FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

消えゆく珍車の宝庫 七尾線 #2
こちらの続きです。


中津幡~本津幡の陸橋俯瞰。
2年ぶりに訪ねてみると線路の向こう側で宅地を造成していて、背景が残念なことになっていました…orz



仕方がないので陸橋を降りて側道から。


さっきデッドセクションで撮ったクハ455-701が戻ってきました。


夕方になり再び6連タイム。


色が全然違うw
赤系は退色しやすいですね…。


お、今度はクハ455が中間に挟まっています!?
同車は2両しかいないので、もう1両の702号ですね。
この2両が、現在JR線上に残る国鉄急行形電車の全てです。



そろそろ日が暮れてきたので、再びデッドセクションへ。


すぐ隣にはIRいしかわ鉄道も走っています。



デッドセクション流し。
車内や方向幕の灯りが消え、非常灯のみ点灯している様子が分かると思います。
最近の車両は技術が進んで電気が消えないようになったので、この”切替えの儀式”が今も日常的に見られるのは、ここと門司駅構内くらいでしょうか。


津幡駅に戻ると、さっきの青い413系が折り返してきました。



そして乗車した金沢行きは、413系の「とやま絵巻」でした!
あいの風に渡った413系は三セク化直後の”繋ぎ”だと思っていたのですが、この編成は内装などもリニューアルされているので、もう暫くは活躍が期待できそうです。

こちらの記事に続きます(準備中)
スポンサーサイト



JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/07/14(火) 19:25 ]

消えゆく珍車の宝庫 七尾線 #1
6月5日、久しぶりに首都圏を脱出して金沢へ行ってきました。


まずは、もうすぐ521系に置き換えられてしまう七尾線へ。
さっそくJR西日本が誇る魔改造電車、415系800番台が停車していました。


113系に485系の発生品を組み合わせて交直化した凄まじい経歴を持つ同車。
このモハの怪しい窓割りとか堪りませんw


続行で北陸本線あいの風とやま鉄道の413系が来ることに気付いて、津端で一旦下車。


上りホームに移動して駅撮り。
三セク化した今も5編成の413系が在籍しています。


ホームに貼ってあった乗車口案内。
△が413系で、IRいしかわ鉄道には朝1往復、夕方3往復乗り入れています。
ちなみに413系のうち2両だけ存在するクハ455形は乗車口の位置が大きく異なりますが、ヤツはランダムに出現するので考慮されていませんw


再び415系800番台に乗車。
車内も”無理して改造した感”が滲み出ていますねぇ。
ドア横の立席スペースは、それほど背が高くない人でも油断してると網棚に頭をぶつけてしまうので要注意です。


タネ車が113系の初期車なので、増結時に助手席側を開放できる構造になっているんですが、残念ながら現在は壁が固定されているようです…。


能瀬で下車。



歩いて10分ほどの撮影ポイントへ。
ここ、作例を見た限りでは開けた場所なのかなと思ったら、線路の手前に大きな看板が建っていたり、後ろは後ろでバイパスを上手く街路樹で隠す必要があったり、割とシビアでした。
恐らく早朝や冬場だと車体にガッツリ影が落ちるのでは…。



前々から撮りたかった6連。
七尾線では朝夕ラッシュ時に加えて、何故か金沢10:21、11:22着という中途半端な時間帯の列車も6連で運転されています。
それぞれ前者が413系、後者が415系で、光線もよく撮るには都合のいい列車です。


レトロなホーロー看板を発見。
113系時代から数えて半世紀以上活躍している415系800番台、こういった昭和なアイテムが似合いますね。


続いて津幡~中津幡のデッドセクションへ移動すると、件のクハ455形が現れましたー!!
こいつ、2年前に来たときはド逆光でしか撮れなかったので嬉しいですね。
方向幕や車内灯も消えているんですが、昼間だと目立たないので、また夕方になったら撮りましょう。

こちらの記事に続きます。
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2020/07/12(日) 18:41 ]

ジャカルタ配給と小湊入りしたキハ40
6月3日、久しぶりにジャカルタ配給が行われるということで千葉方面へ。


その前に、小湊鉄道へ譲渡されたキハ40系の様子を見に五井機関区へ寄り道してみました。
お、いますねー。




キハ40-2021が「会津川口」幕を出して洗車中でした。


五井名物の怪しい木造貨車と。
以前はワフやトムなども並んでいましたが、キハ40の入線を前に里山トロッコの牽引で里見駅まで回送(!)されたので、今はワムが1両だけ五井に残っています。


五井に木造貨車が複数いた頃(2012年4月8日)


トムはホーム側に留置されていることもありました。
妻面にはバッファの取付跡が…(2017年8月27日)



キハ40-2026も比較的撮りやすい位置に止まっていました。
初めのうちは、え?小湊に只見線のキハ40!?なんて思ってましたが、なかなかどうして違和感がないのですよねw


でもって本題のジャカルタ配給。
先々週のキハ40に続き、またまた千葉みなとの船溜まりポイントで撮影しました。


蘇我で3時間ほど停車。



相変わらずイラスト入りの方向幕が凝ってますねw
編成札に「36」とありますが、これは武蔵野線からジャカルタへ渡った編成が「36本目」ということを意味しています。
今回輸出されたのはM36編成ではなく「M8編成」です。


M8編成はサハ=元埼京線、クハとモハ=元山手線の寄せ集めで組成されていたので、このようにドア窓のサイズが混在していました。


暫くすると、お迎えのKD602が到着。



18時15分、今回はほぼ定時発車でした。
京葉臨海鉄道線内での走行写真は、今の明るい時期でないと撮れないですね。


JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/07/06(月) 20:08 ]

2連の305Fを追う
江ノ島電鉄では緊急事態宣言発令に伴う乗客減少で、4月下旬頃から5月31日まで平日を中心に、日中の一部列車を4→2両に減らして運転されました。


5月21日、ツイッターで朝の運用を確認すると、昼間は305Fが単独で走りそう(朝ラッシュ時は通常通り4両での運行でした)だということで、いざ鎌倉へ。
鎌倉駅の側線には、成田エクスプレスの減便で暇しているE259系たちが疎開していました…。


まずは鎌倉を出てすぐの踏切で運用をチェック。
暫くすると、予想どおり305が単独でやってきました!
日中の2両編成、検査などの都合で稀に発生するものの、ピンポイントで305が走る機会はなかなかありません。

ちなみに、この日の運用は、
・305F
・2003F
・1201F
・10F+1101F
・22F
・2001F+1001F
の6本でした。


続いて極楽寺~稲村ケ崎へ。
空いているのをいいことに、ここぞとばかり普段だとクルマに被られる率が高い撮影ポイントを選んでみましたw




今日は10F+1101Fの1本を除いて、すべて緑+クリームの標準色。
いつもは塗装も形式もごちゃ混ぜで、それはそれで嫌いではないですが、統一感のある江ノ電は新鮮ですよね。



稲村ケ崎~七里ヶ浜。
2両編成のちょんまげ前パンはバランスが難しいです。


まるで山の中を走る田舎電車という風情ですねw
オーバーツーリズムはどこへやら、休日ともなれば積み残しが発生していたのが、遠い過去のよう…。




腰越の併用軌道も、今は静かな港町の商店街って感じです。



ちょっと戻って峰ヶ原信号場。


七里ヶ浜~鎌倉高校前。
いつも渋滞している国道134号線もガラッガラです。



露出が厳しくなってきたので藤沢駅撮り。
もうこの時間帯だと、通常でも切り放しが行われて2両単独になりますね。


後続の2003Fに乗って、


最後に長谷でバルブして〆
江ノ島電鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/07/04(土) 17:42 ]

キハ40、街へ行く
続いて5月19日。
これはチラッとツイッターの方にも投げましたが、只見線で活躍していたキハ40-2021、2026の2両が小湊鉄道(!)へ譲渡されるということで、郡山から甲種輸送が行われました。


しかし朝から大雨で、やる気なく重役出勤…。
激パ覚悟の大宮駅撮りからスタートでしたが、思っていたよりも平和でした。



大宮操車場で小休止。
都会の電車たちと何度も並びます。
キハ40が首都圏を走ったのは何年振りでしょうか…。



宇都宮線の車内から撮影。
今は天候関係なく窓が開いているので、こういう撮り方も気兼ねなくできますね。


千葉みなとの船溜まりを行く。
会津の山男にとって一番”あり得ない”組み合わせということで、天気が悪くてもここは絶対に譲れませんでした。


蘇我に到着。
ここから内房線で五井…ではなく、京葉臨海鉄道に入って千葉貨物ターミナルから陸送されます。


喜多方!!




3時間ほど停車していたので、蘇我でも色んな車両と顔を合わせました。
温暖な千葉で、アンテナの前に「氷柱切り」がついたガッツリ雪国仕様な車両がいるのも不思議な光景ですね。


見慣れない車両だにゃあ…。
千葉の猫たちも興味津々です!?


暫くすると、蘇我までコキを牽いてきたKD604がうろうろと入換しはじめて…



キハ40と連結!



千葉貨物からのコンテナ貨物が到着すると、


まだ発車時刻まで10分ほどあるのですが、慌ただしく去って行きました。
まぁ露出も厳しいので、早発はありがたいですw

小湊鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/06/27(土) 22:47 ]

次のページ

copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania