FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

セメント工場の駅
こちらの続きです。
長者原で篠栗線に乗り換えて、新飯塚へ向かっていると…



!?

なんと筑前大分でクモヤ443と交換!
これは降りて撮るべきか、いや予定を変えてまで駅撮りもなぁ…などと悩んでいるうちに発車してしまいました(汗;


新飯塚で後藤寺線に乗り換え。
後藤寺線は単行のキハ40が田園風景のなかをコトコト走る、典型的なローカル線なのですが…、


15分ほど走ると景色が一変。


セメント工場に囲まれた船尾駅に到着。
ここ、以前から行ってみたいなぁと思っていた駅だったんですよね。


今は簡素な待合室があるだけの無人駅ですが、10年くらい前まではコンクリート造りのレトロな駅舎があったそうです。


先ほどのキハ40が戻ってきました。
昼間の後藤寺線は、1両のキハ40が1時間ヘッドで行ったり来たりしています。


振り返ると、粉塵が列車の風で舞い上がって視界が霞んでいました。



駅の東側はヤードの跡地が広がっています。
バックには武骨な鉱山、細かい雲が段々に削られた山肌に影を落として、万華鏡のように慌ただしく表情を変えていました。


本当に浮世離れした景色なのですが…いかんせん空気がむちゃくちゃ悪いんですw
今日は風が強いこともあって、ちょっと立ち止まっただけで全身粉塵まみれに。
2時間後の田川後藤寺行きに乗って後藤寺線を乗り潰すつもりが、1時間過ぎたところでギブアップ、次に来た新飯塚行きで退散しました。



筑豊本線に乗り換えて、今度は直方へ。
側線には電車、気動車、そして蓄電池車たちが、仲良く昼寝をしていました。

こちらの記事に続きます。

スポンサーサイト



JR九州 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/06/17(水) 22:31 ]

香椎カーブで12両編成の415系を撮る
こちらの続きです。
翌朝は、3月のダイヤ改正で廃止される415系の12両快速(3323M)を撮りに香椎カーブへ。


まずは813系。


783系きらめき。


香椎線も撮れます。
前回来たときはキハ40でしたが、今ではオシャレな「電車」になりましたw


そしてお待ちかね、415系の12両快速!
鋼製車とステンレス車が混在した長大編成は、かつての常磐線を彷彿とさせますね。
JR九州で一番長い列車でしたが、残念ながら3月に行われたダイヤ改正で821系9両に減車されてしまいました(列番も3385Mへ変更になっています)

このあとED76が来るようなので、もう少し残ることに。


883系ソニック。


ここは線路際の柵もそんなに高くはないので、下からでも無理なく撮れます。



入換えでうろうろするBEC819系。


ステンレス車で統一された415系。


883系。
こいつ、製造時期によって正面のデザインが微妙に異なるんですな。


415系。
後ろ4両は鋼製車でした。


でた、お化け方向幕w


811系リニューアル車。
ぶっちゃけ劣化したというか、見た目も中身も原形の方がいいです…。


ED76!
割と行き当たりばったりだったんですが、昨日からED76の順光カットが量産できて嬉しい限りです。


さて、次はBEC819系に乗ってみましょうか。


烏山線のEV-E301系などと同じ蓄電池車です。
これからの「電化」は、余程需要が見込まれない限りこういうスタイルになっていくんですかねぇ。

こちらの記事に続きます。
JR九州 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/06/08(月) 22:19 ]

713系を撮る
こちらの続きです。
宮崎県は今回が初訪問だったので、もちろん鉄道も撮ってます。


まずは宮崎空港で713系。
宮崎空港線と言えばこいつのイメージなのですが、僅か4編成8両しか製造されず運用範囲も結構広いので、なかなか狙わないと出会えない形式です。


宮崎までは乗車券だけで特急列車にも乗ることができます。
787系の方が先発だったので、快適な特急型か、レアな国鉄型か悩ましいところですねw


とはいえ713系もリクライニングシート(ドア付近のロングシートもハイバックの上等なもの)に交換されているので、特急型と比べても遜色はないです。


南宮崎で下車。



713系の2+2編成が昼寝していました。


お洒落な車両が多い九州で、ひたすら地味なキハ47。
ディーゼルなので日南線かな?と思ってサボを見たら…


まさかの全区間架線下www


日南線塗装の黄色いキハ40。


昼間はバスを撮りまくりつつ、夕方ちょっとだけ大淀川橋梁にも寄ってみました。
一瞬の晴れ間に現れた817系。
この日は風が強く、橋の上では徐行運転となっていてダイヤが若干乱れていました。


713系。


キハ125系400番台「海幸山幸」号。
もともと2003年に高千穂鉄道のTR-400形「トロッコ神楽」号として登場したのですが、2005年の台風14号で全線が不通に、そのまま廃線となってしまったため、僅か2年で故郷を離れ、JRの特急として2010年に再デビューしました。
事情が事情とはいえ、三セクからJRへ移籍したケースはかなり珍しいですね。


翌朝も大淀川橋梁へ。
昨日とは打って変わって快晴!


最大のお目当てはラッシュ時限定の713系2+2連。
青空にビビッドな赤が映えますね。


キハ47系。
宮崎~南宮崎間は単線なのですが、日豊本線、宮崎空港線、日南線の列車が乗り入れているのでダイヤがかなり過密。
双方の駅で到着次第発車を繰り返します。


817系の2+2もラッシュ時限定?(興味がないので調べてませんw)



最後に713系の返しを南宮崎駅の北側で撮影。
これで2+2編成は夕方までお休みです。

こちらの記事に続きます。
JR九州 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/03/04(水) 22:06 ]

若松線のキハ40系

福岡県内のキハ40ネタをもう一つ。
以前、北九州の某専用線(ってバレバレですねw)を軽く撮影したときに、戸畑から若戸渡船に乗って、未乗だった若松線へ行ってみました。


若松駅は、港から歩いて10分ほど。


駅前には石炭車のセム1形が保存されています。

若松線というのは若松~折尾間の愛称で、正式には筑豊本線の一部です。
かつては石炭輸送で隆盛を極めた筑豊本線でしたが、今では貨物列車の運行は無くなり、若松線の区間では電化も行われず、殆どの列車が若松と折尾の間を行ったり来たりするだけの、ただの盲腸線になってしまいました。
いや、”ただの”盲腸線は失礼ですね、何故なら、



折尾までの全区間が複線だからですwww



若松駅周辺も、今では北九州のベッドタウンになっていて、マンションだらけ。
なんだか常総線みたいですなぁ~。


若松駅構内。
広いホームに、賑わっていた時代の面影がありますね。
裏手の駐車場やマンションも、昔は大規模な機関区があったそうで…。


一瞬、意味が分からなかったサボ。
よく見るとサボは固定されているので、「2両以下の場合はワンマン運転ですよ」って言いたいんだと思います。


香椎線のキハ40なんか、御丁寧に行先ってデカデカと書いてあるんですけどねwww
かと思えば、こんな言葉足らずなサボを使っていたり、JR九州はよく分かりませんなー(^-^;


折尾まで5駅、約15分。
車窓左手は工場と洞海湾、右手は住宅地という景色が続きます。


折尾に到着~。
ここから先は桂川まで電化されていて、隣のホームには九州らしいスタイリッシュな電車、817系が発車を待っていました。
実は若松線にも、今年の秋から819系という蓄電池式の新型電車が走り始める予定です。
電化していないのに電車が導入されるなんて、何だか不思議な感じですね。
キハ40がのんびりと走る…そんな姿も、もうまもなく変わろうとしています。
JR九州 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2016/05/16(月) 20:01 ]

鹿児島本線の長大編成気動車
前回は、長大編成の気動車がバンバン行き交う台鉄屏東線の様子をアップしましたが、日本だって負けてはいません。
華やかな特急ではなく一般型、それも回送という地味な列車ですが、長大編成のキハ40系が日に数本運転されている路線があります。


九州は福岡県の香椎駅へとやって来ました。


朝ラッシュが終わり、次々と香椎線のキハ40が集まってきます。


香椎線は日中2連、ラッシュ時でも最大4連で、それほど長い編成にはなりません。
しかし面白いのは、


鹿児島本線内を走る回送列車です!
香椎線の沿線には”寝床”がないので、こんな風にラッシュが終わると、まとめて竹下駅近くの博多運転区まで回送されています。
この列車は7両編成でしたが、他の時間帯にも香椎発、または竹下発の回送が設定されていて、最大8両編成までなるそうです。

JR九州 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/05/14(土) 23:36 ]

次のページ

copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania