士をされていたという案内役の職員さんはとても気さくな方で、115系のことも忘れて入り浸ってしまいましたwww
大胡車庫では、事前に予約をすれば個人でも見学が可能だそうです。


というわけで、すっかり本題から逸れてしまいましたが(笑)
最後に駒形~伊勢崎へ行って〆
スポンサーサイト
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/07(水) 22:05 ]

二度目の三江線
こちらの続きです。
AGTまつりの後は、来年3月末に廃止が予定されている三江線に乗るため、福塩線まわりで三次まで行ってマルヨ。


翌朝、まだ夜明け前の三次駅へとやってきました。
三江線は列車本数が極端に少なく、5:38発の浜田行きを逃すと10:02発まで列車がありません。


薄らと霧がかった構内に、キハ120の単行が発車を待っていました。
乗客は12人、同業者さん、テツではないと思われる旅行者、地元の方など程よく分散している感じ。
初めは全員同業者だろう…と予想していたのですが、まぁ時間が時間ですしね。
三次の宿も限られていて、私と同じホテルに泊まっていた方もいましたwww


20分ほどすると辺りが明るくなってきました。
なんだか凄いところを走っていますよ。
この辺りは線路状態も悪く、JR西お得意の「徐行運転」でもって乗り切りますw


三次から約1時間で口羽駅に到着。
ここで28分停車するので撮影タイムです。


赤い石州瓦を使った駅舎。
小ぢんまりとした駅ですが、三江線が全通する昭和50年までは南側の終着駅だったそうです。
そんなわけで、口羽を境に高架橋やトンネルが連続する近代的な設備になります。


その”新線区間”でも一番のネタハイライトが、口羽から2つ目の宇都井駅です。


この駅の特徴は何と言っても高いこと!!
地上20mのところにホームと待合室がある「天空の駅」なのです。
しかしエレベーターやエスカレーターはなく、昭和の団地みたいな階段をひたすら上らないと列車に乗れません。
バリアフリー何それ?状態です。



”下界”に降りて8時14分発三次行きを撮影w
そうそう、この写真が撮りたかったんですよ。
三江線は8年前にも一度乗り通していて、その時に宇都井駅も通ったのですが、江津を夕方に出る列車に乗ったので浜原より南は真っ暗だったんです…。


さて、次の江津方面行きまであと2時間ほどあります。
初めのうちは駅舎の写真を撮ったり、周辺を散策して時間つぶししていたのですが…あまりにも暇すぎるので、隣の伊賀和志駅まで歩いてみることにしました。


駅を出て少し歩くと、三江線の大きな鉄橋をくぐります。
ザ無駄な公共事業って感じのする、やたらとハイスペックな鉄橋ですね。
なお三江線は、全通する前から国鉄赤字83線にリストアップされていたそうです(-_-;


川沿いの道を歩くこと40分ほどで伊賀和志に到着。
この駅も築堤の上にあるので少し高いところにホームがありますが、宇都井に比べりゃ常識的な高さですw
ここから11:03発、石見川本行きに乗車。


高規格な区間も浜原まで。
再び江の川にへばり付くように走ります。
景色はトンネルばかりの新線よりも、こっちの方がいい…のですが、たまたま団体のお客さんと乗り合わせてしまい座れないわ騒がしいわで、あまりのんびりと景色を楽しむことはできませんでした(´д`;
どうやら三江線に乗るツアーというのがあるそうです。
混むだろうなぁと思って18きっぷシーズン外の平日を選んだのですが、そうかツアーですか…。
それなら増結して一般のお客さんと車両を分けて欲しいですね。
今後廃止が近づくにつれて、もっと混んできますよ。


満員列車に揺られること約1時間、終点の石見川本に到着。


次の江津行きは1時間30分後です。



ここまで乗ってきたキハ120の2連、いつの間にか方向幕が「江津」行きになっていました。
時刻表では別の列車なのですが、実は同じ車両が1時間半休憩した後そのまま江津行きになるんですね。


発車10分前に改札が始まりました。
石見川本行きに乗っていた全員が乗り換えたというわけではないようで、車内は少し余裕ができましたが、それでも席は埋まっています。


また吊革につかまって1時間。
終点の江津…ではなく、行ってみたい撮影ポイントがあるので一つ手前の江津本町で下車しました。
本町といいながら集落からは少し離れていて、川沿いにひっそりと佇む小さな駅です。


駅前の道を江津方面へ歩くこと約10分、狭い路地の先にある階段を登りきったところが撮影ポイントです。
石州瓦の古い街並みと江の川という、三江線らしさがギュッと詰まった写真が撮れます。
ここから徒歩で江津駅へ脱出できるのも、本数が少ないのでありがたいですねw

こちらの記事に続きます。
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/11/26(日) 23:19 ]

消えゆく地上式
こちらの続きです。
以前の記事でも少し触れましたが、東北本線の交直切り替え設備が黒磯駅構内から黒磯~高久間へ移設されることに伴って、黒磯駅に交流電車が入線できなくなることから、10月14日のダイヤ改正より一部列車を除いて新白河駅で乗り換えが必要になりました。


というわけで、改正まで残り3週間に迫っていたこの日、まずは新白河駅の様子を見に行ってみました。


おや!?キハ110系が止まっていますねー。
ダイヤ改正後、新白河~黒磯間は交直両用のE531系と、日中の閑散時にはキハ110系も運用されることになり、試運転が行われていました。


6番線の真ん中に車止めを設置することで、郡山方面と黒磯方面を分けて同一ホームで乗り換えができる構造に改良が進められていました。
現在は黒磯方が6番線、郡山方が7番線になっています。


701系の黒磯行きとツーショット。


自転車を返す為、一旦白河駅へ。
当たり前のように並んでいた「黒磯行き」も、いまでは初電と終電を除いて、すべて新白河行きになりました。


白河から30分ほどで黒磯に到着~。



日本で唯一、交直の切り替えを停車中に行う「地上式」を採用していた黒磯駅。
交流電車と直流電車が同居している光景は、この駅ならではの光景でしたね。
東京から18切符で普通列車を乗り継いで北へ向かうと、一番初めに東北を感じる駅が黒磯でしたw


乗っていた列車の後を追うようにキハ110の試運転がやって来て、また慌ただしく白河方面へ折り返していきました。
全区間電化なのにディーゼルカー…ちょっと勿体ない気もしますが、こればっかりは短編成で走れる交直両用車がないので、仕方がないですね。
まぁサービス面で言えばロングシートの701系よりかはグレードが上がってますしw


構内には架線に流す電流を変更する為、このような物々しい設備がありました。


でもって、いま架線に流れている電流はどちらなのかを示す信号が、ATSP確認と書かれた標識のすぐ下にある「架線電源識別標識」です。
ランプが横に2つ点灯しているときは交流が、縦に2つ点灯しているときは直流が流れています。


暫くすると上りの貨物列車がやってきましたー。
※以下の写真6枚は動画のキャプチャーにつき画質が粗いですm(_ _)m


停車後パンタグラフを下して切り替え準備に入ります。
交直流対応のEH500なので、機関車の交換はありません。


機関車の電源が落とされて、構内が静寂に包まれます。
機関士もここで交代です。


操作ボタンを押して交流→直流に切り替え。
架線からバチッ!と大きな音がします。


直流になったことを確認すると、再びパンタを上げて電源ON。
このときのブロワーの音が何ともカッコいいのです。


そして発車!
到着からここまで約5分、実は数分遅延していて宇都宮行き普通列車の発車を待たせていたこともあり、素早い切り替えでした。
「架線電源識別標識」のランプが縦(=直流)になっていることにも注目です。



ホームの柱には、複雑な切り替え手順を記した張り紙が…。
既に黒磯駅を跨いで走る定期列車は貨物しかなく、それもすべてEH500の運用なので「地上式」であるメリットは何もなくなっていました。
また今年の6月には切り替えに失敗してショート、発火させてしまう事故も発生していて、JRとしては一刻も早く「車上式」に変更したかったことだと思います…。
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/31(火) 22:15 ]

磐越東線乗り鉄
こちらの続きです。


E657系だらけな早朝のいわき駅。
ちょっと前まで常磐線の特急といえば651系とE653系でしたが、今はE657しか走っていません。
そういえば前回いわきに来たときは、651の切り放し作業をホームで見物しましたねぇ…。
2007年の夏、普通列車を乗り継いで北海道へ行く途中のことでした。



あれから10年。
常磐線は大きく変わってしまいました…。



ところで651系、一時は常磐線の定期運用が全くありませんでしたが、最近になって、いわき~竜田間で普通列車として1日2往復運行されるようになりました。
ちょっと気になったので、昨日湯本へ行く前にいわきへ寄って駅撮り。
この列車はもともとE531系の5両で運転されていたそうで、5→4両に減車…なんですけど、時間帯が中途半端なので車内はガラガラでしたw


話が前後してしまいましたが、2日目の朝は一旦泉に戻って福島臨海鉄道の51レを撮影、その後いわきから磐越東線で郡山へ抜けて、白河を目指します。
磐越東線は今まで乗る機会がなく、全区間初乗車です。


福島県の東西、浜通り~中通りを結ぶ磐越東線。
本数は極端に少なく、郡山まで行ける列車は1日6本しかありません。


乗客も少なく、ボックスシートを気兼ねなく占領できる乗車率で発車。
車窓は暫く田園風景が続いて単調でしたが、途中の小川郷駅で10系客車を転用したと思われる倉庫(?)を発見しました。


いわきを出て約30分、川前駅で初めて対向列車が来ました。
小川郷~小野新町間は磐越東線で本数が一番少ない区間、そしていわき側(平郡東線)と郡山側(平郡西線)から延伸を続けて東西が繋がった一番新しい区間だったりもします。
まあ新しいといっても大正6年、100年前の話なのですがw
今月8日には磐越東線全線開通100周年を記念して旧客が走ったそうです。

小野新町を出るとお客さんが徐々に増えてきて、郡山に着く頃には立席も出るほどの混雑になっていました。


郡山着。
向こう側のホームに、719系を改造した「フルーティアふくしま」号が止まっていました。
磐越西線は電車から気動車、蒸気機関車まで色んな列車が走っていて、基本的にキハ110のみで優等列車も観光列車もない磐越東線とは対照的ですね。




20分ほど待ち時間があったので駅前に降りてみると…おお!福島交通のバスもなかなか年代物揃いですなぁ。
1本あとの電車にして撮りバスしようかなと一瞬考えたのですが、いや先を急ぎましょうw


701系黒磯行きに乗車。
詳しくは次回アップしますが、この組み合わせは10月14日のダイヤ改正で見納めとなりました。


洋風の木造駅舎がお洒落な白河駅。
ここで自転車を借りて、前々から気になっていた”ある場所”へと向かいます。

こちらの記事に続きます。
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/16(月) 22:24 ]

最後の国鉄色DD51-853を撮る
先週は野暮用で大阪へ帰る途中、四日市に寄り道してきました。
あすなろう鉄道になってから一度も撮影していなかった内部八王子線へ行く…つもりでしたが、新幹線の車内でスマホをぽちぽちやっていると、どうやら国鉄色のDD51-853が運用入りしているとのことで、


まずは近鉄ではなく、JRの方の四日市駅へ。


側線にはDD51-890と891、DE10-1726が停まっていました。



工業地帯の臭いが漂う構内で待つこと数分。
さっそく来ましたセメント列車5363レ♪


今度はDE10が動き始めました。


ヤードの奥からコキを6両連れてきて、駅舎の前で切り離し。
昼過ぎの2080レに向けた準備でしょうか。


そして5282レ、853号機が塩浜から上って来ましたー!
残念ながら単機でしたが、今や愛知で最後の国鉄色、こうして撮れただけでもラッキーです。


四日市で20分ほど停車するので、少し名古屋方へ移動してもう一発。
土曜日ということもあって同業者さんもたくさん居てました。
ちなみに、この5282レは今年3月のダイヤ改正以降、所定DF200の運用をDD51が毎日代走しているという扱いになっています。
DD51の楽園ももうすぐ終了…ですね。・゚・(ノД`)・゚・。

***







せっかくなので過去に撮り溜めた写真の中から、未掲載だったものをピックアップしてみました。
撮影時期は2007年~2015年頃まで。
青い更新色も今では懐かしいですね。
この塗装は、国鉄色と重連を組んでも側面のラインが揃うので、嫌いではなかったですw

こちらの記事に続きます。
JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/29(土) 23:48 ]

次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ