FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

今日こそ3030Fを撮る
記事が前後してしまいますが、こちらの続きになります。
年末は時間の関係でパスした山陽電車のリバイバルカラー3030Fが、この日も終日運用ということで再び神戸方面へ。


新開地で乗り換えついでに神鉄ガチャに挑戦w
すると運よく2本目で戦後復興期塗装の1151Fが現れました。
最近、神鉄のリバイバル塗装車は公式ページに運行予定が載らなくなってしまったので、撮れるかどうかは博打ですね…。


でもって本題の山陽電車。
午後の上りはどうしても面に光が当たらないので、いろいろ悩んだ末、東垂水で海をバックに俯瞰することにしました。


じわじわと増えてきた6000系。


そして3030F。


次は滝の茶屋へ。
山電で海の見える駅といえば、こちらの方が有名ですね。


青い海と青い空!
…と思っていたら、ちょっと雲が出てきちゃいました。


3030Fは奥が影落ちしそうだったので、とっさに晴れている海側へカメラの向きを変更。
意図しないアングルになってしまいましたが、まぁこれはこれでいい感じ。


気に入ったので次も同じ構図でw


深追いはせずに、次は阪神へ移動。
途中、普通車に乗り換えると5700系に当たりました。
半世紀ぶりに復活した「ジェットシルバー」の愛称もカッコいいですね。


側面ギラリを狙って香櫨園で下車。


台湾観光局のラッピング車両。
帯にDR1000の写真がw


5500系もリニューアルが進み、5700系に準じた塗装へ変更されているので、このカラーもまもなく見納めになるようです(あ、5550系はリニューアル対象外なんでしたっけ…)

こちらの記事に続きます。
スポンサーサイト



近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/02/07(金) 21:05 ]

丸くない緑の山手線
こちらの続きです。
武庫川線では撮りたいカットが一通り撮れたので、次は山陽電車のリバイバルツートンでも…と思って運用予定を見ると、ちょっとタイミングが悪くて姫路の方まで行かないと日没までに間に合わない模様。
それならばと三宮で降りて、久しぶりに神戸市営地下鉄の西神・山手線へ行ってみることしました。


まずは学園都市で駅撮り。
西神・山手線は、数年前に新神戸へ行くとき三宮から1区間利用したことがあるだけで、西神ニュータウンの方まで乗ったのは今回が初めてでした。
郊外では地上を走り、緑豊かな車窓が広がっていて、どことなく横浜のブルーラインとイメージが重なります。
そういえば正式には複数の路線に分かれているけど、実態は1路線となっているところも同じですねw


反対方向からは市営交通100周年記念ラッピングを纏った3000形が。


北神急行7000系。


最新型の6000形。


今はバラエティー豊かな西神・山手線ですが、2022年度までに北神急行車を除いた全ての車両が6000形に置き換えられるそうです。
3000形の最終増備車が1994年生まれ、1000形も足回りはVVVFに改造済みだったりするので、ちょっと勿体ない気がしますね…。


1000形は1976年から13年に渡って増備された為、よく見ると製造時期によって差があります。


露出が落ちてきたので、とりあえず終点の西神中央まで乗り潰し。
西神中央は想像していたよりもかなり大きな駅で、未使用の乗り場を含めると2面4線、そのうち基本的に真ん中の2線を交互に発着するので、向かいのホームから綺麗に撮ることができます。


ラッピング車が戻ってきました。



西神中央方1両は大正時代のマルーン色、谷上方5両は昭和時代の市電に採用されていたツートンカラーになっています。
ツートンカラーの方は、今も広電の582号車で見ることができますね。


側面には歴代の市電、地下鉄車両の写真が入った記念ステッカーも。


最後にノーマル塗装の3000形を撮って撤収。
あ、そういえば今日は2000形を見かけませんでしたね…また廃車になる前にリベンジしなくては。
近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/01/26(日) 18:40 ]

今年も能勢電の初詣マークから
あけましておめでとうございます。





毎年恒例、新年一発目は能勢電の初詣マークから。
この日(1月2日)は5124編成と1756編成の2本を確認、どちらも日生線運用だったので山下で撮影しました。
5124に初詣マークが付いたのは今年が初めてですね。


年1ペースで増備が続く7200系、今年も増えるのでしょうか。


来年は5142編成にもマークが付くといいですね。


2020年になってもパタパタ表示器が現役な山下駅。


パタパタの醍醐味と言えば、こういう今は使われていない表示がチラ見できることですよねw
2017年に廃止された日生急行、末期は”土曜ダイヤ”の朝ラッシュ時に上り2本のみ運転されるという超レアな種別でした。


下りの日生急行。
日生エクスプレスが登場する直前の僅かな期間にのみ設定されていました。


下りの妙見急行。
恐らく今まで一度も設定されたことがないと思われます。


梅田に行かない日生エクスプレス。
こちらも定期列車にはない組み合わせですが、何らかの事情で阪急への直通が中止になったら見られるかもしれません??
近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/01/04(土) 23:29 ]

令和撮り初めは能勢電で
「令和」になりましたね。
私は10連休ではなかったものの、ある程度まとまった休みを頂いたので大阪へ帰省しました。



すると能勢電に改元を記念したヘッドマークが!





デザインは前後2種類。
雅な感じでカッコいいですよね!
また、新時代の能勢電の顔になるであろう最新編成の7200Fに掲出というのも、素晴らしいチョイスです。



一方で5月18日に引退する予定の1753Fですが、この日(5月3日)は平野車庫でお休みでした…。



令和を迎えた1700系も残りあと5編成です。


そういえば、こんなヘッドマークも見かけました。
…ん?何か書いてあるけど、字が小さすぎて読めない…


まさかの寄せ書きw
ぶっ飛んだヘッドマークに定評がある能勢電さん、今回はこどもの日企画として先月行われたレールウェイフェスティバルで家族連れの方に子供へのメッセージを募集して、実際に取り付けて走るという、これまたユニークな試みです。


そういえば、平野車庫では二枚看板も見られました(笑)

こちらの記事に続きます。
近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/05/07(火) 23:00 ]

さよなら「あかね」号
魔改造が御家芸な近江鉄道の彦根工場。
その最高傑作といっても過言ではない700形「あかね」号が5月6日をもって引退することになりました。


公式ページの予定を見ると、この日(3月22日)は八日市線を行ったり来たりする運用とのことで、まずは近江八幡へ。



八日市線は日中2編成使用の30分ヘッドなので、1時間で運用が一周します。
失敗を恐れず何発も撮れますね。


ちなみにもう1本は100系101Fでした。
100系も気が付けば5編成まで増えています。


八日市方面へ歩いていると東海道新幹線と交差しました。
新幹線といえば防音壁に囲われた高架を走るイメージがあるので、すっきりとした築堤の上を駆け抜ける姿は新鮮ですね。
もう少し天気が良ければ絵になるのですが…。


20分ほどでお隣の武佐駅にたどり着きました。


1区間だけですが、あかね号に乗車。



大きな窓に転クロが並ぶ車内。
運転台仕切りの意匠に西武みを感じるっちゃ感じますが、これが元西武401系だなんて言われなければ気付かないレベルですよねw


独特な配置をした近江式の運転台。


そして個人的に好きなのが、この車端部に寄せられた社紋と車番です。


3月1日から前面の愛称幕がラストラン仕様に、


側面にはシールが付きました。
あかね号の愛称は900系に継承されることになっており、一足早く700系と同じ塗装になったそうです。
まぁ900系にも一応ボックスシートが一組あるんですが、なんと言っても700系が色々凄すぎたのでグレードダウンした感は否めないですな…。

こちらの記事に続きます。
近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/04/04(木) 22:45 ]

次のページ

copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania