> 私鉄屋雑記帳 大手私鉄
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



三河線のレア運用
こちらの続きです。
金谷から再び東海道線を下り、刈谷で名鉄三河線に乗り換えて知立に到着~。



目的地はもうちょっと先なのですが、せっかくなのでここで少し撮影。
7700系を追っかけて以来約8年ぶりの三河線、今ではすっかり6000系天下になってしまいましたね。
こうして見比べると、1次車は貫通扉が一段奥に引っ込んでいることに気が付きました。
鼻筋の通った顔と、大きな固定窓に7700系のDNAを感じます。


でもって、こちらが本題。
夜間、2編成の100系が土橋へ回送されて来て停泊するんですが、翌朝なんと土橋から豊田市行き普通電車として営業運転が行われています。
ラッシュ前の送り込みゆえ早朝の運転で、平日は6:22発と7:12発、土休日だとさらに早い5:45発と6:18発の2本が100系です。
今回は生憎の土曜日なので朝が早い…というわけで、


私も土橋でマルヨしましたw
5時半くらいに駅へ向かうと…



そうそう、これが撮りたかったんですよ!
この運用で最大の特徴は、系統板を使用していることなんです。


最後尾は無表示。


当然、側面も無表示です。


5:45発車。
これが土橋駅の豊田市方面行き初電です。
一応営業列車ですが、この辺はラッシュ時でも4両編成がMAXですから、20m級大型車の6両編成では車内はガラガラ!
回送と大差ないです(笑)


今度は2本目が出庫準備中。
豊田市行き自体は豊田線で腐るほど走ってるので、幕は当然持っています。
ではなぜ系統板を使用しているのかというと、100系の方向幕は自動放送装置と連動している為、豊田市幕を表示してしまうと豊田線の放送が流れてしまうのが理由だそうです。



準備が整うと、一旦知立方へ移動して…



1番線へ入換えて発車!
かつて名鉄では当たり前のように見られた系統板ですが、今ではワンマン板など特殊なものを除くと、毎日掲出される列車はこれと築港線くらいではないでしょうか。
早起きは三文の徳、早朝限定のレア運用です。


普通な三河線も軽く撮っておきましょうw


7時台になると4両編成もやってきました。
土休日ダイヤでも増結があるんですね。
フルカラーLEDに改造された編成が先頭の2+2や、


4両固定編成も来ました。
6000系もバラエティー豊かなので、撮っていて楽しいですね。

さて、まだ朝も早いですが、今日はもう一か所の”赤い電車”を撮影しに行かなくてはならないので、そろそろ撤収します。
こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト
なんちゃって80形
こちらの続きです。
午後は、80形塗装になった701編成を撮りに浜大津へ。


いつもの併用軌道へ向かうと…いきなりド派手なのが現れましたw
「山と水と光の廻廊」という、比叡山と琵琶湖の観光PRだそうです。



標準色の編成にも「山と水と光の廻廊」のヘッドマークが付いています。


お目当ての80形色
これは80形デビュー55周年を記念したもので、昨年9月から走り始めました。
もちろん700形がこの塗装になったのは今回が初めて。
そもそも80形は京津線の電車なので、どちらかと言えば800系に塗った方が相応しいんじゃねーの?とかリリースを見たときに思ったのですが、いざ実物を見ると…意外とイケてます(笑)
2両編成の小型車両、前パン、曲面ガラス、ほらそっくりではないですか。



こちらは標準色かつヘッドマークなし。
大津線はマーク付きやラッピング車が多くって、逆にこういう何もないノーマルな姿の方がレアだったりしますね。


相変わらず、こんな派手車もいますしw



80形色が戻って来ました。


定番アングルで標準色。
本線から消滅した今でも、京阪といえばこのカラー!なのですが、ついに大津線にも新塗装が波及し始めたので、この塗装も今のうちに記録しておかなければなりませんね…。


「ちはやふる」ラッピング。
なんか前に見かけたときとデザインが違うような気がしたので、比べてみると…そもそもデザイン以前に編成が違っていましたw
2012年7月~2015年11月までが編成、1年ほど飛んで2016年2月~705編成、ということで結構ロングセラーなんですねぇ。


なんとタクシーまでラッピングwww


そして80形色!


800系。
こちらも新塗装化が行われる予定で、この爽やかなカラーリングもまもなく見納めになるようです。


次は近くの駐車場から俯瞰してみました。


上から眺めると、より一層模型みたいですねw


近江鉄道バス。
まだ大津エリアでも、こんな懐かしい感じのクルマがそこそこ残っています。



で、肝心の80形色は、残念ながら陰ってしまいました…orz


ずらーっとならんだマーカーランプ、夜の800系もまたフォトジェニックですねぇ。
というところで〆
甦った旧1000形
今さらですが、先月28日に行われた京急ファミリー鉄道フェスタの様子をアップしたいと思います。
今年の目玉は何と言っても…



1000形!!!!!



引退から7年、長らく無架線地帯に放置されていた1351-1356の2両。
年々塗装は荒れ、ただ朽ち果てて行くのみ…だった彼が、ぴかぴかになって帰ってきました!


鉄道フェスタの時期にしては珍しく澄んだ青空に、目映ゆいばかりの赤い車体。
いやぁ、今にもあの掃除機音が聞こえてきそうですなぁ。
もう何もかも素晴らし過ぎて、ファインダーの向こうは幻なんじゃなかろうか…なんて思いながら、夢中でシャッターを切りました。


ちなみに1000形の撮影は事前応募制とのことでしたが、ありがたいことに通路からでも見える位置に展示されていたので、当選ハガキがなくても思う存分撮ることができました。


名車1形にも負けない、京急の一時代を築いた初代1000形。
しかし、みなとみらいに建設予定の京急ミュージアムへ収蔵されることが決まっている1形に対して、1000形の今後の処遇は未定とのこと。
1000形ってカットモデルの保存車はあるんですが、前から後ろまで台車付きで丸ごと残っているのは、この2両だけなんですよね…。
安住の地が見つかると良いのですが。


さて1000形に全てを持ってかれてしまいましたが、撮影会の方もちゃんと撮ってますよ(笑)


2011編成。
このポジションに居るということは、もしや来年の今頃は…゜。゜(ノД`)゜。゜。


信号機トリオとデト。
西武色YELLOW HAPPY TRAINは、4月の検査明けからドアも黄色になりました。

あれ?そういえば821編成はドコへ??
イベントパンフのイラストにも描かれていたので、てっきり撮影会の主役エリアにいるもんだと思っていたのですが、



!?

はい、実は方向幕実演に抜擢されていました。
しかも懐かしの黒地&省略幕!!




新町、逗子、八景!
急行はもちろん京急富岡や黄金町に停車、京急川崎止まりで飛行機マークなんて野暮なものも付いていません。
表示内容は参加者のなかからランダムで選択権が与えられる方式だったので、懐かしいものからネタ表示までありましたが、とんでも設定だったとしても旧幕補正でそこそこサマになっていましたねw



無架線地帯には、今年の3月で運用を離脱した2041編成が居ました。
これで残る2000形は8両編成3本のみに…。
01系中野検車区へ帰らぬ旅
今日は01系による団臨が上野検車区→中野検車区で運転されるということで、四ツ谷で撮影してきました。


10:38頃、花束を乗せた01系が、ゆっくりと通過して行きました。


駅舎の窓辺には01系を見送る駅員さんの姿も。
回送表示、装飾なし、いつもの検査入場と変わらない姿でしたが、これを以て全ての01系が銀座線を去ったことになります。

***

今日は以上の2枚だけ撮って帰ってきたので、これまでに撮影した01系の写真のなかから、未掲載だったものをアップしたいと思います。


上野検車区で休む01系。
1000系は2012年4月11日にデビューしたので、両車が混在していた期間は約5年でした。



銀色の車体にブラックフェイス。
銀座線のレトロなホームで見る01系は、今でも新しい電車というイメージだったのですが…。


このマップ式の路線図も見納め。



今年1月1日から2月24日まで、01-130編成に実施された「くまモンラッピング」
熊電のものとほぼ同じデザインになっています。
ちなみに、この編成が今日まで残っていた最後の1本でした。


銀座線の撮影地と言えば渋谷です。


東急百貨店の東館3階に設けられていたアーチ状の入口が特徴的でしたが、


2013年3月31日に東館の営業が終了、その後解体が始まり…


レールの移設工事なども行われ印象が大きく変わりました。


この工事が完成すると、渋谷駅自体が浅草方へ移設される予定なので、こんな風に青空の下で撮ることができるのも今のうちでしょうね。


刻一刻と変化する渋谷の街。


銀色の電車が去った今日は、一つの節目でした。

未更新車、卒業巡業
今日は京成3500形未更新車のさよなら記念ツアーを撮影してきました。
上野9時頃発車の宗吾車庫15時解散、途中の経路は京成お得意の「当日のお楽しみ」…というわけで、まずは関屋へ。


はい3500形です(笑)
こいつも、元は未更新車と同じ姿だったなんて信じられませんw


でもって本命は…曇りorz
今日は雲が多く、このあとも光線に悩まされる一日でした。


続いて四ツ木へ移動。
本線を下り始めたツアー列車は、なんと高砂から金町線に入線、柴又で折り返し押上線へとやって来ました。
通常、押上線に4連が入ることはありません。


次は鬼越へ。
今年度は3600形にも廃車が発生しており、元芝山車の3618編成8連1本と、ターボ君こと3668編成を6→4連に減車して中間2両(3608-3601)が離脱という、ネタ車から消えてゆく格好になりました(汗;


同じく先が見えてきた5300形と。
果たして、どちらが長く残るでしょうか。


今度こそ晴れカット!!


後続の普通に乗車、船橋競馬場で追い付きました。
3300形のときに比べると、今回はとてもシンプルなヘッドマーク。
普通板をモチーフにしたのだろうと思いますが、どうせなら六角形の特急風とか、丸型の急行風とかやって欲しかったですね(^-^;



さらにちはら台へ向かったということで、いろいろ迷った末、折り返しを稲毛にて。
1~2両分しかない小さな屋根、千葉線のローカルな感じが3500形に合いますね。


八千代台で追い抜いたので、最後に大佐倉で撮影。

今日は成田空港へ入るかなーと予想していたのですが、金町線や千葉線など基本的に通い慣れた路線を巡って、別れを告げる経路でした。
このツアー、明日も今日とは違うダイヤで実施される予定です。