FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

デハ251単行運転
今度はデハ251が単行で走っているということで、またもや早朝の高崎駅に来てしまいました。


今回も103レ~112レが単行運転に。
去年11月のときはデハ205でしたが、さすがに今の時期に非冷房車は避けたんでしょうねw


何故か補助灯を点灯させて待機中。
デハ251は通常クハ303とペアを組んでいる為、こちら側の顔が先頭に出ることは滅多にありません。


撤去されていた高崎方の運賃箱も、今回の為に再設置されています。


まだ発車まで時間があるので、前から気になっていた「電車型待合室」にも入ってみました。


廃車になったデハ203を活用した待合室なのですが、現役時代にはなかった冷房がついていたり、大きなテーブルがあったり、リクライニングシートに改造されていたりと、上信電鉄史上もっとも豪華な車両にw
リクライニングシートは211系グリーン車の発生品ですかね?
107系を買ったらオマケで付いてきたのでしょうかwww



終点の上州富岡まで乗車。
103レは早朝の下り、しかも区間列車なのですが、今回は一般のお客さんも同業者さんも常に数人乗っていました。


東富岡~上州福島間へ移動して、折り返し112レを撮影。
うーん、2両編成を前提とした塗装のせいもあって、何とも言えない違和感がw


今年の3月にデビューした700形。
JR時代とは打って変わってシンプルなツートンカラーになりましたが、足回りなどはそのままで、165系由来の渋い走行音が響きます。


一方、自社発注の新型車両7000形は、以前よりもさらにラッピングが増えてしまいました…(-_-;



上州福島駅にはクハ304とホキ1両、テム3両が留置されていて、なかなか怪しい雰囲気になっていました。
クハ304が茶色い車体に白文字なせいで遠目にアジ電かとw


さて単行運転も終わったし、そろそろ撤収しましょうか。
出札口で高崎まで!と切符を買うと…え!?


なんと昼間も単行運転なんですか!!!
あっ駅員さんごめんなさい、やっぱ切符いらないです…と言おうとしたら既に入鋏してしまっていたので、とりあえず帰りに使うからいいやと受け取り、急いで写真が撮れそうな場所へ移動しました。


幸い上州福島は以前デキの撮影で訪ねたことがあり、確か駅の東側が開けていたはずだという記憶を頼りに進むと、少し足回りの雑草が気になるものの、なんとか撮影することができました。



陸橋まで行けば雑草もかわせたのですが、まぁ仕方ないです…。


”面縦”も撮りたくなったので、根小屋~佐野のわたし間のカーブへ。
さっき高崎まで買った切符は途中破棄しましたw


後追い。
こうして見比べると、前後で相違点がいろいろと見つかりますね。
普段使用していない高崎方の顔が、よりオリジナルに近いのでしょうか。


最後に定番の烏川橋梁で〆。

台風の接近もあって朝1往復の為だけに高崎まで行くのは少し考えたのですが、結果的に貴重なデハ251の単行運転が何発も撮れたので諦めずに来てよかったです。

スポンサーサイト
上信電鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/08/17(土) 22:52 ]

会津で新潟色を撮る
こちらの続きです。


そんなわけで会津若松に到着。


向かいのホームには、新潟色のキハ47-1519+キハ47-519が停車していました。
今回わざわざ会津へ寄り道したのは、この新津所属のキハ40たちを記録するため。
GV-E400の導入で今年度中に引退することが決まっています。



新潟色と東北色。
あまりこっちのエリアに縁がないので、この並びは新鮮ですね。


東北色のキハ40もいつまで残るでしょうか…。


会津若松でマルヨ。
翌朝、磐越西線の223Dに乗るためホームへ…入る前に入換を見物。
今日も新潟色の2連、車番を見ると2両とも昨晩バルブしたのと同じ車両でしたw



車内も車窓も渋くて堪りませんなぁ。


30分ほど乗って山都で下車。
すると隣には首都圏色のキハ47が。


後ろは新潟色でした。
新津のキハ40には新潟色、新新潟色、首都圏色、急行色の4種類あり、どれが来るかはお楽しみです。



有名撮影地の一ノ戸川橋梁で224Dと227Dを撮影。
地域色のなかでは一番好きな新潟色。
首都圏色との相性もよく、今回の運用は個人的には大当たりです!


その後は山都13:36発の232Dまでキハ40の運用がないので撤収。
3222D「快速あがの」に乗って会津若松へ戻ります。


この木造の詰所も素晴らしいですね。


昼食の後、そろそろ232Dの時間なのでホームへ戻ると…おや!?


もともと石巻線で「マンガッタンライナー」だったキハ48-503+キハ48-1513がやって来ましたー。



こいつ、方向幕が付いていたり(ただし新津では未使用)、シートが片側だけ一人掛けになっていたりと、他の車両たちとはいろいろと仕様が異なっています。


さらに只見線ラッピングのキハ40-2085にも遭遇しました。
そういえばGV-E400の導入予定線区に只見線が含まれていないのですが、新潟県側で運行されている新津のキハ40は今後どうなるのか気になるところ。
キハ110かE120を玉突きで持ってくるんですかね?

JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/08/14(水) 22:08 ]

417系走る!
8月7日、岩切の訓練センターで訓練用教材として残っていた417系K-4編成が、郡山へと甲種輸送されるということで撮影に行ってきました。
まずは松川駅近くでスタンバイ…していたら、なんと下りの貨物列車が目の前で停車!?
少し様子を見るも発車する気配はなく、急いで構図を変えようとした矢先に甲種が到着してしまい見事撃沈…orz


しかし甲種の方も停車時間があるので、すぐにホームへ移動して何とか無駄足にはならずに済みました。
危ない危ない…。


牽引機はEH500-901!!
ネタ列車にネタ罐をぶち込むスタイル。




2008年1月の廃車以来、実に11年ぶりに本線上へと出てきた417系。
なんだかタイムカプセルを開いたような気分ですね。


うだるような暑さのなか、電源がないため当然クーラーは作動せず窓全開。
添乗のみなさん、お疲れ様です…。


かつての同僚と離合。


20分ほど小休止の後、定刻通り発車して行きました。


後続列車で追っかけ郡山へ。
あまり期待していなかったのですが、なかなか撮りやすい位置に停車していました。

さて郡山工場への移動は何時頃なのでしょうか。
暫くホームから観察していたのですが、またもや貨物が手前に入線してきて視界を遮られてしまいました…(-_-;
そこで、ふと郡山駅前にそびえ立つ高層ビルに目がいきました。
そういえば、あのビルには展望台があるようなことをネットでみたような記憶が…。


試に上ってみると、これが大当たり!
417系がバッチリ見えるではありませんか。



新幹線大俯瞰、郡山版「北とぴあ」ですねw


構内で休むキハ110系たち。


福島交通の営業所も見えます。


駅前ロータリーを走るU代エアロスター。


DE10が現れました。
あいつが417を移動させるのかな?


というわけでビルを下りて東口側へまわると、予想通り連結作業が始まりました。


発車。
このあと、さらにスイッチャーにバトンタッチし工場内へと搬入されたそうですが、あまりの暑さにギブアップ。
深追いは止めて、冷房の効いた磐越西線に乗って会津若松へと向かいました。

こちらの記事に続きます。
JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/08/10(土) 22:19 ]

台湾で鉄路迷2019 #2
#1の続きです。


翌朝。
まずは以前から気になっていた撮影ポイント、鶯歌のS字カーブでEMU300を撮るため、コンビニで朝食を買い込みキョ光507次に乗車。
台湾のコンビニはレジ袋がもらえないので、いつも日本から何枚か持ってくるんですが、今回は北海道から帰ってきたバックパックそのままだったせいでセコマのレジ袋が出現しましたw
喔熊にも笑われてますよ。


台北から30分ほどで鶯歌に到着。



いろいろ怪しいのが転がってます。
オレンジ色のスイッチャー3台のうち、白帯が入った後ろ2台は新型車両のDL2500型ですね。
去年7502次の後ろにぶら下がってて驚いたものですw


改札を出て線路沿いに山佳方面へ。
鶯歌は陶器の街で、壺のかたちをした看板がいたる所にあります。


約10分で撮影ポイントに到着!
さっそくプユマ号が通過していきました。
この111次は台北~高雄間を3時間36分で走破する韋駄天列車です。


ほぼ同じ立ち位置から順行側(台北方面行き)も撮れます。



そしてお目当てのEMU300。


無階化改造が行われていないEMU500も少なくなってきました。
どうもEMU500、600の改造車は扉ごと交換されてしまい違和感が拭えません…。


PP自強号も地味に無階化改造が進行中。
こいつは1両単位で改造されているので、編成内にステップ有り無しが混在しています(しょせん客車ですからw)


最後にタロコを撮って撤収。

さて、今回の遠征では南海としなの鉄道のラッピング車を狙っているのですが、南海罐2台は南部から戻って来ず、しな鉄色のEMU533編成も目撃情報は上がっていないので、


とりあえず適当に区間車で東部幹線へ移動。
相変わらずEMU600は表示関係が故障気味で、今回乗った編成も車内のLCDは何も表示されず、行先表示もご覧の通り…。
吸盤式の上等な物が用意されているところをみると、もう直す気はないのかもしれませんw


八堵で下車、昨年も訪ねた基隆河沿いの撮影ポイントへ。
前回は散装貨列を優先して撮れなかったDR2800を回収。


原形ドアのEMU600。


そろそろ復興688次の時間なので遊歩道へ下りると、ちょうどいいタイミングでEL+DL(DLはムド?)牽引の貨物がやってきました。


みんな大好き復興688次。
これもいつまで残るでしょうか…。


台北へ戻る途中、汐止カーブでDR2800を撮って、今日はお開き。

#3に続きます(準備中)
台湾 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/08/02(金) 21:03 ]

台湾で鉄路迷2019 #1
北海道ネタが一段落したところで…実は札幌から帰ってきて10日後、今度は台北へ飛んでましたwww


今回は奮発して松山機場から台北入り。
この日(4月10日)、南海ラッピングのE212号が521次で下る予定とのことで、その足で台北駅へ。
毎度お馴染みの地下ホームへ降りると、見る人が見たら分かるレアな客車が向かいに停まっていましたw
幸先の良いスタートです!?


定番の南樹林で下車。
樹林調車場に何やら凄まじい状態の電源行李車が…。


到着して5分、さっそく怪しい列車と遭遇しましたよ。


ドアまわりだけ妙に綺麗なキョ光客車。
どうやら大湖の工場で無階化改造して出てきたところだったようです。
え?床置きクーラーのボロも改造するの!?と驚いたのですが、35SP32755、35SP32723の車番をググっていて思い出しました、この車両、去年に金崙大橋で見かけた改造車ですね。
こいつは車内に自転車置き場が設置されているので、恐らく例外的に改造対象なのでしょう。
ただでさえ沼なキョ光客車に、また新たなバリエーションが増えましたwww



のろのろと走るシュールなキョ光号の隣を、PP自強号が高速で通過。



樹林調車場ではタロコがDLに牽かれて入換中。
そういえば以前も南樹林で撮ってるときにプユマがDL牽引で入換しているところを目撃したのですが、構内に電化されていない区間でもあるのでしょうか…??



そしてお待ちかねのE212!!
紺色の車体に日台の国旗が映えてカッコいいですねー。
E213も同様の紺色ベースなのですが、ラッピングの内容が微妙に異なっていて、E212「台日友誼号」、E213「藍武士号」の愛称がついています。

#2に続きます。
台湾 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/07/27(土) 22:18 ]

次のページ

copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania