FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

未来の電車と過去の電車
こちらの続きです。
午後は東武8111Fの団臨を撮りに、新大津から都心を縦断して伊勢崎線の蒲生へ。


で、到着していきなり東急2020系の試運転に遭遇しちゃいましたwww
これは全くノーマークだったのでびっくり。



8000系ワンマン車回送。
今日は宮地岳線黄色に赤帯の8575Fでした。
これ撮ったら昼食にしようと思っていたのですが、どうやら2020系が戻ってくる?っぽいので暫く待機することに。


意外と早く、30分ほどで戻って来ました。
まだ試運転の段階だからか、東武線内を走っているのにマルKマークが付いたままになっていますね。





まだ8111Fが通過するまで2時間ほどあるんですが、同業者さんが増えてきたので昼食は抜きにして待ちますw
まぁここはいろんな電車が来るので退屈はしないです。
8500が撮れるのも今のうちですしね。


そして8111F!
こいつ、ここ最近あまり動いていなかったので、思えばセイジクリームになってからは初撮影でした。
ツートンもカッコよかったですが、やっぱり東武8000と言えばこのイメージですね。


今日の8111Fは東武博物館と鉄道博物館を掛け持ちするツアーのお客さんを乗せて走るそうで、東向島から大宮まで入線するとのこと。
というわけで本運転は野田線アーバンパークラインの豊春へ。


お、少し晴れてきましたね。



本運転は晴れ!とはいきませんでしたが、薄日が射してまずまずというところ。
たびじマークは実際に昔使われていた物なのか、日焼けして文字が薄くなっているのがいいですねw


返却回送も豊春で。
この直前に発車した大宮行きが幕車の8000系だったので、もう30秒でも早く8111Fが通過すれば並んだのですが…(^-^;

これで撮影は終了…と思いきや、後続の列車で春日部に向かうと8111Fに追いついてしまいました。
しかも、



2020系の試運転と並びました!!!

はい、まさかまさかのミラクルですよ!
未来の電車と過去の電車、時代(と会社)を越えた夢の共演です。


そして、この垢抜けない電車に地味な跨線橋。
アーバンパーク?何それ??という感じ、これこそ古き良き東武ですよね!
いろいろ考えて撮った写真よりも、この偶然とれたカットが今日一番のお気に入りだったりしますw

スポンサーサイト
東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/26(日) 18:24 ]

甲種2連発その1 東武70000系
今日は首都圏で私鉄絡みの甲種が2本運転されたのですが、上手いこと時間帯が午前と午後に分かれていたので、ちょっと欲張って掛け持ちしてきました。


まずは東武70000系の甲種を石原駅近くのストレートで撮影。
秩鉄は大樹用客車の甲種以来約1年ぶり、まぁダイヤは同じだろう…と余裕を抜かしていたら、石原の30分停車は無くなったのですね(汗;
2発撮ろうと企んで、急いで駅に向かっても何も止まっていなくてポカーンでしたorz


追っかけは諦めて熊谷の留置線に寄ってみると、リバイバルカラーの6003編成が滅茶苦茶いい位置に止まっていました。


こちらは標準カラーの6002編成。
秩父夜祭のヘッドマークがついています。


東急変顔コンビw


続いてデキの返却回送を撮るため西羽生へ。
俯瞰ポイントにたどり着くと、ちょうどいいタイミングで都営車がやってきました。


そうそう、こんな派手なのもいたなぁ…ジオパークトレインでしたっけ?あれ、でも絵柄が違うような??
ググってみると「秩父三社トレイン」というのですね。


おお、さっきの7002編成w




そしてデキ重連!
そういえば、この返却回送をちゃんと撮ったのって今回が初めてかもしれません。
今の季節は両パン上げになるので、カッコ良さ2倍増しです。



最後に、いつもの授受線へ。



入れ換えが終わり、カバーを外している最中でした。
70000系もこれで4編成目、まだまだ…なんて思っていると、あっという間に置き換えが済んでしまいそうですね。

こちらの記事に続きます。
東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/11/27(月) 22:50 ]

多度津発→南栗橋行き、長距離客レ走る #2
#1の続きです。
熊谷貨物ターミナルでは3両ずつに分割、翌週の3、4日の2回に分けて南栗橋へと向かうことになった12系14系客車一行。
そのうち初日の運転分は都合が付いたので、撮影に行ってきました~。



まずは石原で。
初日は、羽生方からデキ507+スハフ14-5+オロ12-10+オロ12-5+デキ505という編成でした!
秩父鉄道にはパレオ用の12系客車が居るので、この組み合わせ自体は決して珍しくはない…んですが、やっぱり国鉄色&オンボロ(笑)な12系を牽引する姿は異様ですなぁ。
デキ同士でプッシュプルなところもポイントですね。


石原では30分ほど停車。
秩鉄のアイドル7800系と並びましたw



停車中に先回り、武州荒木~新郷の豚小屋前へ。
まあ、予想通り激パでしたが…キャパはあるので、追っかけでも無問題です。
どちらかと言うと霧っぽい天気の方が気になっていたのですが、なんとか持ち堪えてくれました。


さらに後続電車で羽生へ。
既に青いデキ507の方が切り放されていました。


JRの時と同じ瀬戸風マーク!
多度津から南栗橋まで、カマを変えながら同じヘッドマークを提げて走る姿は、まるでブルートレインのよう。
こんな甲種が過去にあったでしょうか!?


授受線へと押し込んでいたデキ505も戻って来ました。


重連単を組んで帰宅の途へ。
一方、客車たちは…



!?

授受線の方へ向かうと、なんと8000系と連結された状態で止まっていました。




さらに800系も到着し、客車たちをサンドイッチ!!!
これで南栗橋まで運ぶというのです!
いやー信じられない光景ですなぁ…。



東武の電車とJRの客車、おまけに客車は四国のクルマ。
これは夢か幻か…。


普悠瑪塗装のりょうもう号が通過!
幹線ですれ違う普悠瑪號と普快車…なんちゃって(笑)


しっかしボロボロですなぁw
そんじょそこらの宿営車よりもボロいですよ。


暫く様子を見ていると、8000系にもヘッドマークと同じ絵柄のシールが登場!
しかし、さすがにここから先は終電後に行われることと、雨足も強くなってきので撤収しました。
さて東武では一体どんな姿になって出場するのか!?今から楽しみですね。
東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/10/08(土) 19:58 ]

多度津発→南栗橋行き、長距離客レ走る #1
東武のSL復活運転プロジェクトに向けて、JR四国の12系2両と14系4両が28日夜から丸1日かけて、熊谷ターミナルへと甲種輸送されました。
撮影プランは色々と考えたのですが、追っかけて枚数を稼ぎたいこと、予報によれば雨が降る可能性が高いこと、そしてあまり西の方まで遠出するとお財布が…というわけで、まずは静岡駅へ。


葵タワーと家紋を入れて”静岡らしさ”を出してみました。
しかしちょっと薄日が差してきてしまって、逆光気味に…(-_-;


その代わり、後追いは綺麗に撮れたのでヨシとしましょうかw
遠くに折り返しを待つ313系の姿も写り込んで、東海管内を走ったという記録にもなりました。
機関車を保有していないJR東海、まさかこんなカタチで白昼堂々、東海道線を客レが走ることになろうとは…。


後続列車に乗って、静岡貨物で追い抜き。
グレーの床下機器が、また在りし日のJR東海の客車を思い起こさせますねぇ。
それもそのはずで、実はこの14系客車たち、2005年に四国へ渡る前はJR東海のクルマでした。
今回の甲種輸送は、ただ単に珍しい列車というだけでなく、彼らにとっては11年ぶりの里帰りでもあったのです。


2発目は富士川で。
静岡ではネタの割にまったりしていたのですが、こちらは予想通りの激パっぷりでしたw
まぁEF65-2139に専用マークまで付けてしまいましたからね、こんな甲種、もう2度と無いでしょう。
2016年9月末に片道だけ走った瀬戸風甲種?いや、ムーンライト東武??奇跡が生んだ長距離客レとして、テツの間で末永く語り継がれるのではないかと思います。


最後に西湘貨物でバルブ。



JR四国では、2008年まで運転されていた「ムーンライト松山・高知」が主な活躍の場でした。
学生時代、四国へ渡るときに、それはもう何度もお世話になった列車で、いやー懐かしいですね。
そうそう、夜中の多度津では罐の付け替えがあって、こんな風にバルブしたよなぁ。
でもって当時からこんくらいボロかった(笑)


瀬戸風マーク、よーく見ると東武、JR四国、JR貨物、そして秩父鉄道のロゴも。
多くの会社の協力で実現した今回の甲種輸送、その壮大なスケールがヘッドマークにも刻まれていました。

#2に続きます。
東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/10/02(日) 00:04 ]

リバイバルカラー8577Fと桜を撮る
今年も桜の季節がやってきました。
野暮用で東京駅へ寄った帰り、どこか近場で撮影しようと考えるも…王子の専用線は無くなってしまったし、飛鳥山と都電も一昨年だったか順光で撮ったので、このドン曇りの日に同じ場所へ行っても面白くない。
そこで…



東武亀戸線へ行ってみました!
亀戸線って、今まで一度も乗ったことが無い路線だったのですが、どうやら線路沿いに桜が咲いている場所があるようで、それなら先月23日から走り始めたリバイバルカラーの8577Fと絡めて撮ろうじゃないか、というわけです。


おぉ、いい感じに咲いてますなー!!
東あずま駅のすぐ近くにある公園の桜です。


亀戸線は日中2編成が行ったり来たりしていて、10分に1回、ここで綺麗に並びます。
3kmちょっとの小さな支線、もっと本数は少ないのかと思いきや、割と高頻度なのですね。
お客さんも結構乗っていましたよ。




それにしても派手ですねー。
これは昭和30年代の標準色とのことですが、初見で「あれ?東武8000もジャボタベックに行ったの??」と思ってしまいましたwww
でもまあ8000系は私鉄の103系と言われるだけあって、あまり尖ったところの無い”THE通勤電車”っていう感じのデザインなので、某ダイキャストモデルじゃないですが、それっぽく塗れば何でも似合っちゃいます。
一方、東急1017Fは…



日も暮れて来たので、曳舟で駅撮りして〆
8577F、今度は本線を爆走している姿も撮りたいですねw

東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/04/03(日) 23:43 ]

次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ