> 私鉄屋雑記帳 上信電鉄
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



お隣さんへ渡った107系
急に涼しくなった今日この頃。
気が付けば夏もそろそろ終わり、18切符シーズンも残りあと1週間ほどで終了ですね。
私の手元には、あと1回分残った18切符があるのですが、スケジュールを見ると9月上旬はあまり遠出はできなそう…
というわけで8月28日、”ある車両”の様子を見に高崎へ行ってきましたー。


まずは今年10月に引退することが決まった107系
本当は駅撮りじゃなくて、ちゃんと沿線で撮りたかったのですが、山手線人身事故+埼京線踏切内人立ち入りのダブルパンチを食らってしまい、残念ながら間に合いませんでした(-_-;
ま、まぁこのあと何もなければ、これの折り返しを順光で撮れるはずなので…。


そして今回のメインは、こちら。

え?
何の変哲もない107系ではないかって??
いやいや、この場所は…


上信電鉄の側線なんですよ!!
なんと107系6編成12両が上信電鉄へ譲渡されることになり、その第一陣として8月23日に2編成4両(R13+R14)が上信入りしました。


しかし地方私鉄へ譲渡と言っても上信電鉄はご近所さん。
すぐ隣には、通い慣れたJR線の高崎駅が見えています。
これまで中古車は西武からしか買っていなかった上信が、いきなりJRの、それも足回りなどは165系の発生品を使った決して新しいとは言えない107系を選んだのも、この近さが決め手の一つになったのかもしれませんね。


ところでネットにアップされている107系搬入当日の様子に、高崎駅を南側から俯瞰で撮った写真がたくさんあったので、こんなところから撮れたっけか?と疑問に思ったのですが、行ってみて納得しました。
新しく「高崎アリーナ」というのができて、そこへ通じる跨線橋からいい感じに撮れるようになったのですね。


JRも撮れます!


シマウマ電車と107系。
107系の営業運転が始まれば、老朽化が進む元西武の150形や自社発注の200形あたりは一掃されてしまうでしょう…。


もう1編成(R14)は上信の本社社屋側の留置線にいました。
こっちの方がカラフルな電車やデキに囲まれていて「別の場所に来た」感がありますね(笑)


カラフルと言えば、なんと車庫の片隅で朽ち果てていたデハ203が、ぴかぴかの広告塗装になっていました!
あまりにも綺麗になったので、まさか世界遺産効果で乗客増→107系の整備が終わるまでの繋ぎで復活か!?と一瞬思ったのですが、どうやら待合室として整備され、ホーム側から車内へ入ることができるようになったようです。
斜めストライプが80年代チックで最高にダサかっこいいので、一度この姿で走っている姿を見たいものですねぇw



うーん、やっぱりこの位置に107系が止まっているのは違和感がありますねぇ…。



ん!?

ふと高崎駅の方を見るとEF64が停まっていました。
しかしビルの陰になっていて頭しか見えません。
配給?廃回??



E531の配給でしたー!!
いやーこれは全くノーマークでw
上州は交流電化と全く縁がないので不思議な光景ですね。

いいものが見れたところで、そろそろ107が戻ってくるので移動しましょう。


定番の井野~新前橋へ。
現在残っている107系はR7+R8の2編成4両のみ、常に4連を組んだ状態で211系の運用を代走するかたちで細々と走っています。
運用線区も両毛線方面に限られていて、水上や大前、横川への乗り入れは終了してしまいました。


一方の115系は今もそこそこ残っていて、こんなラッピング車も走っています。


6連も健在です。
また、最近になって正面の表示幕が埋められました。
今のところ115系に対してのみ行われているので、盗難防止ではないか?とか、いずれ211にも波及するのでは??といった噂を耳にしますが、真相は不明です…。

さてそろそろ撤収しよう…と思ったのですが、ちょっと気になる情報を見つけたので、少し位置を変えてもうちょっと粘ります。
すると、


はい、115系は115系でも長野色のL99編成が現れました!!
どうやら数日前に大宮入場があったらしく、その返却回送だったようです。
なんだか今日は怖いほど運がいいですなぁw



井野駅に戻ると、先ほどのラッピング車が戻ってきました。
「お前はまだグンマを知らない」という漫画の広告で、群馬が好意的にディスられていますwww
スポンサーサイト
上信7000形カラーリング完成


「新車両カラーリング完成記念運行」
http://www.joshin-dentetsu.co.jp/tetudou/sonota/ohirome.html

去年12月3日のデビュー後、暫定的にクリーム1色の姿で走っていた上信電鉄7000形。
いよいよ塗装が完了し、明日3月17日にお披露目会が行われるとのことです。

というワケで少し前になりますが、ふらっと高崎へ出かけたときの写真をアップしたいと思います。


1日5往復の固定ダイヤで運転されていました。
この時はデビュー間もなかったので、PRを兼ねていたのかもしれませんが、今はどうなんでしょう?


古くから西武の中古車導入と並行して、優秀な自社発注車を輩出している上信電鉄。
7000形も約31年ぶりのオリジナル車両なのですが、このご時世に鋼製車体で、行先表示も幕だったりしますw
丁寧に造り込まれている印象で、まるでバブル期の新車の様な、いい意味で現代の新型車両には見えませんね!


しかし今回の塗装は、ラインカラーから富岡製糸工場のレンガ模様、上信の社紋など全部入り状態で、くどい感じになってしまっているのが残念です。
ベースのデザインが秀逸なんだから、カラーリング案を公募とか、やめときゃいいのに…。
東武のセイジクリームみたいと言うと、悪い例えに聞こえるかもしれませんが、コイツにはシンプルな方が似合うと思います。


高崎のヌシと新入り。
荒れ放題だった100形は、いつの間にか塗り直しされて紫帯が入りました。


倉庫代用の100形よりも色褪せてるぞ、デハ205…。


一応、予備車だと言われているデハ203も、ご覧の有様orz


辛うじて元気な姿を見せたデハ204+クハ304コンビ。
7000形が増えた分、”タラコ組み”も予断を許さない状況です。



ラッピング車ネタをもう一つ。
長らく雛人形の広告を纏っていたデハ251が、今年の雛祭りを迎える前に、クリーム地+緑色のストライプが入った標準塗装になったようです。
相方のクハ303はそのままなので編成単位で見るとアンバランスですが、ラッピングまみれな上信で、これは嬉しいニュースですね。


ところで以前デキ復活のときに、烏川に架かる木製の「佐野橋」から撮影しました。
今回も、そこから撮ろうと思ったら、




なんと橋が消えていました!?

去年9月16日の台風で流されてしまったそうです。
佐野橋は”流れ橋”と言って、橋桁が固定されていない、増水したら流される構造になっているので、流されて当然というものなのですが、それでも久しぶりに訪ねたら橋脚だけになっていて焦りました(^-^;
youtubeに橋が流される貴重な瞬間もアップされています。
デキもいいけど電車もね。


ところで18日のイベント会場では、旧客のほかにも気になるクルマが止まっていました。







会場の片隅で急行表示をしていたデハ205+デハ204+クハ304の3連です。
かつて上信には急行や準急が走っていたそうですが、イベント向けのネタ幕にしては臨時急行の張り紙がしてあって明らかに不自然。
あれは何だろう…と、たまたま旧客の入換えを撮影しているときご一緒させて頂いた方に伺うと、どうやら17、19日に走る臨時急行だということが判明しました。
一応、公式ページにも「第17回世界遺産劇場」というイベントの多客に対応した臨時列車を増発、上州富岡~高崎間の直通運転で途中の駅には停車しない…といったことが書かれていますが、何故か時刻が書かれていません。駅の時刻表にも特に記載がなく、帰りしな駅員さんに確認してみたところで初めて時間が分かった次第…(^-^;
そんなとても地味ぃな臨時列車ですが、むしろマイナーだからこそ萌えるというもの。
滅多に見られない3連で、急行(張り紙付き)、しかも200形となれば、デキ+旧客よりもアツいぞ!

というワケで…まさかの2日連続上信です、はぃw


***




…と、その前に「ありがとう113系横須賀線の旅」号を。
はじめは田浦の軍艦バックで撮ろうかなーと思ってたんですが、上信の臨時を知ってしまったからには、こりゃあ早々に切り上げて高崎へ行かねば!と、横須賀行きだけ撮って湘南新宿の客に。
三条、相変わらず私鉄屋ですwww



まずはデキから。
昨日は同業者さんでごった返していた根小屋のカーブですが、この日は鉄橋側を合せても10人足らず…まぁ予想通りなんですけど、2日間の温度差スゲェ(^-^;
しかも、デキが通過した後は全員帰ってしまいましたwww



クハ303+デハ251。
コイツは2両ともバスクーラーが付いていたハズですが、故障したのかデハ側は窓全開…。



そしてお待ちかねのタラコ色3連!
先頭はリバイバルカラーに前パンのデハ205、カッコイイですね~。
チープな張り紙も地方私鉄らしさが出ていて堪りません!!



後追いでもう一枚。
後ろの2両は、オリジナルの”タラコ色”を活かしつつラッピングされていて好感が持てますね。
デキもコイツを牽けば絵になるんですが、クーラーが付いていないので夏場の使用は控えていたようです。
これからの季節に期待しましょう!
デキ、旧客を牽く。
夏休み期間中は、ほぼ週に1往復ペースで走っていた上信電鉄のデキ。
ところが上信には客車が無いので、毎回後ろは200か250形が引っ付いてるんですが、この系列はラッピング率が高く(というかデハ203と205以外、全部ラッピング…)他サイトさんや掲示板を見ていると、あまり好かれていない様子が伝わってきます(汗;
まぁ濃いぃ自社発注車との組み合わせは上信らしくって、これはこれで萌えるんですけどね。
そんなデキですが、昨日の運転で連れて来たのは…





なんと旧客!!

お隣りのJRから旧客を2両借りてきて、うち1両をデキに牽かせて高崎~下仁田を1往復、もう1両は高崎駅構内で展示されました。



ED316+旧客の組み合わせもサマになっていますね!



この日は一日乗車券も特別仕様!通常2160円のところ約半額の1000円でした。
ということは普段の倍以上お客さんが乗らないと増収には繋がらないワケですが、デキの前後を走る電車がテツで満員(えぇ、三条も乗りましたよ(^-^;)なのを見ていると、その心配はなさそうです(笑)



まずは往路。デキ+旧客1両なら広角で架線柱も抜ける!と見込んで、福島~新屋の跨線橋へ。



おぉぉぉこれはヤバい!この組み合わせはヤバいよ!!
たった1両の旧客を、これまた小さな小さな凸型電機が牽引する…写真でしか見たことのない、三井三池の様な世界がここに!!!(例えがマニアックでスイマセンw)

ただデキと一緒に、はぐれ雲が付いてきちゃったのは残念ですね…orz
とっさに構図を変えたんですが、それでもイマイチ(汗;



気を取り直して、今度は馬庭の鏑川橋梁へ移動~。



6000系。
コイツは窓割りに特徴がありますね。



続いて復路。
うーん…可愛いなぁ。鉄橋をことこと渡っている姿は、なんだか模型のよう!



馬の庭にシマウマとは、これ如何に。

さて、最後のお楽しみはイベント終了の二次会…こと、入れ換え作業が待っています(笑)
JRからの借り物をそのままにしないだろうし、何かしらの動きがあることを期待して様子を見に行くと…



まずは銀河鉄道999号が出てきました。



って、後ろ旧客!!!

入れ換えるとしたらデキ使うだろうなーと思っていたんですが、まさかの電車牽引という力技で来るとは…メーテルもびっくり(笑)





一方のデキは、999号のあとに単機でのこのこと現れましたw





反対側の側線へ移動したところで、暫くするとパン下げしてしまいました。
JRからの”お迎え”は、夜なのかもしれません。
とりあえず電車+旧客が撮れて満足したので撤収しました。
デキ復活! #2
折り返しは千平の撮影地へ…。
千平は下仁田から一駅、ちょうど良い時間に電車がなかったので、歩いて行けないかな…なんて考えたんですが、ここだけ駅間距離が異様に長く、素直に電車で向かいます(笑)



山のなかの小さな信号所。
平坦な区間が多い上信電鉄ですが、この付近だけは車窓がガラっと変わります。



千平駅前から。
高架ではないんですが、レールが少し高い位置にあって、集落の合間をすり抜けるようなロケーションになっています。デキを撮るなら、ここも風情があって良いですね。
高崎行きだと後追いになってしまうんで、またの機会に…。



千平駅から徒歩5分ほど、鏑川に架かる橋から撮影しました。
ここも有名なポイントなので既に大勢の同業者さんがスタンバイしていたんですが、そのなかに同じく撮影に来ていた車長さんと偶然遭遇!このあとは電車で追っかける予定でしたが、撮影地までクルマに乗せて頂きました~。



2発目は南高崎~根小屋のカーブです。
本番の前に、自社発注の1000系がやってきました。軽快な1枚窓にバンパーを持つ独特のデザイン!もともと上信は自社発注車の導入に積極的でしたが、なかでもコイツは革命児ですよね~。ローレル賞受賞も頷けます。



暫くしてデキがやってきました~。
2両目のデキ、車内からカメラを構えている方が写っていますが…なんと今回のイベント列車、走行中のデキに乗れる!というサプライズ企画だったんですね。2~3駅交代で、デキに”試乗”できたそうです。次位とは言え、営業線上を走る機関車に乗れるって凄くないですか…(^-^; 
今回は撮りにまわってしまったんですが、機会があったら乗ってみたいですね。



せっかく根小屋まで来たので、車長さんと別れて、有名な木の橋へ行ってみました。
大阪の赤川仮橋みたいで、味がありますねー。デキと絡めて撮れたら最高なんですが…デキが来るときは、この橋の上にもテツがたくさん集まるので、なかなかこういう長閑な絵は撮れません(^-^;

このときはデキが通過した後だったので、嵐は去っていましたが…三条の他にもう一人、この橋の上で撮影されている方が居ました。どうやらデキの時刻を勘違いしていたらしく、通過したあとに着いてしまったんだとか…(汗;
ただ地元の方だそうで、またイベントで走れば気軽に撮影できますね。今日の午前は一ノ宮で撮って来たんですよ。ここの撮影ポイントなんてどうでしょう?…なんて情報交換をしつつ、小一時間ご一緒させて頂いたところ、「ウチの近くに良い撮影地がある」と、山名駅付近の撮影地までクルマで送って頂きました~。
なんだか、この日はいろんな方のクルマに居候させてもらってますねvv
ありがたいです。



というワケで山名の撮影地まで来ました。ちょうどド順光!!
サファリパーク号のシマウマ柄が映えます。



続いてデハ252+クハ1301。
この250系というのも、視野が広くなるように前面の窓が斜めになっていたりして、なかなか斬新なクルマなんですが。いかんせん広告が…なぁ(汗;
上信電鉄のお財布事情を考えるとゼイタクは言えませんが…1000系にしろ250系にしろ、もともとのデザインが良過ぎるので残念ですね。



根小屋で出会った方と別れを告げて、山名駅まで戻りました。

***




オマケに、ちょっと前の写真もひっぱり出してみました。
10年前は、こんな顔をした200系も居たんですねー。なんだか静鉄っぽいwww
超絶地味な印象の200系ですが(笑)前期形と後期形で形態が全く違ったり、両運転台へ改造するときに東武の顔を接合したり…実は、半端無くバリエーション豊かなんですよ。特に、前期形の一段降下窓と水切りを持つスタイルは、三条的に物凄くツボですvv
ただ今も残っているのはデハ203号たったの1両のみ。残念ながら前期形で揃った編成は、もう見られません…。



デハ203+デハ205の強力2M編成!
唯一の前期型デハ203は予備車なので、なかなか走っている姿を見かけないんですよね…。



150系の第一編成。撮影当時(2009年)はオリジナル塗装でしたが、今回確認したところコイツにも広告が入っていましたorz