>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

大阪ミナミの初詣臨 #2
こちらの続きです。


もう一つの初詣電車とは、近鉄南大阪線の開運号でしたー。
こちらも毎年3が日に運転される臨時急行で、円形のヘッドマークが付きます。


ド定番の河堀口駅あべの方で開運号を待ちます…が、


いきなり被られてしまいました(泣;;
しかも開運号同士…。
そういえばここ、5年前に来たときも結構シビアでしたねぇ。
ただ光線はいいし、タイミングよくすれ違えば絵になるので、一か八かに賭けてみることにしました。


KIPSポイントカードの広告が入った6020系6049F。


6020系6063F+新しい感じの何かw
この構図だと後ろの編成は形式すら特定できません…。


16600系2連×2。
狭軌の特急車にも新塗装化の波が。
この塗装、新型ならまだ似合っているんですけどねぇ…。


6020系6053F+何か。
「普通」ですが、今回撮った中では一番長い6両編成です。
南大阪線って2連の特急とかも走っていますし、速い種別になればなるほど編成が短くなるような気がwww


6200系6207F。
この形式から冷房付きで製造されたので、クーラーカバーの形状が6020系と異なっています。
実は撮影時、これ系の車両は全て6000系だと思っていたのはここだけの話w
ほんと近鉄の形式はWikipediaを参考にしないと、よく分かりません…。


そしてお待ちかね、6200系6217Fの開運号
なんとか被られずに済みましたー。


そのすぐ後にやって来た阿倍野橋駅行きの開運号は…ラビットカー塗装の6051F!!
※区間急行下市口行きになっていますが、これは幕回し中ですwww


そろそろ正面に影が回ってきたので、お隣の北田辺へ移動。
ラビットはここで撮りましょう!


南大阪線ではレアなシリーズ21、6820系6821F+6822F。
5年前は、こいつも開運号で運用されていましたねー。


後ろから新塗装の16010系が通過。


新塗装の16000系も通過…。
いや、もうねぇ…ホントこの塗装は絶望的に似合っていません…。・゚・(ノД`)・゚・。


ラビットカー開運号。
今年も特製方向板が付いて豪華2枚看板です♪

続きます(準備中)
スポンサーサイト
近鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/10(土) 23:28 ]

いずっぱこ塗装249Fが多摩湖線へ
赤電塗装247Fと交替で、翌日(1月21日)にはいずっぱこ塗装の249Fが多摩湖線へと戻ってきました。



ハマ線を降りたら、そこは三島でした…!?


いやここは紛れもなく八王子ですw



本日の牽引機は…なんとEF210-113でした!
いつもはEF65なんですけどねー。


いずっぱこ塗装とEF210、ラインカラーが上手く揃っていて相性抜群です。


国立にて。
いやぁこれはカッコいい!



約24時間ぶりに来ました新秋津の授受線w
昨日は赤電と併結した263F、今日はまさかのいずっぱこ塗装とコラボです。



テープを巻き戻すかのように所沢陸橋へ(笑)
同じ西武グループとはいえ、会社間を越えた夢の併結列車、なんとも不思議な光景です。


あれ?でも6000系と並ぶと違和感がないぞwww


所沢で暫く停車。
昨日と全く同じアングルで撮ろうと思ったら、今日は停車位置がかなり前の方でした。
連結部分は駅舎の下になってしまって、ちょっと薄暗いですね。



最後に西所沢で撮って〆




昨年9月からいずっぱこ塗装となって活躍していた249F。
私も撮影しようと期間中2回訪ねたのですが、なんと2回とも車庫で休んでいて、多摩川線を走っている姿は一度も撮れず仕舞いでした…。
今度こそまともな写真を撮りたいですなぁ(;´д`)
西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/26(金) 21:35 ]

赤電塗装247Fが多摩川線へ
昨年の暮れに赤電塗装へ塗り替えられた247Fが、多摩湖線から離れ小島の多摩川線へ移動することになり、本日JR線を介した甲種輸送が行われました。


まずは所沢停車中から。


新秋津までは、いつもの263Fが牽引
赤電塗装と西武イエローの混色編成が実現しました!


東急と赤電。
本物の赤電が走っていた時代には、絶対にあり得なかった並びです。



続いては定番の陸橋俯瞰。
リバイバルカラーということで、いつにも増してテツで鈴なりだったのですが、所沢発車時に何やら車両トラブルがあったらしく予定の時間になっても現れず、次第にざわつき始めます…。
結局15分ほど遅れて通過しました。



新秋津の授受線へ移動。
定刻ならEF65の到着までに間に合うのですが、今日は遅延していたので既に連結済みでした。


多摩川線までのルートは新秋津→新座ターミナル→八王子→武蔵境なので、2発撮れる新秋津駅北側の撮影ポイントへ。
まずは新座タ行き。


置き換えが始まった武蔵野線の205も、撮れるときに撮っておきましょう。


そして甲種。
この後は八王子で終電頃まで待機し、武蔵境へと送り込まれます。
さすがにそこまでは追っかけませんがw
ふとスマホをポチポチやっていると、もうすぐ西武のネタ編成がまとまって来るようなので、少し移動してもうひと粘り。


20158F銀河鉄道ラッピング!


9103F京急色!!


9101Fピンク色!!!

はい、もうお腹いっぱいですねw
これにて撤収しましたー。
西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/20(土) 23:29 ]

干支マークと2018号車
早いもので2018年ですねー。
新年1本目の記事といえば、毎年恒例になっています干支にちなんだ年賀状シリーズなのですが、今年は喪中の為お休みさせていただきますm(_ _)m



というわけで初詣は控えつつ…毎年欠かさず記録している大師線の干支マークは撮らねばなりませんw



はい、やっぱりこれを撮らなきゃ始まらないですね。
今年も2種類のヘッドマークが1500形の先頭を彩りました。



そして、そして!今年は2011編成の2018号車にも装飾が…!!
この日(1月5日)は運良く羽田~新逗子間を終日行ったり来たりする13Dだったので、大師線の方は軽く川崎で駅撮りだけして本線へ。
ぶっちゃけこっちのがメインでしたw


同編成は2011年にも可愛らしい兎のイラストが入ったシールが付きましたが、まさかリバイバルカラーに塗り替えられて、7年後の今日も元気に走っているとは思いませんでした。
でも、さすがに来年の今頃は引退しているでしょうね…。
お気に入りの車両なので、しっかりと撮り溜めておきたいところです。



また2011編成の梅雨払い11Dは黄色いやつでしたー。
そういえばドアも黄色くなってから、走っているところをちゃんと撮ったのは今回が初ですね。
近場のネタ編成、でも新型だから、なかなかこういう機会がないと撮らないんですよw

そんな感じで、相変わらず撮りたいものをゆっくりまったり追っかけるブログですが、今年もよろしくお願いいたします。

京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/06(土) 23:58 ]

甲種2連発その1 東武70000系
今日は首都圏で私鉄絡みの甲種が2本運転されたのですが、上手いこと時間帯が午前と午後に分かれていたので、ちょっと欲張って掛け持ちしてきました。


まずは東武70000系の甲種を石原駅近くのストレートで撮影。
秩鉄は大樹用客車の甲種以来約1年ぶり、まぁダイヤは同じだろう…と余裕を抜かしていたら、石原の30分停車は無くなったのですね(汗;
2発撮ろうと企んで、急いで駅に向かっても何も止まっていなくてポカーンでしたorz


追っかけは諦めて熊谷の留置線に寄ってみると、リバイバルカラーの6003編成が滅茶苦茶いい位置に止まっていました。


こちらは標準カラーの6002編成。
秩父夜祭のヘッドマークがついています。


東急変顔コンビw


続いてデキの返却回送を撮るため西羽生へ。
俯瞰ポイントにたどり着くと、ちょうどいいタイミングで都営車がやってきました。


そうそう、こんな派手なのもいたなぁ…ジオパークトレインでしたっけ?あれ、でも絵柄が違うような??
ググってみると「秩父三社トレイン」というのですね。


おお、さっきの7002編成w




そしてデキ重連!
そういえば、この返却回送をちゃんと撮ったのって今回が初めてかもしれません。
今の季節は両パン上げになるので、カッコ良さ2倍増しです。



最後に、いつもの授受線へ。



入れ換えが終わり、カバーを外している最中でした。
70000系もこれで4編成目、まだまだ…なんて思っていると、あっという間に置き換えが済んでしまいそうですね。

こちらの記事に続きます。
東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/11/27(月) 22:50 ]

次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ