> 私鉄屋雑記帳 相鉄
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



湘南の鉄道撮り歩き #3
#2の続きです。
藤沢で、ふと”ある車両”を撮影しておこうと思い付き、東海道線に乗って茅ヶ崎へ。


茅ヶ崎からは、県央の大動脈(笑)である相模線に乗り換え。
相模線なんて乗ったの何年ぶりでしょう。
車両は相変わらず変な顔をした205系ですが、駅に着く度にドアの半自動扱いを説明する自動放送が流れるようになっていて、少しやかましく感じました(^-^;
以前乗ったときは無かったと思います。


厚木で下車。
ある車両と言うのは、背後に写っている相鉄の車両なのですが…


いたいた!こいつですよ、こいつ。



真っ白な7601号車!!

青とオレンジ帯の新塗装化すら完了していない(9705Fが残っています)なか、さらに紺色一色塗りの「YOKOHAMA NEVYBLUE」なる、新塗装がお披露目されたのは記憶に新しいところ。
実は、その新塗装が発表される1年ほど前に、かしわ台車庫で車体中央部を境に青と黒(濃紺?)の2色塗りになった7601号の姿を見た、という目撃情報がネットに上がっていました。
恐らく”試し塗り”とはいえ、まだ未発表の塗装のまま外へ出すのはNGなので、厚木へ移動させる際に白く塗り潰した結果が、今のこの姿なのでしょう。


驚きの白さ!
ただ闇雲に塗りたくったというわけでは無く、ちゃんと車番や方向幕などにはマスキングも施してあります。
ここまでするなら、青帯とオレンジ帯も足してやりたくなりますねw




白い7601の他にも、7157、7156、7512、7144、7006の計6両が留置してありました。
通常の営業運転ではありえない7000系と新7000系の混在編成、そして新塗装の試し塗り(だったもの)と、早くも旧々塗装となってしまった赤い相鉄との夢の共演。
これもまた過渡期の相鉄を象徴する姿ですね。

…まあ塗装に関して言えば、相鉄の場合、いつの時代も過渡期のような気もしますがw


万系の旧塗装なんて、もう既に「あぁそんなのもあったなー」レベルです(笑)
※この写真は2009年2月9日撮影


海老名駅の売店を覗いてみたら、買おうか悩んでいた新7000の鉄コレが普通に平積みしてあったので、お買い上げw
さて横浜へ戻ろうと改札口を抜けると…おや、こんなのところで旧塗装の新7000系が活躍しているではないですか。
車両の紺色化とともにサインシステムも一新するそうですが、こういうものは意外と残るんだろうなぁ…。
スポンサーサイト
さよなら赤帯旧塗装!

W杯を尻目に、こんなところへ行ってきました。
サムライブルーよりもソウテツレッドです(笑)


まぁ相鉄だし劇パとは無縁だろう…というワケで、11時頃に到着。
予想どおり並ぶことも無く、すんなりと入れました。

左から、9505:特急湘南台、8512:急行海老名、7555:快速いずみ野、7509:各停相模大塚

で、注目は9505号車が幕になっていること!
こいつは普段LEDなのですが、なんと相鉄さん、わざわざ今日の為に、海老名方の前面だけ幕へ付替えて下さったようです。

なので、ちょいちょい幕回しも行われていて…



遊ばれ放題www

左から、9505:そうにゃん湘南台、8512:そうにゃん無表示、7555:通特湘南台、7509:特急海老名


通特は、今回の特急とともに追加された幕ですが、実際には運行されていません。
果たして将来、日の目を見ることはあるのでしょうか。



9505:特急湘南台、8512:急行海老名、7555:各停相模大塚、7509:快速いずみ野

やっと顔に光が当たるようになってきた…と思ったら、8000系に影が落ち始めてしまいましたorz


9505:特急湘南台、8512:特急海老名、7555:特急湘南台、7509:特急海老名…全部特急!

ここで、諸事情により遅延していた友人と合流。
ダベりながら8000系の影が抜けるのを待つも、今度は9000系に影が(汗;
手前では、跨線橋の影が7000系に忍び寄っていましたし、4編成揃って順光は諦めるしかありません。



最高に”良い表情”を見せていた7000系を撮りまくり。
この大きな「特急」表示が堪りませんね~。
さり気なく、通常は7000系が入らない海老名特急なのもポイントです。




オレンジ色の特急幕は、旧塗装に映えますね。
特に、新7000のオレンジ帯とのバランスは絶妙ですよ!!


しかし2007年から進められていた塗装変更も(塗装を変えない7000系を除き)、今年度を持って完了する予定です。
せっかく似合っていた旧塗装と特急の組み合わせも、僅か1年足らずで見納めに…。
普段の走行シーンも狙いたいですが、これは相当な賭けになりますな。


〆は…なんと7000系の特急!
相模大塚から各停→二俣川で特急に乗り換えたら大当たりしました。
ラッピング車2編成も終日運用に入っていたようですし、イベントに合わせてネタ車を投入したんでしょうねw
相鉄7000系ヘッドマーク、まもなく終了!


相鉄7000系は、予てからプラレールの発売を記念したヘッドマークを全3編成に掲出して走っているのですが、掲出期間が1カ月以上もあり「近所だし、いつでも撮れるからいいや~」の法則で、気が付けば終了の3日前!
昨日は、滑り込みで撮影に行ってきました(汗;





初っ端から快速です♪

運用は相鉄の公式ページに載っていて、この日は7707編成=12、7710編成=13(8:45二俣川で車交)、7712編成=15の予定でした。
このうち15運用は終日運用入りするだけでなく、3往復は快速になるという、とてもオイシイ運用だったりします。
ところが…ここ最近の7000系は車両故障が頻発していて、この日の前日にも7712が急遽運用から外れたとかで、ちゃんと15運用に7000系が入るのか不安でしたが、結局7707が代走していました。



一方、故障していたハズの7712編成は…
なんとイレギュラーで22運用に入っていました!



とても立派なヘッドマーク。
これは、もしやさよなら運転の時に使い回(ry

マークで隠れてしまうからか、先頭車の車番も書き込まれていて凝ってますね。







今さらながら、ゆめが丘駅が滅茶苦茶カッコイイ件について。
思えば、これまで天気の良い日に降りたことが無かったので気が付かなかったんでしょう、大きなドーム状の屋根と広々としたホームに落ちる支柱の影が、まるで異国の駅のようです。
残り僅かとなった旧塗装の9000系と絡めて一枚。



新7000の旧塗装車にも運良く遭遇できました。
今や新7000の旧塗装は、コイツ7755編成1本を残すのみ…。



最後に22運用の各停で〆
この運用も夕方に1回だけ快速へ化けるのですが、このあと相鉄沿線の某所にて野暮用があったので華麗にスルーしました。
ちなみに、その帰りしな15運用の急行!!をバルブしようと目論んでいたりもしましたが、ちょいと飲み過ぎて友人の車で地元まで送ってもらったりと、グダグダな感じで撮れず仕舞い(^-^;

黄色いお医者さん。
と言ってもドクターイエローではなく、相鉄のモヤ先生ですw

とかく地味なキャラをした相鉄ですが、沿線住人でなくとも神奈川県民であれば数年に一度は利用する、という方も多いのではないでしょうか。
神奈川の隅っこに住む三条も、今日はちょっと書類が必要になったので相鉄に乗って二俣川へ。
天気も良いし、ついでに沿線で撮影していたところ…偶然モヤに遭遇してしまいました!!









まずは西谷~鶴ヶ峰の撮影ポイントから。
ここは空が大きく入るので、前々から天気の良い日に撮りたいなぁ…と思っていた場所でした。



少し場所を移動。
今日は旧塗装率が高く、小一時間で撮りたいクルマが一通り撮れました。





続いて鶴ヶ峰のS字カーブへ。
ここはラッチ内からも撮れますね。
背景が森バックで良いのですが、いかんせん切り通しなので影が気になってしまい、数本後追いで撮って別の場所へ移動…

っと、ここで横浜方面へ向かうモヤと遭遇!(カメラを片付けた後だったので写真は無いです(-_-;)



さぁここからはモヤ捕獲モードですwww
広角で4連が収まる場所を見つけてスタンバイ、待つこと約30分…



帰って来たー!

うお~この怪しい非貫通顔前パンのダブルコンボ!堪らんですなぁ!!
デビュー当初は、見た目の古さから来る貫録と怪しさの両方を兼ね備えていたモニと比べて(笑)
こんなスマートな電車が後継車だなんて…と思っていたこともありましたが、こうして見るとモヤも充分魅力的ですねwww



少年A「あっ、黄色い電車だぁ!」

少年B「オレ、これで3回目だぜ!!」

少年C「俺も!俺も!こないだ見たし!!」

ダイヤが下校時間と重なるからか、沿線の小学生たちにも有名な”お医者さん”です。


相鉄の節電ダイヤを観察する。
先週の木曜、修理に出していたカメラが無事に返ってきました。
問題だったピントの不自然なズレは直り、ズーミングもスムーズに!なんだか、自転車に油を差したあとのような感じです。買った当初はこんなだったんですね…。
なんにしても、ぎりぎりGWまでに間に合って良かったな、と(^-^;

というワケで。まずは、カメラを預けていたが為にパソコンへupできなかった、4月21日の収穫から…



相鉄では予てからの電力不足により、日中の快速をまるまる運休させて、各停大和行きを湘南台へ回す超減量ダイヤとする反面、ラッシュ時は据え置きとすることで、一日平均9割の運転本数を確保しています。
この副産物で、ほぼ平常ダイヤの朝ラッシュから節電ダイヤへと移行する9時台に8連の快速が出現!あわよくば唯1本だけの7000系10連(7005編成)も、朝ラッシュなら出て来てくれるんじゃないだろうか…と目論んで、朝の相鉄へ出かけてみました。



上星川の横浜方でスタンバイ。駅撮りでアウトカーブというと鶴ヶ峰が有名ですが、上星川なら8連であれば尻切れにならず、編成全体がピッタリ収まります。
まずは7000の青各停。



次の各停も7000。ラッシュ時は稼働率が高いですね~。
あれ?でも編成が収まりきってないぞ。同じ位置で止めたのに…

って、コイツ10連!しかも所定8連の代走!?

まさか、初っ端7005が現れるとは…。優等運用を期待していたので、少し残念な感じも拭えないですが、これはこれでレアなのでヨシとしましょう。
とりあえず終日運用に入っていることが判明したので、追いかけずに8連快速を待ちます。



8連快速1本目…うわー一番残念なの来たorz
全部で2運用3本あるので、もう1運用に賭けです。



次の8連快速は横浜行きなので、下り方へ移動。
暫くすると、菱形パンタで揃った7709編成がやってきました。美しい編成なのですが、まだ新しいアンテナが取り付けられていないので先行き不安…。



でもって期待の8連快速2本目は…大当たりー!!!
しかも前4両は検査明けのようで、足回りもパンタもピッカピカ!



10連代走も帰ってきました~。



季節モノと絡めて。

星川駅周辺の高架化工事が、ちょっと見ないうちに随分と進んでいたので、沿線を歩いて記録してみました。



帷子小学校前の踏切から。この辺りは既に仮線へ切り替えられていて、天王町駅を出てすぐに不自然なS字カーブが出来ています。
地上線の記録はもちろんですが、旧塗装と新アンテナの組み合わせも、後々レアになるかもしれません。





もういっちょ10連代走。
7005は7000系唯一の10連というところが一番目立ちますが、実は先頭がモーター車なのもコイツだけ。先頭車に設置された菱形パンタも凛々しいですね!



ぴかぴかの7707も帰ってきました。
広角レンズのピントが合わないので、MFで無理やり撮った一枚www



星川駅は、こんななっていました。

ここの他にも、西谷では連絡線用の土地を捻出するために待避線が潰されていたり、瀬谷では2面4線化が行われていたりと、あちこちで工事している相鉄。都心直通なんてまだまだ先のこと…なんて思っていましたが、着々と準備が進んでいるようです。