FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

中京圏の貨物ネタ2題
9月26日、DD51+DF200で運転されている8075レを撮りに名古屋へ行ってきました。


少し早く着いたので、他に何か撮るものはないかとスマホをポチポチやっていると…5783レ(赤ホキ)が国鉄色のEF64-1037牽引とのことで一旦熱田へ。
熱田といえば、以前は広い構内に大量の117系がごろごろと昼寝をしていましたねぇ。
今回は311系が1編成だけ停まっていました。


前々から撮りたいなぁと思っていた国鉄色+赤ホキ。
ここ最近はロクヨンも国鉄色が増えてきて、狙わなくても撮れるようになってきました。
いずれは更新色の方がレア…なんて時代が来るんでしょうね。

ところで赤ホキが来るまでの間、すぐ隣を走る名鉄を眺めながら待っていたのですが…



えぇ!?6500系の特急!?!?
名古屋行きってことは内海、河和線の全一特急だよな…SRの代走か?と思いきや、なんと今年3月のダイヤ改正で6R3Rの運用に変更されたんですね。
今回はいわゆる”鉄仮面顔”でしたが、運が良ければ6000系1次車の特急幕も見られるそうなので、また日を改めてじっくり撮影したいところ。



暫く来ないうちに塗装変更も進みました。



さて、やっと本題?の8075レ。
まずは定番の清洲で。
こちらも3月の改正で誕生した組み合わせです。
DD51の重連もセメント運用も消滅した今、まさか最後の最後で異形式重連というミラクルが発生するとはw


後続列車に乗り、名古屋で関西線に乗り換え。
すると八田で追い抜いたので、永和で降りて撮影しました。



さらに四日市まで追っかけ。
既にDD51は切り放された後でした。
DF200は引き続き8075レで塩浜へ、DD51は折り返し2088レとなって稲沢へと戻ります。

こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト



JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/09/29(日) 23:41 ]

末広橋梁リベンジ
こちらの続きです。


富田駅。
相変わらずレトロな跨線橋、デーデーやタキ、ワムが良く似合います。



午後は末広橋梁へ。
前回来たときは運悪くウヤで、いつかリベンジせねば…と思いつつ4年もご無沙汰していたんですよね。
残念ながら天気は再びドン曇りになってしまいましたが、モノトーンな景色に赤いDD51が映えて、これはこれで。


すぐに近くの踏切へ移動して、到着も撮影。
後ろに太平洋セメント専用線の白いディーゼル機関車DD452が待機しています。


まずは2線になっているところでタキを切り離し、



一旦、末広橋梁の方へ移動して待避。
すぐにポイントを切り替えて、返空車を連れたDD452が出てきました。
JRのデーデーもいいですが、この真っ白な車体にゼブラ模様のよれよれなデーデーもカッコイイですよねw


DD51にバトンタッチ、返空車を富田まで連れて帰ります。



一方、DD452は積車を工場内へと運び入れます。
到着から発車まで約15分、あっと言う間でした。
入換中は臨港橋に通じる比較的大きな踏切を塞いでしまうこともあり、なるべく短時間で済ませるようにしているのでしょう。


四日市駅に戻る途中の踏切から。
さっきの返空車を連れたDD51と、塩浜へ向かうDF200が停まっていました。
こうした光景もいつまで続くでしょうか…。
JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/02/27(水) 23:26 ]

静鉄甲種と国鉄色祭り
こちらの続きです。


午後は静岡鉄道A3000形の甲種を撮りに小倉陸橋へ。
すると直前に通過する6794レ(配給)にEF65-2076がぶら下がっていました。
牽引機はEF66-119、貨物更新色で揃っていて美しい編成ですね。




2015年から始まり、4回目となる静鉄甲種。
今回増備されたのはA3005編成とA3006編成の2本で、そのうちA3006は静鉄創立100周年を記念した特別ラッピング車を纏っており、他の編成とは印象が異なっています。

甲種は新鶴見で機関車を付け替え、1時間ほどすると折り返し再びここを通過するので、今度は反対側へ移動しましょうか。
って、あれ?居残って撮影を続けている方が多いですね。
後追い狙い??
いや、もしかして…と思い貨物の運用を調べると、この後の流れがとんでもなく神がかっていることが判明しました。


まず5783レ(石炭ホキ)が国鉄色のEF65-2066!


続いて火曜日なので8079レ(米タン)の運転もあり、こちらも国鉄色のEF65-2068が牽引!!
皆さん、これを狙っていたんですねw


急いで新鶴見へ移動、国鉄色同士(+A3000形)の並びも押さえました。


再び小倉陸橋へ戻って静鉄甲種。
こちらも国鉄色のEF65-2092牽引、怒涛のロクゴ国鉄色祭りでした。
JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/11(金) 00:37 ]

雨の四日市

5月2日は西武カラーになった三岐鉄道805編成を撮りに行こう…と思いFBで公開されている運用に合わせて来たのですが、なんと車両不具合により急遽差し替えの情報が(;´д`)
天気も朝から雨でテンションだだ下がりのなか向かった先は富田浜でした。
GW中につき貨物も軒並み運休していましたが、もうすぐ上って来る5282レはどうやら運転があるらしく、しかも旋回窓の1146号機が先頭!ということで、軒下で雨宿りしながら待つこと数分…


はい、来ましたー!!
北海道の鷲別から転属して来たDD51-1146、私はこのカマと相性が良いようで、去年の暮れに養老鉄道へ行くついでに撮影したときもコイツに当たりました。


続いて2089レはDF200の単機とのこと…ちょっと迷ったのですが、愛知所属になってからは一度も撮ったことがないので、電車を撮りながら待つことにしました。
前パンの313系もカッコいいですよね。


快速みえ。
よれよれの駅舎に2両編成の快速というところに、関西本線の実情が表れていますw



1時間ほどしてDF200-220が通過!
うーん違和感しかないですなぁ…。


四日市へ移動。



構内にはDFが2台。
どこか北海道の貨物駅に迷い込んだような気分です。


DDも1台待機していました。


ちょっと強引ですがDDとDF、世代交代の図。




しばらくすると入換えが始まりました。
これからはこの光景が当たり前になるのでしょうね。
そういえば末広橋梁を渡るシーンもまだ撮れてないですし、また天気の良い日にリベンジしたいところです。

こちらの記事に続きます。

JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/05/25(金) 20:20 ]

最後の国鉄色DD51-853を撮る
先週は野暮用で大阪へ帰る途中、四日市に寄り道してきました。
あすなろう鉄道になってから一度も撮影していなかった内部八王子線へ行く…つもりでしたが、新幹線の車内でスマホをぽちぽちやっていると、どうやら国鉄色のDD51-853が運用入りしているとのことで、


まずは近鉄ではなく、JRの方の四日市駅へ。


側線にはDD51-890と891、DE10-1726が停まっていました。



工業地帯の臭いが漂う構内で待つこと数分。
さっそく来ましたセメント列車5363レ♪


今度はDE10が動き始めました。


ヤードの奥からコキを6両連れてきて、駅舎の前で切り離し。
昼過ぎの2080レに向けた準備でしょうか。


そして5282レ、853号機が塩浜から上って来ましたー!
残念ながら単機でしたが、今や愛知で最後の国鉄色、こうして撮れただけでもラッキーです。


四日市で20分ほど停車するので、少し名古屋方へ移動してもう一発。
土曜日ということもあって同業者さんもたくさん居てました。
ちなみに、この5282レは今年3月のダイヤ改正以降、所定DF200の運用をDD51が毎日代走しているという扱いになっています。
DD51の楽園ももうすぐ終了…ですね。・゚・(ノД`)・゚・。

***







せっかくなので過去に撮り溜めた写真の中から、未掲載だったものをピックアップしてみました。
撮影時期は2007年~2015年頃まで。
青い更新色も今では懐かしいですね。
この塗装は、国鉄色と重連を組んでも側面のラインが揃うので、嫌いではなかったですw

こちらの記事に続きます。
JR貨物 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/29(土) 23:48 ]

次のページ

copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania