FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

最後の赤胴車
こちらの続きです。
午後は阪神武庫川線へ。


武庫川駅の連絡通路から見える本線がいい感じに順光だったので、軽く撮影。


トップナンバー!
ここ最近ヘッドライトのLED化が急ピッチで進んでいますが、こいつはまだ交換されていませんね。
やはりこっちの方が落ち着きます。


終点の武庫川団地前まで、たったの1.7kmしかない武庫川線。
ラッシュ時は2編成が交互なのですが、日中は1編成が行ったり来たりしているだけなので、こんな風に連絡通路の下でお昼寝しています。


この留置線がかなり狭いスペースでして、通路から柵越しに手を伸ばせば届きそうなくらい近いですw


改札を出て近くの踏切から撮影。
この日の運用は2本とも片開き扉の7861形でした。
武庫川線用の車両は7861形3編成6両と、両開き扉の7890形が1編成2両在籍しています。


続いて東鳴尾駅手前の定番撮影地へ。
残念ながら、だんだんと曇ってきてしまいました…。
武庫川線は洲先付近まで複線分の土地が用意されていて、線路の西側が空き地になっているので、だいたいどこも沿線撮りしようとすると午後が順光になります。


ならば晴れると逆光になる陸橋からの俯瞰をやってみたり、


東鳴尾駅の構内踏切と絡めてみたり。



日中の本数が少ない時間帯でも最低20分ヘッドなので、失敗を恐れずガンガン撮れますね。


片開き扉の通勤電車も、もうすっかり珍しくなりました。

赤胴車最後の楽園となっている武庫川線ですが、何やら5500形が2連に改造されている(!?)そうで、武庫川沿いをのんびりと走る光景も、まもなく見納めとなるようです…。
スポンサーサイト



阪神 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/01/20(月) 19:01 ]

大山崎カーブにて
今回は(も?)帰省のついでに関西私鉄をいろいろと撮り歩いてきました。
まずは昨年12月29日、帰省ラッシュで超満員の新幹線を京都で下車、東海道線のホームへ向かっていると何やら渋いブロワー音が聞こえてきました…


お前まだおったんかいwww


山崎で降りて阪急の大山崎まで徒歩連絡。
山崎といえばサントリーカーブですが、私鉄派ならば大山崎カーブでしょうw


梅田方面から「京とれいん雅洛」が通過。
特急型の6300系は未だしも、まさか通勤型の7000系がゴージャスな観光列車に大化けするとは…。
神戸線用の車両が、ほぼ京都線でしか運用されないというのも異色ですね。


リニューアルが進む7300系。
第一弾の7320Fは新車と見紛うレベルに仕上がっていましたが、さすがに手がかかり過ぎたのか、それ以降はだいぶ簡略化されましたねw


初詣マークを付けた3300系。
このドア窓がびょーんと伸びた不格好なリニューアルは頂けません…。


大阪梅田行きと京都河原町行き。
2019年10月1日から梅田→「大阪梅田」、河原町→「京都河原町」が正式名称になりました。
車両側の対応が追い付いていないようで、LED車は更新済みなのですが、



幕車はそのままでした。




そして今回一番のお目当てだったのが、飾り帯が復活した8300系!
これ、当初は11月1日までの予定だったので、本当は10月に撮るつもりだったんですよね。
ところが台風19号で全てがおじゃんに…。
撮れず仕舞いになるはずだったのですが、ありがたいことに期間が延長されて無事に撮ることができました。


車体も足回りもぴかぴかな5300系。


初詣マーク付き9300系。


「京とれいん雅洛」が戻ってきました。
こうしてみると車体が京都線の車両より細いことがよくわかりますね。

「京とれいん雅洛」と「京とれいん」は大山崎~水無瀬で離合するそうなので、振り返ってカメラを向けてみると…


結果はこんな感じでした。
ちょっと遠い…。


前回のダイヤ改正から新種別「快速特急A」に変更された「京とれいん」。
これは2扉の6300系がホームドアに対応できず、十三が通過(!)扱いになった為なのですが、律儀に種別を変えるところが阪急らしいですね。

こちらの記事に続きます。
阪急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/01/13(月) 20:54 ]

大師線の干支マーク

これまた毎年恒例、大師線の干支マークを撮ってきました。



去年は4種類もあって驚いたのですが、今年は例年通りの2種類。



2枚とも可愛らしい絵柄ですねw


120周年ラッピングを纏っていた1521編成も元の姿に。
去年が色々と賑やかだっただけに、令和初の新年は少し地味な幕開けとなりました。

京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/01/11(土) 19:34 ]

「色」が戻ってきた多摩川線
先月241Fと245Fがトレードされて以降、黄色ツートン×2本、赤電×2本体制になっている多摩川線。
秩父線の50周年イベントには台風で行けなかったこともあり、久しぶりに西武ツートンを撮りたくなって、ふらっと出掛けてきました。


まずは新小金井駅で下車。
木造上屋の小さなホームに黄色ツートンが行き交う光景は、まるで90年代の西武です。



この日の運用は245F、249F、253Fの3本。
一時期は真っ白だった多摩川線も、今では懐かしい色の新101系たちが、12分毎に出会い別れを繰り返すようになりました。



定番のいちご橋俯瞰。



久しぶりに訪ねると線路東側の木が成長したようで、横アングルでは若干窮屈…というわけで、いちご橋の少し南側に移動。


そのまま徒歩で多磨へ。
改良工事に伴い交換設備が廃止されたのですが、駅舎の向こう側のホームを上下兼用で使用していて、構内踏切は残ったままになっています。
武蔵境行きは電車が入線する前にホームへ行かないと乗れなくなってしまうので、橋上駅舎が完成するまでの辛抱とはいえ、ちょっと不便ですね…。



このリバイバルカラーがよく似合う駅前も、近いうちに変わってしまうのでしょう。


最後に白糸台へ。




253Fは側面にラグビーワールドカップの広告が入っています。
せっかくのリバイバルカラー…ですが、赤電塗装は全体で3編成いるので、あまり特別感がないのかなとw


247Fは広告がない「当たり」編成です。

西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/11/15(金) 20:24 ]

最後の赤い相鉄車両
台風が直撃し大荒れだった先週の3連休。
鉄道の日ということで各地で予定されていたイベントも軒並み中止となるなか、幸い大きな被害がなかった相鉄では、7000系・12000系撮影会が予定通り開催されました。


ただ残念ながら台風一過で快晴!とはならず。
雨模様の相模大塚に降り立つと、側線に7000系、12000系と20000系も並んでいました。


まずは駅前の跨線橋から俯瞰で一枚。


15分ほど並んで会場内へ。
海老名方は上手い具合に跨線橋の下から撮ることになるので、カメラを濡らさずに撮れますね。


ふと本線の方を見ると新7000系の特急が通過。
運用を辿ると夕方は特急湘南台行きになるようなので、帰りに回収しましょう。


横浜方にはLast Runマークが!


暫くすると付け替えが行われ…


2011年8月頃に掲出されていたプラレール発売記念マークになりました!
方向幕も急行海老名に。


続いて2016年のいずみ野線40周年記念マーク。
7000系といずみ野線はほぼ同い年だったんですね。


ここで雨が強くなってきたので7000系の車内へ。
見学できるのは3~7号車までだったのですが、こんな風に貫通扉のガラス越しに無人の車内を撮ることもできました。


そして案の定、自動窓で遊ばれていましたwww


30分ほど雨宿りして降りると、今度はマークなしの状態に。


外されたヘッドマークたち。


ちなみに12000系の表示も特急新宿に変更されていました。
赤い相鉄と都心直通列車、同時に存在することはなかった幻の並びです。



相模大塚駅前に停まっていた旧塗装の相鉄バス。
新塗装も徐々に増えてきていますが、色がころころ変わる電車とは対照的ですね。


こちらももう先は長くないと言われている新7000ですが、ダイヤ改正に備えて方向幕が交換されました。
新設される通特や通急、羽沢横浜国大などが収録された他、各停が黒地のものに変更されて特急登場以前のデザインに逆戻りしています。



星川で撮影。
カメラを向けている人は少なかったですが、特急湘南台行きもあと1ヶ月ちょっとで見納めです。
相鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/18(金) 23:08 ]

次のページ

copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania