FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

3100形J-TREC出場回送とターボ君
京成3100形のJ-TREC出場回送が、宗吾参道~金沢八景間で7月24~26日の3日間に渡って運転されました。


まずは2日目、ターボ君こと3668編成の送り込み回送から。
2010年6月22日に3056編成を牽引して以来、9年ぶりにハマの街へ姿を現しました。



続いて同日夜の牽引シーン。
南太田では5分ほど停車、優等列車を先に通します。



こちらが待望の新型車両3100形。
8両編成を3分割して輸送するので、2日目の今日は中間車が3両ぶら下がっています。
どうせなら顔も拝みたかったんですが…まぁ、こればっかりは仕方ないです。


3日目。
今日はパンダを2匹連れてきたターボ君w


”蒲田要塞”を颯爽と通過しました。
下り線の高架化は2012年10月21日のことなので、ここをターボ君が走るのは初めてですね。

さて後続のエア急に乗って追っかけます。



子安で追い抜き、新町で下車。


新町では30分ほど停車時間がある為、一旦車庫へと引き上げていきました。


再びエア急→快特で先回りして、文庫~八景のアウトカーブで撮影。
夜間で撮る場所が限られる3100形よりも、追っかけて何発も撮れるターボ君の方がもはやメインになってますなwww


八景でスイッチバックしJ-TRECの工場内へ。
単線、急カーブ、大きな踏切…何だか地上時代の京急蒲田のような構図で懐かしい感じですね。

新車の輸送に欠かすことのできないターボ君ですが、仲間の廃車が進むなか、もしかしたら同編成の京急乗り入れも今回が最後になるかもしれません…。

スポンサーサイト
京成 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2019/07/26(金) 23:16 ]

7000系を厚木線で撮る
7月13日、7710Fが15運行ということで厚木線へ行ってきました。


まずは相模大塚で下車。



扉を開けて出庫前の点検中。
土休日ダイヤの15運行は、朝に相模大塚から厚木へ回送されるだけで、あとは偽厚木で翌朝まで爆睡するニート運用ですw



海老名の連絡橋から俯瞰。
相鉄の車両が単線区間を走る姿は新鮮ですね。


厚木まで追っかけると先客が。
この13運行も土休日ダイヤのみ厚木で夜を明かし、15運行の到着と入れ替わりでかしわ台まで回送されます。


暫くするとパンタが下がりました。




この位置、以前は余った7000系の巣窟になっていたので、事情を知らないと7710Fも休車になってしまったのか!?と誤解してしまいますねw
相鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/07/14(日) 21:18 ]

ゆうマニが東急へ
来年夏、北海道で運行することになった「THE ROYAL EXPRESS」用の電源車として、予てから噂されていた「ゆうマニ」ことマニ50-2186が東急へと譲渡されました。


7月2日に北長野を出たゆうマニは八王子でマルヨ。
翌日いつものスジで長津田へ向かうとのことで、11時頃に八王子駅へ行ってみると…お、いますねー。



ちょうど、お迎えのDE11-2001がやって来ました。



オレンジのラッピング車との並びも。
基本的に水戸駅構内で待機していることが多かったゆうマニ、たくさんのE233に囲まれている姿は違和感がありますね。


検査票。
かなり古い用紙を使いまわしているのか、よく見ると「客貨車区」や「経由」の”経”の字に糸偏がないなど、古風なフォーマットになっていますw


走行写真は安定の淵野辺にて。
しかし通過10分前くらいから天気が急変してしまい、まさかの大雨…orz
ずぶ濡れになりながらの撮影でした。


後続で長津田へ。



メトロ08と東急8500とDE11とマニ50。
なんとも情報量の多い写真www
そもそもハマ線に客車が入線したのって何年ぶりでしょうか…。

北海道の豪華リゾート列車ということで世間の注目度も高く、授受線では報道カメラマンまで詰めかけ、地味な電源車から一躍スターになったゆうマニ。
今後はTHE ROYAL EXPRESSと同じ青基調の塗装に変更されるそうで、出場が楽しみですね。
東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/07/03(水) 23:45 ]

だるま引退
今日は800形の引退を前に、品川→久里浜工場で貸切列車が運転されました。


まずは回送を撮りに神奈川新町へ。
すると何故かデト12が手前に。
800形の引退で京急伝統の片開き扉、1灯ヘッドライトが消滅…ですが、旅客車両に限らなければ、こいつがまだ残っていますねw


7時35分頃、同僚の別れを惜しむかのように1500形が並走しながら、車庫から出てきました。


だるま型の粋なヘッドマーク。


新町の出庫を見届けたら、すぐさまエア急に乗って京急鶴見へ先回り。
肉眼でも見えるレベルの超接近続行運転でしたが、降りたホームから撮れるので無問題ですw


本運転は悩んだ末、安針塚で。
普段なかなか点灯することがなかった急行灯を輝かせ、颯爽と通過していきました。

***











太帯復活から約2年半。
823Fには四季折々楽しませて頂きました。
京急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/06/16(日) 22:26 ]

活躍の場が広がった新101系
5月30日は、この春から新101系が定期的に入線するようになった西武園線に行ってきました。



まずは送り込み回送を東大和市で撮影。
朝ラッシュ時は3ドア車を避けているのか、昼前にわざわざ玉川上水から回送して車交します。
国分寺線経由なので編成の向きが逆になりますね。



朝の運用を終えた新2000系とバトンタッチ。
東村山駅は現在高架化工事が行われていて、ホームの配置が変則的になっています。



2013年8月、高架化工事が始まる前の東村山駅はこんな感じでした。
この頃の西武園線は基本的に2000系のみだったので、新101が入っている!と聞いて、わざわざ秩鉄1000系の臨時列車を撮った帰りに寄り道しましたw




東村山~西武園間2.4kmを、いずっぱこ色の261Fがひたすら行ったり来たり。
伊豆箱根鉄道西武園線ですね(笑)



西武園の広いホームにぽつんと止まるN101系。

さて、今度は西武園線のすぐ近くを走っている多摩湖線にも行ってみましょうか。
西武園駅から住宅街を歩くこと15分ほどで多摩湖線の線路が見えてきます。





4Mの263Fが西武遊園地~萩山の機織り運用に充当されていました。
カラフルになった新101系たちですが、やっぱりこの黄色に銀ドアが見慣れていて落ち着きますね。



15時になって国分寺直通が再開すると、赤電色の259Fもやって来ました。
西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/06/14(金) 23:40 ]

次のページ

copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania