> 私鉄屋雑記帳 アメリカ
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



アメリカへ渡った香港トラム


民主的な選挙を求め、大騒ぎとなっている香港。
台湾で不平等な協定に対する学生デモが発生したことは記憶に新しいですが、今度は香港で大規模な学生デモが発生してしまいました。
まったく、かの国は己の面子を保つためだけに四方八方、海から山までケンカを売り歩き、ご苦労なことですね。
今回のデモ、個人的には台湾のときと同様…いや、それ以上に動向が気掛かりだったりします。
なぜなら…

香港へ行くチケットを買ってしまったからです!

えぇ、国慶節前後になると毎年デモが行われていることは知っていましたが、まぁまさかチケットをポチッた先月の段階で、ここまで悪化するとは予測できず…。
FIXにつき、払い戻しもできません(汗;
というワケで、早期の事態収束と平和的解決を願いまして、以前に撮影した香港トラムの写真をアップしたいと思います。


細長い2階建て車両、漢字で書かれた方向幕…。
確かに香港トラムですが、かなりボロボロですね。


隣にはシドニーの路面電車が!?

はい、ここは香港では無く、アメリカのオレゴン州にあるオレゴン・エレクトリック・レールウェイ・ミュージアム(Oregon Electric Railway Museum、以下OERM)です。
2012年6月、ポートランドのWESに乗る前に訪ねていたのですが、すっかり記事にするのを忘れていました(^-^;
私はまだ一度も香港へ行ったことがないので、あちらの写真はありませんw

解説によると、この12号車は1986年にカナダのバンクーバーで行われた万国博覧会で展示されていたもので、万博終了後は、国境を越えたポートランドでMr.Naitoという方が保管、2001年に博物館入りしたとのこと。
え!?ナイトウさん?日本人??
ググってみたところ、どうやらポートランドでは有名な日系人のようです。
一体、どのような経緯があって香港トラムがナイトウさんの手に渡ったのか、までは分かりませんでした…。

ちなみに香港トラムは狭軌(1067mm)なので、車庫の外へ出ることはできません。


こちらは、サンフランシスコ市交通局(MUNI)の悪名高きボーイング製LRV(笑)
同じタイプの車両がカリフォルニア州内の博物館にも保存されています。


LRVと同じ塗装を纏ったPCCカー。
今でもMUNIでは沢山のPCCカーが活躍していますが、いずれもMUNIの旧塗装だったり、PCCが走っていた各都市の塗装に扮していたりするので、新塗装で残っているのは逆に珍しいのではないでしょうか。


香港トラムと同じ2階建てのコイツは、イギリス、ブラックプールの路面電車。
その右隣にチラっとだけ顔を覗かせているのが、地元ポートランドの503号です。


ロサンゼルス鉄道のイエローカー…だそうですが、最早ガラクタの域w


屋外にはトロリーバスの姿も。
ただ状態はかなり悪く、保存と言うよりも放置ですね…


例によって、ここの博物館でも体験乗車ができるのですが、これがまたヘッドライトは取れてるわ、ステップは歪んでるわ、かなりヨレヨレな元ポルトガルのポルト市電201号でした。
しかも乗客も運転士さんも見当たらず、ただコンプレッサーの音がポコポコ響くのみ。
スタッフの方が通りがかったので聞いてみると、今日は走らないよと言われてしまいました!?
目の前でスタンバってるそれは何やねん!
と思ったのですが、乗れない理由がすぐに分かりました。



!?



何やらトレーラーで電車が1両、陸送されて来ました。
運ばれて来たのは、ポートランドの市街地の近くにあるウィラメット・ショア・トロリー(Willamette Shore Trolley )という保存鉄道で走っていた元ポートランド市電の813号。
当時は公式ページに車両故障で運休中と書かれていたのでスルーしていたのですが、まさかその故障車が博物館へやって来るとは…!!
ウィラメット線もOERMが運営しているとのことで、メンテナンスもこちらでやってしまうのでしょうね。



この813号、半流型で1枚降下窓というモダンでカッコイイ電車なんですが、生まれはなんと1932年!の御老体。
慎重に降ろします。


そして、ここでポルト号の出番です。


連結棒を持ってきて…


車庫まで牽引させる…ハズが、ポルト号のパワーが足りなかったのか、空転しまくり。
釣り掛けモーターが悲鳴を上げていますw



そこで現れた助っ人が、何ともいえない姿をしたモーターカーらしき車両!!
プレハブの物置か何かを改造したのでしょうかね。
見た目は超怪しいですが、こんなんでもかなり力があり、結局コイツ単体で推進運転することになりました。



ギャラリー(ほぼ全員関係者と思われるw)に見守られながら、なんとか車庫に到達しましたとさ。
めでたし、めでたし。

これまでに訪ねた博物館のなかでも、断トツゆるーい感じだったOERM。
記念にグッズを買って帰ろうかと売店を覗いてみたら、早々閉店していました。
それもそのハズ、店員さんも搬入作業の見物に行ってしまい、誰一人居なくなっていたのです!
なんと商売気の無いことでしょう(笑)
まぁここは一つ、貴重なシーンに出会えたことが最高のお土産ということで…(^-^;

スポンサーサイト
ナパ・ヴァレーのワイントレインを撮り鉄する
去年10月のサンフランシスコ遠征、まだまだネタが残っているので順次アップしたいと思います。

***

サンフランシスコから北へ50kmほどのところにあるナパ・ヴァレー(Napa Valley)。
高級ワインの産地として有名な地域で、ヴァレー(=渓谷)のブドウ畑沿いを豪華絢爛なワイントレインが走っています。
今回は、三条の身分には相応しくないセレブい列車なので…、というかワインには興味がないので、乗らずに(乗れずに?)沿線で撮りに専念して来ました(笑)


というワケで、北側の終着駅セント・ヘレナ(Saint Helena)へやって来ました。

…しかし駅と言ってもホームはなく、構内の外れにポツンとカブース(車掌車)が置いてあるだけ。
駅舎と思しき建物にはオフィスや歯医者さんが入っていて、鉄道用としては機能していない感じです。
こんな場所で本当に客扱いするのかよ!?と少し不安になってきましたが、送迎バスの運ちゃんが暇そうに列車が来るのを待ているので、多分ここなのでしょう。

ワイントレインは、ナパを拠点にセント・ヘレナへ往復乗車するツアー形式になっていて、ランチとディナーの毎日2往復運転されています。
撮影するのは当然ランチの方。
ダイヤはワイントレイン公式サイト(なんと日本語ありw)に11:30ナパ出発と記載されているので、そこからセント・ヘレナの到着時間を大ざっぱに見積もってみました。

暫くすると、遠くの方で独特の汽笛が…!?



「ドッグノーズ」ことFPA-4形ディーゼル機関車が”鼻”を光らせて近付いてきました!



客車は9両編成
本物のプルマン製客車をリニューアルして使っていて、一両ごとに個性があります。
100年近く前のクルマですが、さすが豪華列車なだけあって冷暖房も完備しているようで、窓はすべて閉まっていますね。
ところが排気口かどこかから食事のイイ匂いが流れてきて、近くで撮影してると腹が減って困りますwww


アメリカ定番のドームカーも。
これもどこかからのお下がりでしょうね。


この日はカリフォルニアらしい刺さるような強い日差しでしたが、これでも季節は
構内の植木も紅葉していて、ワイン色の車体をよりゴージャスに引き立てていました。


前方では機回しが始まりました。
豪華で上品なワイントレインも、もとは廃止された貨物線を利用したものなのでレールはへろへろですw


しっかし、このタイプの機関車はマジでカッコイイですね!!
ワイントレインでは、カナダのVIA鉄道から渡って来たFPA-4形が4両在籍しています。
1959年生まれの古豪にとって、毎日のんびりとブドウ畑を走ることができるこの路線は、隠居生活にぴったりです。


振り返って、もう一枚。
なぜか最後尾も”鼻”が光っていました(写真の機関車は奥へ進んでいます)


復路(ナパ行き)は順光になるので、沿線へ先回り。
ブドウ畑を行くところも捨て難かったのですが、それよりもセント・ヘレナの市街地で道端軌道のようになっている区間が気に入り、自動車に被られないことを祈りながら撮影しました(^-^;

十”車”十色!FラインのPCCカー

アメリカ全土から海外まで各都市の路面電車を購入、レストアして走らせている、サンフランシスコ市交通局(MUNI)のFライン
その数は稼働車だけでも総勢40両以上、その殆どが1両ごとにデザインが違い、しかも年代物で貴重なクルマばかり!という夢のような路線です。
かれこれFラインの撮影は3回目なのですが、走っている車両は多いときでも一度に20台程度、時期によっては全く運用に入らないクルマも居るので、何度訪ねても楽しめますw


と言うワケで、まずはサンフランシスコ一の繁華街、マーケットと5thの交差点あたりで電車を待っていると、デトロイト色をした1079号がやってきました。
ここは広島の紙屋町交差点みたいなところで、電車とバスが引っ切り無しに走っているのですが、凄いのはFラインの安全島がバスと共用になっていること。
しかもトロリーバスまでも平気で乗り入れて来ちゃうんですよ!
よく架線がごっちゃにならないもんだ…と、いつも感心してしまいます。


反対方向から、鮮やかな黄色が眩しいシンシナティ(Cincinnati)色の1057号が到着。
コイツに乗って、前回乗り残していたカストロ(Castro)のループ線へ。


ぐるっと一周して16thへ戻ると、今度はシカゴ(Chicago)色の1058号がループ線へ右折して来ました。


続いてコイトタワーに登って俯瞰撮り。
あのオレンジ色をした車両はイタリアのミラノ市電ですね。

ミラノ市電も結構な数が活躍していて、製造時のオリジナル塗装2両、1930~70年代の旧塗装3両、そしてオレンジ色の新塗装5両で合計10両居るのですが、この日はPCC率が高く、走っていたのは写真の1両だけでした。



これは地元サンフランシスコの1960年代塗装を纏った1051号です。
サンフランシスコ色は年代別に4種類あります。


定番観光地、フィッシャーマンズワーフ前を行くフィラデルフィア色の1055号。


フィラデルフィア・サバーバン(Philadelphia Suburban)色の1007号。
このクルマはバス窓ではないですが、それは「サンフランシスコ生まれ」だからです!?

実はFラインのPCCカーたち、大きく分けてサンフランシスコ生え抜きグループと、1992年にフィラデルフィアのSEPTAからやって来たグループ、そして2002年にニュージャージー・トランジット(New Jersey Transit)からやって来たグループの3種類あり、それらが各都市”風”の塗装を身に纏っているんです。
この1007号の場合、生まれも育ちもサンフランシスコなのに、フィラデルフィアの”コスプレ”をしているということになりますw
秩父鉄道1000系が元々総武線や武蔵野線で活躍していたのに、一度も走ったことのない関西線色に塗られていたのと同じですね。


ちょうど夕ラッシュだからか、詰まりまくっていましたwww
前から順に、お隣の国カナダはトロント色の1074号と、クリーヴランド(Cleveland)色の1075号、そして一番後ろは…


ウェスタン鉄道博物館でも見かけた、オーストラリアのメルボルンからやって来たW2形(496号)
これはゼヒ乗ってみたい!と思ったら、残念ながら回送車でした…orz


最後にMUNI直営のお土産屋さんへ寄る為、エンバカデロ(Embarcadero)へ。
右手の遠くに見える円筒形の塔が、さっき登ったコイト・タワーです。


ミラノ市電が戻って来ました。
コイツは路面電車らしい軽快な吊り掛け音がしますが、ここに居ると充分やかましく感じます。
まわりのPCCたちが静か過ぎるのです(笑)


バーミングハム電鉄(Birmingham Electric)色の1077号(手前)と、ボストン高架鉄道(Boston Elevated Railway)色の1059号。
エンバカデロにもループ線があり、PCCカーの溜り場になっています。


さて、そろそろマーケットへ戻ろうかと電車を待っていると、今日何度か見かけた”バス窓じゃないPCCカー”がやって来ました。
ところが、方向幕には「SHUTTLE(シャトル)」系統の「FERRIES(フェリーズ)」行きと書かれていて、運転手さん曰くマーケットには行かないとのこと!?
電停で待っていた他のお客さんも、誰一人乗ろうとはせず…。
Fラインはフィッシャーマンズワーフ~カストロの通し運転が基本で、他に出入庫の関係でバルボア・パーク(Balboa Park)発着があるのですが、このシャトルは臨時便でしょうか。
この日は土曜でしたし、もしかすると週末など多客時には、エンバカデロ以北で区間便を出しているのかもしれません。


次の便を待つと、すぐにロサンゼルス交通局(Los Angeles Transit Lines)色の1080号が到着しましたが、これが激混みで…orz


運転席真横で超かぶりつき
ケーブルカーじゃあるまいし、こんな混んだ電車に遭遇したのは初めてでしたが、ここに立つことは普段ないので、ある意味新鮮な眺め。
これはこれで面白いですねw
ウェスタン・レールウェイ・ミュージアム #3
#2の続きです。
記事の順番わかりにくいんだよこのやろー(意訳)というリクエストを頂いたので、#1、#2の一番下にリンクを設置してみました。
気が向いたら、過去の”続いてる系記事”にも付けようかと思います(^-^;


ウェスタン・レールウェイ・ミュージアム最大の見どころは、なんと言っても体験乗車。
運賃は入館料(10ドル)に含まれていて、路面電車が敷地内を一周するルートと、インターアーバン(郊外電車)が博物館の外にあるパンタノ(Pantano)というところまで行って帰って来るルートの2系統を、自由に乗り降りできます。
特に後者は片道8マイル(約13km)!もあり、これは紀州鉄道が軽く5本入ってしまう距離ですよ(笑)

と言うワケで、まずは12:30発のパンタノ行きに乗車。


車両は、ペタルマ・アンド・サンタローザ・レールロード(Petaluma and Santa Rosa Railroad)の63号という、荷物室の付いた黄色い電車でした。
なんか車体が盛大に歪んでますけど、1904年生まれの骨董品なので気にしてはいけませんw

路面電車スタイルで総括制御もできなそうですが、コイツはインターアーバン(郊外電車)扱いなのですね。



アンティーク家具のような車内。
停車中は優雅な空間ですが、一たび走り出せば吊り掛けの唸りと振動が足元から伝わり、窓枠はガタガタと共鳴して、なかなかワイルドです。
ちょうど去年の今ごろに乗った、函館のハイカラ號を思い出しました(63号は、これでも一応ボギー車なんですが(^-^;)


博物館の敷地を出る手前で一旦停車。
「これは鉄道の通行証で、これがないと先へ進めないよ」と、運転手さんが架線柱に掛ったポーチから通票(トークン)を持ってきて、乗客に説明してまわっていました。
車両だけでは無く、保安システムも”動態保存”です。


博物館の外は何にもありません!
ウィンドウズのデフォルト壁紙みたいな風景が延々と続きます。


いい加減同じ景色に飽きてきたところでが出現www
すばしっこくて写真には撮れませんでしたが、野ウサギにも遭遇しました。



30分ほどで終点のパンタノ駅に到着。
駅と言っても折り返す為だけにあるようなもので、畑のド真ん中にホームが1面あるだけ、外に繋がる道らしき道も見当たりません。
暫くすると運転手さんが降りて来て、ポールの付替え作業が始まりました。


終着駅ですが、レールはずっと先まで伸びています。
どこかへ繋がっているのか!?とグーグルマップを眺めてみると、約1km先に機回し線(?)があるだけで、すぐに軌道の状態が悪くなり、そのまま沼に突入して自然消滅…。
この辺りとか、いわゆるティンバートレッスルが豪快に崩れていたりして、なかなか興味深いです。

ちなみにパンタノ(Pantano)は、ポルトガル語で「沼地」という意味だそうですよ。


博物館へ戻ると、今度は352号が出庫していました。
路面電車便は13:30発で、既に10分ほど発車時刻を過ぎているんですが、どうやら我がインターアーバン便の接続を待っていたようです。


路面電車と言っても、コイツは1912年生まれで63号よりも年下(笑)だからか、それとも路線規格の違いなのか、車体が一回り大きくて(というか車幅が広くて)、車内は転クロが並んでいます。
日本と違って吊革や網棚も無いので、だだっ広く感じますね。


敷地を一周するだけでも10分ほど掛ります。


ジャンクヤードの中を突き進む!
実際に保線で使っているのか、これも保存車なのか分からないモーターカーたちや、


ケーブルカーを模したバスまで転がっていますよwww


こんな小型DLも止まっていました。
何だか、日本のローカル私鉄に混ざっていても違和感なさげな塗装ですね。
車体にはサクラメント・ノーザン・レールウェイ(Sacramento Northern Railway)と書かれています。

ウェスタン・レールウェイ・ミュージアム #2
#1の続きです。


次の発車まで少し時間があるので、先に車庫の中を覗いてみましょう。
まず一番手前には、サンフランシスコ市営(MUNI)の1003号と、イースト・ベイ・ストリート・レールウェイ(East Bay Street Railways)の352号が停まっていました。
1003号は、市内のFラインでもたくさん走っているPCCカーの仲間ですが、製造時期(?)によって個体差があるようで、ここのPCCは西武101系みたいに前面が連続窓になっています。


クラの中へ踏み入れると、放置?修復中?の怪しげな車両たちも…。



怪しげと言えば、伊予鉄モニのそっくりさん!
例のナショナル・シティ・ラインズ塗装なので、キーシステムの事業用車両でしょうか。


ちなみにキーシステムの名の由来は、イースト・ベイ地区の路線網と、ベイブリッジが開通する前に使われていた鉄道連絡船の桟橋の形を合わせると、鍵っぽく見えることから来ています。
ブリッジ・ユニットとお揃いの塗装を纏ったキーシステムの旧型車両には、鍵形のロゴマークがついていました。


赤い半流型インターアーバン、ペニンシュラ・レールウェイ(Peninsular Railway)の52号。
どことなく名鉄モ510を彷彿させます。


大きな一枚窓が並ぶMUNIの178号。
コイツも同型車がFラインで走っていますね。


この博物館で一番若いと思われる、MUNIの初代LRVも居ました。
あのボーイング社が造った最初で最後の路面電車です。
これがとんでもない粗悪品で、故障ばかりしていたそうな…まぁ慣れないことをするもんじゃないですねw


遠くオーストラリアはメルボルンからやって来たW2形。
何故かコイツはアメリカへ渡った仲間が多く、ここの近所ではFラインで1台、テネシー州メンフィスで7台が稼働しています。
以前はシアトルでも3台が走っていましたし、この調子だと探せばもっと出てくるような気がします(^-^;


そんなワケで三条はメルボルンへ行ったことは無いのですが、今は亡きシアトルのウォーター・フロント・ストリートカーで馴染があるクルマなので、懐かしいですね。


車内広告もメルボルンのまま。
メルボルンは世界有数の路面電車王国だと聞いたことはありましたが、この路線網はヤバいですね。
一日中乗り回したい(笑)

#3へ>>