FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

帯無しO2編成を捕鯨せよ #4
こちらの続きです。


なんと今日はT1も並んでいるではありませんか!!!(昨日はマッコウクジラ3並びでした)


撮影会の車両は日替わりだったのですね。
これは嬉しい誤算です。


O2編成は幕回しが行われ、屋代や信濃川田など懐かしい行先も表示されました。


もし半蔵門線が史実よりも早く全通していたら、東武線内ではこんな並びが日常的に見られたかもしれませんねw


午後は旧山の内線区間で撮ろうと、ゆけむり号で湯田中へ。
思えば湯田中駅で降りたのはかなり久しぶりで、前回はまだスイッチバックがあった頃でした。


とは言えホーム以外に大きな変化はなく、渋い駅舎やバスターミナルは今も健在です。


湯田中から定番の夜間瀬カーブまで徒歩移動。
ここ夜間瀬駅のすぐ近くなんですが、ちょうどいい時間に普通電車がなかったので…。
以前なら特急も信州中野を出ると各駅停車だったんですけどね(というか昼間は特急しか走ってなかったですw)
撮影地にたどり着くと、観光列車「のんびり号」の返却回送がやって来ました。


そしてO2編成。
この旧山の内線の1ヤマのみ、どうしても臨時ダイヤが引けなかったのか定期列車のスジだったりします。
まぁ臨時も行先表示だけだったので見た目の変化はありませんがw
臨時列車は当日有効の1日乗車券がないと乗れないのですが、これは普通乗車券や定期券でも乗車できます。



続いて夜間瀬川橋梁。
晴れれば順光、土手にはカメラの砲台がずらりと並ぶも結局晴れず…。


急いで信濃竹原へ移動して、山を登ってくるスノーモンキーとの交換も撮影。


この信濃竹原の駅舎も渋いですね。
残念ながら待合室は閉鎖されていて中には入れなかったのですが、ガラス越しに長野オリンピック直前の賑やかだった時代の運賃表が見えました。



やっと晴れてきたので再び土手へ。
あぁO2編成のときにこの光線だったら…。


日も暮れてきたので、そろそろ帰りましょうか。


信州中野で降りると隣のホームにもマッコウクジラが。
残る3500系はN編成4本とL編成1本の計11両、新車導入の噂はあるものの今のところ具体的な発表はなく、もう暫くは活躍するものと思われます。

スポンサーサイト



甲信越地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/12/28(土) 22:01 ]

帯無しO2編成を捕鯨せよ #3
こちらの続きです。
長野でマルヨ、今日もO2編成を追っかけます…が、その前に。


朝、カシオペアが篠ノ井線経由で長野まで来るとのことで、定番の安茂里カーブへ寄り道しました。
まずは快速しなのサンライズ号。


長野方面から湘南色(S3編成)先頭の回送が通過。


そしてカシオペア。
EF64-37牽引、菱パンと灰色ゴムが堪りませんね。
まさかこんなところで撮れるとは思ってもいませんでしたw


もう少し居残って湘南色(S25編成)+長野色(S15編成)コンビも回収。
2連にもリバイバルカラーが出たことで、こうした懐かしい混結も頻繁に見られるようになりました。


折り返しは安茂里駅近くの踏切で。
この時間帯はツーマンなので、紺地の「普通」幕になるのもポイントですね。


さて、そろそろ移動しましょう。
安茂里駅に戻って列車を待っていると、HB-E300系「リゾートビューふるさと」が颯爽と通過。
最近流行の気動車なんだか電車なんだか判断に迷うやつですw


初代長野色(S7編成)が来ましたー。
長野から妙高高原行きに化ける列車だったので、そのまま北長野まで乗って長電沿線へ。


今日は地上区間で捕鯨しますよ。
信濃吉田付近のカーブを行くマッコウクジラ、やはり都会っ子は複線が似合います。


続いて本郷~善光寺下へ。
露払いは赤帯マッコウくん!


そしてO2編成。
ここは中目黒か南千住か、デビュー当時と殆ど変わらない姿で地上へと駆け上がります。


後続(T6編成でしたw)で須坂に向かうと、O2編成が回送表示で待機していました。
これから駅舎方の側線に入換えて、撮影会が行われます…ん??



!?

#4に続きます
甲信越地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/12/23(月) 23:01 ]

帯無しO2編成を捕鯨せよ #2
こちらの続きです。
いよいよ今回のメインイベントといっても過言ではない、地下区間を走るマッコウクジラを撮りに向かいます。



まずは市役所前で撮影!
いぶし銀に薄暗い地下ホーム、いやーもう最高ですね!!
この信州中野→長野行き2538Xレは、善光寺下、権堂を通過する代わりに、市役所前で9分間の”撮影停車”が設けられていました。
マッコウ君のリバイバルは屋代線が廃止された2012年頃にも行われたのですが、この姿で地下区間へ入線したのは今回が初とのこと。


続いて折り返しの2215Xレでは、なんと権堂で18分停車!!
本数が少ない長電ならではの芸当ですねw




いろんな角度から、思う存分撮れました。
この素晴らしいダイヤを設定して頂いた長電さんには、本当に頭が下がる思いです。


車内は意外と空いていたので、最後に須坂まで乗ってみることに。
ベージュ色の内装と非冷房の天井…そして、なんといっても地下駅を高速で通過する違和感と言ったら(笑)
日比谷線では3000系の時代はもちろんのこと、今でも快速運転なんてしていませんよwww
地上に出ても朝陽で運転停車がある他は全て通過なので、普段は見せないキビキビとした走りを堪能できました。


須坂に到着。
黄昏のマッコウクジラ、輝く車体が堪りませんね。



また明日!
おやすみなさい。





長野へ戻りつつ地下駅を撮り歩き。
昭和な雰囲気に、今どきのキャラクターやLEDの発車案内板…すっかり時代が迷子ですw

#3に続きます。
甲信越地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/12/15(日) 23:05 ]

帯無しO2編成を捕鯨せよ #1
長野電鉄で活躍するマッコウクジラこと3500系のうち最後の非冷房車となっていたO2編成が、引退を前に赤帯を剥がして走る!ということで、先週末は”捕鯨”しに長野へ行ってきました。


まずは新幹線で長野…ではなく軽井沢で下車。


やはり、こちらへ来たら115系にも乗りたいじゃないですかw
車内で今日の運用を調べていると、どうやら戸倉付近でスカ色になったS26編成とすれ違うようなので、



西上田で一旦降りて撮影。
みっ、短い…。


撮り終えてのんびりしていたら、謎の試運転列車が現れました。



上田で折り返してきたS26編成に乗って長野へ。


いよいよ本題の長電です。
特急ゆけむり号に乗ると須坂駅構内で行われているO2編成の撮影会にギリで間に合うのですが、そちらは明日も行われる予定なので、今日はスルーして沿線でスタンバイ。


来ましたー!!!


曇天に鈍く光る銀一色の車体。
これは臨時列車なのですが、あえてそうしたのかヘッドマークなどはなく、方向幕も「信州中野」のみ。
ひたすらシンプルな姿がカッコイイですね。


反対方向からは通常のマッコウクジラが登場。
赤帯とロゴの有無で、ここまで印象が変わるとは。


でた、T6編成www


灰色HゴムのT1編成もやってきました。



須坂駅に戻るとT1が入庫。
へろへろの車庫に原色のNEXと8500系が並ぶ…。
両車とも長野の地へやって来て結構経ちますが、未だに信じられない光景ですね。


さっきの赤帯マッコウ君が長野から戻って来ました。


須坂止まり→須坂始発の湯田中行きでマッコウ同士の接続が行われていました。
これ長野発の方は通常8500の運用ですよね…!?

さて、そろそろO2編成が戻って来るので、地下区間へ移動して「営団ごっこ」をしましょうかw

#2に続きます。
甲信越地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/12/13(金) 23:55 ]

消えゆく信濃川田の保存車たち
こちらの続きです。


長野駅前から46系統保科温泉行きに乗車。
この路線はなんと長電バスとアルピコ交通と共同運行(!)でして、ライバル同士が手を組んでいることに驚いたのですが、もともと似たような路線を別々で運行していたら、このままではどちらも赤字で共倒れしてしまう…ということで、3年前に現在の運行形態になったそうです。
乗車した長野駅13:45発の便はアルピコ交通のクルマでした。


2つの路線を一本化した影響か、長野駅を出ていきなり市役所の方まで北上したり、同じバス停を2度通ったりとなかなか複雑なルートで信濃川田駅に到着。
ここまで約50分、運賃は620円でした。


6年ぶりの信濃川田
駅舎は以前と変わず、今もバスの待合室として活用されています…が、




以前は丁寧にブルーシートが掛けられていた2000系A編成は、雨ざらしでぼろぼろに…(-_-;


ホーム側の車体は駅舎に守られているせいか、比較的きれいな状態を保っていました。
駅名票などのアイテムもそのまま残っていて、今にも電車が動き出しそう。


しかし、もう二度と動くことはないのです。


構内の外れにはモハ1003号の姿も。
こちらもブルーシートがなくなり、見るに堪えない状態ですね…。



「さようなら」
「ありがとう」



「保存熱望」
「解体禁止」

車体には様々なメッセージが刻まれていました。
そう、これらの車両は年度内に解体されることが決定してしまったのです。


もともと信濃川田駅跡は「屋代線トレインメモリアルパーク」として整備する予定で、当初9両の電車や機関車がここへ集められていました。


ところが計画は頓挫。
9両のうちデハニ201(モハニ131)号、モハ604号の2両は安曇野ちひろ美術館で、ED502号は長野市内の商社で保存されることになりこの地を離れ、暫くして3500系O1編成は解体、残りの2000系A編成とモハ1003号が放置されたままになっていました。


既に解体の準備は着々と進めらており…このあと1週間ほどで2000系A編成は成仏しました。


一方モハ1003号は非貫通側がカットされて残っているそうです。
残念ではありますが、顔だけでも保存されるのはありがたいことです。


写真を撮っていると、あっと言う間に時間が過ぎてしまいましたが、そろそろ撤収しましょう。
帰りは長野行きのバスがいい時間帯にないので、屋代須坂線で一旦須坂へ出ます。


信濃川田を発車した時点で、乗客は私の他にもう1名乗っていましたが、そのお客さんは途中で降りてしまい、終点の須坂駅までご覧の通り貸切状態でした。
鉄道時代もガラガラでしたけど、これはバスでも厳しいのでは…。


須坂から長電で長野へ。
車庫にはT1編成がパン上げして待機していましたが、これを待っていると帰りが遅くなるので今回はスルー(^-^;



長野では…なんと向かいのホームにL2編成が!
久しぶりに地下ホームで見るマッコウクジラ、特にL2編成は中間車に塗りドアが残っていて最高ですなぁ。
最後にいいものが見られました。

甲信越地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/03/17(日) 22:12 ]

次のページ

copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania