FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

武庫川線、再び。
こちらの続きです。
夕方から7890形が出てくるようなので、懲りずに武庫川線へ。


橋の下で待機中の7890形。
阪神独特の幌が車体の窪みに収まっていてツライチになったスタイルも、こいつが最後ですね。



17:00発が出発すると目を覚まして、ホームへ移動してきました。



もう暗いので洲先でバルブ。


洲先駅の行灯式表示機。
アナログですが、行先が2種類しかないのでこれで充分ですねw




最後に東鳴尾で7890形と7861形の交換を撮影。
この時代に両開き扉がレアだなんて、思えば凄いことです。

***


ここで、少し前に撮った武庫川線の写真をアップしたいと思います。
まずは2008年8月8日、この日は7890形が終日運用に入っていました。


まだ正面のロゴマークがありませんね。
ヘッドライトもLEDに交換されていませんが、当時は日中消灯だったんですよね…。


本線にも赤胴車が健在でした。



続いて2013年11月2日に撮影した、尼崎→甲子園→武庫川で運転されている朝の出庫回送。
普段は短い区間をのんびりと走る古豪も、本線では往年の走りを見せます。


上り本線から連絡線へ入るところ。
ここに渡り線が設置されていないので、わざわざ甲子園まで行ってスイッチバックしています。
この経路は高架になった現在も変わりません。



急カーブを曲がり、北側の留置線で再びスイッチバックして武庫川線ホームに入ります。
もともと武庫川から国鉄甲子園口駅まで繋がっていた関係で、このような不思議な配線になったそうです。
窮屈なスペースに無理矢理レールが敷かれていて、まるで鉄道模型ですよねw
スポンサーサイト



阪神 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/02/15(土) 16:18 ]

最後の赤胴車
こちらの続きです。
午後は阪神武庫川線へ。


武庫川駅の連絡通路から見える本線がいい感じに順光だったので、軽く撮影。


トップナンバー!
ここ最近ヘッドライトのLED化が急ピッチで進んでいますが、こいつはまだ交換されていませんね。
やはりこっちの方が落ち着きます。


終点の武庫川団地前まで、たったの1.7kmしかない武庫川線。
ラッシュ時は2編成が交互なのですが、日中は1編成が行ったり来たりしているだけなので、こんな風に連絡通路の下でお昼寝しています。


この留置線がかなり狭いスペースでして、通路から柵越しに手を伸ばせば届きそうなくらい近いですw


改札を出て近くの踏切から撮影。
この日の運用は2本とも片開き扉の7861形でした。
武庫川線用の車両は7861形3編成6両と、両開き扉の7890形が1編成2両在籍しています。


続いて東鳴尾駅手前の定番撮影地へ。
残念ながら、だんだんと曇ってきてしまいました…。
武庫川線は洲先付近まで複線分の土地が用意されていて、線路の西側が空き地になっているので、だいたいどこも沿線撮りしようとすると午後が順光になります。


ならば晴れると逆光になる陸橋からの俯瞰をやってみたり、


東鳴尾駅の構内踏切と絡めてみたり。



日中の本数が少ない時間帯でも最低20分ヘッドなので、失敗を恐れずガンガン撮れますね。


片開き扉の通勤電車も、もうすっかり珍しくなりました。

赤胴車最後の楽園となっている武庫川線ですが、何やら5500形が2連に改造されている(!?)そうで、武庫川沿いをのんびりと走る光景も、まもなく見納めとなるようです…。

こちらの記事に続きます。
阪神 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/01/20(月) 19:01 ]


copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania