FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

すずかけ台で雪見桜
3月29日は、まさかの大雪でしたね。
3月ももう終わるしそんな積もらないだろう…と全く期待してなかったんですが、朝カーテンを開けたら一面銀世界で!
こうしちゃいられないと大慌てでカメラを準備し、近場で桜が咲いている場所を探しました。


二子玉川から田園都市線に乗車。
暫くするとつきみ野でホームドア故障が発生したそうで、吹雪のなか機外停車してしまいました。
車窓が完全に長電のそれですねw


10分ほどで運転再開。
すずかけ台の桜がいい感じだったので降りると、いきなり東武30000が!



満開の桜と雪…不思議な光景ですね。
そして運用情報を見て驚きました、なんとこの状況で8606Fが中央林間行きとして走っているらしいのです!?



長津田で車交されませんように…と祈りながら待つこと30分、8606Fが雪をかき分け現れました!!!


折り返しは駅裏の俯瞰ポイントで。
こういう日には真っ先に車庫へ引き上げられてしまうサークルK、よくぞ走ってくれました。







東武30000系が戻ってきたところで切り上げました。





帰りしな八王子に寄って07系の出場甲種も回収。
早朝から深夜まで、半日以上ずーーーーっとここに停まっています。
雪の様子を伝えるNHKの中継カメラにも映り込んだそうでw


綾瀬発→中野行き。
新木場でB修繕工事を受けた同車、東西線は自社線内で直接線路が繋がっていない為、このようなトリッキーな輸送ルートになります。


発車案内に「むさしの号」の文字があったので、何が来るかなと確認してみると205系、しかも幕車!でした。
こいつもかなり減ってしまいましたよね…。
スポンサーサイト



東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/04/01(水) 22:39 ]

ゆうマニが今度は伊豆急へ
衝撃の東急譲渡から早くも8ヶ月
いよいよ、あのゆうマニが3月24~25日にかけて甲種輸送されるということで、まずはいつもの長津田へ行ってきました。


…あれ?
譲渡時と大して変化していないような気がw


てっきり「THE ROYAL EXPRESS」とお揃いの青い車体で出てくるかと思いきや、塗装から車番、荷物の文字までそのまま…。



細かいところを見ていくと、札差しの類や水切りなどが撤去されていますね。
行先は伊東ということで、恐らく伊豆高原でラッピングを施すのではないかと思われます。
そのとき邪魔になるパーツを予め長津田で外したのでしょう。


また今は東急の車両ではないので、当然JRの銘板も撤去されています。




この位置で3時間ほど待機している為、様々な車両たちと並びました。
伊東へたどり着く前に伊豆急カラーの車両と出会ってしまったのは、今日一番のハイライトですねw


走行シーンは成瀬で。



翌朝。
八王子で2020系と一緒に夜を明かしたゆうマニ。
東急へ行く者と去る者、両形式が再び出会うことはあるでしょうか。




また朝方には韮崎工臨の返空もあったそうで、EF64-37なども停まっていたりして構内が超カオスwww


ここだけ切り取ってやれば「国鉄八王子機関区」って感じですね。





2020系が発車すると、今度はゆうマニの入換えが始まりました。


走行シーンは桜が綺麗だったので、被り承知で西国立駅撮り。
結構ぎりぎりでしたが、なんとか回避して思い描いていた写真が撮れました。


新鶴見の約30分停で追い抜き、鶴見川橋梁でもう1発。
光線ヨシ、被りナシ、今回の甲種で一番条件が良い撮影ポイントだったのではないでしょうか。
皆さん考えることは同じで、狭い土手は大激パでしたw
東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/03/25(水) 20:15 ]

鹿児島市電3桁車を追う #1
こちらの続きです。
谷山で折り返し、桜島桟橋通行きに乗車。


ちょっと気になる区間を見つけて、途中の二軒茶屋で下車。
すぐ隣を指宿枕崎線が並走しています。




電停の屋根で雨宿りしながら撮影。
鹿児島市電というと緑化軌道のイメージが強いので、全区間併用軌道なのかな…と思っていたら、こんな立派なインターアーバン風の区間もあったんですね。

さて、再び市電に乗り鹿児島駅方面へ戻っていると…水族館口で郡元行きの612号を発見!
すぐに旧型電車捕獲モードに切換え(笑)、絶対に被られない鹿児島中央駅前の交差点へと移動しました。


2101号。
80~90年代にかけて、JR九州が鹿児島市電向けの車両を製造していた時期があったのですが、その第一弾だったのが2100形でした。
どことなく野暮ったいというか、路面電車の設計に慣れていない感じがしますよねw


同じくJR九州製の2122号。
前面に傾斜が付き、少しスタイリッシュな印象になりました。


そして612号!
鹿児島市電は新型車両の比率が高く、基本的に車番が3桁の500形、600形は平日の朝夕ラッシュ時にしか出てきません。


桜島桟橋通まで乗車。


渋滞中…。
もともと3線だったところを2線で捌いているので、ラッシュ時はどうしても詰まってしまいますね。



慌ただしく折り返していきました。


他にも3桁車が動いていないか粘ってみます。
ここならついでにバスも撮れますしw


こちらの群馬バス?越後交通??っぽい塗装のバスは南国交通。
鹿児島市内には3社のバラエティー豊かなクルマたちが入り乱れていて、宮崎とは対照的です。



これまた可愛らしいラッピングを纏った601号が登場w
3桁車は稼働率も低いので標準塗装しかいないのかと思いきや、こんな派手なのもいたんですね。

こちらの記事に続きます(準備中)
九州・沖縄地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/03/11(水) 21:56 ]

電機とバスと市電と
こちらの続きです。
午後は鹿児島へ。



!!


なんと鹿児島駅の側線にEF81-303がいらっしゃいました。



うひょーカッコイイ!
残り1台しかいない銀ガマ、今回どこかのタイミングで撮れたらいいなーと思っていたので、これは嬉しいですね。


銀ガマが止まっていた場所のすぐ近くには、鹿児島交通の営業所が。


おお、これまたカオスw
近年は移籍車だけで置き換えを進めている鹿児島交通では、様々な出自のクルマが活躍しています。


関西勢が並んでいました。
左から元阪急、神戸市営×2。
宮崎を見てしまうとKC代が新しく感じますね(笑)


日豊本線を挟んで反対側には、鹿児島市営バスの浜町営業所があります。
鹿児島交通と比べると車両に統一感があって整った印象w


丸目のU代ブルリ。
前面窓にピラーがない大きな1枚窓が特徴的ですが、これは降灰時の視界確保を考慮した仕様だそうで。
この頃に導入された鹿児島市営のクルマは、ブルリに限らず全て1枚窓仕様になっています。


鹿児島駅に戻る途中で、観光マスクのキュービックに遭遇!!
元山陽バスで、このタイプは2台しかいないとのこと。
とっさにスマホで撮ったので少々画質が荒いですが、とりあえず記録できてよかったです。



鹿児島駅前のバス停。
年季の入った雑居ビルがいい雰囲気。


そして、こちらは市電の電停ですが…


ご覧の通りすっからかん。
実は電停の建て替え工事の為、2月1日から暫くの間、一つ手前の桜島桟橋通で折り返し運転となっています。



踏切を挟んだ先に電車が並んでいますが、ここから乗ることはできません。


桜島桟橋通電停。
ホームが鹿児島方に延長され、暫定的に縦列駐車が出来るようになっています。


各電停の接近表示機も「調整中」
これはこれでレアな光景ではありますが、初めてなのでちゃんと完乗したかったですw


雨足も強くなってきたので、とりあえず1系統で谷山まで乗り潰ししましょうか。

こちらの記事に続きます。
九州・沖縄地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/03/08(日) 23:05 ]

713系を撮る
こちらの続きです。
宮崎県は今回が初訪問だったので、もちろん鉄道も撮ってます。


まずは宮崎空港で713系。
宮崎空港線と言えばこいつのイメージなのですが、僅か4編成8両しか製造されず運用範囲も結構広いので、なかなか狙わないと出会えない形式です。


宮崎までは乗車券だけで特急列車にも乗ることができます。
787系の方が先発だったので、快適な特急型か、レアな国鉄型か悩ましいところですねw


とはいえ713系もリクライニングシート(ドア付近のロングシートもハイバックの上等なもの)に交換されているので、特急型と比べても遜色はないです。


南宮崎で下車。



713系の2+2編成が昼寝していました。


お洒落な車両が多い九州で、ひたすら地味なキハ47。
ディーゼルなので日南線かな?と思ってサボを見たら…


まさかの全区間架線下www


日南線塗装の黄色いキハ40。


昼間はバスを撮りまくりつつ、夕方ちょっとだけ大淀川橋梁にも寄ってみました。
一瞬の晴れ間に現れた817系。
この日は風が強く、橋の上では徐行運転となっていてダイヤが若干乱れていました。


713系。


キハ125系400番台「海幸山幸」号。
もともと2003年に高千穂鉄道のTR-400形「トロッコ神楽」号として登場したのですが、2005年の台風14号で全線が不通に、そのまま廃線となってしまったため、僅か2年で故郷を離れ、JRの特急として2010年に再デビューしました。
事情が事情とはいえ、三セクからJRへ移籍したケースはかなり珍しいですね。


翌朝も大淀川橋梁へ。
昨日とは打って変わって快晴!


最大のお目当てはラッシュ時限定の713系2+2連。
青空にビビッドな赤が映えますね。


キハ47系。
宮崎~南宮崎間は単線なのですが、日豊本線、宮崎空港線、日南線の列車が乗り入れているのでダイヤがかなり過密。
双方の駅で到着次第発車を繰り返します。


817系の2+2もラッシュ時限定?(興味がないので調べてませんw)



最後に713系の返しを南宮崎駅の北側で撮影。
これで2+2編成は夕方までお休みです。

こちらの記事に続きます。
JR九州 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/03/04(水) 22:06 ]

次のページ

copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania