FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

高野線箱庭俯瞰
こちらの続きです。


帰りは高野下で途中下車。


狭い集落の中にある高野下駅は、なんと駅舎の下を道が通っています。
構内から見ると地上駅、外から見ると橋上駅ですw


まずは駅裏の小さな丘に登って俯瞰撮影。
特急こうや号が下って来ました。



広角にすると不動谷川を渡るシーンも撮れて、1回で2度おいしい撮影ポイントです。


少し移動すると高野下駅を入れて撮れる場所も見つけました。



今度は線路を挟んで向こう側の山へ。
軽でやっと通れるようなつづらの路地をがんがん登って行くと、眼下には箱庭のような景色が広がっていました。



さて、そろそろ橋本に戻りましょう。
ちょうど高野下始発の区間列車があったのですが、車内はガラガラでしたwww


橋本で和歌山線に乗り換え。


もう相変わらずボロい!(褒め言葉)
非ユニット窓で戸袋窓あり、屋根に並ぶグロベン…今や現役の103系よりも103系していますよね。


五条で8分停車。
ただの時間調整で交換待ちではないのですが、隣のホームには「常磐顔」の五条始発和歌山行きが停まっていました。
コストダウンの単色塗りも、この顔には良く似合っています。


吉野口でも8分停車、今度は交換待ちでした。


車両だけでなくホームのアイテムも一つ一つがとってもレトロな和歌山線。


MT55サウンドを堪能すること1時間半。
終点の高田で近鉄の高田市まで徒歩連絡、大和八木でアーバンライナーに、名古屋で新幹線に乗り換え帰宅しましたー。
スポンサーサイト
南海 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/12/31(月) 22:07 ]

高野山ケーブルに乗る
こちらの続きです。


ちょうど大運転の快急が来る時間…なのですが、どうやら高野線が全体的に遅れているようで、区急橋本行きという時刻表にない列車が入って来ました。
まだまだ快急は来ないようですし、大好きな6000系なので乗っちゃいましょうw


この大きな1枚扉、いいですなぁ。
昭和の通勤電車の標準的なスタイルでしたが、もう大手私鉄ではコイツが最後ですね。


橋本駅の発車案内板。
高野山方面は時刻表示がなく、なんば方面も列車順序がころころ変わる…。
高野山を目指す外国人の観光客も多く、みなさんホームを右往左往していました(-_-;


隣の和歌山線ホームには常磐線顔の105系が入線!
こちらは帰りに乗りますよ。


結局、快急は20分ほど遅れて到着。
赤い顔をしているので一瞬2300系かと思ったら、2000系の「真田赤備え列車」というラッピング車両でした。



橋本から先は初めて乗りましたが、急カーブ、急勾配の連続、思っていた以上にデンジャラスなところを走るんでびっくりしましたw
大きな窓の特急車が乗り入れていたり、普通電車は赤い専用車両だったりして箱根登山鉄道とイメージが重なります。



40分ほどで極楽橋に到着。


レトロな佇まいの駅で、行灯式の発車標も残っています。


高野線ホームから改札を出ずに、そのまま連絡通路に進むとケーブルカーのりばが見えてきます。
というか噂には聞いていましたが、極楽橋駅ってケーブルカー以外、本当に何もないんですねw
一応、駅の外に出られる小さな改札口があるんですが、簡易タイプの改札機が1台置いてあるだけでした。


今回わざわざ高野山まで来たのは、このコ11・21形に乗るためだったりします。
高野山ケーブルでは11月26日~来年2月下旬頃まで設備更新のため運休予定でして、昭和39年から活躍してきた3代目のコ11・21形も新型車両へと置き換えられることになりました。


1本見送って入線を撮影。
ダイヤは高野線に合せてあるようで運転間隔がかなり不均等なのですが、平日の11時台はほぼ10分ヘッドになっていて効率よく撮れました。


コ11、21形の特徴は、何と言っても2両編成なこと。
かつて走っていた20000系こうや号の乗客全員を1度に輸送できる設計なのだそうです。
連結面はいわゆる”キノコ型”で、広々としています。


普通鉄道に比べて連結間隔が狭いですね。
国内では六甲ケーブルと箱根登山ケーブルも2両編成ですが、昭和生まれの旧型車両で現存しているのは高野山が最後です。



約5分で高野山駅に到着。
有名な金剛峰寺などがある高野町の中心部からは離れていて、駅前からバスに乗り換える必要があります。


駅前には南海りんかんバスのクルマがずらっと並んでいました。


観光列車「天空」とお揃いの塗装を纏ったU-代ブルーリボンを発見。
この辺のバス事情には疎いのですが、やはり本体の南海バスよりも年式の古いクルマが多いんですかね?


またユニークなのが、駅前のロータリーから先、女人堂手前までの約1.5kmの区間がバス専用道路になっていること。
看板にあるとおり、一般車はもちろん歩行者も通行できません。
ちょっと乗ってみたいなぁと思ったんですが、今日中に横浜へ戻らなくてはならないので、今回は高野山駅まででとんぼ返りしました(あくまでもケーブルカーに乗ることが目当てなのでw)

こちらの記事に続きます。
南海 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/12/26(水) 22:00 ]

緑の南海、10年越しのリベンジ #2
#1の続きです。


ちょっと本線から離れて、高野線の浅香山へ。
降りて早速30000系「紫こうや」がやって来ました。
ラピートやサザンプレミアムなど少々チャラい(?)本線に対して、高野線の特急は地味な印象でしたが、高野山開創1200年を機に一変して華やかになりましたね。


編成によって側面のカラーリングが異なっていて、30001F=「赤こうや」、30003F=「紫こうや」、31001F=「黒こうや」とそれぞれ愛称が付けられています。
これは来年2月までの一時的なものですが、結果的に標準の高野線特急カラー(白地に赤)を纏っているのは、大運転を行わない11000系1編成のみに。


高野線の急行と言えば2000系!
と言っても、これは橋本止まりなので本来の使われ方ではないのですが(^-^;
やっぱり高野線を走っている姿がしっくりきます。


泉北のエース7000系、相変わらずイケメンです。


萌え電車に被られそうになった6200系50番台。
もともと8200系という形式名でしたが、2013年から足回りのVVVF化を含む大掛かりな更新が行われ、ほぼ同等の設備、システムを持つ6200系へ編入されました。


泉北の元祖萌えキャラ(?)電車、ハッピーベアル号!
8連しか居ない5000系は、日中の減車に伴って、ここ最近はラッシュ時以外あまり稼働していないようです。


6300系。
コイツも元は6100系と呼ばれていましたが、更新が行われた際に形式名が変更されています。
数字と製造順が一致していなかったり、他形式からの編入組が居たりと、なかなかのカオスっぷりを見せる6000系列ですw


圧倒的な渋さの6000系初期車!
優等列車&長編成でバリバリ現役なところも素晴らしいですね。


6200系。
こちらも更新が進められており、スカート無しのクルマは徐々に数を減らしています。


6000系後期車。
この貫通路の窓が金属支持式になっている顔の方が、6000系のなかでも多数派です。


ステンレスカーが一番カッコよく映る時間。
大きな一枚扉に無数のコルゲート、痺れますね!


この日はサザン48号で到着後、夜まで一旦入庫するとのことで、最後になんばへ。


「赤こうや」と並びました。


旧社紋も再現されたサイドビュー。
個性的な数字フォントも、やっぱり緑地の方が断然引き締まって見えますね。

9月に入りヘッドマークも「さよならバージョン」に、8月31日の深夜にはサプライズでマーク無し!!となったそうです。
とにかく10年前のが悔しくて、1回でも撮れれば満足だと思っていた緑ツートン。
こうなると欲が出て、今度は和歌山方面でも撮りたいなぁ…なんて気持ちが沸々と湧いてくるのですが、さぁてどうしましょう(笑)
南海 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/09/05(土) 00:06 ]

緑の南海、10年越しのリベンジ #1
「帰省ついで鉄」第2弾は南海電車。
お目当ては、創業130周年記念企画として、懐かしの緑色に塗り替えられた7000系7037Fと10000系10004Fです。



と、その前に。
この日(8月23日)は、LCCのピーチエアとコラボした桃色のラピート「ハッピートレイン」を使用した団臨が走るというので、まずはそちらを撮影しました。
この団臨、ラピート登場以来初めて和歌山港線へ入線する!というのが最大の売りでしたが、今日のメインはあくまでも旧塗装コンビにつき、萩之茶屋でサクッと撮影。
そもそもピーチカラーのラピートは撮ったことが無いという俄かっぷりだったので、記録できただけでも御の字ですw



おお、6000系の初期型(2次車)ではないですか!
この顔に大きな一枚扉、元京急沿線民としては懐かしくて堪りません。


そして旧塗装コンビ!
先月は一時的に他の編成(新塗装車)と組んでいた様ですが、基本的に旧塗装同士で固定されており、特急サザンとして難波と和歌山市(港)の間を往復する日々を送っています。
運用は公式ページにも載っているので、狙いやすいですね。


7100系と、高野山開創1200年記念で派手になったこうや号www
今では7100系も廃車が進んでいます。


折り返しは粉浜で。
どうもこの日は小さな雲がぷかぷか浮いていて、安定しない感じでしたが、旧塗装通過時は間一髪で晴れました(^-^;


振り返ると2000系が停車中。
未だにコイツが本線を走っている姿は見慣れないんですが、本線の普通って、日中は15分ヘッドでもガラガラなんですね。
これなら2ドア車を持って来たのも納得という感じです。


続いて新今宮へ向かうと、こんな痛電車に遭遇しましたw
熊…じゃなかった、犬のベアルはどこいった…。


いやーそれにしても7000系、緑ツートンのカッコイイこと!
丸みを帯びたレトロな車体に、渋いツートンカラーが本当に似合っていて、7000が旧塗装に戻ると聞いてから、とにかく撮りたい!と思っていたんですよ。
不覚にも120周年記念で旧塗装になったときは撮り逃していましたから、今日は10年越しのリベンジで、なおさら嬉しいですね。


折り返しは天下茶屋へ。
偶然にも新旧サザン同士が並びました。


振り返ってもう一枚。
気持ち的には7000側を多く撮りたい…んですが、難波方なので、晴れるとほぼ全区間で逆光になってしまうのが痛いところ。

ところで今日、これだけ南海本線をうろうろしていて、緑ツートン以外の7000系を1本も見掛けていないのですが…。
それもそのはず、8月9日に7019Fが離脱して、残る7000系は緑の7037Fたった1編成のみに!
あれだけ走っていた現行塗装の7000系は、一足先に見納めとなっていたのでした(汗;


6000系と泉北高速3000系。
風前の灯な7000系に対して、お隣を走る6000系は車齢50年を過ぎた今でも、1両も廃車になることなく72両全車健在だったりします。


前後で顔が違う泉北の3000系。
こちら和泉中央方は先頭化改造車です。


さらに南海へ化けて本線で活躍しているクルマもw
タイミング良く並走してくれたら面白いのですが。


地上区間でも撮っておきたかったので、5年ぶりに羽衣へ。
前回に比べると構造物がだいぶ出来てきましたが、まだまだ完成までには時間がかかりそうです。


そうそう高師浜線との並びが撮りたかったんですよー…

はい、もろに被られてしまいました(涙;;
1本前のサザンが大丈夫だったんですが、高師浜線がパターンダイヤじゃないんですねorz

#2に続きます。
南海 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2015/08/30(日) 23:01 ]

南海の片開き1枚ドア電車  6000系編


高野線にも、6000系という1枚扉の通勤電車が在籍しています。
7000系のステンレスバージョン…という感じですが、生まれは1962年、形式名の通り6000系の方が1年先輩になります(upする順番が悪いですね、スンマセン(^-^;)



6000系は日本でも最初期のオールステンレスカーで、アメリカから技術提携を受けて、日本で開発されました。
同世代の東急7000や京王3000なんかも、同じようにアメリカの流れを組むデザインですが、程よく洗練された感じの関東陣よりも、大きな幌に無機質なマスク、片開き一枚扉…と、南海のクルマはゴテゴテしていて、よりアメリカンな感じが良いですね。



このコルゲートが堪らんのです!それでいて片開き一枚扉なのがポイント高し。
片開きでステンレスの通勤電車って、あまり例が無いですよねぇ。
ぱっと思いつくのは、東急の”湯たんぽ”と京王3000の初期車、岳南→大井川の日車標準型…って、日車のは通勤型じゃないですね(笑)
まとまった数の居る電車は、コイツくらいでしょう。

京急も、あと40年早くステンレスカーを導入していたら、こんななってたのかなぁ~という、しょーもない妄想www



南海では最古参のグループですが、7000と同じく各停から準急、急行まで幅広く活躍しています。



住吉東を通過する区間急行!奥で待避している各停も6000ですね。



大和川橋梁にて…銀色の車体は、夕焼けに良く映えます。





トップナンバー。な~んか他と印象違うなー、と思ったら…貫通扉のデザインが!!
6001Fのみ前面の窓全てがHゴム支持だったそうで、その名残なんだとか。
運転席、助手席の窓は、他のクルマと同じ金属仕様に改造されていますが、それでも若干寸法が小さかったりします。
どうりで…より京急1000形のイメージに近い気がwww

南海 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/19(水) 22:56 ]

次のページ

copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania