FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

伊賀も×でも近鉄特急で福来たる
こちらの続きです。
三岐の西武がダメなら伊賀の東急だ、というわけで四日市から伊賀上野へ。


途中の亀山でキハ120に乗り換えます。
相変わらず無駄に広い構内です…。


加太越え。
雨は一向に止む気配はなく。


45分ほどで伊賀上野に到着~。
大阪方の切欠きホームから、忍者電車がこちらを睨んでいました。
1本目はハズレ。
伊賀鉄道は運用が公表されていないので、まず東急色が走っているかどうか上野市の車庫を確認しに行きましょう。


あれ?伊賀鉄道ってこんな内装だっけ??
この205編成は「木育トレイン」と言って、三重県産の木材を使用してリニューアルしたそうです。
「きになる電車」の伊賀バージョンって感じですねw

まだ発車まで20分ほどあるので、車内はガラガラです。
時刻表を見るとJRの亀山行きと接続を取ってから発車するダイヤが組まれているのですが、どうやら学研都市線が人身事故(?)か何かで遅れているらしく、亀山行きも加茂で接続待ちをして遅れを引きずっているのか、なかなか来ません。
結局亀山行きを待たず、車内は私ともう一組の家族連れだけを乗せて発車してしまいました(^-^;

さて、気になる東急色ですが…



…あ。

なんと、こちらもお休みでしたorz
今日はとことんついてませんね…。


仕方がないのでホームから軽く撮影。
203編成は入線当初からド派手なラッピング車になっていましたが、昨年11月に広告が剥がされ、なんと東急時代と同じ赤帯を巻いて走りはじめました。
もともと先頭車だった車両なら東急…いや上田で似たようなのが走ってるじゃん、ってなるんですが、伊賀神戸方のモ203は先頭化改造車なので、なんとも言えないゲテモノ顔になっているのが最大の特徴ですwww


側面は東急時代とほぼ同じ!
…ですが、窓から覗くクロスシートに違和感がw


東急色も休みとなると伊賀鉄道に居てもしょうがないので…。
そのまま忍者電車に乗って、


終点の伊賀神戸で下車。


構内踏切から近鉄特急を駅撮りすることにしました。
ここなら屋根があるので濡れません。
まずは旧塗装のサニーカーが通過。


続いて大阪方面からスナックカー+Ace。
こちらも旧塗装です♪


次の伊賀鉄道は、相変わらず目が怖い204編成。


ACE+ビスタカー。
車両も塗装も見事に新旧バラバラw
このサイド寄りの写真も駅構内にある屋根が付いた通路から撮ったもので、過渡期の混色編成を記録するにはもってこいですね。


アーバンライナーPlus。
名阪特急50周年のマークを付けた編成も見かけましたが、反対方向の名古屋行きだったので非掲載で…。


大阪上本町行き急行。
この辺は通勤車よりも特急車の方が多いですねw


しまかぜ!


お、ボロ先頭の急行が来ました。
日中は毎時2本運転されている急行ですが、運転間隔が18分→42分の繰り返しなので偏りがあります。


新塗装ビスタカー。
なんだ~旧塗装を撮りたかったのになぁと思いつつ、こちら側のホームにも接近放送が流れていたので、振り返ってカメラを向けると…


旧塗装!!!
なんと新旧ビスタカー同士、きれいに並んだのでしたー。
いやぁ今日は色々ダメな一日でしたが、最後の最後でテツの神様が舞い降りてきましたよ!


テンション上がったところで、そろそろ露出が厳しくなってきたので撤収しましょうか。
ラストは新塗装Ace+旧塗装スナックカーで〆。

スポンサーサイト
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/06/06(水) 20:27 ]

今年は旧1000形が花電車に!
毎年恒例の京急ファミリー鉄道フェスタ。
個人的には、年に一度旧1000形の様子を見に行くイベントと化しているのですが、今年はまた凄いことになっていましたw


まずは京急久里浜へ。
お恥ずかしながら今年は盛大に寝坊してしまい、こんな時間になってしまいました(本当は神奈臨で大江戸線の甲種を撮ってから久里浜に向かう予定だったんですが…orz)
無料送迎バスも大行列だろうし、こりゃ会場は12時くらいになるなぁ…と思いながら改札を抜けると、あと10分後に発車する会場直行お迎え電車の切符をまだ売っているとのことで…!?!?


はい、タイミングよく「お迎え電車3号」に乗れましたー。
これはありがたいです。
車内から撮影会場のラインナップを確認すると…おや!?2011編成がいますね。




到着後、光線を考えて真っ先に撮影会場へ向かったのですが、いつにも増して大混雑していて車両になかなか近付けませんorz
今日はカラッと晴れていて撮影日和ですもんね…。
やっぱりここは朝一番に来ないとダメですなぁ(;´д`)

しかし今年のラインナップも素晴らしかったです。



特に2011編成、まさかここに並んでいるとは思いませんでした。
しかもブルーリボン賞マーク付きですよ!


821編成は去年と同じ方向幕実演…ですが、今年はローレル賞マーク付き
常連にも飽きさせない工夫が嬉しいですね。


表示内容は、例によって参加者のなかからランダムで選択権が与えられる方式でした。
今回はネタ表示が多かったのですが、最後のこれはいいチョイスですw



無架線地帯には822編成と2051編成が縦列で止まっていました。
営業列車ではありえない、夢の併結ですねw


屋内には解体中の2000形も…。


そして、お待ちかね1351編成!!
今年は都営浅草線への直通運転開始50周年を記念して、なんとデハ1356側には開通当時の花電車が再現されました。
現代ではヘッドマークやシールなどで済まされることが多いだけに、これだけ派手な装飾はかえって新鮮ですね。


地下鉄とか街中だと映えるんでしょうけど、ここじゃ草木に擬態した電車って感じですな(笑)



デハ1351側には琴電コラボのヘッドマークが。
そういえばGWに高松へ行ったんですが、京急ラッピング車はずっと仏生山で寝てました…。

さて、そろそろ撤収しようと出口に向かっていると、営業線を横浜行きの快特が通過していくのが見えました!?
どうやら鶴見市場付近で発生した架線支障の影響で、新町~川崎間が運休しているそうです。
それならばと近くの踏切へ移動。


まずは「お帰り電車」が通過。
今回行き帰りの臨時電車に抜擢された1033編成は、残り少なくなった足回りが未更新な”歌う電車”です。


でもって1分もしないうちに京急久里浜から戻って来ましたwww
ダイヤが乱れているからか、折り返しがかなりタイトです。

そして次は期待の…



品川行き

あちゃー、一歩遅かった…相変わらず京急は復旧が早いですね(笑)


復旧したとはいえダイヤは乱れたまま、というわけで久しぶりに横須賀線で帰ることにしました。
単純に久里浜~横浜を移動する場合、時間も本数も運賃も京急の圧勝なので、こういう機会でもないとなかなか乗らないですからね。
車内はガラガラ、ボックス席に座ってのんびりできたので、こちらにして正解でした。

京急 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/05/22(火) 21:41 ]

ツートンカラー249Fが多摩川線へ
ここ最近、何だかカラフルなことになっている西武新101系。
昨日(4月14日)はツートンカラーになった249Fが多摩川線へ転属しました。


まずはいつもの所沢駅側線から~。


いやー懐かしい組み合わせですね。
1月の赤電色247F伊豆箱根鉄道色249Fも面白かったですが、今回のが一番グッときました。
まさか2018年になって、こんなカタチで黄色3ドア8連が復活するとは!

…あれ?
そういえば249Fって、いずっぱこ塗装じゃなかったの??
実は249F、今年の1月21日に多摩湖線へ転属した後、暫く伊豆箱根色のままだったのですが、 3月24日からツートンカラーに再び塗り替えられ、4月6日まで多摩湖線で活躍していました。
現在は代わりに261Fが伊豆箱根色になっています。



続いて所沢陸橋で走行写真を撮り、




新秋津の授受線へ移動するド定番コース。
もはやルーティンワークですw



適当に並びを撮っていたら、国鉄色に戻ったEF65-2066牽引の配給が通過しました。


多摩川線までの輸送ルートは新秋津→新座ターミナル→八王子→武蔵境。
今回は少し違う場所で、と思って新秋津と東所沢で2発撮ったのですが、東所沢は入線直前に曇ってしまい撃沈しました…(-_-;
この日は雲の流れが速くて、晴れたり曇ったり落ち着かない空模様でしたね。



悔しいので八王子まで追っかけw


かいじ号やタキと並ぶ新101系。
通常の白塗装でも充分不思議な光景なのですが、西武オリジナルのツートンカラーだとより違和感が増しますね。

で、この後は入換…があることをすっかり忘れて、のん気に友人と蕎麦屋に行ってしまい、


戻ってきたら入換が終わった後でした\(^o^)/
ま、まぁこのカットが撮れたのでヨシとしましょう。

また多摩川線で営業運転が始まったら、撮りに行きたいですね。
西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/15(日) 23:44 ]

大阪ミナミの初詣臨 #2
こちらの続きです。


もう一つの初詣電車とは、近鉄南大阪線の開運号でしたー。
こちらも毎年3が日に運転される臨時急行で、円形のヘッドマークが付きます。


ド定番の河堀口駅あべの方で開運号を待ちます…が、


いきなり被られてしまいました(泣;;
しかも開運号同士…。
そういえばここ、5年前に来たときも結構シビアでしたねぇ。
ただ光線はいいし、タイミングよくすれ違えば絵になるので、一か八かに賭けてみることにしました。


KIPSポイントカードの広告が入った6020系6049F。


6020系6063F+新しい感じの何かw
この構図だと後ろの編成は形式すら特定できません…。


16600系2連×2。
狭軌の特急車にも新塗装化の波が。
この塗装、新型ならまだ似合っているんですけどねぇ…。


6020系6053F+何か。
「普通」ですが、今回撮った中では一番長い6両編成です。
南大阪線って2連の特急とかも走っていますし、速い種別になればなるほど編成が短くなるような気がwww


6200系6207F。
この形式から冷房付きで製造されたので、クーラーカバーの形状が6020系と異なっています。
実は撮影時、これ系の車両は全て6000系だと思っていたのはここだけの話w
ほんと近鉄の形式はWikipediaを参考にしないと、よく分かりません…。


そしてお待ちかね、6200系6217Fの開運号
なんとか被られずに済みましたー。


そのすぐ後にやって来た阿倍野橋駅行きの開運号は…ラビットカー塗装の6051F!!
※区間急行下市口行きになっていますが、これは幕回し中ですwww


そろそろ正面に影が回ってきたので、お隣の北田辺へ移動。
ラビットはここで撮りましょう!


南大阪線ではレアなシリーズ21、6820系6821F+6822F。
5年前は、こいつも開運号で運用されていましたねー。


後ろから新塗装の16010系が通過。


新塗装の16000系も通過…。
いや、もうねぇ…ホントこの塗装は絶望的に似合っていません…。・゚・(ノД`)・゚・。


ラビットカー開運号。
今年も特製方向板が付いて豪華2枚看板です♪

こちらの記事に続きます。
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/10(土) 23:28 ]

いずっぱこ塗装249Fが多摩湖線へ
赤電塗装247Fと交替で、翌日(1月21日)にはいずっぱこ塗装の249Fが多摩湖線へと戻ってきました。



ハマ線を降りたら、そこは三島でした…!?


いやここは紛れもなく八王子ですw



本日の牽引機は…なんとEF210-113でした!
いつもはEF65なんですけどねー。


いずっぱこ塗装とEF210、ラインカラーが上手く揃っていて相性抜群です。


国立にて。
いやぁこれはカッコいい!



約24時間ぶりに来ました新秋津の授受線w
昨日は赤電と併結した263F、今日はまさかのいずっぱこ塗装とコラボです。



テープを巻き戻すかのように所沢陸橋へ(笑)
同じ西武グループとはいえ、会社間を越えた夢の併結列車、なんとも不思議な光景です。


あれ?でも6000系と並ぶと違和感がないぞwww


所沢で暫く停車。
昨日と全く同じアングルで撮ろうと思ったら、今日は停車位置がかなり前の方でした。
連結部分は駅舎の下になってしまって、ちょっと薄暗いですね。



最後に西所沢で撮って〆




昨年9月からいずっぱこ塗装となって活躍していた249F。
私も撮影しようと期間中2回訪ねたのですが、なんと2回とも車庫で休んでいて、多摩川線を走っている姿は一度も撮れず仕舞いでした…。
今度こそまともな写真を撮りたいですなぁ(;´д`)
西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/26(金) 21:35 ]

次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ