FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

「成田山号」「城ヶ島マリンパーク号」復活!
台湾ネタが続いていますが、ここで久しぶりに国内へと戻りまして…
8月18、19日に撮影した臨時列車「成田山号」「城ヶ島マリンパーク号」をアップしたいと思います。



まずは18日の写真から。
今回の臨時列車は京急~都営~京成車の3社局相互直通50周年を記念して、かつて走っていた「成田山号」と「城ヶ島マリンパーク号」をリバイバルしたもので、7月7、8日、8月18、19日の計4日間運転されました。
車両は4日間とも京急1707Fと京成3038Fが使用され、京急車は宗吾参道で、京成車は久里浜でそれぞれ”外泊”、翌日の臨時列車で戻ってくるというダイヤでした。
というわけで、


そう、これ!この写真が撮りたかったんです!!
定期運用で蒲田以南に入ることがない京成車、横浜らしい風景をバックに撮りたい!と思い、迷わず帷子川橋梁でカメラを構えました。


すぐに横浜駅から後続の快特に乗って津久井浜へ。
折り返しの回送を待っていると、相互直通50周年マーク付きの604Fがやってきました。



そして京成車回送。
ヘッドマークは貼り替える必要がないよう、成田方=「成田山」、三崎口方=「城ケ島マリンパーク」になっていますね。
これは脱着式の京急車も同様でした。


少し居残って604Fも回収。



赤い電車に囲まれて、明日の成田山号まで待機です。

***

続いて翌19日。
この日も京成車をメインに撮影する為、早朝の北久里浜へとやってきました。
まだ成田山号の発車まで1時間以上あります。
場所取り…?いえいえ、


こちらの特急堀ノ内行きがお目当てでしたw
「成田山号」は定期列車の特急高砂行きを成田まで延長させたものなので、そこへ繋がる久里浜~堀ノ内~三崎口の運用も京成車になるカラクリなのです。



行先表示は当然対応しておらず、京急お得意の吸盤式プレートが掲出されました。


折り返しは三崎口駅入線を俯瞰で。


成田山号の露払いは特急成田空港行き!
いわゆる「四直」で最も長い距離を走る定期列車です。




”三崎マグロ駅”に現れた京成3000形。
かつては三崎口まで定期運用があったという京成車ですが、3000形はもちろん生まれる前のことで、やはりこの組み合わせは違和感がありますね。


成田山号では行先表示やLCDもちゃんと作動していました。
さすがに三崎口は遠すぎて、広域路線図でも枠外になっちゃってますがw



新大津で降りて京急車の「城ヶ島マリンパーク号」も撮影。
京成車がネタ盛りだくさんだったので、こっちを忘れてしまいそうだったのは内緒です(笑)

こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト
京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/21(火) 20:10 ]

今年は旧1000形が花電車に!
毎年恒例の京急ファミリー鉄道フェスタ。
個人的には、年に一度旧1000形の様子を見に行くイベントと化しているのですが、今年はまた凄いことになっていましたw


まずは京急久里浜へ。
お恥ずかしながら今年は盛大に寝坊してしまい、こんな時間になってしまいました(本当は神奈臨で大江戸線の甲種を撮ってから久里浜に向かう予定だったんですが…orz)
無料送迎バスも大行列だろうし、こりゃ会場は12時くらいになるなぁ…と思いながら改札を抜けると、あと10分後に発車する会場直行お迎え電車の切符をまだ売っているとのことで…!?!?


はい、タイミングよく「お迎え電車3号」に乗れましたー。
これはありがたいです。
車内から撮影会場のラインナップを確認すると…おや!?2011編成がいますね。




到着後、光線を考えて真っ先に撮影会場へ向かったのですが、いつにも増して大混雑していて車両になかなか近付けませんorz
今日はカラッと晴れていて撮影日和ですもんね…。
やっぱりここは朝一番に来ないとダメですなぁ(;´д`)

しかし今年のラインナップも素晴らしかったです。



特に2011編成、まさかここに並んでいるとは思いませんでした。
しかもブルーリボン賞マーク付きですよ!


821編成は去年と同じ方向幕実演…ですが、今年はローレル賞マーク付き
常連にも飽きさせない工夫が嬉しいですね。


表示内容は、例によって参加者のなかからランダムで選択権が与えられる方式でした。
今回はネタ表示が多かったのですが、最後のこれはいいチョイスですw



無架線地帯には822編成と2051編成が縦列で止まっていました。
営業列車ではありえない、夢の併結ですねw


屋内には解体中の2000形も…。


そして、お待ちかね1351編成!!
今年は都営浅草線への直通運転開始50周年を記念して、なんとデハ1356側には開通当時の花電車が再現されました。
現代ではヘッドマークやシールなどで済まされることが多いだけに、これだけ派手な装飾はかえって新鮮ですね。


地下鉄とか街中だと映えるんでしょうけど、ここじゃ草木に擬態した電車って感じですな(笑)



デハ1351側には琴電コラボのヘッドマークが。
そういえばGWに高松へ行ったんですが、京急ラッピング車はずっと仏生山で寝てました…。

さて、そろそろ撤収しようと出口に向かっていると、営業線を横浜行きの快特が通過していくのが見えました!?
どうやら鶴見市場付近で発生した架線支障の影響で、新町~川崎間が運休しているそうです。
それならばと近くの踏切へ移動。


まずは「お帰り電車」が通過。
今回行き帰りの臨時電車に抜擢された1033編成は、残り少なくなった足回りが未更新な”歌う電車”です。


でもって1分もしないうちに京急久里浜から戻って来ましたwww
ダイヤが乱れているからか、折り返しがかなりタイトです。

そして次は期待の…



品川行き

あちゃー、一歩遅かった…相変わらず京急は復旧が早いですね(笑)


復旧したとはいえダイヤは乱れたまま、というわけで久しぶりに横須賀線で帰ることにしました。
単純に久里浜~横浜を移動する場合、時間も本数も運賃も京急の圧勝なので、こういう機会でもないとなかなか乗らないですからね。
車内はガラガラ、ボックス席に座ってのんびりできたので、こちらにして正解でした。

京急 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/05/22(火) 21:41 ]

干支マークと2018号車
早いもので2018年ですねー。
新年1本目の記事といえば、毎年恒例になっています干支にちなんだ年賀状シリーズなのですが、今年は喪中の為お休みさせていただきますm(_ _)m



というわけで初詣は控えつつ…毎年欠かさず記録している大師線の干支マークは撮らねばなりませんw



はい、やっぱりこれを撮らなきゃ始まらないですね。
今年も2種類のヘッドマークが1500形の先頭を彩りました。



そして、そして!今年は2011編成の2018号車にも装飾が…!!
この日(1月5日)は運良く羽田~新逗子間を終日行ったり来たりする13Dだったので、大師線の方は軽く川崎で駅撮りだけして本線へ。
ぶっちゃけこっちのがメインでしたw


同編成は2011年にも可愛らしい兎のイラストが入ったシールが付きましたが、まさかリバイバルカラーに塗り替えられて、7年後の今日も元気に走っているとは思いませんでした。
でも、さすがに来年の今頃は引退しているでしょうね…。
お気に入りの車両なので、しっかりと撮り溜めておきたいところです。



また2011編成の梅雨払い11Dは黄色いやつでしたー。
そういえばドアも黄色くなってから、走っているところをちゃんと撮ったのは今回が初ですね。
近場のネタ編成、でも新型だから、なかなかこういう機会がないと撮らないんですよw

そんな感じで、相変わらず撮りたいものをゆっくりまったり追っかけるブログですが、今年もよろしくお願いいたします。

京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/06(土) 23:58 ]

甦った旧1000形
今さらですが、先月28日に行われた京急ファミリー鉄道フェスタの様子をアップしたいと思います。
今年の目玉は何と言っても…



1000形!!!!!



引退から7年、長らく無架線地帯に放置されていた1351-1356の2両。
年々塗装は荒れ、ただ朽ち果てて行くのみ…だった彼が、ぴかぴかになって帰ってきました!


鉄道フェスタの時期にしては珍しく澄んだ青空に、目映ゆいばかりの赤い車体。
いやぁ、今にもあの掃除機音が聞こえてきそうですなぁ。
もう何もかも素晴らし過ぎて、ファインダーの向こうは幻なんじゃなかろうか…なんて思いながら、夢中でシャッターを切りました。


ちなみに1000形の撮影は事前応募制とのことでしたが、ありがたいことに通路からでも見える位置に展示されていたので、当選ハガキがなくても思う存分撮ることができました。


名車1形にも負けない、京急の一時代を築いた初代1000形。
しかし、みなとみらいに建設予定の京急ミュージアムへ収蔵されることが決まっている1形に対して、1000形の今後の処遇は未定とのこと。
1000形ってカットモデルの保存車はあるんですが、前から後ろまで台車付きで丸ごと残っているのは、この2両だけなんですよね…。
安住の地が見つかると良いのですが。


さて1000形に全てを持ってかれてしまいましたが、撮影会の方もちゃんと撮ってますよ(笑)


2011編成。
このポジションに居るということは、もしや来年の今頃は…゜。゜(ノД`)゜。゜。


信号機トリオとデト。
西武色YELLOW HAPPY TRAINは、4月の検査明けからドアも黄色になりました。

あれ?そういえば821編成はドコへ??
イベントパンフのイラストにも描かれていたので、てっきり撮影会の主役エリアにいるもんだと思っていたのですが、



!?

はい、実は方向幕実演に抜擢されていました。
しかも懐かしの黒地&省略幕!!




新町、逗子、八景!
急行はもちろん京急富岡や黄金町に停車、京急川崎止まりで飛行機マークなんて野暮なものも付いていません。
表示内容は参加者のなかからランダムで選択権が与えられる方式だったので、懐かしいものからネタ表示までありましたが、とんでも設定だったとしても旧幕補正でそこそこサマになっていましたねw



無架線地帯には、今年の3月で運用を離脱した2041編成が居ました。
これで残る2000形は8両編成3本のみに…。
京急 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/06/12(月) 20:10 ]

干支マークと…2017編成!?


恒例の大師線干支マーク、今年も撮って来ました。



いつもの港町カーブ…なんですが、どうもケーブルの影が気になりますな(-_-;
去年の写真を確認すると、ほぼ同じ時間に撮影していて写り込んでいなかったので、この1年の間に追加されたようですorz
広角、望遠と2パターン撮ってみたりしましたが、どうにもならず。


今年のマークは、1800番台をデフォルメしたものと、ほのぼのとした手描き風の2種類が掲出されています。
せっかくなので、このマークを1800番台に取り付けて大師線で走って欲しいなぁ…なんて思ったんですが、1800番台にはマークステーがありませんね(^-^;


また、今年は1017編成のワイパーカバーに2017の文字が!
これ合成じゃないですよw
こういったサプライズは、2011年に2011編成の前面にステッカーが付いたことがありましたね。
2011年以降は「2012」から「2017」まで、2011編成の中間車になってしまうので出来ないなぁ、なんて思っていたんですが、そうか、この手があったか(笑)
京急さん相変わらずユーモアがありますなぁ。
京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/22(日) 22:51 ]

次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ