FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

最後の都会派103系
7月17日は京都へ行ったついでに、もうじき引退するだろうと思われる奈良線の103系を撮って来ました。


まずは京都駅東側、高倉通りの陸橋から撮影。
この日103系は3本稼働していて、カメラを構えるとすぐに撮ることができました。
4両編成は少し物足りない感じですが、やっぱり103系は都会を行く姿が似合いますね。



そしてこちらが新顔、阪和線から転属してきた205系1000番台
緑帯の205系が復活か!?と思いきや、青帯のまま今年3月のダイヤ改正から営業運転を始めました。
まだまだ違和感はあるものの、京都駅に止まっている姿は、東海道線に205系0番台が走っていた頃のようで懐かしいですね。


お隣は湖西線から来た抹茶色な113系。
いろいろ改造されちゃってますが、国鉄型の8両編成というのも今の時代なかなか貴重ですよね。


そして、こんな珍客にも遭遇。
広い構内をコトコト走って来た125系、なんでお前がここに!?と思ったのですが、どうやら吹田への入場回送だったようです。


撮影時点で最古参だったNS401編成
ブタ鼻ライトに非ユニット窓が残る貴重な編成でしたが、今年の10月頃に運用を離脱したようです。


ところで高倉通り、さっきから見た目もエンジン音も明らかに普通じゃないバスが頻繁に走っているのですがw



コイツは京都の京急こと京都急行が導入した中国の比亜迪自動車(BYD)製電気バスで、国内ではここでしかお目にかかれない超レアな車両です。
電気バスは2015年から運行を開始、京都女子大学前を中心に系統が複数あり、京都駅は八条口から発着しています。



NS401編成は内装も個性的で、奈良方のクハ103-168はドアが化粧板仕上げになっていました。


宇治で下車。
定番撮影地の宇治川橋梁へ…行く前に、そろそろ奈良方面へ向かった103系が戻ってくるので、駅南側の小さな踏切で1枚。





宇治川橋梁。
前日の大雨で増水しまくっていました。



黄檗で並んだ103系と205系。
複線化が進められている奈良線ですが、まだこの付近は単線のままなので、日中は黄檗で普通列車同士が交換するダイヤが組まれています。


東福寺で〆
最後の牙城だった大阪環状線や阪和線から103系が消えた今、まわりを見渡してみるとローカル線の播但&加古川線、朝晩しか走らない和田岬線、あれは殆ど201系な筑肥線…。
103系が、一番103系らしい活躍をしている最後の路線は奈良線!と言っても過言ではないと思いますw
スポンサーサイト
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/11/12(月) 20:19 ]

まるで国鉄型博物館!JR七尾線
こちらの続きです。


向かいのホームに止まっていた城端線…ぼろっぼろなんですがwww
これが俗にいう”焼きタラコ”ですね。


津幡で下車。
今まであまり本腰を入れて撮っていなかった七尾線へ行こう、と思ったんですが接続がイマイチで40分ほど津幡駅で待ちぼうけ。
屋根の影で涼んでいたら、金沢方面からキハ40を改造した豪華列車「花嫁のれん」号が通過して行きました。



七尾線からヘッドマーク付きの415系がやって来ました。
前後で絵柄が2種類あり、それぞれ「能登立国1300年」と「七尾線開業120周年」記念だそうです。
どちらもタウントレインみたいな野球ベース型でカッコイイですね。


413系に乗って一つ隣の中津幡へw
実は津幡から全然歩いて行ける距離なんですが、この炎天下のなか外を歩きたくなかったんですwww
久しぶりに室内灯が消える交直セクションも体験しておきたかったですしね。


津幡~中津幡で金沢行きを撮影。


続いて中津幡~本津幡の陸橋へ移動して、七尾行き。
先ほどのヘッドマーク付き編成が戻って来ました。


ド逆光ですが、金沢行き。
クハ455形を組み込んだゲテモノ編成が来ましたw
ずらりと並んだ2段窓に片開き扉、かつては全国各地を走り回っていた急行型電車も、この七尾線に残るクハ455-701と702の2両が最後になってしまいました。
とはいえ、もう北陸新幹線が開通した時点で見納めだろうと思っていたので、まさかこんなかたちでしぶとく生き残るとは…って感じですwww


今度はマーク無しの415系。
クハ455のことをゲテモノゲテモノ言ってますが、この415系800番台も、113系に485系の発生品を載せて交直化したとか大概ですよね(笑)
非ユニット窓の国鉄型電車が見られるのも、恐らく七尾線が最後なのではないでしょうか(まだ下関に残ってましたっけ…?)


今日は大阪の実家に寄って帰るので、まだ少し早いですがそろそろ撤収しましょう。
帰りも413系でした。


金沢でサンダーバードに乗り換え。
だいぶ先の話になりますが、新幹線が敦賀まで延伸すると、この光景も過去のものになりますね。
もうその頃には、さすがに七尾線の国鉄型電車たちも置き換えられている…と思いますがwww
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/10/31(水) 23:26 ]

二度目の三江線
こちらの続きです。
AGTまつりの後は、来年3月末に廃止が予定されている三江線に乗るため、福塩線まわりで三次まで行ってマルヨ。


翌朝、まだ夜明け前の三次駅へとやってきました。
三江線は列車本数が極端に少なく、5:38発の浜田行きを逃すと10:02発まで列車がありません。


薄らと霧がかった構内に、キハ120の単行が発車を待っていました。
乗客は12人、同業者さん、テツではないと思われる旅行者、地元の方など程よく分散している感じ。
初めは全員同業者だろう…と予想していたのですが、まぁ時間が時間ですしね。
三次の宿も限られていて、私と同じホテルに泊まっていた方もいましたwww


20分ほどすると辺りが明るくなってきました。
なんだか凄いところを走っていますよ。
この辺りは線路状態も悪く、JR西お得意の「徐行運転」でもって乗り切りますw


三次から約1時間で口羽駅に到着。
ここで28分停車するので撮影タイムです。


赤い石州瓦を使った駅舎。
小ぢんまりとした駅ですが、三江線が全通する昭和50年までは南側の終着駅だったそうです。
そんなわけで、口羽を境に高架橋やトンネルが連続する近代的な設備になります。


その”新線区間”でも一番のネタハイライトが、口羽から2つ目の宇都井駅です。


この駅の特徴は何と言っても高いこと!!
地上20mのところにホームと待合室がある「天空の駅」なのです。
しかしエレベーターやエスカレーターはなく、昭和の団地みたいな階段をひたすら上らないと列車に乗れません。
バリアフリー何それ?状態です。



”下界”に降りて8時14分発三次行きを撮影w
そうそう、この写真が撮りたかったんですよ。
三江線は8年前にも一度乗り通していて、その時に宇都井駅も通ったのですが、江津を夕方に出る列車に乗ったので浜原より南は真っ暗だったんです…。


さて、次の江津方面行きまであと2時間ほどあります。
初めのうちは駅舎の写真を撮ったり、周辺を散策して時間つぶししていたのですが…あまりにも暇すぎるので、隣の伊賀和志駅まで歩いてみることにしました。


駅を出て少し歩くと、三江線の大きな鉄橋をくぐります。
ザ無駄な公共事業って感じのする、やたらとハイスペックな鉄橋ですね。
なお三江線は、全通する前から国鉄赤字83線にリストアップされていたそうです(-_-;


川沿いの道を歩くこと40分ほどで伊賀和志に到着。
この駅も築堤の上にあるので少し高いところにホームがありますが、宇都井に比べりゃ常識的な高さですw
ここから11:03発、石見川本行きに乗車。


高規格な区間も浜原まで。
再び江の川にへばり付くように走ります。
景色はトンネルばかりの新線よりも、こっちの方がいい…のですが、たまたま団体のお客さんと乗り合わせてしまい座れないわ騒がしいわで、あまりのんびりと景色を楽しむことはできませんでした(´д`;
どうやら三江線に乗るツアーというのがあるそうです。
混むだろうなぁと思って18きっぷシーズン外の平日を選んだのですが、そうかツアーですか…。
それなら増結して一般のお客さんと車両を分けて欲しいですね。
今後廃止が近づくにつれて、もっと混んできますよ。


満員列車に揺られること約1時間、終点の石見川本に到着。


次の江津行きは1時間30分後です。



ここまで乗ってきたキハ120の2連、いつの間にか方向幕が「江津」行きになっていました。
時刻表では別の列車なのですが、実は同じ車両が1時間半休憩した後そのまま江津行きになるんですね。


発車10分前に改札が始まりました。
石見川本行きに乗っていた全員が乗り換えたというわけではないようで、車内は少し余裕ができましたが、それでも席は埋まっています。


また吊革につかまって1時間。
終点の江津…ではなく、行ってみたい撮影ポイントがあるので一つ手前の江津本町で下車しました。
本町といいながら集落からは少し離れていて、川沿いにひっそりと佇む小さな駅です。


駅前の道を江津方面へ歩くこと約10分、狭い路地の先にある階段を登りきったところが撮影ポイントです。
石州瓦の古い街並みと江の川という、三江線らしさがギュッと詰まった写真が撮れます。
ここから徒歩で江津駅へ脱出できるのも、本数が少ないのでありがたいですねw

こちらの記事に続きます。
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/11/26(日) 23:19 ]

和田岬線で甲種に遭遇する #2
#1の続きです。
リバティ甲種は翌2月18日にも行われる…ということで、能勢電急行を回収した後(そちらは後日アップしますしました)、再び神戸へ。



まずは103系の疎開を舞子で。
どちらかと言えば、甲種よりもこっちのがメインだったりw
この疎開回送、前々から撮ってみたいなーとは思っていたのですが、まさか2回も撮影チャンスが巡ってくるとは。
ちなみに明石方の破けた方向幕は、その後修復が行われたようです。


続けて兵庫の川重前へ移動。
甲種のダイヤは昨日と同じですが、土曜日は103の疎開が少し早いので、掛け持ちしても間に合うのです。


暫くすると工場前の道路が封鎖され、DE10が姿を現しました。


今日は近くの陸橋でスタンバイ。
土曜日ということもあってか、家族連れで見物に来ている方が多いのが印象的でした。


10時10分頃、発車!
大勢のギャラリーに見守られながら、工場を後にしました。

さて、せっかく川重前まで来たので、もうひとつ気になっていた場所へ行ってみることにしました。


工場に沿って歩くこと5分ほどで、前方に踏切が見えてきました。
そうなんです、川重には公道と交わる場所があるんです。


しかも踏切からの撮影は特に制限なし!
北工場側には北陸新幹線E7系と、


ん?その隣のステンレス車両は??


大阪市営地下鉄の30000系ですな。
間にはコキも繋がっています。


反対側の南工場側。
三線軌条が複雑に張り巡らされていてワクワクしますねw


今月20日に営業運転を開始する予定の、西鉄9000形も止まっていました。
デビュー前の車両を、それも九州まで行かなくても撮れるのは工場ならでは…というか、こういうところで普通に撮影できてしまうって凄いことですなw
とてもオープンな川重さん。
そういえば、ここでも自転車に乗った親子連れと出会いました。
「あ、かがやき!」「西鉄電車!」お父さんよりも詳しい様子。
こんなところの近くに住んでいたら、嫌でもテツになりますね(笑)
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/03/13(月) 23:23 ]

和田岬線で甲種に遭遇する #1
先週末は所用で大阪へ行ったついでに、和田岬線へ寄り道してきました。
近いうち103系に動きがあるらしい…?なんて噂も耳にして、今のうちに記録しておこうという軽い気持ちで訪ねたところ、思わぬ収穫がありました。


兵庫駅から和田岬に向かって撮り歩き開始、まずは川崎重工前のストレートから。
ここ前回も来たなぁ…と過去のフォルダを漁ってみると、2011年の電化10周年記念マークをこの場所で撮っていました。
あれから6年で関西の103系事情も様変わりしてしまいましたが、そんなことはお構いなしに、今日も朝と晩だけ行ったり来たりしている和田岬線。
今では比較的長い6両編成で低運黒Hゴムの103系が確実に撮れる、貴重な路線になってしまいました。


朝ラッシュ時は約20分サイクルなので、撮影場所を移動すると待つ暇もなくやって来ます。
右下に見える怪しい線路は川崎重工の引き込み線。
川重で製造された新型車両が甲種輸送される場合、このレールを通って各地の鉄道会社へと運ばれて行きます。
それで、ふと工場のなかへ目をやると…



リバティー!!

こんなところで東武のクルマが見られるとはw
ほぼ完成しているけど、いつ出場するのかなー?まさか今日だったりしてね。
なーんて考えていたのですが、はい、そのまさかでした。



兵庫運河を渡る103系。
ここの鉄橋は和田旋回橋といって、船が通るときにはガーダーごと回転できる構造になっていましたが、現在は航行する船がなくなったので固定されているそうです。


簡素な造りの和田岬駅。
2009年までは、この場所に駅舎がありました。




これは酷いwww

まぁこの103系は和田岬線専属ですからねぇ。
お客さんも定期利用の常連さんばかりでしょうし、直す必要もないんだと思います(笑)



車内。
何か違和感があるな…と思ったら、広告がありません。


9:25発、朝の最終便で兵庫へ。
あとは夕方になるまで、ここでお昼寝…のハズが、どうも様子が変ですぞ。
暫くすると反対側のヘッドライトが点灯、なんと鷹取の方へと走り去って行きました!?
そういえばホームには同業者さんの姿が…。



はい、この日(2月17日)は甲種が走る日だったのですね。
これは全くノーマークでした。DJ誌に載っているネタなのに、お恥ずかしい限りです(^-^;



というわけで、たなぼた甲種カットいただきました。
朝のうちはなんとか曇りを保っていた空模様も、103系が去ってから雨が本降りになってきたので、ホーム屋根の下で雨宿りしながらの撮影です。


まわりの同業者さんについて行き(笑)、お隣の新長田へ。
この俯瞰ポイント、よくネットで見かけるんですが、なんと駅撮りだったのですね。



某私鉄で暇潰しをした後、午後の返却回送も撮影。
普段、昼間は兵庫駅のホームで寝ている103系ですが、甲種がある日は機回しのとき邪魔になってしまうので、「兵庫←→和田岬」表示のまま、新快速の合間を縫って爆走して、西明石まで疎開します。
まぁ幕がそのままなのは、うっかり回そうもんならビリビリに破け散るからでしょうねwww

#2に続きます。
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/02/24(金) 23:39 ]

次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ