FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

会津で新潟色を撮る
こちらの続きです。


そんなわけで会津若松に到着。


向かいのホームには、新潟色のキハ47-1519+キハ47-519が停車していました。
今回わざわざ会津へ寄り道したのは、この新津所属のキハ40たちを記録するため。
GV-E400の導入で今年度中に引退することが決まっています。



新潟色と東北色。
あまりこっちのエリアに縁がないので、この並びは新鮮ですね。


東北色のキハ40もいつまで残るでしょうか…。


会津若松でマルヨ。
翌朝、磐越西線の223Dに乗るためホームへ…入る前に入換を見物。
今日も新潟色の2連、車番を見ると2両とも昨晩バルブしたのと同じ車両でしたw



車内も車窓も渋くて堪りませんなぁ。


30分ほど乗って山都で下車。
すると隣には首都圏色のキハ47が。


後ろは新潟色でした。
新津のキハ40には新潟色、新新潟色、首都圏色、急行色の4種類あり、どれが来るかはお楽しみです。



有名撮影地の一ノ戸川橋梁で224Dと227Dを撮影。
地域色のなかでは一番好きな新潟色。
首都圏色との相性もよく、今回の運用は個人的には大当たりです!


その後は山都13:36発の232Dまでキハ40の運用がないので撤収。
3222D「快速あがの」に乗って会津若松へ戻ります。


この木造の詰所も素晴らしいですね。


昼食の後、そろそろ232Dの時間なのでホームへ戻ると…おや!?


もともと石巻線で「マンガッタンライナー」だったキハ48-503+キハ48-1513がやって来ましたー。



こいつ、方向幕が付いていたり(ただし新津では未使用)、シートが片側だけ一人掛けになっていたりと、他の車両たちとはいろいろと仕様が異なっています。


さらに只見線ラッピングのキハ40-2085にも遭遇しました。
そういえばGV-E400の導入予定線区に只見線が含まれていないのですが、新潟県側で運行されている新津のキハ40は今後どうなるのか気になるところ。
キハ110かE120を玉突きで持ってくるんですかね?

スポンサーサイト



JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/08/14(水) 22:08 ]

417系走る!
8月7日、岩切の訓練センターで訓練用教材として残っていた417系K-4編成が、郡山へと甲種輸送されるということで撮影に行ってきました。
まずは松川駅近くでスタンバイ…していたら、なんと下りの貨物列車が目の前で停車!?
少し様子を見るも発車する気配はなく、急いで構図を変えようとした矢先に甲種が到着してしまい見事撃沈…orz


しかし甲種の方も停車時間があるので、すぐにホームへ移動して何とか無駄足にはならずに済みました。
危ない危ない…。


牽引機はEH500-901!!
ネタ列車にネタ罐をぶち込むスタイル。




2008年1月の廃車以来、実に11年ぶりに本線上へと出てきた417系。
なんだかタイムカプセルを開いたような気分ですね。


うだるような暑さのなか、電源がないため当然クーラーは作動せず窓全開。
添乗のみなさん、お疲れ様です…。


かつての同僚と離合。


20分ほど小休止の後、定刻通り発車して行きました。


後続列車で追っかけ郡山へ。
あまり期待していなかったのですが、なかなか撮りやすい位置に停車していました。

さて郡山工場への移動は何時頃なのでしょうか。
暫くホームから観察していたのですが、またもや貨物が手前に入線してきて視界を遮られてしまいました…(-_-;
そこで、ふと郡山駅前にそびえ立つ高層ビルに目がいきました。
そういえば、あのビルには展望台があるようなことをネットでみたような記憶が…。


試に上ってみると、これが大当たり!
417系がバッチリ見えるではありませんか。



新幹線大俯瞰、郡山版「北とぴあ」ですねw


構内で休むキハ110系たち。


福島交通の営業所も見えます。


駅前ロータリーを走るU代エアロスター。


DE10が現れました。
あいつが417を移動させるのかな?


というわけでビルを下りて東口側へまわると、予想通り連結作業が始まりました。


発車。
このあと、さらにスイッチャーにバトンタッチし工場内へと搬入されたそうですが、あまりの暑さにギブアップ。
深追いは止めて、冷房の効いた磐越西線に乗って会津若松へと向かいました。

こちらの記事に続きます。
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/08/10(土) 22:19 ]

189系乗り納め
こちらの続きです。


というわけで早朝の塩尻駅へとやって来ました。
まだ発車まで40分ほどありますが、早くも「おはようライナー」の文字を見てテンションが上がります。
そういえば「スーパーあずさ」も今度の改正で見納めですね。


6時25分頃に松本方面から入線してきました。


暫くすると方向幕が「回送」から「おはようライナー」に。


この落ち着いた雰囲気。
今の特急型にはない貫禄を感じますね。



さて、そろそろ車内に入りましょうか。


紺とグレーの座席が並ぶ車内。
ところどころ手が加えられているとはいえ、この圧倒的な渋さ、久しぶりに味わいました。
わざわざ長野まで来なくても、ホリデーとかで簡単に乗れた時代が懐かしいですね…。


座席には乗車整理券を差すポケットがついていて、明科を出ると車掌さんが回収してまわるシステムになっています。
記念に貰うこともできるのですが、乗客の約半数は通勤通学で普段使いしている風で、次々と乗車整理券が回収されていました。
てっきり引退が近いので同業者ばかりかと思っていたんですけどねw


道中で一番の見所はなんといっても姨捨!
今日は天気もよく素晴らしい眺めです。
※この写真のみ動画のキャプチャーにつき画質が粗いですm(__)m


1時間ちょっとで長野に到着。


暫く停車した後、車庫へと引き上げて行きました。

189系とともに廃止となる「おはようライナー」ですが、ダイヤ改正後は同じスジで211系使用の快速列車が運転されるそうです。
乗車整理券310円が不要になるとは言え、211系じゃあ値段以上にグレードダウンした感は否めませんね…。

こちらの記事に続きます。
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/02/28(木) 22:04 ]

新潟の115系が水上へ
新潟の115系が上越国境を越えて水上へ。
ちょっと前までは当たり前だった運用が、今日久しぶりに臨時列車として、しかも70系色の115系(N40編成)で復活しました。


まずは定番撮影地、湯檜曽~水上の鉄橋にて。
生憎の天気でしたが、大勢のファンで賑わっていてベストポジションは満員御礼!
というわけで、坂道を少し下った”下段”から撮影しました。


側面には「指定席」サボも。


新潟~水上間で運転されたこの列車、行き帰りで列車名が異なっていて、往路は快速「土木遺産9702M」号、復路は快速「土木遺産13490M」号といいますw
ずいぶん風変わりな名前ですが、これは昨年「JR上越線清水トンネル関連施設群」が土木遺産に登録されたことを記念したもので、数字は往路に通過する清水トンネルの全長9702mと、復路に通過する新清水トンネルの全長13490mから来ています。




また今日は高崎からジョイフルトレイン「華」を使用した臨時列車もあり、電留線では115系と並んで休む姿も見ることができました。
華も485系、一応国鉄型ですwww


この色の115系と211系の並びもレアですね。




4時間半ほどで目を覚まして、再び新潟へと戻ります。


転車台と絡めて〆。
天気がよければ新潟側で俯瞰とかもしてみたかったんですけどねぇ…。
とは言え、思いの外いろんなカットが撮れたので、水上駅周辺をうろうろしただけでしたが満足度は高かったです。

JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/09/29(土) 23:59 ]

高崎と新潟の115系 #2
こちらの続きです。
新潟でマルヨ、翌朝も115系を撮りまくります。
まずはダイヤ改正で白新線、羽越本線から撤退すると聞いて、有名撮影地佐々木のカーブへ行ってきました。


初めて降りた佐々木駅でしたが、同じ列車に乗っていた”同士”の後をついて行って、難なく撮影ポイントに到着www
でもって朝の1発目、1925M普通村上行きは…なんと70系色のN3編成先頭でした♪
ダイ改まで残り2週間、天気がいいこともあって大勢のテツが集まったのだろうと思っていたのですが、どうやらこれ目当てだった方も多かったようで。
私はとにかく115系を撮れれば、という感じで編成までは追っていなかったので、これはラッキーでした。



続いて反対方向から、1928M普通内野行き。
ここを115系が通るのは1日3往復だけなのですが、ちょうど朝の8時頃は一つ先の西新発田で115系同士が交換する為、効率よく撮ることができました。


E129系も撮っておきましょう、って短っ!?www
この撮影ポイントは、ある程度長い編成でないと絵にならないですね。


1928Mの折り返し1529Mを撮る為、越後線の関屋駅付近へ移動。


ちょっと前まではたくさん居た緑帯の2次新潟色も、今ではこのN33編成たった1本だけになってしまいました…。


そして、これまた有名な白山鉄橋へ。
1925Mの折り返し1932M普通吉田行きです。
後ろの70系色が撮りたい&順光なので、迷わず後追いを選びましたw


E129系も撮っておきましょう、その2。


143M普通新潟行きは…おお初代新潟色!!


この塗装、歴代新潟色の中で一番好きなんですよねー。
後ろ側なのが残念ですが、これでなんとか新潟で走っている115系を全色撮ることができました(あ、L99は営業運転していないので除外でw)


寺泊139M→新潟1530M→内野1535M→新潟という流れの為、この1時間ほどの間に3回も撮れてしまったN17編成www
3枚とも殆ど同じアングルなので、一番光線がいい1535Mの写真を代表で貼ります。


さて、そろそろ東京に帰らなければなりませんw
鈍行ぶっ通しではしんどいので、寄り道しつつ信越本線を南下していきます。
まずは新津で途中下車、新型の電気式気動車GV-E400が居たりしないかなーと思ったんですが…


残念ながら屋内に隠れていて撮れず。
よーく見ると15番、キハ110の後ろに潜んでますw


しかししかし!東口のロータリーを覗いてみると、前後ドアのキュービックが1台休んでいましたー。
このクルマ、車体表記によると新潟交通”観光”バスという新潟交通の地域子会社に所属しているようです。



長岡では乗り換え時間があったので、ちらっと駅前に出て越後交通を撮影。
東急ユーザーには懐かしい、けどちょっと変なクルマたちがたくさん停まっていました。



さらに越後湯沢でも途中下車。
スキーシーズンの日曜日、ごった返す駅構内を抜けると、これまたいい具合にくたびれた南越後観光バスが停まっていました。
同じ越後交通系ですが、側面にE.K.K.マークがなく、窓サッシも黒で、より東急バスっぽいですねw



おおお!このキュービックなんて、まんま東急バスだ!!と思ってググってみたら、本当に東急バスの弦巻営業所に所属していたクルマでした。
渋谷や目黒といった煌めく大都会を走っていたキュービックくん、今ではスキー場のシャトルバスとして余生を過ごしています。

…というワケで後半は撮りバス三昧になってしまいましたが、帰りの電車はE129ばかりで面白くないので割愛しましたー(^-^;
本当に数を減らしてしまった115系、とは言え改正後も越後線を中心に細々と残っているようなので、また近いうち再訪したいですね。
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/01(日) 23:13 ]

次のページ

copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania