FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

大山崎カーブにて
今回は(も?)帰省のついでに関西私鉄をいろいろと撮り歩いてきました。
まずは昨年12月29日、帰省ラッシュで超満員の新幹線を京都で下車、東海道線のホームへ向かっていると何やら渋いブロワー音が聞こえてきました…


お前まだおったんかいwww


山崎で降りて阪急の大山崎まで徒歩連絡。
山崎といえばサントリーカーブですが、私鉄派ならば大山崎カーブでしょうw


梅田方面から「京とれいん雅洛」が通過。
特急型の6300系は未だしも、まさか通勤型の7000系がゴージャスな観光列車に大化けするとは…。
神戸線用の車両が、ほぼ京都線でしか運用されないというのも異色ですね。


リニューアルが進む7300系。
第一弾の7320Fは新車と見紛うレベルに仕上がっていましたが、さすがに手がかかり過ぎたのか、それ以降はだいぶ簡略化されましたねw


初詣マークを付けた3300系。
このドア窓がびょーんと伸びた不格好なリニューアルは頂けません…。


大阪梅田行きと京都河原町行き。
2019年10月1日から梅田→「大阪梅田」、河原町→「京都河原町」が正式名称になりました。
車両側の対応が追い付いていないようで、LED車は更新済みなのですが、



幕車はそのままでした。




そして今回一番のお目当てだったのが、飾り帯が復活した8300系!
これ、当初は11月1日までの予定だったので、本当は10月に撮るつもりだったんですよね。
ところが台風19号で全てがおじゃんに…。
撮れず仕舞いになるはずだったのですが、ありがたいことに期間が延長されて無事に撮ることができました。


車体も足回りもぴかぴかな5300系。


初詣マーク付き9300系。


「京とれいん雅洛」が戻ってきました。
こうしてみると車体が京都線の車両より細いことがよくわかりますね。

「京とれいん雅洛」と「京とれいん」は大山崎~水無瀬で離合するそうなので、振り返ってカメラを向けてみると…


結果はこんな感じでした。
ちょっと遠い…。


前回のダイヤ改正から新種別「快速特急A」に変更された「京とれいん」。
これは2扉の6300系がホームドアに対応できず、十三が通過(!)扱いになった為なのですが、律儀に種別を変えるところが阪急らしいですね。

こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト



阪急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/01/13(月) 20:54 ]

神戸ネタもん二題
こちらの続きです。
あかね号を軽く撮ったら、再び近江八幡から新快速に乗って大阪へ。


はい、今日はデビュー30周年を記念して飾り帯が復活した阪急8000Fも終日運用ということで、こちらもぜひ撮っておきたかったんです。
まずは十三で面縦。


折り返しは定番の神崎川。
この端正な顔立ち、凄くカラーブックスって感じで最高ですね!



続いて園田。
一瞬晴れそう!?だったものの残念ながら8000Fのときはダメで、次で晴れました…orz



岡本。
8000Fの1本前の特急が8002Fだったのですが、やはりこうして比べてみると飾り帯ありの方が断然カッコいいですなぁ。



せっかく神戸まで来たので、神鉄に寄り道。
露出が厳しく駅撮り妥協ですが、リバイバルカラーが2本とも走っていました。
まずは戦後復興期の塗装になった1151Fから。


1373F。
一見すると標準的な1300系に見えますが、こいつは1370形と言って、1300形の中間車(1320形)を先頭化改造したもので、新開地方が前パンとなっているのが大きな特徴です。


1353F。
こちらは多数派ですね。
1300系のうち当初から冷房を積んでいるグループは1350形になります。


そしてお待ちかねの1357F!
リバイバルカラーになってからもうすぐ1年、そろそろヘッドマークを外して欲しいところ…と思っていたら、この数日後に外されたようでw
今度は本腰を入れて撮りに行きましょうね。



新開地に戻って乗り換えると、山陽電車の3078Fがやって来たので衝動乗りしちゃいましたw
この編成には、1次車の増結用として製造されたサハ3501号車が組み込まれているのです。
車内も1次車と同じ…かと思いきや袖仕切りの形状が異なるんですな。
3000F、3002Fが消えた今、初期アルミ車のデザインを残す貴重な車両です。


3078Fは阪神三宮行きだったので、とりあえず三宮まで乗って阪神→阪急という意味不明な乗り換えをして(笑)阪急梅田へ。



そう、側面のコレが撮りたかったんですw
阪急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/04/09(火) 19:29 ]

阪急のヘッドマーク2題
こちらの続きです。
夕方になり阪急の某編成が動き出したようなので、十三でバルブすることにしました。



と、その前に梅田で初詣マークも撮っておきましょう。
これもブログにはアップしていない年がありますが、京急の大師線とともに毎年恒例で記録しています。


でもって、来ましたよ!
お目当ての某編成とは、6000系の6050編成でしたー。
「ワンハンドル運転台車両導入40周年」イベントの一環として、2015年10月1日から記念ヘッドマークを取り付けて運行されています。


西北止まりなので、後続の準急で追っかけ。


40年前に阪急初のワンハンドル車両としてデビューしたC#6050、C#6150の2両。
登場時は2200系のC#2250、C#2251という車番でした。
この2200系は実験的なクルマで、ワンハンドルの他、電機子チョッパ制御や、前面の方向幕なども阪急では初の試みでしたが、8連1本しか製造されず、その後はVVVF試験車として一部の中間車が改造されたり、震災の影響で編成を組み換えたり…。
紆余曲折を経て、今では全車両をT車化のうえ、先頭車2両は中間に7000系6両を挟んで8連に、残りの中間車も6000系の各編成に組み込まれ、それぞれ余生を過ごしています。



側面には懐かしのHマーク、旧社章も復活!
このHマークはリアルで見た世代ではないのですが、現行の花マークよりも断然カッコいいって思うのは私たけでしょうか。
国鉄然り、営団然り、この手のロゴマークは昔の方がシンプルで、見栄えすることの方が多いように思います。

それにしても、ワンハンドル40周年だなんてマニアックなイベントをやってしまうところが、阪急らしくていいですよねw
阪急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/02/11(木) 21:43 ]

箕面線に8040形
一週間遅れのお盆休み。
今回の”帰省ついで鉄”は、まず6月18日から箕面線を走り始めた8040形を撮影してきました。


石橋駅に降り立つと、いつもの3000系。
こいつも気がつけば本線系統から撤退、着実に数を減らしています。


2本目で、お目当て出現!

2両編成の8040形は、宝塚線の増結用として活躍していたのですが、去る2015年3月21日に行われたダイヤ改正でもって10連運用が減便されてしまい、余剰となった8040F、8041Fを繋いで、箕面線の線内折り返し用として活用されることになりました。
8000系自体は、以前からラッシュ時の梅田直通便で入線していたものの、増結用の8040形が入線したのは史上初ではないでしょうか。




いやーネットで知った時は目を疑いましたが、こうして現実を目の当たりにしても、やっぱりよく出来たCGにしか見えませんw
ついこないだまで板車!板車!!と言っていた箕面線に、1編成だけとは言え平成生まれのVVVF車が入ったのですから、隔世の感がありますね。

お手軽駅撮りだけでアレですが、今回は時間の都合上、これにて退散しました。
まぁ、今後これが当たり前の風景になるでしょうから、日を改めて、きちんと記録したいと思います。

阪急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/08/26(水) 22:14 ]

東の7260形、西の2300系
北総から7260形が消えた3月22日は、関西でも昭和の名車が引退しました。


阪急2300系です!
2月20日より1ヶ月間、2313編成にヘッドマークを付けて定期列車に充当、そして3月22日の貸切イベント列車をもって引退となりました。
車両自体は、過去に思う存分撮っていたことと、個人的には板車が消えた時点で、もう2300系の時代は終わったと思っていて(笑)、あえて撮りに行くつもりはありませんでしたが…
先日は突発的に近江へ行ったので、それならばと大阪まで足を延ばして軽く駅撮りすることにしました。



阪急で駅撮りと言えば、泣く子も黙る梅田駅w
ヘッドマークの他、現コーポレートマーク撤去と旧社章の復元まで行われています。


京都方には、かつての特急看板を模したヘッドマーク。
この日は、普通運用で京都線を機織りしていたので後続の特急で追っかけ、なるべく光源のあるところで撮ろうとした結果、コンビニのネオンが写り込んでしまいました…orz
さらに追っかけも可能だったのですが、早朝から近江で動き回っていたことと、まぁこの調子なら翌日も走っているだろう、という甘い考えもあって、この日は京都線を離れました。
結局、翌日は朝にちょこっと走っただけで入庫、撮影は叶わなかったのですが。

***

以下、2014年5月撮影分です。
当時は7連3本が健在で、日中でも最低1本は稼働していました。






順光側ということもありますが、見事に梅田方の前パンばかりwww
この大きな菱形2丁パンタが堪らなく好きだったんです。


こちらはもう少し前の写真、ライトアップされた嵐山駅に停車中の2300系。
6300系が入る前の嵐山線は、2300系の天下でした。



やっぱり2300系と言えば、この顔です!
阪急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/03/26(木) 00:50 ]

次のページ

copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania