>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

塗り替え進む汎用特急車
こちらの続きです。


新大阪から御堂筋線、なんばで近鉄奈良線に乗り換え大和西大寺へ。
ちょうど向かいのホームから「しまかぜ」が志摩方面へ発車して行きました。
せっかくなので、乗り換えついでに少し駅撮りしましょうか。


相変わらず凄まじい配線ですなぁw
調布や京急蒲田など軒並み立体交差化されてしまったので、こういうダイナミックな平面交差駅は、関東ではなかなかお目にかかれなくなりましたね。



お!さっそく面白い編成が来ましたー。
旧塗装ACEが新塗装Aceをサンドイッチ、過渡期ならではの姿です。


続いて阪神9000系。
大和国で見る阪神車、分かっちゃいるけど未だに違和感が…(^-^;


留置線から出てきたサニーカー、こちらも旧塗装です♪


大和西大寺でスイッチバック、奈良方面へ去って行きました。
恐らく奈良始発の特急になるのでしょう。


京都市営のクルマも乗り入れて来ます。


さて、そろそろ本題の桜井線、まずは乗り換え駅の天理へ向かいます。
天理線直通の電車もありますが、どうやら先に出る急行に乗ると、平端で1本前の天理行きに接続するようです。


というわけで、先の急行で平端へ。
近鉄に乗って初詣へ向かうお客さんも多く、ここで半数強が下車、天理線のりばへと流れていました。
天理線の車両は線内折り返しの2+2編成、形式は…写真に写り込んでいた1258、1335という数字からググると、1252系+1233系と言うらしいです、はいw



天理に到着。
さすが宗教都市の中心駅、祭事などの為に、余裕のある造りになっています。

こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/09(月) 20:38 ]

関西私鉄ネタもん三昧#3 近鉄ヒストリートレイン
#2の続きです。


関西私鉄ネタもんシリーズ、3本目は近鉄のヒストリートレイン


近鉄奈良線の前身、大阪電気軌道が上本町~奈良間を開通させて100周年となったことを記念して、今年の4月から5800系DH02編成が、大軌デボ1形風の塗装を纏って走り始めました。
色味は若干濃い目ですが、パッと見た感じ、かつての近鉄標準色(マルーンレッド1色塗り)の様です。


DH02編成は阪神への乗り入れにも対応しているので、山陽電車との並びも!
もう1か月ほど早く来ていれば、能勢電へ譲渡する為に(!?)阪神入りしている阪急5100系も、ここに留置されていたので、夢のマルーン共演も拝めたそうですが、この時は既に車庫の奥の方へ取り込まれていました。


ちらっと阪急マルーンと、特徴的な分散クーラーが…!!
その手前には、改造中のえちぜん鉄道MC7000形の姿も見えます。
えち鉄では元阪神車が風前の灯になっていますが、阪神との繋がりは今でも健在なんですね。



ヒストリートレインは折り返し普通東花園行きに。
入庫さえしなければすぐ戻って来るだろうということで、今里で狙うことにしました。


おぉ、前パンの急行!しかも先頭車はゾロ目の1234号でした。


続いてシリーズ21。
ホームが若干煩いですが、晴れるとこんな風にド順光で撮れます。

しかし肝心のヒストリートレインは、ビスタカーの回送にがっつり被られてしまい…



開き直って遊んでみるw

ヒストリートレインにぴったりの、レトロな意匠をした明かり取り窓。
今里付近の高架線は昭和12年開通と古く、当時の人たちも、この窓越しにデボ1形を見たりしていたのかなぁ…なんて思いを馳せてみたりしたのですが。
3面4線のうち、この窓は4番のりばの大阪方に一ヶ所だけあります。
調べてみると、かつての今里駅は2面2線の相対式ホームだったところ、昭和31年の複々線化に伴い、もう1面ホームを増設して今の配線になったとのこと。
地図を見る限り、その増設したホームというのは、外側へ弧を描いている4番のりばと見て間違いなさそうなので、すると晩年は橿原線などのローカル線へ転出、昭和39年に引退したというデボ1形が走っているのを、この窓越しに見られたかは微妙なところですね…。


そろそろ鮮魚列車が来ることを思い出して、ホームを移動。
すると、神出鬼没の「かぎろひ」号が通過しました!
広い複々線を、2両編成でコトコトと行く姿が可愛らしいw


でもって鮮魚は、ご覧の通り被られ…orz


〆に折り返しのヒストリートレインを西九条で撮ろうとしたところ、またまた被られ(汗;
どうも、午後は運が向きません。
とりあえず、ここまで撮りたい列車は一通り走っていたので、それらに使い果たしてしまったのかも。
まぁ、ちょうど同じ形式同士、標準塗装と比較できる写真が撮れたということで…と思いきや、こいつら似たような顔をしているのに形式は全然違うのですね。
さすが近鉄です(笑)

#4へ続きます。
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2014/09/13(土) 00:39 ]

近鉄内部・八王子線、あすなろう鉄道に
廃止が取り沙汰されていた近鉄内部・八王子線ですが、2015年春より「公有民営方式」で存続することになり、先日その継承会社の名称が発表されました。
その名も…



「四日市あすなろう鉄道株式会社」
http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/140327-2utsubehachioji.pdf

お、おう(汗;

”明日”と”ナロー”で「あすなろう」だそうで…。
ちょっと名前はアレですが、貴重なナローゲージ路線が生き残ったワケで、ファンとしても嬉しい限りですね。



内部・八王子線といえば、雑多で怪しい車両たちが魅力ですw
バス窓やシル・ヘッダー付きのクルマが、何食わぬ顔で混ざっていたりします。


サ123号の車内。
1949年生まれのモニ229号がタネ車ですが、車内は近鉄らしく丁寧に更新されていて、近代的です。


しかしモニからの改造組は、ドアのサイズがタネ車のままなので異様に細っそいんですよねwww
下手すりゃ、両開き扉の片方の幅くらいしか無いんじゃないかなと思います(^-^;


こちらは、バスのような固定クロスシートが印象的なモ261号の車内。


また撮影当時(2007年3月)は新塗装へ移行していた”脱皮途中”の時期で、多くの編成は塗装が不揃いでした。
さらに広告塗装も波及し始めた頃なので…


広告+旧塗装+新塗装という超カオスな編成も(笑)
色もカタチもばらっばら、編成美なんてなんのそのです。



まるで模型のようにコンパクトなハの字型配線が萌える日永駅。
ここから近鉄四日市までの区間は、内部線、八王子線の2系統が重複しているので、日中でも15分ヘッドで運転されています。
一時期はBRT化も検討されていたそうですが、ちょっと規格が特殊で維持費が嵩んでしまうだけで、決してバスで事足りてしまうようなローカル線ではないんですよ!
近鉄と、それから沿線自治体も協力的なのか、近所の「養老鉄道」や「伊賀鉄道」の例もあって、安易に不採算路線を廃止しない姿勢に好感が持てます。

そういえば内部・八王子線が分離することで、ようやっと近鉄も冷房率100%、釣り掛け電車一掃へ漕ぎ付けることになりますね。
一方、あすなろう鉄道は冷房車ゼロ、釣り掛け電車のみの会社になってしまいますから、今後は老朽化した車両面のテコ入れも始まるのではないでしょうか。
近鉄としての内部・八王子線は、残すところあと1年です。

※この記事の写真、テキストの一部は、以前掲載した記事よりレタッチ、加筆したものが含まれています。
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2014/03/31(月) 21:53 ]

近鉄の小さな貨物列車
滅多にお目にかかれないモト75が走り回った今年の「きんてつ鉄道まつり」ですが、近鉄では定期の貨物列車が毎日走っているのをご存知でしょうか。
鮮魚ではないですよ。
ちゃんと貨車を使っていて、しかも必ず貨客混合列車として運転されているんです。


近鉄下田で復刻「あおぞら」を撮った後、河内山本へ。
ここから信貴線という、全部で3駅しかない支線に乗り換えます。
すっかり日も暮れてしまいましたが、お目当ての貨客混合列車はまだ走っているので、駅でバルブしようという魂胆です。


木造屋根に覆われていて、雰囲気のいい信貴山口駅。
”この列車はこの駅まで”で、ここは終点ではありません。
車止めの先に、もう一つのホームが直角に交わっていて、そこには貨車を従えた電車が発車を待っていました!


西信貴鋼索線の高安山行きです。

…え、ただのケーブルカー?


貨車なんて見当たらない??

いやいや、貨車を連れているではないですか!!



ほら後ろにwww

この小さな小さな無蓋車はコニ8号といいまして、こんなんでも立派に1両分の車籍を持っています。
高安山駅の周辺には水道が引かれていないので、山上で使う水をコイツに乗せて輸送しているのだそうです。


スルッと関西やICカードの類は一切使えない西信貴ケーブルですが、2DAYチケットは使えるので高安山まで乗ってみることにしました。
終電1本前の17:40発で、車内はご覧の通り貸切状態。
上で宿泊するなら、この時間に登るお客さんも居るんでしょうけど、とてもそんな風ではない軽装な三条は完全なる不審者で、「次が最終ですよ」と車掌さんに念を押されましたwww


5分ほどで高安山に到着~。
今回乗った車両はコ8号で「しょううん」という愛称が付いています。
漢字では”祥雲”と書くのだそうで、地下を走る”捷運”ではありません(笑)
ちなみに、相方のコ7号は「ずいうん(瑞雲)」といいます。

1本見送って「ずいうん」にも乗ってみたいところですが、そしたら今日中に帰れなくなります(^-^;


折り返しまで時間があるので、コイツは荷台ではない!という証拠写真をw
ちゃんと切り離しができますよ。


頭上には積荷を降ろす為のクレーンが備わっています。
でもってその先のスペースをよ~く見ると、赤いコニ7号らしき車両が、カバーの下から顔を覗かせているではないですか!
すれ違ったときは暗くて気が付きませんでしたが、この日「ずいうん」はコ7号を牽いていなかったようです。


高安山駅前からの眺め。
これが函館山とかだったらリア充爆発しろ!となるワケですが、ここなら人っ子一人居ません。
こんな美しい夜景を一人占めできます。

…逆に誰も居なさ過ぎて怖い。


ケーブルカーでもしっかり近鉄フォーマットな時刻表。
これ、種別や行先が多いと、列車の前後関係が把握し辛いんですよね。


信貴山口へ戻って来くると、すぐに電源を落として眠りに就きました。
今日の運転は、これでお仕舞い。

ダイヤ改正の度に減便しているという西信貴ケーブルですが、年末年始は終夜運転が行われ、朝護孫子寺への参拝客で毎年賑わうそうです。
人知れず(?)山上へ水を届ける小さな貨車、末長く活躍して欲しいですね。
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/11/09(土) 22:12 ]

きんてつ鉄道まつり2013 #2
#1は、こちらから。


マンモス号を思う存分撮った後は高安車庫へ。



3000系の生首…(((( ;゚Д゚)))

コイツは近鉄史上唯一のステンレスカー、かつ電機子チョッパ制御で、4両編成1本しか製造されなかった幻のクルマでした。
こうした試作要素満載なクルマの常で、あまり(寿命の長い近鉄の車両としては)長生きできず、製造後34年が過ぎた2012年廃車に…。
以前これのついでに京都線で撮影を試みるも結局現れず、実物を見たのは今日が初めてだったりします。


近鉄&東武でPR相互乗り入れ!8000系が8000系の塗装に(嘘です)
下地塗装がセイジクリームのように見えますね。

高安車庫では、特にこれと言った撮影会や物販は無く、大手のイベントにしちゃあ、なんだか随分とショボいような気がするのですが…
そこは近鉄さんの凄いところでして、「きんてつ鉄道まつり」は高安と五位堂の2ヶ所同時開催!なので、これはホンの一部分に過ぎませんw
日本一大きな私鉄だけあって、イベントも2つに分けてしまうほど規模がデカいんです(さらに名古屋方面のイベントとして、毎年春には塩浜車庫でも一般公開をやっていたりします)
と言うワケで、大阪線に乗って五位堂にも行きましょう!


高安を出たところで、折り返し中のマンモス号を見かけました。
高安~五位堂間は、区準と急行を河内国分で乗り換える日中の最速パターンでも15分はかかる距離なので、折り返し時間も考慮すると、この間を1時間ヘッドで往復するのは結構タイト。
見た目に似合わず、かっ飛ばしていましたよwww



五位堂に着くと、向かい側に「かぎろひ」の重連が停まっていました!
どうやら「あおぞらⅡ」の臨時列車とは別に、クラブ○ーリズム主催でイベントに参加するツアーもあったようです。
こういう神出鬼没な団体列車が現れるのも、近鉄の魅力ですね。


近鉄のほぼ全車両の検査を行っているだけあって、とにかく広い五位堂車庫。


狭軌のクルマも担当しているので、3線軌条になっているところも!


奥の方に、こんなクルマが停まっていました。
連結面にライトが付いているのは、簡易運転台というヤツしょうか。
裾の部分だけ中途半端にクリーム色が入っているので、まぁ塗り替えの途中で編成がバラされているんだろうな…と思ったのですが、屋根を見て違和感を覚えました。

クーラーが見当たらない。

大手私鉄の近鉄では冷房化率100%…は、実を言うと達成できていないんですけどw それは内部&八王子コンビが足を引っ張っているだけで、とりあえず本線系には非冷房車両なんて居ないハズ。
そこで帰ってからコイツの正体をググってみたところ、1600系のモ1650形を改造(と言っても簡易運転台は現役当時からあったので、殆どそのまま)した入換え専用電車なのだそうです!!

まだまだ世の中には、知らない鉄道車両が眠っているもんですね…(三条が無知なだけ?(^-^;)


東山ってドコやねん!?と路線図を見てみたら生駒線の途中駅でした。
生駒線は全列車ワンマン運転だそうで、これは多分ネタ表示ですw


奈良交通の展示もあったのですが、最新の高速バスと並んで年代モノの3扉車が!
今も学園前駅の辺りを走り回っている、95年式のブルーリボンだそうです。
正面は人が写り込みまくったので割愛しますが、懐かしい”つぶらな丸目ライト”でしたよ。



そして、お待ちかねの撮影会!
両端のモト90形と「はかる君」がタダならぬオーラを放っていますが(笑)
主役は真ん中の…



18400系特急色!!

「あおぞらⅡ」の増結用として2両だけ残っていたのですが、新たに特急車を団体専用化(初代あおぞら塗装のあれ)して置き換えられることになり、今年9月から特急時代のカラーリングが復活しました。
かつての京都/橿原線の車両限界に合わせた小柄な車体に、大きな前パンの絶妙なバランスが堪りません!

この特急色姿は儚くも3ヶ月と持たないそうで、今回はマンモス号とともに撮っておきたいクルマの一つでした。


通勤型は1両も居ない撮影会でしたが、少し離れたところに2400系がポツンと居ました。
なんと「はかる君」の種車は2400系だという衝撃の事実…Σ(・Д・;!?


最後に近鉄下田で復刻版「初代あおぞら」を撮って〆
…としたいところですが、この後はとある”貨物列車”をバルブしに某所へ向かいました。
続きは次回の記事をお楽しみに!
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2013/11/08(金) 21:15 ]

次のページ

copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ