FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

すずかけ台で雪見桜
3月29日は、まさかの大雪でしたね。
3月ももう終わるしそんな積もらないだろう…と全く期待してなかったんですが、朝カーテンを開けたら一面銀世界で!
こうしちゃいられないと大慌てでカメラを準備し、近場で桜が咲いている場所を探しました。


二子玉川から田園都市線に乗車。
暫くするとつきみ野でホームドア故障が発生したそうで、吹雪のなか機外停車してしまいました。
車窓が完全に長電のそれですねw


10分ほどで運転再開。
すずかけ台の桜がいい感じだったので降りると、いきなり東武30000が!



満開の桜と雪…不思議な光景ですね。
そして運用情報を見て驚きました、なんとこの状況で8606Fが中央林間行きとして走っているらしいのです!?



長津田で車交されませんように…と祈りながら待つこと30分、8606Fが雪をかき分け現れました!!!


折り返しは駅裏の俯瞰ポイントで。
こういう日には真っ先に車庫へ引き上げられてしまうサークルK、よくぞ走ってくれました。







東武30000系が戻ってきたところで切り上げました。





帰りしな八王子に寄って07系の出場甲種も回収。
早朝から深夜まで、半日以上ずーーーーっとここに停まっています。
雪の様子を伝えるNHKの中継カメラにも映り込んだそうでw


綾瀬発→中野行き。
新木場でB修繕工事を受けた同車、東西線は自社線内で直接線路が繋がっていない為、このようなトリッキーな輸送ルートになります。


発車案内に「むさしの号」の文字があったので、何が来るかなと確認してみると205系、しかも幕車!でした。
こいつもかなり減ってしまいましたよね…。
スポンサーサイト



東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/04/01(水) 22:39 ]

ゆうマニが今度は伊豆急へ
衝撃の東急譲渡から早くも8ヶ月
いよいよ、あのゆうマニが3月24~25日にかけて甲種輸送されるということで、まずはいつもの長津田へ行ってきました。


…あれ?
譲渡時と大して変化していないような気がw


てっきり「THE ROYAL EXPRESS」とお揃いの青い車体で出てくるかと思いきや、塗装から車番、荷物の文字までそのまま…。



細かいところを見ていくと、札差しの類や水切りなどが撤去されていますね。
行先は伊東ということで、恐らく伊豆高原でラッピングを施すのではないかと思われます。
そのとき邪魔になるパーツを予め長津田で外したのでしょう。


また今は東急の車両ではないので、当然JRの銘板も撤去されています。




この位置で3時間ほど待機している為、様々な車両たちと並びました。
伊東へたどり着く前に伊豆急カラーの車両と出会ってしまったのは、今日一番のハイライトですねw


走行シーンは成瀬で。



翌朝。
八王子で2020系と一緒に夜を明かしたゆうマニ。
東急へ行く者と去る者、両形式が再び出会うことはあるでしょうか。




また朝方には韮崎工臨の返空もあったそうで、EF64-37なども停まっていたりして構内が超カオスwww


ここだけ切り取ってやれば「国鉄八王子機関区」って感じですね。





2020系が発車すると、今度はゆうマニの入換えが始まりました。


走行シーンは桜が綺麗だったので、被り承知で西国立駅撮り。
結構ぎりぎりでしたが、なんとか回避して思い描いていた写真が撮れました。


新鶴見の約30分停で追い抜き、鶴見川橋梁でもう1発。
光線ヨシ、被りナシ、今回の甲種で一番条件が良い撮影ポイントだったのではないでしょうか。
皆さん考えることは同じで、狭い土手は大激パでしたw
東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/03/25(水) 20:15 ]

東急甲種と京急踏切事故に伴うイレギュラー運用
東急6000系6302、6301号車と3000系3008Fの計8両が総合車両入場の為、長津田→逗子間で9月4日から3日間かけて甲種輸送が行われました。


3日目(9月6日)に参戦、まずは府中街道の陸橋へ。
通過直前に雲が現れて焦りましたが、なんとか抜けてくれました。


新鶴見で機関車付替えの為、2時間ほど停車。


これでもかなり違和感のある絵づらなのですが、


やはり一番強力なインパクトを放つのが、この部分!
両形式とも、まず普段は増結するということがないですからね。


暫くするとE233系の試運転が入って来ました。
思えば3000系と埼京線のE233系、今までは近くを走っていながらお互い顔を合わせる機会はなかったのですが、3000系が相鉄線へ直通するようになると、当たり前のように並ぶことになるんですねぇ…。




横浜まで先回り、定番の高島水際線公園へ。
ここも雲が多くひやひやさせられました…。



最後に神武寺で京急と絡めて。


逗子線は神奈川新町で昨日発生した踏切事故の影響により、金沢八景~新逗子間で終日折り返し運転となっていました。
朝方には5300形も機織り運用に入っているという目撃があったのですが、私が着いた頃は655F+652Fと1201Fの2本が行ったり来たりしていました。





本線は横浜~京急川崎間で終日運休。
横浜以南では横浜折り返しの特急と普通がそれぞれ10分毎に運転されていました。


いつもなら、常に大勢のお客さんが電車を待っている横浜駅2番ホームも、今日はご覧の通り…。


京急川崎以北も特急と普通がそれぞれ10分毎で、都営線への直通電車は空港線系統のみ…という風にアナウンスされていましたが、実際には快特も運転されていました。
都心側は直通先への影響もあるので、なるべく通常に近いダイヤで運行しているのでしょう。


また特筆すべきは京急川崎~羽田空港間のエア急ですね。
踏切事故は日中に発生した為、取り残された2100形が充当されていました。



駅北側の中線と、南側の渡り線を駆使して折り返しが行われていました。
残念ながら地上側の検知装置と非常ブレーキが連動していない、人の目に頼る運行の問題点が浮き彫りとなってしまった今回の踏切事故ですが、こうした臨機応変な対応は手動を重視する京急でなければできません。
東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/09/07(土) 23:39 ]

ゆうマニが東急へ
来年夏、北海道で運行することになった「THE ROYAL EXPRESS」用の電源車として、予てから噂されていた「ゆうマニ」ことマニ50-2186が東急へと譲渡されました。


7月2日に北長野を出たゆうマニは八王子でマルヨ。
翌日いつものスジで長津田へ向かうとのことで、11時頃に八王子駅へ行ってみると…お、いますねー。



ちょうど、お迎えのDE11-2001がやって来ました。



オレンジのラッピング車との並びも。
基本的に水戸駅構内で待機していることが多かったゆうマニ、たくさんのE233に囲まれている姿は違和感がありますね。


検査票。
かなり古い用紙を使いまわしているのか、よく見ると「客貨車区」や「経由」の”経”の字に糸偏がないなど、古風なフォーマットになっていますw


走行写真は安定の淵野辺にて。
しかし通過10分前くらいから天気が急変してしまい、まさかの大雨…orz
ずぶ濡れになりながらの撮影でした。


後続で長津田へ。



メトロ08と東急8500とDE11とマニ50。
なんとも情報量の多い写真www
そもそもハマ線に客車が入線したのって何年ぶりでしょうか…。

北海道の豪華リゾート列車ということで世間の注目度も高く、授受線では報道カメラマンまで詰めかけ、地味な電源車から一躍スターになったゆうマニ。
今後はTHE ROYAL EXPRESSと同じ青基調の塗装に変更されるそうで、出場が楽しみですね。
東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/07/03(水) 23:45 ]

暖冬はどこへやら
冬将軍が思い出したかのように雪を降らせ、一夜にして銀世界となった今日の関東地方。
もともと今日は休日出勤の代休を貰っていたので、昼ごろからカメラを持って出掛けて来ました!


東横線は例によって全列車各駅停車で運転していました。
そういえば東横線が副都心線へ直通するようになってから、雪の日に撮影したのは今回が初めてです。
西武や東武のクルマも撮りたいところですが、残念ながら優等列車が運休なので出番は無く…(-_-;


一方、目黒線は運転順序を崩せないからか、急行も走っていました。
これダイヤが乱れる度に思うのですが、各停オンリーになると輸送力がガタ落ちする東横線にこそ、優等列車が必要ですよね。
非常時用ホームが造れるのですから、ちゃんとした10両対応ホームを全駅に設置すれば、こういうときに心置きなく10連を投入できるのに…。


大井町線も全列車各駅停車で運転。
仕事がない6000系は、梶ヶ谷の電留線にズラりと並んで昼寝していましたw



そして、もうそろそろ車両面で大きな動きがあると思われる田園都市線へ。
こちらも絶賛代走祭り中。


しかし上りに関しては、ほぼ所定通りの順序を保っていて、急行や、


渋谷行きの運転もありました。
ただ34KってマルKだったと思いますが、さすがに今日は無難な編成を入れてますね(^-^;


6ドア車を組み込んだ5000系は、もうまもなく見納め。


ホームドアの為とは言え、新製から僅か10年ちょっとで6ドア車全45両を廃車とは、何とも勿体無い話です。
もちろんリサイクルできる部品は活用するのでしょうけど、東急史上でも例の無い、短命なクルマになるのではないでしょうか。


頃合いを見て、反対側の渋谷方へ移動。
すると…田都では激レアな東武30000系ではないですか!


さらに続行で現れたのは、季節外れも何のその、伊豆のなつ号www
被られそうだったので、望遠に切り替えて間一髪でした。


安定の8000系。


せっかくネタ車が連続しているので、折り返しも頂きましょう♪


伊豆のなつは、なんと渋谷行きで帰って来ました。
しかも今度はメトロ車の代走に化けてます。

収穫あり!というわけで、これにて撤収しました。

東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/01/18(月) 21:40 ]

次のページ

copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania