> 私鉄屋雑記帳 大手私鉄
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



01系中野検車区へ帰らぬ旅
今日は01系による団臨が上野検車区→中野検車区で運転されるということで、四ツ谷で撮影してきました。


10:38頃、花束を乗せた01系が、ゆっくりと通過して行きました。


駅舎の窓辺には01系を見送る駅員さんの姿も。
回送表示、装飾なし、いつもの検査入場と変わらない姿でしたが、これを以て全ての01系が銀座線を去ったことになります。

***

今日は以上の2枚だけ撮って帰ってきたので、これまでに撮影した01系の写真のなかから、未掲載だったものをアップしたいと思います。


上野検車区で休む01系。
1000系は2012年4月11日にデビューしたので、両車が混在していた期間は約5年でした。



銀色の車体にブラックフェイス。
銀座線のレトロなホームで見る01系は、今でも新しい電車というイメージだったのですが…。


このマップ式の路線図も見納め。



今年1月1日から2月24日まで、01-130編成に実施された「くまモンラッピング」
熊電のものとほぼ同じデザインになっています。
ちなみに、この編成が今日まで残っていた最後の1本でした。


銀座線の撮影地と言えば渋谷です。


東急百貨店の東館3階に設けられていたアーチ状の入口が特徴的でしたが、


2013年3月31日に東館の営業が終了、その後解体が始まり…


レールの移設工事なども行われ印象が大きく変わりました。


この工事が完成すると、渋谷駅自体が浅草方へ移設される予定なので、こんな風に青空の下で撮ることができるのも今のうちでしょうね。


刻一刻と変化する渋谷の街。


銀色の電車が去った今日は、一つの節目でした。

スポンサーサイト
未更新車、卒業巡業
今日は京成3500形未更新車のさよなら記念ツアーを撮影してきました。
上野9時頃発車の宗吾車庫15時解散、途中の経路は京成お得意の「当日のお楽しみ」…というわけで、まずは関屋へ。


はい3500形です(笑)
こいつも、元は未更新車と同じ姿だったなんて信じられませんw


でもって本命は…曇りorz
今日は雲が多く、このあとも光線に悩まされる一日でした。


続いて四ツ木へ移動。
本線を下り始めたツアー列車は、なんと高砂から金町線に入線、柴又で折り返し押上線へとやって来ました。
通常、押上線に4連が入ることはありません。


次は鬼越へ。
今年度は3600形にも廃車が発生しており、元芝山車の3618編成8連1本と、ターボ君こと3668編成を6→4連に減車して中間2両(3608-3601)が離脱という、ネタ車から消えてゆく格好になりました(汗;


同じく先が見えてきた5300形と。
果たして、どちらが長く残るでしょうか。


今度こそ晴れカット!!


後続の普通に乗車、船橋競馬場で追い付きました。
3300形のときに比べると、今回はとてもシンプルなヘッドマーク。
普通板をモチーフにしたのだろうと思いますが、どうせなら六角形の特急風とか、丸型の急行風とかやって欲しかったですね(^-^;



さらにちはら台へ向かったということで、いろいろ迷った末、折り返しを稲毛にて。
1~2両分しかない小さな屋根、千葉線のローカルな感じが3500形に合いますね。


八千代台で追い抜いたので、最後に大佐倉で撮影。

今日は成田空港へ入るかなーと予想していたのですが、金町線や千葉線など基本的に通い慣れた路線を巡って、別れを告げる経路でした。
このツアー、明日も今日とは違うダイヤで実施される予定です。
干支マークと…2017編成!?


恒例の大師線干支マーク、今年も撮って来ました。



いつもの港町カーブ…なんですが、どうもケーブルの影が気になりますな(-_-;
去年の写真を確認すると、ほぼ同じ時間に撮影していて写り込んでいなかったので、この1年の間に追加されたようですorz
広角、望遠と2パターン撮ってみたりしましたが、どうにもならず。


今年のマークは、1800番台をデフォルメしたものと、ほのぼのとした手描き風の2種類が掲出されています。
せっかくなので、このマークを1800番台に取り付けて大師線で走って欲しいなぁ…なんて思ったんですが、1800番台にはマークステーがありませんね(^-^;


また、今年は1017編成のワイパーカバーに2017の文字が!
これ合成じゃないですよw
こういったサプライズは、2011年に2011編成の前面にステッカーが付いたことがありましたね。
2011年以降は「2012」から「2017」まで、2011編成の中間車になってしまうので出来ないなぁ、なんて思っていたんですが、そうか、この手があったか(笑)
京急さん相変わらずユーモアがありますなぁ。
塗り替え進む汎用特急車
こちらの続きです。


新大阪から御堂筋線、なんばで近鉄奈良線に乗り換え大和西大寺へ。
ちょうど向かいのホームから「しまかぜ」が志摩方面へ発車して行きました。
せっかくなので、乗り換えついでに少し駅撮りしましょうか。


相変わらず凄まじい配線ですなぁw
調布や京急蒲田など軒並み立体交差化されてしまったので、こういうダイナミックな平面交差駅は、関東ではなかなかお目にかかれなくなりましたね。



お!さっそく面白い編成が来ましたー。
旧塗装ACEが新塗装Aceをサンドイッチ、過渡期ならではの姿です。


続いて阪神9000系。
大和国で見る阪神車、分かっちゃいるけど未だに違和感が…(^-^;


留置線から出てきたサニーカー、こちらも旧塗装です♪


大和西大寺でスイッチバック、奈良方面へ去って行きました。
恐らく奈良始発の特急になるのでしょう。


京都市営のクルマも乗り入れて来ます。


さて、そろそろ本題の桜井線、まずは乗り換え駅の天理へ向かいます。
天理線直通の電車もありますが、どうやら先に出る急行に乗ると、平端で1本前の天理行きに接続するようです。


というわけで、先の急行で平端へ。
近鉄に乗って初詣へ向かうお客さんも多く、ここで半数強が下車、天理線のりばへと流れていました。
天理線の車両は線内折り返しの2+2編成、形式は…写真に写り込んでいた1258、1335という数字からググると、1252系+1233系と言うらしいです、はいw



天理に到着。
さすが宗教都市の中心駅、祭事などの為に、余裕のある造りになっています。

こちらの記事に続きます。
800形にも蘇った太帯ツートン
2000形2011編成に続き、遂に800形にも太帯ツートンカラーが蘇りました!

http://www.keikyu.co.jp/information/cp/keikyu800/

初日の今日は事前応募のお披露目ツアーが実施され、久里浜工場で撮影会の後、リバイバルカラーとなった823編成を使用した貸切列車が久里工→品川間で運転されました。

行き掛けの駄賃で、西武40000系の甲種を撮ってから久里浜へ行こうと早起きしたのですが、横須賀線が人身事故、東海道線も道連れという残念なパターンで…orz
いや実は貨物線の方は大丈夫だったらしいのですけどね。
これで本命の823編成を撮り逃したくないので、貸切列車の時間にはまだ早いのですが、とりあえず久里浜へ向かってみることにしました。
すると…


おおお!!823編成の隣は2011編成ですかー。
さすが京急さん、分かってらっしゃるw
2000形とは違い、800形の太帯は実車を見たことがないので新鮮ですなぁ。


久里工への送迎列車は1800形4連でした。


久里浜駅の上り時刻表。
日中は8連の快特しか走っていない久里浜線では、普通車は一日に僅か6本、そのうち800形の運用は6:35発の1本のみ
これに823編成が運よく入ったとしても、時間的に家から撮影に向かうのは困難です…。
なので今回の貸切列車は、まず「久里浜線内で撮る」ことを目標にしました。


というわけで北久里浜。
あまり久里浜線らしい場所って思い付かなかったので、無難に駅撮りです。
風光明媚な三崎口まで乗り入れれば、いろいろと選択は広がったのですが…。


後続の快特で追っかけると、富岡で追い抜きました。
昼の上り、どこへ行っても光線は良くないので、それならばと思い切って高架下になる蒲田をチョイス。
急行灯を輝かせて爆走する800形!かっこいいですなー!!


さらに、品川へ先回りして軽くスナップ。
そして折り返しの回送を撮りに新馬場へ向かうと…



!?

被られた…かと思いきや、なんとタイミングよく800形同士で並びました!!!!!
これは幸先の良いスタートですねぇ。
暫くリバイバル塗装のまま運用に入る予定の823編成、さて明日以降どんな素敵なシーンに出会えるでしょうか。